24分間TV三橋いや石橋がちきゅうをすくうかもー必要なのはバレンティア・一歩踏み出す勇気


【また大阪(自治区)かw】

なんか大阪都構想という名の、政令指定都市大阪市を廃止して4つに分割して、自治権と財源を維新の支配する大阪府にささげたい、人類史上稀にみる大阪特別自治区民の誕生が決まったのようなイメージがあるのですが、特別区民は自らの意思により保育所もつくれなくなるし、奉仕の大阪特別区民誕生した暁には5chは

” また、大阪かw ”

となるに違いなく、さすがお笑いの都市、否もはやcityでなくなるわけで、大阪府の下に自治権と財源を失った4つに分割された自治区を揶揄していただきたいと思います。

横浜市や神戸市や名古屋市民の皆様、よく考えていただきたいと思います。

都構想の真実 「大阪市廃止」が導く日本の没落 (日本語) 単行本 – 2020/10/12 藤井 聡 (著)


【一元化って一院制と同じ発想ですね】

>松井氏は「大阪府と大阪市は重なり合っているエリアでバラバラの成長戦略を作り、二重行政が起きていた」と指摘。「府が大きな仕事を一元的に担い、スピード感をもって物事を前に進めるのが都構想のメリットだ」と強調した。

これって韓国の一院制と同じ発想で、韓国って軍事政権に一院制になったわけで、この過程は近衛文麿内閣の大政翼賛会と同じで、歴史を振り返ればこの発想が亡国に繋がるって普通わかります。


【英雄の待望という依存心】

こういった一元化した全体主義ってナチスドイツがその典型ですが、必ずポピュリズムを利用して民主的な手続きを経てそっちに移行していきます。

私はヒトラー個人のことはあまり知らないのですが、恐らく彼の中はとてつもなく暗く空っぽだったのだと思われ、ヒトラーが黒魔術に秀でていたという都市伝説もありますが、相当厄介だったのがヒトラーってアウトバーン敷設など経済政策で結果を残し、そこは維新の会や小泉純一郎や安倍晋三とまったく異なり、ここにエスペランサ・希望があるということです。


【サッチャリズムという病】

もし日本がデフレを克服して自分らの所得を倍にしてブラックな労働環境改善して老後の心配のない社会を構築し、その結果を残すリーダーが誕生したのなら、その人は英雄として名を残すだろうし、尚且つ国防を増強して中国を蹴散らしアメリカから自立できたのなら、間違いなく国民は熱狂するでしょう。

ヒトラーはそれに近いことをしたわけで、それで優生学に基づいてユダヤ人や障がい者などの迫害といった発言をしても、そんなKYなんて誰も相手しなくなるのも理解できます。

このデフレの日本を救い、国民全員を裕福にして中国を蹴散らしたのなら、国民が熱狂しないわけありませんが、日本の場合はまったくその逆であり結果を残せないどころか、失われた25年となっています。

そうなったのは生活保護受給者などの怠け者がいたり、生産性の低い中小企業の淘汰が足りないからとさんざん言い続け、つまりは弱肉強食の精神が足りない規制改革が足りないからとなり、そこでサッチャリズムも介入していき、

自助(自己責任)
共助(家族・共同体・自治体)

を強調するようになるでした。

こいつ、菅 義偉総理大臣様って、苦労人でも何でもなく秋田の豪農のボンボンで、東京コンプレックスとエリートコンプレックスの塊のただの田舎者ということで、豪農の身分の分際で自助とか口にするな。


【バブル崩壊とソ連の崩壊】

この自助と共助とかの精神って80年代に跳梁跋扈したサッチャリズムが有名なわけですが、

東側諸国は社会主義で保護されており倒産・失業しないから危機感がなく怠け者になり生産性向上が見込まれず、一方の西側諸国は市場の競争原理により淘汰されて優れた者が上に立ち生産性向上した。現にソ連は崩壊した。
競争を激化させる資本主義つまりはグローバリズムは努力した者が成功する善であり、一方の官・民ともに労働者を甘やかせる社会主義は怠け者が跋扈する悪

こんな単純なレトリックが主流になりだしてのが、ベルリンの壁崩壊・ソ連崩壊と日本ではバブル崩壊の時期と被ってしまい、サッチャリズムが是とされるのでした。


【サッチャリズムの真髄】

ここで矛盾しているのがサッチャリズムの影響をモロに受けている人たちって、経済成長期に青春期を迎えそのまま就職活動してという人がほとんどで、その中では当然家が貧しい中の苦労人もいるし、そういう人が成功すると新興エリートとなります。

生まれや育ちが違うのなら世襲のエリートや東大京大の生粋のエリートと、出たとこ勝負でぶつかり合うこともあるでしょう。

そこで研鑽されればいいのですが実際はそうならず、新興エリートはそもそも戦前の陸軍のエリートのごとくルサンチマンを抱いている者も多く、田中角栄のごとく庶民の出ということで下町の太陽になることなく、下町で貧困にあえぐ庶民を仲間とみなすことなく自分と異なる怠け者だと一線を引きたがる傾向にあると思います。

食料雑貨店の娘のマーガレット・サッチャーがまさにその典型だったといえます。

サッチャー時代のイギリス―その政治、経済、教育 (岩波新書) (日本語) 新書 – 1988/12/20 森嶋 通夫 (著)


【中身のない人間】

サッチャーって労働組合や全国炭鉱組合など中間団体を破壊して、国家と個人・家族との間をプロパガンダーを通じて直接結びつけ全体主義化していき、しかしながらその手法はヒトラーのパクリであり、『食戟のソーマ』で例えるところの才波朝陽も同様です。

才波朝陽は他人のナイフを奪いあらゆる技を駆使して、闇に支配された生粋エリートを従え、料理界を闇に染めようとするのでした。

若手料理の大会BLUEで生粋のエリート料理人の司瑛士に勝利した才波朝陽は、その後準決勝で幸平創真と料理対決となり、その時にブックマスター(料理の判定人)となった薙切えりなの母親が、二人の料理を食し以下のようなことを述べます。

(薙切えりなの母親)
>確かに才波朝陽の料理も一品であった。あまたの料理人の技がいくえにも折り重なっておる。だが、その皮を取り去った奥は空っぽお前自身の味はどこにもないお前も心のどこかで気づいておったのではないか?皿にのせるべき自分がいない事実から目をそらすため、他人のナイフを奪い続けてきたことも。対する幸平創真はこの皿にのせておる。出会った全てらの者らと育んできた自分自身の味を。


【存在しなくなるフル稼働の潜在GDP】

なんか中身が空っぽとなると安倍晋三のことを一番に思い浮かぶわけですが、才波朝陽は空虚な孤児としてのトラウマがあり、それで他人からナイフを奪いその技術もトレースし、最終的には神の舌をもつ薙切えりなを嫁と迎えその手中のおさめ、料理界そのものを闇に染めてその支配しようと試みます。

これまでの充実した人生を送ってきた生粋のエリートに成り代わり、自分が料理界を支配しようということです。

しかしながら才波朝陽の目的は奪うことそのものであり、いわば料理界を発展させるとか豊なものにするとかそんな創造的な計画はなく、先のない静的モデル・ゼロサムゲームを基調としており、いわば社会が発展していく潜在的なGDPを向上させることは「所与の事柄」とされているということです。


【存在しないものを良くできるわけない】

才波朝陽はエリートの司瑛士と異なりこの先いったい何がしたいのかわからなく、維新の会や希望の党も同様のように感じられ、軍事政権や大政翼賛会のごとく、大阪市を廃止したり参議院を廃止して一元化して、いずれ道州制にして東京一極集中を改善してとか、一方では都民ファーストと矛盾してわけがわかりません。(お前ら全体主義者で考えまとめろってこと)

これらの発想ってこれまで先人が積み重ねてきたシステムに対して、世に対する社会そのものに対して恨み(ルサンチマン)を常に抱えていると思われ、その破壊衝動が何よりも先行しており、そもそも彼らは共同体・社会の存在そのものを否定しているからして、否定するもの存在しないものは改善できようもないし、するわけありません。

社会など存在しない Society does not exist, as we imagine not in Margaret Thatcher’s sense but in historical entities 池田光穂


【薙切仙左衛門の私的なエゴ】

そもそもこの『食戟のソーマ』という物語は、遠月学園を運営している薙切えりなの祖父が、神の舌をもつ薙切えりなの非業の運命を変えるためにしかけたことであり、それが幸平創真・タクミ・アルディーニ・田所恵の他、インドのスラム街の孤児だった葉山アキラや漁港育ちの黒木場リョウらの非エリートの極上の石っころを適当にかき集め、である薙切えりなを磨き救おうという計画だったわけです。

薙切えりなの神の舌は味わうことでその料理人の内面・精神性までもイメージとして捉えることもあり、それで才波朝陽の内面の空っぽささえも読み取るがその舌は消耗し傷つき、わかりやすく例えるとだんだん海原雄山のように味にうるさくなくエスカレートしていき、いずれいかなる料理も口にできなくなり、最終的には点滴で栄養補給しなければならなくなるようになるということです。

言ってみれば愛する孫娘の非業なる運命を回避するためのじいさんの私的な計画で、幸平創真らが巻き込まれるのですが、それはそれで研鑽して結構楽しんでいるのでした。


【才波朝陽の欲しいものは暖かい家族だったというオチ】

結局、薙切えりなと才波朝陽とは腹違いの兄弟であったことが判明するのですが、才波朝陽が実は一番欲しかったのは家族であり、才波という苗字から薙切という苗字に代わり、天涯孤独と思っていたのが一瞬にして家族に囲まれてしまうことになるそうです。

なら家族のために生きていけば最大多数の最大幸福となると思われますが、合成の誤謬のごとく世の中はそれほど単純でなく、家族のため愛のためとなるとジンメルが言葉を残したように

>国家と家族のためなら命を捨てる

過激になります。

ここでストッパーとなるのが中間団体やどうでもいいコミュニティであり、それを理解し破壊してきたのが帝国主義・グローバリズムであり、日本でまじかに迫っている全体主義も例外ではありません。

戦前知ってる方は再びあの光景を垣間見ることができますね。

 


【ポップな感覚が命綱】

グローバリズム・帝国主義・全体主義とが民主的な手続きをポピュリズムの基づき、お笑いや音楽を通じて熱狂的な支持を獲得し、結局民主的でなくなる。

ならポピュリズムがいけないとなるのですが、トランキーロ焦んなよ凸(-_-メ)ということで、ポピュリズムのpopってラテン語で「人の集まり」という意味であり、本来なら江戸っ子とかこち亀の両津勘吉みたいな情のある庶民の感覚で、本来なら国家と個人・家族との間に位置するこの感覚だと思います。

両さんに周囲には大原部長や本田、金持ち令嬢の麗子やエリートの中川や、ツケを払っていない店の亭主やら、愛する家族以外のいわばどうでもいい連中が多く関わっています。

もし、どうでもいい関係を断ち切った家族想いの両津勘吉と国家と直接結びつくととんでもないことになり、これが全体主義といえます。


【ちきゅう、すくう】

才波朝陽のような人物がよかれと思い1億の愛を集めたところで日本が世界が無茶苦茶になるのも必至であり、分かりやすく言えば「24時間テレビ」の1億の愛では地球を救えないけど、「24分間テレビ」の板橋区出身の石橋貴明が地球を救うかもしれないということです。

『魔王学院の不適合者』の魔王アノスじゃないけど、一億の愛・想いよりも貴ちゃんねる登録者数131万の想いの誠実さ?心を束ねることで、清原のごとく日本ぐらいは救えるかもしれないのです。

(清原和博)
>貴さん、いつも僕に勇気希望をくれてありがとう!
僕が×××やめれたのも、今の貴さんが居たからです。
NOシャブNOライフ!


【その人にしかできないバレンティアの一撃】

もういいかげん25年も失敗してきた規制改革とかNOシャブNOライフということで、そんな覚醒剤を打つようなことやめて、エスペランサという名の希望が生まれたのなら、次に必要なのがやはりバレンティアという名の勇気であり、この一撃を打てるもののみが戦士というわけで、もう後がない故にラストヒーローとなるのです。

新日本プロレス ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン 内藤哲也「VALENTIA」Tシャツ サイズL ブランド: ノーブランド品



ラスト・ヒーロー OTOMO KOHEI 収録アルバム: HOUND DOG ULTIMATE BEST

ストリーミング
Amazonプライム会員特典に含まれています。☞今すぐ再生


石橋貴明が地球を救うかもと思われる方は ↓のリンクをクリックお願いします。


政治ランキング;

↑クリック

戦前・戦後からコロナ前・コロナ後へ・後編ーstarting overに向けて


(前回からつづく)


【神の皿編は終わったのです】

右と左で対立している間にそこにかこつけてグローバリズムに基づいた政策をやりたい放題やられまくり、ようやく右と左と対立していたはダメだとなり「反緊縮」という新しい勢力が、ここ2,3年で日本に生まれた思われと思われます。

その次に、「丘の上の月」「下町の太陽」といった、上のエリートと下の庶民と対立している間に、全体主義に基づいた政策をメディアを通じてやりたい放題しまくるわけですが、『食戟のソーマ』で例えるところの「神の皿編」が終わっていない間に、「豪の皿編」に入ると言うような、CHAOSな状態でオカダカズチカが性格の悪い飯伏幸太にまたして負けると言う今の日本の状況といえます。


【神超えの意味】

てか、飯伏幸太の出身地って鹿児島県姶良市身で、うちの母方と同じじゃんw(よく夏休みの間、私は疎開するがごとく1か月ぐらい送られていました。鳥取近くの兵庫県養父市も同じ。ド田舎で何もなくてふざけんなと思ってました。)

なるほど、私の性格の悪さはそっちの遺伝子の流れなのかもしれませんし、きめ技のカミゴェ(神超え)なんて神に対しての反逆精神でしかなく、飯伏自身も語っているように自分が神になる意味って、分かる人にしかわからないあの意味なのだと思います。


【まともな名誉教授】

これから世界は大恐慌に本格的に突入し日本もその影響から逃れるのは不可避でありますが、コロナ前とコロナ後では世界のあり方が変わると言及している、大学の名誉教授がいるので紹介したいと思います。

 > EUは既にパンデミック以前に、財政問題を巡る南北対立、移民問題、極右勢力の台頭、ブレグジットなどで、重篤状況にあったことは周知のことだ。そしてコロナウイルス問題が、はじめイタリアで次いで各国において深刻になり始めると、それぞれの国が「国家の復権」に走らざるを得なかった。それはEUの理念に反する「自国第一主義」の噴出でもあった。

>最近ウルズラ・ライエン欧州委員会委員長はイタリアに対して次のことを認めて公然と謝罪した。すなわち、EU各国の首脳は当初は自国のことにかまけて、イタリアに対して必要とされる援助を与えなかった、と。彼女は、これからは危機に対する責任はEUが共有するとも述べた。EUは10年前の「統一市場とEUの未来」という報告書の中で保健体制の一体化も提言しているのであるが、実際には無視されて来た。

>これらが示していることは、EU官僚の単なる美しい理念や理想だけでは、EUは危機には対応できないということである。EU首脳にパンデミックが深刻になってようやく反省が生まれたということは、皮肉であるが、共通の深刻な敵が現れて初めて、EUはEUたり得ることを示したとも言える。そもそもEUは、政治的には対ロシア、経済的には台頭したアジア太平洋経経済協力(APEC)への対抗機構として生まれた、という側面もある。

(2) グローバリズムの終焉と新たな国家像 掲載日:2020年5月5日 一般財団法人 国際経済連携推進センター 評議員 青山学院大学 名誉教授 袴田 茂樹


【グローバリズム終焉の後】

上の記事で大変素晴らしいなと思ったところが何点かあるのですが、記事の最後の

>パンデミック後には、一部に全体主義強権主義の美化も生じるかも知れない。しかしわれわれが目指すべきは、楽天的なグローバリズムの幻想は捨てて、また安易な強権主義にも走らず、まっとうな国民国家あるいは主権国家を基礎とした安定した国際関係国際協力の構築である。わが国のパンデミックへの対応は、例えば台湾の場合と比較すると、諸対策が後手後手にまわり、あるいは泥縄式の対応になった。

というところです。


【全体主義が活躍する格差社会】

世界が劇的に変化していく中でわが日本国はまた酒税法改正して、つまりは10月に庶民に増税して、2026年にはビールと第三のビールの酒税は同じとなるらしいです。

このまま財務官僚が主導する緊縮財政が続けば格差がさらに拡大し、日本国民の間で意識の分断がますます生じ、もはや全体主義が跋扈する土壌は完全に出来上がり、もはやレッドゾーンに達していると思われます。


【なぜ叩き上げの苦労人が危険なのか】

この緊縮路線は当然下層化した日本国民をさらに追い詰め、戦前の浜口内閣の緊縮政策で東北の少女が身を売るなどの社会現象が頻繁に起こり、社会に国家に対する恨みをもつ者が増加し、生粋のエリートや裕福な世襲の人には理解できないのでしょうが、これにつけこむ輩が必ず現れてきます

これまでの世襲や既得権益と結びついている自民党の議員ではダメだし、ましてや緊縮の枝野率いる立憲民主なんて論外。右も左もダメなら自分はセンターだといわんばかりの全体主義者が必ず出てきます。

私がずっと危険だと言い続けているのが、国家に対してルサンチマンを抱えているこういった新興エリートの存在です。


【ルサンチマンというヒール】

私の知ってる人で中卒で料理人になり成功して弟子も何人もいて料理界で高い位置を得た人がいるのですが、やはり世襲の生粋のエリートとは異なり苦労人というところでは絶対的に自信をもっていますが、ぶっちゃけ「叩き上げ」ということで生粋のエリートの仲間入りさせてくれなくて、ずっと感じルサンチマンを抱いて性格歪んだりしている人とかかなりいます。(「とんねるず」とかは逆に高卒を売りにしてますけど)

分かりやすく例えるのなら『食戟のソーマ』の才波朝陽みたいなタイプであり、確かに腕がたち負け知らずで優秀なのですが「叩き上げ」の苦労人故に、生粋のエリートに対して反感をもっていて相当厄介です。

このアニメでの生粋のエリートは元遠月学園の十傑の第一席司英二みたいなタイプであり、才波は司に対して

” エリートさんw ”

と揶揄して煽ったりもしてます。

才波朝陽は、実力がありながら第一線で活躍できないエリートになれない闇の若手の料理人を従え、まず若手の料理界を支配し世代交代をしようとし、いわば既存の料理界は生粋のエリートが支配したシステムなので、一度自分の手でそのシステムをリセットしようと企てます。


【規格統一・言語統一の思想】

元々生粋のエリートの司瑛士は遠月学園時代に料理界から大変評価されており、世界中の政界・財界の上流階級の人に対して料理を提供していたのですが、味のことなんてどうでもいい見栄っぱりの金持ちの連中らに辟易しており、そこで薙切(なぎり)えりなの父親の薙切薊(あざみ)に 料理界を変えないか? ”というような感じで遠月学園内にセントラルのグループを結成するように話を持ちかけられます。

その内容は

洗練された料理人の料理のレシピがあればそれによって皆が優れた料理をつくれるようになる。くだらない料理は排除して料理を洗練された規格に統一しよう。

というもので、不味い料理を排除していけば料理は洗練されていき、料理界の落伍者がいなくなるようなユートピア思想を抱いており、ISOの規格を通じて全世界で統一するようなものと同じでしょう。

それで遠月学園の丼ぶり研究会とか俗物的な料理の温床となる部活動を停止させたりして、セントラル側に従わない連中を食戟・料理対決で退学に追い込んだりして潰していくのでした。


【グローバリズムの心優しきエリート主義の配慮】

そのグローバルな改革を実行する薙切総裁が率いるエリート集団のセントラルに逆らって退学処分となった仲間を救うために、幸平創真・薙切えりならが自身の退学処分をかけて戦ったシリーズが「神の皿編」であり、最後は創真の実力というより薙切えりなの料理の腕により勝利を獲得したわけです。(創真はほとんど何もしてませんw)

その時の対立構図が

料理の味の規格を統一するグローバルなエリート集団

VS

丼ブリ研究会やら郷土料理やら俗物的料理にエリート薙切えりなを加えた庶民を交えた集団

であり、この上と下の対立構図は「神の皿編」でエリナ・創真側の勝利で幕を閉じてます。


【デフレ脱却させない人たち】

せてアニメ『食戟のソーマ』の世界とは異なり、今の日本はどうなっているのかといえば相も変わらずエリートが庶民を家畜化して管理したがるという、上と下との対立構図がますます酷くなりつつあります。

選挙に行かない人の2人に1人を常に選挙に行かせればいいのですが、貧すれば鈍するでデフレでありこれが大きな壁となり、財務官僚様のやりたい放題となるのでした。


【政治に目をむかざるを得なくなる】

何が彼をそうさせたかというところですが、『忠臣蔵』読んでて思ったのが、武人には正直越後屋みたいな政商の気持ちは理解できないだろうし、荻生徂徠のような学者の気持ちも同様でしょう。

ましてや社会全体が良くなるからと身を滅ぼしてまでという人間なんて稀有で、逆に考えると休業補償不十分なままでコロナの過剰自粛要請すると、自分の身が滅びる人が増えてようやく政治に目を向ける人も増えてくるとも考えられます。

団塊世代が一斉に引退して労働人口の構図から、1.60もあった有効求人倍数はもはや1.07にまで低下しており、なんせ菅 義偉は企業の新陳代謝論を掲げており、中小零細企業はとことん淘汰されて供給能力が棄損されていくことでしょう。


【ポピュリズムを最初に使ってきた全体主義側】

道州制を口にしていたり第三の矢で規制改革によって悪魔退治した安倍晋三もそうでしたが、菅 義偉も規制改革を是として維新の会と同じ路線を確実に歩みます。

もはや菅 義偉自身がそっちの色が強いのですが、ここにつけこむのが全体主義でもあるわけです。

最初はXジャパンの歌とか使ったり、お笑い芸人や元政治家タレントや弁護士とかで、報道番組やワイドショーを通じて庶民に対してポピュリズムをもって感情を煽りつつ、そこで親しみやすさをアピールしてきます。

庶民に対して警戒心がとかれると次に、大阪府と大阪市が対立するのでなく二重行政を無くして4000億円の無駄を省くためとか、その4000億円でいろんなことができるとか言ってて、それで大阪市を廃止して4つに分割してとか言い出してきます。

だけど逆にランニングコストがかかるとか、そこをTVでつっこむ芸人やタレントはほとんどいなく、ここでポピュリズムをいいように使われたと落胆するわけです。


【ラベルでは決められない】

『食戟のソーマ』に話は戻るのですが、なぜかノワール側の才波朝陽は勇者に例えられ、逆に幸平創真は魔王に例えられたりしています。

もうラノベ・漫画・アニメの世界では勇者だから善で魔王だから悪とか、資本主義が善で社会主義が悪みたいな、そんな単純なラベルでは判別することはしたおらず、今『魔王学院の不適合者』というアニメを私は視聴しているのですが、これまでの『はたらく魔王さま!』や『まおゆう魔王勇者』もそうですが、魔王でありながら悪でない設定のアニメ(漫画・ラノベ)が非常に多くなってきてるように感じます。


【魔王学院の不適合者の大体のストーリー】

つまり大切なのはラベル云々でなくその中身・本質的なことであり、魔族にも魔族の都合があり家族や友人もいるわけで、この『魔王学院の不適合者』というアニメも同様でありストーリーを簡単に説明しますが、2000戦年前に勇者率いる人間側と魔王率いる魔族側とが二つに分かれて戦争していた時期があり、どちら側にもそれぞれ言い分があり、殺し殺されそのくり返しでもういい加減やめようという感じで、勇者と魔王が契約を結んで一度戦争を終わらします。

それで魔王アノスは殺されることを選択して2000年後転生して勇者と会い、その時は友人になろうと約束するわけですが、2000年後には太平の世が訪れて人間側と魔族側とが共生しているような世の中になっており、記憶を残したまま転生した魔王アノスは勇者との約束を果たそうとするのですが、何やら自分以外に魔王だと主張する偽魔王が出現したりとか、状況が変なことになっているのでした。

自分は魔王アノスの生まれ変わりでありながら魔王学院の不適合者の生徒扱いされるし、勇者学院とか魔王学院とか学校ができて、阪神ファンと巨人ファンとそれぞれの種族が共生しているけどライバル心をもって対立してとか、そんな物語です。


【重要なのは想いの誠実さ】

このアニメで前々回に放送した内容で面白い内容があり、勇者学院側の生徒と魔王学院側の生徒が学校の交流試合みたいのをやっていて、勇者側はDBの元気玉みたいなのを1千万人集めるてその力を利用し、一方の魔王側も同じように力を集めて対抗しようとするのですが、たった8人の女生徒しかおらずしかしながら魔王学院側が勝ちます。

その時のセリフが以下です。

(勇者学院側)
一千万人の愛が・・。想いが敗れるなんて。

(魔王アノス)
一千万がどうした。重要なのは想いの説実さ、心を一つに束ねることだ。


【貧すれば鈍する】

貧すれば鈍するで貧困化すればするほど人間は煽り運転やら、ゴミのポイ捨てやら、スーパーのレジの割り込みやら、礼節を重んじることを忘れて鬼畜・家畜化して、安倍晋三が涙流せば支持率が上がるし、宮迫が涙の記者会見すればますます投票率が低下し、自民党は圧勝するようになります。

;


【全体主義という砂の城】

こういう空気もいってみれば集合意識であり、だけど、「悪魔の碾臼」でバラバラにされた「私人」の感情を束ねたところで非常に脆く、こんなものは真実をもって勇気でもって一撃をくらわしてやると簡単に紛糾できます。

全体主義的な空気は強固な不落の城のごとく見えるのですが、あんなのは負の感情をかき集めたバラバラの砂粒の塊・砂の城でしかなく、王様は裸だと真実を突き出せたのなら、その言葉一つで全体主義的な空気は一瞬で崩れ去ります。

ただしそれをできる人は限られており、言ってみれば砂の城に手が届く人でないと、それをできないのです。


【元井美貴はEVILにバレンティアをくわさせることはできない】

つまりは影響力のない一般庶民は希望を込めて元気玉を与えるところまでしかできず、そのエスペランサ・希望というものを技に変え、次のバレンティア・勇気の一撃をくらわすことができるのは内藤哲也だけなのです。

ロスインゴのファンの想いや、BUSHIやSANADAが仲間たちがつくってくれたチャンスを活かせる人間って限られているということです。

分かりやすく言えば、ファンって元井美貴みたいに自前のグッズ買ったりして、会場に足を運んだりして想いをよせてることはできても、内藤哲也みたいにバレンティア・勇気の一撃をくらわすことはできないのです。


★いますぐ入会しよう!!
 「新日本プロレスワールド」はコチラ!!

【今後分かれる二つの道】

結局、コロナ前と後では世界は変わると思っている人は当然考えをピポッドするでしょうし、リーマンショックの時と同じでまたグローバリズムに戻って、格差を拡大して国民意識が分断されて、東京一極集中してと考えている人は、このまま自身では気づかないまま全体主義側に家畜として隷従していくでしょうし、この二つに分かれていくことでしょう。


【とんねるずは終わったけど石橋貴明は始まる】

『とんねるずのみなさんのおかげでした』というTV番組が終わり、三橋貴明いや石橋貴明はとんねるずは終わったと言葉を残しましたが、youtubeでまたheratに火がついたらしく、尾崎豊も言ってたように

Ending is beginning.
終わりは始まり。

であり、ある意味starting over再出発でもあります。


【まだ始まったばかり】

下町の太陽でありたい

といっていた大友康平のHOUND DOGの『ラスト・ヒーロー』の歌詞にもあるでしょってことです。

starting all over now
あきらめるなついて来いよ
俺たちの長い旅始まったばかりさyeah!

>give me some lovin’
おびえた目で心配するな
ラスト・ヒーロー待ち望む声が 今も聞こえるyeah!Aw!



ラスト・ヒーロー OTOMO KOHEI 収録アルバム: HOUND DOG ULTIMATE BEST

ストリーミング
Amazonプライム会員特典に含まれています。☞今すぐ再生


P・S

個人的にですけど本当はコンサートのアップテンポの『ラスト・ヒーロー』のほうが好きなんですけどね。

FAVORITE THINGS HOUND DOG 形式: CD


 

元井美貴が気象予報士と知ってる方は ↓のリンクをクリックお願いします。


政治ランキング;

↑クリック

戦前・戦後からコロナ前・コロナ後へ・前編ー私事における正義


【アフターコロナの世界】

コロナ前と後では世界は一変し、BC(Before Corona)AC(After Corona)と呼ばれたりして、私もそれには同感を抱いています。

今回、コロナがもたらしたインパクトは世論を変え、それが多くの政治家にまで影響を及ぼし、内藤哲也が2018.4.29の熊本大会の言葉、

変わろうとする思い、変わろうとする覚悟、そして一歩踏み出す勇気

を生み出したのかどうかは定かではないのですが、この変化と勇気なしではアフターコロナの混沌とした社会を国家を再構築していくことはできないと思えます。

簡単に言えば、「正義を掲げながら実はただの闇」というking of darknessのEVIL路線だと、日本は全体主義のディストピア化するということです。


★いますぐ入会しよう!!
 「新日本プロレスワールド」はコチラ!!

【民度の高い有権者】

正義を掲げながらその本質は悪といえばまさに菅 義偉政権なのですが、クソワロタwのがその支持率の高さで、その理由が人柄や安定感らしいです。

高齢者の情報源ってTVが主であり、菅 義偉が総理に選ばれた時に

よく頑張った

と言ってる人がいるのですが、マスコミが苦労人とか叩き上げとかさんざん煽りまくったからでしょう。

大阪都構想と同じで中身をまるで知らないからそうなるのでしょう。



【自己責任と農協などの悪魔退治するらしい】

(菅 義偉)
>私の目指す社会像は、自助・共助・公助、そして絆であります。まず自分でできることは自分でやってみる。そして地域や家族で共に助け合う。その上に立って、政府がセーフティネットでお守りをする。そうした、国民から信頼される政府を作っていきたい。そのためには、役所の縦割り、既得権益、そして悪しき前例主義、こうしたことを打破して、規制改革を進めてまいります。そして、国民の皆さんのために働く内閣を作ってまいります。


【暗闇の中で安定を求める人間の心理】

「信頼される」とか、「国民のため」とか言ってれば、後は抽象的な表現でごまかせるわけで、しかしながら見事に国民を煽動することには成功したようです。

まさにマザファ・シェリフのいう、人間は安定した認知環境を必要とし、対象が曖昧な時不安定な状態を脱するためにと心理が変化し、コロナ前の状態に戻ろうとして安倍路線を踏襲することに日本国民は収斂していくように思われます。

消費税10%増税前で円安と外需に頼っていた製造業を知っていますが、そこなんて安倍晋三マンセー状態であり、その状態に回帰したいと思うのも無理がないし、大企業なんてましてやというところでしょう。


【分かりやすい総理】

そもそも安倍晋三は政権誕生時にデフレ脱却をスローガンに掲げて三つの矢

①金融緩和(これだけした)
②財政出動(してない
③成長戦略(農協などの悪魔退治・つまり規制改革

とスローガンをかかげたのですが、菅 義偉本人も安倍政権の路線を踏襲すると公言しているわけで、後はどうなるか想像できます。非常にわかりやすいです。


【きれいに利害一致】

この規制改革というのが維新の会と非常に相性よく、それで水道民営化・カジノリゾート・なんでもかんでもPFIとなり、これを可能にするがグローバリズムのトリニティ

①自由貿易
②緊縮財政
③規制緩和

であります。

②の緊縮財政は財務省と利害一致し、③の規制緩和はレントシーカーの竹中平蔵、既存のシステム・文化・芸術・慣習をリセットしたい維新や希望と利害が一致し、しかしながら安倍晋三政権誕生の時とは状況が明らかに異なります。


【短期記憶障害の日本の総理大臣】

コロナ前とコロナ後では明らかに日本以外の世界各国は大きく変化を余儀なくされ、中国は香港を力づくで抑えてくるわ拡大路線をモロに打してきたし、西洋諸国は消費税大幅減税して自国の存続にかけて供給能力の防衛に走り、ぶっちゃけ他国にネジなどの部品でも任せているようでは国家の生き残りができなくなるような現実を、コロナ禍において見せつけられたわけです。

③の家政つまりは自給自足の原則がなければ、自主独立を保てないのを身をもって体験したのです。


【二手に分かれる考え方】

なんか今の日本は、幕末期に西洋諸国が産業革命で帝国主義化していて、その変化についていけない状況に似てて、政界、経済界、官界、言論界、芸能界とぶっちゃけ雑に言えば、

コロナ前のグローバリズムに基づくシステムへ回帰する側

VS

コロナ後は世界は変わってしまい、これまでのグローバリズムに基づいたシステムの在り方を改めようとする側

と二分しているように思えます。


【アリとキリギリス】

高齢者の多くはもちろん前者が多く、デフレ下での資産価値維持を望んでいるだろうし、社会保障費維持のため年金維持のために消費税は安定財源として必要だと主張することでしょう。

正しいかどうかでなく、自分のとって都合がいいからです。

あくまでも庶民の代表としての私の考えですけど、一般人で年金収入もそこそこあり・金融資産をもっている高齢者ってデフレを好んでおり、それ以外でも現役世代での中年でも預金が1千万、2千万と若いころからコツコツ貯めてきた者も同様で非常にデフレを好んでおり、つまりは一般人でも経済成長つまりはインフレを毛嫌いしている人が非常に多いという困った状況にあると思えます。

この一般庶民の心理って非常に分かりやすく、寓話『アリとキリギリス』の考え方が前提にあると思います。つまり、

自分らは若い頃から遊ばないでやりたいことをやらないで(つまり消費Cしないで)我慢してきた。その努力のおかげで今の自分があるし、老後の自分がある。

中間階級が崩壊してもしてるからこう思っている人が非常に多いと言えます。


【中華人民共和国の自治区になれます】

中学生でもわかることですが、デフレ期にこうやって節約すると消費(C)が落ち込み、売上を見込めなくなれば、当然民間企業は投資(I)をしなくなります。

普通は減税して消費を促すところを消費を減速させる消費増税するわけですから、それでデフレスパイラルに陥り、政府支出(G)もドケチでやらない。

頼るのは外国への輸出(EX)となるあけですけど、残念グローバリズムはもはや終焉して、たぶん中国だけが、日本に対して台湾ごとく経済依存させて輸入に応じてくれることでしょう。


【国際は全て償還するべきか?】

右と左の対立は終わったとして、しかしながら今度は上と下の対立の状態が維持されたままであり、そんなことしている間に前門の虎後門の狼状態となりますが、例えばわが国のエリート中のエリートの財務官僚といえば、こんな状態であられます。


【教えて公人の岸本さん】

駄目だこいつ・・早くなんとかしないというようなレベルのことを公人財務官僚の岸本様はおっしゃるわけなく、ローマ帝国・大英帝国・江戸幕府もやってないことだから(三つごちゃ混ぜしてるね)、日本は財政破綻するらしく詳しく教えていただきたいと思います。

確かに江戸幕府はしてなくて、明治時代から1440万倍にも膨れ上がった政府の借金により、日本は一等国になったような気もします。いつ破綻するのでしょうか。


【庶民に詳しく説明してください、岸本様】

>日米など先進国の自国通貨建ての国債のデフォルトは考えられない。デフォルトとは如何なる事態を想定しているのか。

とうことを、あなたがたの組織財務省は公言したのですから、その説明していただきたい。


【複式簿記が終わる時】

破産というぐらいですか、貸し手と借り手の関係が当然あるし、ハイパーインフレーションと論点変えずにじっくり説明していただきたい。


【エリートの思考を考えてみる】

なんかアドルフ・アイヒマンもこんな感じだったのかなと思ったりします。

EVILが正義なのか闇なのかはっきりしろと内藤哲也にツッコミまれましたが、エリートの正義って子供の頃から勉強して成績上げるのが正義であり、これが社会に出ても継続されるし、これさえしてれば社会的評価と富を得れて、嫁も専業主婦で新築一軒家で子供にも教育費をかけれるし老後も安泰。

これって個別で見れば非常にまっとうで正しいのですが、緊縮財政して出世するとなると国家が滅びるわけです。


【機械は労働者の敵w】

別にエリートでなくとも民間の会社組織でも同じことが起こっており、会社全体が発展すること利益になることと社員個別の利益と相反することが多く、例えばデジタル化して生産性向上して会社が利益を上げることと、そのデジタル化についていけない管理者がそのシステムから除外されと恐れ、わざとそのシステム導入を阻止するとか、割と当たり前に現場で起こってます。

日本からいつまでもFAXがなくならないのもそうだし、タイピングが苦手な人って40代50代に非常に多く、その人がシステムの導入を遅らせて、電話やFAXに頼る状態にしたがるのも自己防衛の理由があるのです。

ソロバン得意な人が電卓使用を拒否したり、電卓早打ち名人がバーコードリーダー導入に阻止したりとか、なんか「機械は労働者の敵」とかみたいなのが、普通に現場で起こってます。

エリートって学習能力が高く40代、50代でもその辺りは器用なのですが、中小零細企業とかなると結構つらく、そこでまた中小零細企業の生産性向上が阻止されているとかあります。


【私事とその悲劇】

財務官僚の話をすると多くの庶民は腹を立てるのですが、だけど自分の旦那が会社勤めてて同じようなことしてたら、それは黙るんですよね。

こういう私事プライベートなミクロなことと、全体としてのマクロなことの衝突ってどこでも起こっており、なんせミルトン・フリードマンの嫁もまた同様であり、旦那の出世をプロデュースして見事それが成功して、だけど西のマルクスと呼ばれるくらいにこいつがいなければ世界はとなることがあるわけです。


【第三勢力】

政治を変えるなんて良くも悪くも投票率を上がれば変わり、投票率70%程度つまりは投票に足を運んでいない人の2人に1人を運ばせれば変わり、あまり選挙に行けとか言っても正直無駄だし、結局自分や自分の身内が殺されるとかその危機にさらされない限り、人は変わらないと言えます。

コロナなんてまさにその典型であり、日常が壊されて先行きが不安になり、一方で休めたという社畜もいてそういうことが入りまじり、無関心がアドルフ・アイヒマンみたいなおぞましい者を跳梁跋扈させていると自覚したり人が出てきたりとか、

エリートとその家畜

の二つの構造になりつつあり、もうダメだというところで第三勢力がようやく生まれたというところでしょう。

(次回へつづく)

ジェイホワイトが返ってきてEVILどうするのかなと思われる方は ↓のリンクをクリックお願いします。


政治ランキング;

↑クリック