欠乏説が世界を不幸にするーなければつくればいい潤沢説が世界を救う


【はすみとしこさんのツィート】

結構、リベラル派から批判されるような内容のツィートを見かけました。


【社会保障費増で国は滅びないむしろその逆】

まぁ、やはりかなり糾弾されているようですが、今回取り上げたいのは別にはすみさんが人間的にどうかとかじゃなくて、次の発言です。

>将来、障害者の人口が増え、それに充てる障害年金やら生活保護費が急増するからです。「人権」も、過ぎれば国が滅びます

この国が滅びるには、障害年金や生活保護費の財政圧迫によりデフォルト・財政破綻するという意味が込められているととらえて間違いなでしょう。

ちなみに、こんなことで経済破綻なんかしないし、ましてや国が滅びることなんて99・99999・・・%ありません


【格差が拡大すると国家は衰亡する】

むしろ逆です。

社会保障費を削減するとビルトインスタビライザー機能がなくなると、国家はよくて衰退普通は滅びます。

格差社会と国家の衰亡 (自主出版)
(2018-03-01)
売り上げランキング: 371,044

【本社のない自主出版社のまったく売る気のないふざけた本】

まぁ、まったく売れてない売る気も更々ない上記の本は、なんかブログで先に取り上げないのは(一応10万語以上で不適切と思えるし)、そのままコピペ的に引用なしに使われたりするのが嫌なので、一応主従の関係として先に記述したと思ったわけです。

社会学部卒業しただけの浅学菲才の社会性のないろくでなしの身であり、しかも短い期間で作成したために稚拙な内容ですが、思想としては雑誌「表現者クライテリオン」の京都学派の保守思想に、変化しない変化の漸次性を省いた、保守的でないリベラルでもない前進性・進歩的な内容の本だと思います。

あくまでも維新の会のような過激反社会19世紀回帰のゾンビ思想とは対峙している内容です(女性が社会進出した社会のほうが格差がないとかの内容や、日本的経営がむしろ勝間和代さんのような一部の助成をグローバリストにしたとか)

文体も一般読者向けでないまったく売る気ゼロのコストゼロで出版した電子書籍です。


【なぜ同胞の社会的弱者まども叩くのか】

さて、やはり一般的に言われているネトウヨを代表例とする排斥主義者は、どうしても生活保護受給者や母子家庭・身体障害者・低所得者層を叩く傾向にあり、グローバリズムとかなり相性がいいと思われます。

まぁ、グローバリズムって結局主流派の経済学の思想でしかなく、その根底にあるのは「欠乏」に他なりません。

私はダーウィンの『種の起源』に影響を与えたマルサスの『人口論』が彼らの思考を無意識レベルでプログラミングしているのでは結論づけていおります。


【ダーウィンの罪】

世界中の人類を食わすだけの食料がなくなるから、貧困者の存在により飢餓でなくなったり、その人たちが戦争に行って最前線に立って死んでくれればその分過剰となった人口が減り理想の人口に調整される。

だいたいこういった残忍な思想で、これが名を変え形を変えたのがミルトン・フリードマンの思想なのです。

経済ジェノサイド: フリードマンと世界経済の半世紀 (平凡社新書)
中山 智香子
平凡社 (2013-01-15)
売り上げランキング: 310,417

これがダーウィンに影響を与えて環境に適応できた種族だけが生き残るという「適者適存」の思想を跋扈させるようになるのです。

社会学者のウィリアム・サムサーの社会ダーウィン主義なんて、もうグローバリストの思考回路そのもので、

ニーチェのいう「神は死んだ」のでなく、「神は殺された」のであり残忍な思想が跋扈したということです。


【なければつくればいい】

周知のごとくマルサスの時代の後に農業革命が起こり農作物の生産高は飛躍的に上昇し、ある程度食糧問題は解決されました。

まぁ、

なければつくればいい

だけで、これがやつら陰気な思想と対峙した潤沢説です。

非常に楽観的でありこれが世界を救うと思います。(まぁ、不確実性に対して政府の役目ってもう今更いう内容じゃないですけど、だいたいそういうことです)


【右も左も少しは勉強しろ】

自国通貨建ての国債を発行できる政府がデフォルトしないこと、国債の金利暴騰とかでハイパーインフレとか、そんなデマを論破したサイトなんてくさるほどあるのであえて説明しませんが、

もうちょっと勉強しろよ

と言いたい。

これは公共事業叩きしている日本共産党や福島瑞穂先生らも同様であり、なんでミルウトン・フリードマンが歓喜するような論説を、左翼が唱えるのか不思議でなりません。

右の売国、左の亡国:2020年、日本は世界の中心で消滅する
佐藤 健志
アスペクト
売り上げランキング: 134,644

右の売国左の亡国への再教育が必要と思われている方は ↓のリンクをクリックお願ます。


政治ランキング;

↑クリック


 

【遅延悲報】堺市長退職へーピコーン!閃いた!の維新の追い風


【ピコーン!閃いた!に注意】

貴重な休日や遅出や夜勤の入りまでの時間を読書に費やすことなく、ブログアップに時間を費やしてしまっているわけですが、2012年に愚かにも自宅を中古であるがピコーン!閃いた的な、大阪維新的な思いつきで、一軒家をローンで購入してしまい気軽に住居移転ができなくなったヒロヤスです。

ピコーン!閃いた!一軒家買おう!
こんな1ルームでせまっくるしい、隣人が生活保護受給者のクレーマーが住んでいて、駐車場も自由にオイル交換できないマンションなんて糞くらえだ!
どれだけ家賃払ってんだよ、こんな糞みたいなマンションという名のアパートで。

まぁ、こんな感じで一軒家購入して屋根つきのドック付の駐車場で、バイクのメンテして満足しようと思っていたわけですが、大きなオチがありました。


【嫌なら引越しすればいい】

大阪という民度の高い高貴な地は、堺屋太一や大前健一というグローバリストの思いつきにより、行列の出来るタレント弁護士の橋下徹率いる、平成維新の亜流の大阪維新という過激な政党が完全に大阪ローカルTVを支配している呪われた地であるということを、私はあまりにも軽く見ていたと思います。

最近、フリードマンのカテゴリーを追加していないのですが、西のマルクスことミルトン・フリードマンは著書『資本主義と自由』でこのように述べています。

「地方自治を進めて州同士で競争させて嫌なら引越しすればいい

資本主義と自由 (日経BPクラシックス)
ミルトン・フリードマン
日経BP社
売り上げランキング: 53,829

おい、そんなに簡単に出来ないだろうが、このバカ何言ってやがるんだよ。

失礼。
フリードマンはユダヤ人で当然ナチスから迫害を受けたわけで、民族主義やナショナリズムを憎しみ、

” ピコーン!閃いた!グローバル化で人・物・カネ・サービスの移動を自由にして国境のない世界の構築、小さな政府にしてしまえばいいんだ! ”

と、国家を憎んでいるが故に国家をグローバリズムにより解体することを思いついたわけです。おお、本家マルクスと同じく理想主義者じゃんw

資本家から労働者を解放するのでなく、市場原理により国家から国民を解放しようとしたわけです。(社会保障ゼロで変わりにベーシックインカムで後は自己責任。法人税ゼロ。全員同じ税負担。母子家庭のホームレスが出ていも自己責任。)

まぁ、皮肉にも東側諸国が崩壊してマルクスの預言どおりに、資本家が本気で労働者を搾取しだしたわけですけど。


【似非大阪人により大阪が荒らされる真実】

私は同じ奈良出身で(生まれはコレアンタウンの生野ですけど)、保守で愛国精神旺盛の藤井聡先生と違い、郷愁はありますが関西になんか未練などありません。

いや、いや、そもそも東京都渋谷区に生まれ小5で大阪に来た新参の橋下徹のイデオロギー色が強い大阪維新に荒らされた大阪に住むとか、どんな拷問なんだよ。

こっちは出生は阿倍野区(寺田町の駅周辺は生野区・天王寺区・平野区・東住吉区が交差しているポイントなので)で一応コリアンタウン生野区に家があり、少4で奈良に引越ししてきた大阪と奈良のベテランなんだよと言いたいです。(ここでネトウヨはやはり在日コリアンだったとか、戸籍見せろとかバカなことを言いだすのでしょう。一応、両親は日本人です。母方の祖父は警察官で勲章も与えれれている)


【奈良県民あるある】

だいたい藤井先生に共感できないのは奈良アルアルネタですが、あの人は生駒出身であり大阪北部の近鉄奈良線の貴族階級ハイカラ組なのです。

JR大和路線と近鉄大阪線の地域は庶民のエリアです。

これは単なる被害妄想ですが、キンキの堂本剛を含めどうも北部の連中は何か中部南部を見下している感が強く、私の高校でも生駒・学園前・富雄地域の連中の選民意識が強くうっとおしく自慢ばかりしていたと思います。(私はJR大和路線組です)

ついでですがちなみに、法隆寺には小さなフェニックスの金の像が展示してありその説明文には、

” from Asuka to Horyuji  ”

と記述してあります。

フェニックス=飛鳥

三島由紀夫は割腹自決の前に飛鳥村を訪れており意味深です。

しかも、都市伝説では聖徳太子の生誕の土地は実は河合町の旧地名でいう穴闇(なぐら)とあります。(現在の池部いけべ)

太秦(うずまさ)や飛鳥(あすか)と同じく、これは何かあるかもしれません。

この謎については別の機会で。


【だいたい日本人ってグローバリズムって知らないし】

さて話題がかなりそれてしまったわけですが、堺市長が退職するのはいいのですが、心配なのはピコーン政党の大阪維新の市長が誕生することです。

まさか政令指定都市の権限を捨ててまで維新の市長を選択するとか、そんな愚行を堺市民がするとは思えないのですが、なんせ以下の意見もありますし。

>大阪市を廃止・再編する「大阪都構想」への賛否を尋ねたところ、「賛成」が66%、「反対」が29%だった。維新支持層の96%が賛成で、立憲民主、公明、共産各党の支持層はいずれも反対が賛成を上回った。反都構想を掲げる自民支持層は64%が賛成、33%が反対で、党府連の方針と食い違った。ただ、都構想の是非を問う住民投票の対象は大阪市の有権者に限られる

https://www.sankei.com/west/news/190422/wst1904220003-n1.html

おお恐るべし、お笑い報道番組の力。

 


【これを大阪ローカルでどれだけつっこんだのか】

朝鮮労働党が支配する北朝鮮のごとく、大阪維新の党の影響力の強烈な大阪ローカルTV局では、以下の事実を報道することはほとんどありません。

 


東京都渋谷区出身のよそ者に大阪がボロボロにされていると思われている方は ↓のリンクをクリックお願ます。


政治ランキング;

↑クリック


 

民度の高い八尾市民ー大阪特別区民への道


【維新の問題は日本全体の問題】

過去ログでとうとう八尾市までも過激な維新の会の毒牙により、八尾市長が誕生したという訃報を流しました。

【緊急悲報】大阪維新の八尾市長誕生ーピコーン!閃いた!はもうやめてくれ 

 


【八尾市政って悪かったのか?】

これまで八尾市の市長の田中誠太市長がとんでもない政策をしていたのならまだしも、平松元大阪市長もそうでしょうが比較的ましな政治をしていたと思われます。

(「市政だより」八尾より)


【地方切捨ての東京生まれで育ちの国政が3世ボンボンの腐敗政治の下でまぁまぁじゃない】

だいたい、小泉政権の緊縮財政を踏襲した究極の安倍晋三政権において、減り続ける地方交付税(自由に使える)・交付金(公共投資限定)・国庫支出金(特定事業)でよくやったほうだと思います。

(「市政だより八尾」より)

この増収というのも八尾のGDP増加によるものならいいのですが、消費税などによる増収の場合であると評価はできません。

まぁ、そこまで投票率50%を割って選挙に行く民も、そこまで考えていなでしょうけど。


【グルによる官民の格差】

まぁ、国が滅びる過程てこういうものです。

市役所職員(非正規以外)の待遇はあのインチキが跋扈してる毎月勤労統計調査をもとに賃金が決まるわけですから、別に収支を黒字にしたからってむしろ増税したり福祉削減したことになるわけで、庶民の生活が豊かになるわけではありません。

懐かしいなこのグラフw


【国のために死ねないヘタレ男性国会議員は国災】

財務省が~とかいい訳する輩がいますが、国政するにあたって男は身体はってなんぼのものなのですから、男ならアメリカだろうが財務省だろうが殺されようが何されようが、毎年何千人以上国民を無駄に死なしているわけですから、いつでも命捨てるつもりで政治しろと言いたい。

 

命を捨てられないヘタレ男は国政に出るな。


【歪んだセコイ八尾市役所の怪文書】

だいたい、市役所の配布しているPDFも考えが歪んでいます。⇒わかりやすい財政公表

Q どうして借金するの?

A 例えば学校を建てると、その後、何十年と使っていくことになるので、
建てたときの世代の人たちだけでこのお金を負担するのは不公平です。
建てる際に借金をして分割払いにすることで、将来の世代の人たちにも
公平に負担してもらいます

結局、現役世代が負担するのは嫌だから減価償却するという意味にとれるし実際そうです。

国債発行は国家って永続することを前提としているから、後の世代に継承するために高速道路などのインフラ整備するわけで、費用を分割して公平に負担とか、ある世代が得で損とかの問題でなく、マーケティングがなければ消滅する寿命のある企業のようなこんな減価償却を前提としているわけじゃないのです。

自治体は通貨発行権がないし統合政府という概念はないのですが、地方交付税などの中心性と再分配というポランニーのいうひとつ屋根の下の共同体の行動原理に基づいているのですから、つまりは国家がてっぺんにあり自治体はその下に位置しているのですから、別に夕張市みたいに自治体が破産してもそれほど問題はないのです。

小さな政府で地方切り捨てして夕張市は破綻したわけですから、実は財政健全化は全然健全じゃないのです。

だいたい、生活保護受給者叩いてる連中にまともなのいないから。

彼らはレントシーカーという国民を家畜にして国家を食い散らすをやつらは絶対に叩きませんし。


【またお前か!】

話戻します。

いやいや、誰が負担するとか公平とか平等とかじゃないでしょってこと。自治体って共同体なんだから相互扶助精神を表に出すべきでしょてこと。

後の世代に継承させるのでなく負担を公平するとかの減価償却的な寿命のある企業的な考えって、期間限定で考える投資に対しての回収という概念に等しく、西のマルクスことミルトン・フリードマンと同じだと思います。

経済ジェノサイド: フリードマンと世界経済の半世紀 (平凡社新書)
中山 智香子
平凡社 (2013-01-15)
売り上げランキング: 305,002

【ピコーン!閃いた!の連中】

八尾市長選も投票率50%以下で、しかも「ピコーン!閃いた!」層の連中の票が、大阪ローカルお笑い報道番組の影響により育成され維新が勝利したわけです。

毎月「市政だより八尾」が自分らが負担した税金により配布されているですから、決算の箇所ぐらいは読めよと言いたいです。(私はだいたいそこぐらいしか読んでないけど)

壊されつつあるこの国の未来
辛坊 治郎
KADOKAWA (2018-12-20)
売り上げランキング: 223,728

ピコーン!閃いた!壊れつつあるこの国の未来。


【保育所削減署名が無駄になる】

なんか以前、関西スーパーの前で八尾市が保育所削減する反対の署名をしていて一応署名したけど、不幸にも維新の市長が誕生したわけで、もし八尾市廃止して特別区にするとかなったら、せっかく中核市になってようやく保育所を自分らの判断で設立できるようになったのにその権限なくなりますからね。

だから大阪市が廃止されたら大阪特別区奴民の誕生になるし、八尾も同じなのです。政令指定都市の大阪市が特別区になることって、中世の貴族が農奴に自らなるようなことを望むようなことなのです。いや、論外でしょ。


【民度の低い東京都民から自称民度の高い大阪府民がバカにされる】

佐藤健志さんが東京23区が東京市復活的な代案が出てるとブログでカキコしてました。

>基礎自治体連合構想というのがあるのをご存じでしょうか?

東京は1943年まで「都」ではなく「府」でしたが、現在の特別区(23区)にあたる地域は「(大)東京市」と呼ばれました。

けれども特別区は

固定資産税・住民税(市町村税)法人分・特別土地取得税を東京都に納めねばならないのに、権限は逆に市町村より小さいなど、いろいろ不利な点が多い

このため、23区で構成される特別区協議会は「特別区の廃止」を主張しています。

藤井聡さんも『大阪都構想が日本を破壊する』でこれを引き合いに出し、都構想に反対しました。

大阪都構想が日本を破壊する (文春新書)
文藝春秋 (2015-04-06)
売り上げランキング: 107,065

【芸術の街の民度の高い八尾市民の敗北】

まぁ、この基礎自治体連合構想も3重行政になるとかいろいろ困難なところあるのですが、それほど東京23区は自治権を取り戻したいわけです。

当たり前でしょ。

で、民度の高い大阪府民とりわけ大阪市と八尾市はこんなことになってるわけです。

さすが芸術家を生んだ八尾市も足し算と引き算が苦手なようです。

天然色日記 (朝日文庫)

天然色日記 (朝日文庫)

posted with amazlet at 19.04.23
ジミー大西
朝日新聞社
売り上げランキング: 458,979

【プロ集団の維新の会】

まぁ、ペテン集団の手口は以下のリンクや適菜収さんの情報でいくらでも簡単に手に入ります。

大阪ダブル選維新再びデマ広げる-2015年に使った教育費8倍デマを使用ー高橋聡ブログ

 

 


【詐欺師に騙される。どうしよう】

霊能者の江原さんが「憑依される。どうしよう。」という人は「キャッチセールスに騙される。どうしよう」と同じことであり、今はネットですぐにわかるわけですから、お笑い報道番組なんか見てる暇あるならネットで調べればいいだけです。

いざ特別区奴民となって「騙された」という人も同じであり、キャッチセールにだまされるんですと言ってる人と同じなのです。


まぁ、労働裁量制とか更高プロがどうのこうの批判している人も、第一次安倍政権でのホワイトカラーエグセプションと同じで、今更何言ってんだこいつと思われる方は ↓のリンクをクリックお願ます。


政治ランキング;

↑クリック