共産主義者は一人でも多すぎるから水爆で抹殺すればいいーミルトン・フリードマン


【運命のいたずら】

グローバリゼーションは2度も世界大戦に導き、多くの人類からささやかな幸福と命を奪ったわけですが、舌の根もかわかないうちに1945年7月と広島・長崎に原爆を投下する一ヶ月前に、スイスの避暑地モンベルランで二人の経済学者が偶然邂逅することになりました。

その人物がフォン・ハイエクフランク・ナイトです。


【ゾンビ経済学は復活の機会をうかがっていた】

二人は

” 今度の対戦で、社会が破壊され、ヨーロッパの文明が破壊された。その一番の原因は、ナチズムと共産主義者である ”

とハイエクの『隷属への道』にある内容と同じような考えを持つに至っていたわけです。

なぜ、ファシズムや共産主義が生まれたのかを考えないわけで、そもそも歯止めのない資本主義がグローバリズムにより社会が悲鳴をあげ、これらの二つのイデオロギーが育成されたわけですが、主流派の経済学者は未だにこれをまったく理解していません。

そして、その2年後主流派の経済学者によって立ち上げられた集まりが、「モンベルラン・ソサイエティ」であり、その基本的な考えが新自由主義なのです。

隷属への道 ハイエク全集 I-別巻 【新装版】
F.A. ハイエク
春秋社
売り上げランキング: 22,994

【体験ですら学べない主流派の経済学者たち】

グローバル化が二度も世界大戦を引き起こし、今も尚世界中で格差や紛争やテロを助長し、フランスでは黄色いベスト運動、英国でプレジレットRU離脱、アメリカでトランプが国境に壁を築き、日本へ一方的な輸入を要求となり、今は

グローバル化 VS ナショナリズム

の対立構図となってしまっています。(一方の日本では安倍政権や維新の会による周回遅れのグローバル化で滅国まっしぐらですが)


【共産主義者は一人でも多すぎる】

この思想の流れを引き継いだのがかの有名なミルトン・フリードマンです。

民主党のジョンソンと共和党のゴールドウォーターが大統領選を争っており、ゴールドウォーターはベトナム戦争を終わらせるために水爆を使うべきだと発言しました。

この発言はアメリカ議会だけでなく、全世界から批判を浴びることとなったわけですが、フリードマンは逆に彼を擁護して次の発言をするのでした。

” One communist is too many! ” (アカどもなんぞ、一人でも多すぎるわ!)


【フリードマンの友人により弟と娘の人生・命を奪われたオッペンハイマー】

マンハッタン計画において原爆の開発の研究統括者だったオッペンハイマーは、残虐非道なアメリカ軍が広島・長崎に原爆を投下し、その悲惨な状況を目の当たりにし、このままではいつか人類も地球も滅びてしまうと後悔し贖罪の気持ちを抱くようになりました。

しかし、弟子のエドワード・テラーは師匠のロイヤリティ(愛国心)を疑問視し根拠のない証言を繰り返し、オッペンハイマーは公職追放に追いやるわけです。

オッペンハイマーは弟の物理学者まで大学を追放され、娘は職を得られず自殺に追い込まれます。

そのエドワード・テラーの友人がまたこいつ、そう

ミルトン・フリードマンであり、

” 共産主義から自由を守るため水爆を使うべきだ! ”

と過激な発言を繰り返していたのでした。

彼のいう自由はリベラル派の拘束からの自由でなく、レッセフェール 自由放任主義の自由であり、実は何をやってもいい自由であり、竹中平蔵と同じく貧乏になる自由なわけです。

フリードマンは社会や他者のとの関係も度外視し、麻薬も本人の選択の自由と発言しています。

資本主義と自由 (日経BPクラシックス)
ミルトン・フリードマン
日経BP
売り上げランキング: 23,641

【ギリギリ人間を保てたフランク・ナイト】

ついにフリードマンの師匠のフランク・ナイトは

” M・フリードマンとジョージ・スティグラーの2人は私のもとで勉強して論文を書いたが、最近の言動は目にあまるものがる。今後、彼らが私のところで学び、論文を書いたということをいっさい禁じる! ”

と事実上、破門を言いわたすのでした。

フランク・ナイトは日本に対して原爆を落としたことを罪悪感を抱き、広島の原爆で両親をなくした女の子を養子として育てます。

主流派の残虐思想でありながらギリギリのところで人間を保っていたのでしょう。


【都合が悪くなると黙るフリードマン】

フリードマンについてまた別の話があります。
黒人問題のワークショップにおいてフリードマンは、

” 黒人問題は経済的な問題ではない。その貧困の原因はティーンエイジャーの頃遊ぶか勉強すべきか、その合理的な選択の結果に過ぎない。”

と発言し、しかし、一人の大学院生がこう質問をしかえます。

” お言葉ですが教授、私に両親を選ぶ自由があったでしょうか? ”

 

.

親の所得と子の所得の相関関係は顕著に出て、格差は受け継がれます

フリードマンはこの大学院の質問に言い返すことができず、自分の都合の悪いことには黙る癖があるようです。(ビル・ゲイツは生まれと格差なんて関係ないと言い張ってますが)

.

人間の経済 (新潮新書)

人間の経済 (新潮新書)

posted with amazlet at 19.07.17
宇沢 弘文
新潮社
売り上げランキング: 33,030

【いいかげん、歴史からも体験からも学べよ】

しかしながら、怠け者だから貧乏であるとか、私たちは仕事なんて探せばあるとか、そんな考えも実は主流派の経済学の流れを汲んだハイエクを経由し、もっとも過激なフリードマンによる影響で非常に強くなり、東西冷戦の僥倖時代にその影響を受けたのが落合信彦氏や橋下徹氏らであり、グローバリストの典型例だと思います。

ケインズの『一般理論』(1936年)の「非自発的失業」という考え方、仕事につきたくともつけないという考えは、1909年ベヴァリッジの『失業ー産業の問題』により指摘されており、もう彼ら(主流派の経済学・社会ダーウィン主義)との戦いは何百年と続いているわけです。

グローバリゼーションにより格差拡大し社会が悲鳴をあげ、また世界大戦やらかして痛い目あって半世紀だけ格差是正されてとか、今度は核があるからそんな白痴なことをしている余裕はないと思いますが。

.

 


【人間でいたければ比例は「山本太郎」で】

故に、明後日の比例は「山本太郎」でお願いします。

 

家畜になりたければ自民・公明・維新で。

 


ブロック経済によりファシズムが生まれてとか、怠け者だから失業しているとか、学生の頃勉強していないから貧乏だとか、ハイエクやフリードマンやビル・ゲイツやワタミの信仰しているカルト思想から脱却したいと思われる方は ↓のリンクをクリックお願いします。


政治ランキング;

↑クリック


 

我々は皆フリードマン主義者④ーれいわ新選組の意味


【新党立ち上げする山本太郎】

山本太郎議員が新党を立ち上げるそうです。


【グローバリストという破壊工作員】

何やら国民民主党を自由党が合体するらしく、危惧されていたのが国民民主党はかつての民主党と同じくトロイの木馬、つまりはグローバリストという自縛装置があるのではないかということです。

立憲民主も何やら野田佳彦とか菅直人とか、かつて民主党を崩壊させたグローバリストにとっての功績者をまた招き入れているようで、政権交代する前から党が崩壊すると簡単に予想できます。


【アンチ平成維新つまりはアンチ大阪維新の意味なのでは】

山本議員が元号の令和を政党名に入れるとか不敬とか邪道とかいろいろバッシング浴びており、あくまでもこれは私の憶測ですが、これは橋本徹のブレーンの1人のあのハイパーグローバリストの大前健一氏が「平成維新の会」という政党を結成し、国政に参加したが惨敗しその流れをくんだのが「大阪維新の会」であり、この過激派政党に対峙するという意味が含まれているのではないかということです。

山本太郎氏はユニークで洒落っけがあり、つまりは

平成維新=グローバリズム=凋落の30年
令和新選=反グローバリズム=再建のこれから

こういう構図にしたかったのだと思います。


【やはりこいつ、またフリードマンの影響が】

橋本徹氏のブレーンは大前健一堺屋太一らしいですが、彼らに多大な影響を与えた人物がそうかの有名な、西のマルクスことミルトン・フリードマンに他なりません。

最強の経済学者 ミルトン・フリードマン
ラニー・エーベンシュタイン
日経BP社
売り上げランキング: 558,985
.
.

【なぜ保守の藤井聡先生がパヨクと手を結んだのか】

今、松尾匡(ただす)先生や山本太郎議員のような左派やリベラルと言われた人と、保守と呼ばれている人との共闘は以下の図のイデオロギーによるものだと勝手に分析してます。

まぁ、赤枠のフリードマンってだいたいこんな思想をもっているのだと思います。


【国家なんていらない。政府は自由のための手段】

フリードマンは国家や政府を否定しており、それもそのはずフリードマンはユダヤ人であり、国家という枠を破壊するためにグローバリズムを信仰しており、彼の著著「資本主義と自由」の序章で以下のように述べています。

>自由は、あるいは仲間は、政府という手段を使って何ができるかを考える

 

資本主義と自由 (日経BPクラシックス)
ミルトン・フリードマン
日経BP社
売り上げランキング: 10,402

【権力の集中を促したフリードマン】

竹中平蔵はまさにフリードマン主義者であり、グローバリズムの思想にのっとり政府をつかって自分の利益誘導しただけであり、これは経団連の連中もアメリカ企業もロビー活動したり、3世4世の忠犬議員・朝貢国の政府をつかっているだけです。

しかしフリードマンは一方で矛盾する言葉を発してます。

>自由は傷つきやすい高貴な花のよう。権力の集中は自由を脅かす。歴史もそれを証明している。

 

庶民の経済的自由の花は見事に枯れました。

いや、貧乏になる自由の花は満開です。

 

平成の教訓 改革と愚策の30年 (PHP新書)
竹中平蔵
PHP研究所
売り上げランキング: 3,433

【自由か平等かの二択】

フリードマンは

自由をとるか福祉・平等をとるか

の二択を迫ります。

福祉を充実させたり格差是正をすると、自由がなくなると強迫観念をもっており、これこそフリードマンに皆が洗脳されてしまったからなのです。

これはハイエクと同じく中庸精神がなくTPPに反対すると、

「鎖国するのか!」

と極論をもちだすのと同じ0か1のビット思考で、まぁそれが物理・力学の単純な○○な連中のチンパンジーのような頭の中身なのです。


【本物は恐怖で煽動しない・したらまずニセモノ】

「風邪ひいたら即死亡する」ような極端な二択を,やつらは専門に疎い庶民に恐怖を使い選択させます。誘導訊問で。これ弁護士に多いですね。

冷静になって考えれば、鎖国とTPPの間にはずいぶんの隔たりがあるでしょうに。握手して即妊娠出産とか極論すぎるでしょってこと。


【反竹中平蔵が日本人共通の残された良心】

霊能力者の江原さんがニセモノは恐れを使い、ホンモノは脅さないようにうまくアドバイスをすると言ってました。

まぁ、宗教観人生観は私は江原さんとは真逆なんですけどね。

聖なるみちびき イエスからの言霊
江原 啓之
講談社
売り上げランキング: 151
江原  「現世は修行。生きることはトレーニングジムで鍛えて筋肉をつけること。」
.
ヒロヤス「現世はポカミスでうっかり生まれてしまった魂の過失。生きることは死ぬまでの消化試合。竹中平蔵退治がカルマ解消。生への贖罪。」
.

山本太郎の新政党の名前に元号を使うなというのなら、まず大前健一の失敗した政党の「平成維新の会」も批判して、ついでにそれを引き継いだ大阪市廃止・道州制推奨の過激派「維新の会」も批判しろと思われる方は ↓のリンクをクリックお願ます。


政治ランキング;

↑クリック


 

我々は皆フリードマン主義者③ー累進課税は不平等をうむ仮説


(前回からつづく)

もう長くなりそうなので、このシリーズはカテゴリーに加えました。


【富の蓄積こそ資本主義の真髄】

西のマルクスこと、ミルトン・フリードマンはこう断言しました。

” 資本主義の成果は財の蓄積にない。”

はい、預言はハズレまくりました。

ちなみにこれ一年の所得なので蓄積となると、もうとんでもない量となります。


【資本主義は崩壊する運命にある】

もともと私は、

「資本主義の欠点は本来手段であるはずの貨幣が獲得を目的としているあまりに、いずれその矛盾ゆえに崩壊する」

と結論づけています。

この資本主義の矛盾は古今東西指摘してきたわけですが、マルクス主義を中心にことごとく失敗してきました。

なぜ失敗したかの説明をするにあたり、ブログではとても尺が足りなく割愛したいと思いますが、ヒントはオズヴァルト・シュペングラーの『西洋の没落』にあります。

西洋の没落

西洋の没落

posted with amazlet at 19.04.03
オスヴァルト シュペングラー
五月書房
売り上げランキング: 352,574

【家族のために平気に日本人を家畜にする事実】

これはフリードマンの公理の条件となる所与の事柄(条件)つまり、

市場原理は権力の集中はない

とするところにもあり、つまりは「見えざる手」なんてアダム・スミスの妄想はただちに紛糾され、中身は「竹中平蔵の見えざる手」が支配するのが資本主義の末路なのです。

こんなの簡単であり、

社会と同じく資本主義というシステムを運営しているのは、利害をもった人や集団であり、必ず自身の家族や組織を守るために、他人に犠牲を強いようとするわけです。

そのために平気に嘘すらつき国民を騙し打ちするようになります。

こんなのプライマリーバランスに固持する財務官僚の立ち振る舞いを見れば明らかであり、国民が苦しもうが死のうがそれよりも家族を第一に守ることを考え、それに反対すると家族が不幸になるために、ホロコーストに手を汚しつづけるしかなくなるのです。


【貨幣に固執する資本主義者が貨幣を蓄積しないはずない】

そもそも古典マックス・ウェーバーの『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』では、

プロテスタントは勤勉であり遊びほうけることなく働き続け富を蓄積する結果、その富が資本となり投資の拡大になる

だいたい、こんな考えをしているわけで、やはり資本主義者の精神の正鵠を射たといえます。

いやぁ~資本主義者は貯めるために貯めるよね~。

プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神 (日経BPクラシックス)
マックス・ウェーバー
日経BP社
売り上げランキング: 68,264

【一律税率適用と法人税ゼロの理想】

まぁ、所得税の最高税率も下がってるし、なんせ第一次安倍政権で庶民の税率が倍になった市民税が、なんと年収1億であろうが200万円だろうが、一律の税率今回の安倍政権で実現しちゃったわけです。

おお、フリードマンは①一律税率の適用②法人税ゼロを理想としていたわけで、なんと安倍晋三政権はフリードマンの理想を忠実に実現しているわけです。


【逆進性の高い税制は中長期で税不足となる】

だけど、消費増税・社会保障負担増した翌年は税収増えますが、庶民の所得が減り当然景気は悪くなり税収は増えません。


【累進課税は不平等をうむ仮説】

フリードマンは累進課税は不平等を生むと述べておりその根拠も、

①市場に参入する人が減る
②税回避をする

からだと理由を述べていましたが、これを鵜呑みにした日本は中間層がごっそりなくなり、社会そのものが崩壊しようとしています。

広く平等に課税すべきだと平等を嫌うフリードマンはこれだけは平等を連呼するわけです。


(たぶんつづく)

「竹中平蔵の見えざる手」は監視カメラに移っているコンビニの万引きや強盗の映像のごとく、モロに見えてるだろって思う方も ↓のリンクをクリックお願ます。


政治ランキング;

↑クリック


 

我々は皆フリードマン主義者②ー竹中平蔵の見えざる手


(前回からつづく)

【サマーズ、お前もか】

” 我々は皆フリードマン主義者だ ”

この言葉はグローバリズムを批判したケインズ派のローレンス・サマーズが発したものですが、しかしながらサマーズはMMT理論、『現代貨幣論』を異端な経済学と批判しているらしいです。


【周囲は敵だらけ】

なぜ彼がこのような陥穽にどっぷりはまったのかを述べるのは別の機会にして、我々庶民は皆フリードマン主義でありその影響を受けたままでは、家畜として一生鬼畜どもに家畜として搾取されつづけるのです。

この鬼畜が現在はグローバリストであり、フリードマンの洗脳から逃れ「人として」の自覚を得るということは、それはそれで大変であり過酷です。

” あぁ自由って、なんて美しく苛酷なんだろう ”エマ

TV・新聞が流布するデマを信じ自分ら庶民はエリートと同じ人間だと思い、現実はグローバルなニンゲン農場の日本地区で家畜として管理されているわけですが、このまま何も知らずに出荷されるほうが楽なのかもしれません。


【家畜を自覚している家畜は少ない】

「人して生きる」にあたり主導権を握りその分は自由となり見る景色が変わり美しいわけですが、周囲が鬼とその鬼の飼い犬やペットがうじゃうじゃおり、しかも私たち家畜の身に置いている日本人のほとんどがグローバリズムの問題に無関心なわけです。


【大きな政府はディストピアとなるトンデモ預言】

それはさておき、まずフリードマンもハイエクも、

市場の競争を通じて「見えざる手」により社会ひいては世界を導き、人類は自由を手にできる

という、ユートピア思想を共に抱いています。

これに対して社会主義・福祉政策・ケインズ政策・富の再分配といった大きな政府の政策は設計主義「計画」でしかなく、この計画を遂行するにあたり少数意見は度外視され、しかしながら少数の管理者により計画が実行され既得権が発生し価格統制が尾行われ、消費者が疎外される
だから、大きな政府は好ましくなく社会全体が不自由となり、ジョージ・オーウェルの『1984年』のようなディストピア社会になる。

こういうシナリオを前提としています。

資本主義と自由 (日経BPクラシックス)
ミルトン・フリードマン
日経BP社
売り上げランキング: 66,821

【少数グローバルエリートによる支配されている日本の現実】

これに関して私は必ずしも必ずしも全て否定しているわけではないですが、そもそもフリードマンは生産者側と労働組合が癒着し価格の不当な上昇を招き、消費者が損するということを述べたいようですが、これって竹中平蔵らのレントシーカー・経団連、アメリカのロビーイストらも同じなんですよね。

政府と生産者側が癒着し実質労働賃金の不当な低下を意図的に操作しているのです。

 

日本なんて経済財政諮問会議や規制改革推進会議やらの少人数により構成されたグローバリストの管理者当局が一方的に決定した法案を、小選挙区制で自公政権が圧倒多数を占める国会に提出すれば、自動的に勝手に法律ができてしまうのです。


【家は解体され単なるグローバルエリアとしての国となる日本】

かつては家族の一員であった日本の政治家が、今や同胞であったはずの日本人を家畜とし売り渡し、家そのものを解体し単なるグローバルエリアの一つの「国」にしようとしており、凋落の平成最後の年により最後のから低賃金労働者という家畜の自由な移動が可能となりました。

安倍晋三政権により。


【所与の事柄(条件)】

フリードマン主義はハイエク主義も同様ですが前提からして間違っているのです。

それは、

市場を中心とした自由主義は権力の集中がなくなる

という彼らの中二病的な妄想なのですが、これは社会学でいう「所与の事柄(条件)」というところであり、この前提が可笑しいわけですからもうその時点で、こいつらのイデオロギーは完全に崩壊しているのです。

この所与の事柄を説明するにあたって例えるのなら、小火がでたときにバケツの中に水が入っているとしてそのバケツの水をかけて消化するとします。

しかし、小火が消えるためにはバケツの中が水という液体であることを前提とします。これが所与の事柄(条件)です。水でなければそれに順ずるものでなければ小火は消えません。

ところが、この液体が水でないましてや灯油であるとどうなるでしょうか?

そうです。

フリードマン主義が肯定されるにはまず、バケツの中の液体が水でなければならなくなり、社会主義や福祉政策、ケインズ主義のバケツの中はそもそも液体でないと彼らは批判しながら、自身のバケツの中は実は灯油だったということです。

これと同じくハイエクやフリードマンは

市場原理主義は権力が絶対に集中しない

と前提にしていたことが「所与の事柄(条件)」であり、最低限度絶対にこれだけはクリアしないといけない決まりごとだったのです。

灯油でないという条件と同じです。


【改革中毒】

そもそも前提からしてオカシイわけで、こうしてデフレという不況という小火に対して彼らは灯油を注ぎこんできたわけです。

灯油ぶっかければ普通に考えれば大炎上するわけで、日本はデフレに対してここ20年以上灯油ぶっかけまくっているのです。

火が消えないのを

「灯油をぶっかけ足りない」、つまりは

「改革が足りない」

と、DVし続けているのが今の日本であり自公政権だったわけです。(まぁ、野党も財政破綻論という黙示録を信じているから同罪ですけど)

別に消火器でも小火は消えますし、それがデフレの状況下でのケインズ政策なのです。

案外シンプルで簡単なことだったのです。


【貧乏になる自由・家畜になる自由・竹中平蔵の自由】

まぁ、これだけGDPの計算基準変更して少なくとも2016年で30兆円上乗せされているおり、これで景気回復とか言えばただの嘘つきですね。

おそらく97年の消費増税のリアル経済は打撃くらっているでしょうに。

なぜなら、10年前には4世帯に1世帯が貯蓄ゼロ状態が今では2世帯に1世帯が貯蓄ゼロなんですから。

これで経済成長しているというのなら大格差社会を是として、1%だけが豊かになればいいということを意味しており、自公政権はそれを公約に掲げて選挙に戦うべきです。

「お前ら99%は『約束ネバーランド』の家畜かママやシスターのような飼い犬なんだ!」

こうはっきり良いのに。


竹中平蔵氏のごとく。


(次回へたぶんつづく)

所詮、経済学の「見えざる手」は「竹中平蔵の見えざる手」だったと思われる方は ↓のリンクをクリックお願ます。


政治ランキング;

↑クリック


我々は皆フリードマン主義者①ー当然ネトウヨも影響を受けている


【改革とか跳躍とか維新のスローガンはニセモノばかりです】

西のマルクスことミルトン・フリードマンの『資本主義と自由』を読み返して気づいたことがありますが、これはハイエクの『隷属(隷従)への道』と共通してて、社会主義的な福祉やら累進課税やらの精神、自由奔放の市場に政府が手をくわえるような大きな政府の政策批判をしているのですが、小さな政府の政策側陣営つまりは今のグローバル政府がやっていることはその批判そのものであるということです。

>今度は国内に目を向けよう。過去数十年間に実施された大改革(ケインズ政策・福祉政策)の中で、当初の目標を達成できたもがあるのだろうか。改革論者よき意図実現されたのだろうか。

これはフリードマンの、1960年代当時アメリカの大きな政府の公共投資、教育、医療や福祉や累進課税やら高い法人税やらケインズ政策やリベラルな政策に対しての批判なのです。

これって日本のここ30年間でグローバル化・緊縮財政・規制緩和とさんざん改革やらかして、構造改革で経済成長とか挙句の果てにはデフレ脱却とか、チンケな目標すら実現できなくなっていることとまったく同じこと、いわゆるよき意図を達成できていないことと同じ批判を、フリードマンはしているのです。

今ではネトウヨ的ホシュ派のグローバリズムの改革批判を京都学派の保守派がしているのですが、グローバリストにとっての世界恐慌移行の累進課税や福祉政策は大改革だったらしいです。

彼らにとって大格差時代が古き良き時代ということです。


【人でなしブルース】

まぁ、普通に考えてデーターにすぎないバーチャルな金融が集中して、規制がなくなり自由な移動すればあっちこっちで悪さして、リーマンショック級の世界経済危機なんて定期的に起こっちゃいますね。

アメリカの所得格差が是正されていない現状を見れば、安易に次のリーマンショック級の経済危機が来ることが予想されます。余談ですが。(これはあくまでも所得であり富の蓄積でないので、蓄積に関してはもっと格差が拡大してます)

だいたい、改革とか連呼する連中って古今東西、鬼畜の「人でなし」しかいないんじゃないかなと最近思うようになりました。

 


【短気で目標達成できないと全体主義・独裁的になるらしい】

フリードマンはこんなことを述べています。

>あいにくこの人たちは短気で、説得し手本を示すだけでは理想とする社会改革が遅々として進むことに我慢できない。

目標達成できない

全体主義的あるいは独裁的な国家への第一歩を踏み出すことになる。

おいおい、あなたの思想を忠実に守っている安倍晋三総理大臣様そのものじゃん。


【我々は皆、フリードマン主義者だ】

ぶっちゃけ、今の世界中、特に宗主国アメリカと朝貢国日本は、フリードマン主義に皆陥っています。

哲学にも秀でたハイエクの思想を拝借し、それを力学・物理の法則にあてはめ話術に秀でた学者が、市場により国家という枠を破壊しようと試みた西のマルクスことミルトン・フリードマンのイデオロギーに他なりません。

最強の経済学者 ミルトン・フリードマン
ラニー・エーベンシュタイン
日経BP社
売り上げランキング: 287,026

【ネトウヨとフリードマン主義の癒着】

それくらい、私たちの生活の隅々にまでフリードマンのウィルスに犯され、私たちは感染してしまっているわけで、今するべきことは次の世代への感染を防ぐためにワクチンによる予防接種をうながし、尚且つフリードマン病から脱し抗体ができた私たちは、この熱病に犯された人達に対して適当な処方箋を提供するぐらいのことしかできません。

定年退職し磐石の年金収入を確保し、または成功して経済的自由を手にし、承認欲求を満たしたネトウヨたちは、偉大なる万世一系による東洋で真っ先に近代化を遂げてアジアを欧米諸国から開放した国という抽象的・武勇伝的・官能的なイデオロギーに陶酔しだしています。

なぜか同じ隷属朝貢国同盟の韓国に敵意を抱いています。国民をグローバル化により売り渡した自立心のない日本はアメリカの属国として韓国とは兄弟なのに。(むしろ韓国のほうがいつか独立してやろうという気概をもっています)
.
今こそ、韓国に謝ろう ~そして、「さらば」と言おう~ 【文庫版】
百田尚樹
飛鳥新社 (2019-03-01)
売り上げランキング: 45
.
.
..

P・S

アニメ『約束のネバーランド』2020年に2期放送決定しました。

(次回につづく)


りあえず反竹中平蔵であることが、鬼畜から日本人を守ることにつながると思う方は ↓のリンクをクリックお願ます。


政治ランキング;

↑クリック