議論せずまま改憲


首相「次の国会に改憲案」 9条改憲優先度、争点にー2018年8月14日 朝刊 東京新聞

>安倍晋三首相は十二日、地元の山口県下関市での講演で、憲法九条の一、二項を維持した上で自衛隊を明記する自民党改憲案について「次の国会に提出できるよう取りまとめを加速すべきだ」と語った。

>首相は講演で総裁選について「党員の間で(改憲)議論を深め、一致団結して前に進むきっかけとなることを期待する」と指摘。自衛隊明記に向けた「決意」を表明し「いつまでも議論だけを続けるわけにはいかない」と、改憲原案の国会提出に向け、まずは党内で早期に結論を出す姿勢を強調した。


【議論してた?】

いつまでも議論だけを続けるわけにはいかない

??

まず本当に議論しているのかどうか疑わしい限りです。


【自己責任憲法】

まぁ、私は従来から警告しているように、今回の改憲内容の目玉は

弱者切捨ての改正自己責任憲法

であり、権力者を抑制する機能を廃した憲法になると思われます。

第三章(国民の権利と義務)家族の尊重と家族は互いに助け合い

第七章(財政)財政の健全性を規定


【憲法は権力を抑制させるため】

もともと近代化を遂げた憲法に基底されている精神はマグナカルタ憲章であり、つまりは権力者は力が増大であり、その立法機関であるが故に、例えば消費税増税すれば国民は払わなくならなくなるし、特に内閣は実に権力が集中しやすいために、その権力の抑制のために英国のジョン王により設定されたものです。(当時は貴族と王との対立の構図でしたが)

しかも、内閣はインナーキャビットといわるようにマーガレット.サッチャーの存在などから理解できるように、独裁者が現れると権力が集中してしまいやすいわけで、ここで憲法を国民が権力者に守らせなければならないわけです。

これがマグナカルタの精神なのです。

小室尚樹氏が著書『日本人のための憲法原論』で述べているように、憲法ってあるだけでは何ら機能しなくなり、事実戦前のドイツ国民がワイマール憲法を無視を許したためにあんなことになったわけです。


【憲法違反の社会福祉制度】

実はもう既に安倍政権で憲法違反を堂々として、ほとんどの国民がそれに無関心なわけです。

例を上げるときりがないわけですが、憲法25条の健康で文化的な生活というものは国家の責務を放棄していると思われます。

もうこんなものは論外であり、生活保護にしても医療にしてもその財源のやりくりをしているのは自治体であり、しかしその財源は限られているわけであり、自治体によりそのGDPは格差があると、中央政府が福祉・教育・医療・インフラに投与する交付金を渋れば当然そのしわ寄せが市民にくるわけです。


【安倍政権・消費税増税して生活保護受給者カット】
安倍政権、生活保護費160億円カット…約8百万世帯が生活保護水準以下の生活かー片田直久/フリーライター018.06.27

>「1億総活躍社会」を掲げる安倍晋三政権は、一方で生活保護基準の引き下げに執心してきた。2013年から、生活保護基準の最大10%にも及ぶ引き下げを断行。全国29都道府県で1000人近くが違憲訴訟を起こす事態になっている。さらには、今年10月から3年間かけて、平均1.8%、最大5%、年額160億円の引き下げが予定されている。

生活保護費を引き下げると当然、生活保護を受けれらない世帯も増えるだろうし、ただでさえ貧しい生活をしているはどうなるでしょうか?


【兵糧攻め】

私の住んでいる地区は今日は空き缶を捨てる日なのですが、今、外で空き缶の音が非常にやかましいです。これは想像ですが

ひょっとしたら引き下げられた生活保護費を保管するために、空き缶を拾って収入にしている可能性があるのではないかと。

恐らくこれが(空き缶拾い)ばれると不正受給となり、支給が切られてしかも不正に受け取った額を返済しないといけなくなります。

グローバル政権というものは実に手口が巧妙であり、まず生活保護受給者を怠け者で乱暴でどうしようもない印象操作して、次に兵糧攻めをします。

生活保護費削減⇒生活に困り不正受給⇒不正受給打ち切り⇒不健康で最低な生活という憲法違反

愛国者が国民を切り捨てるとかありえないでしょう。


P・S

こう言うと

”働けるなら働け!”

と言う論客もいるでしょうが、私の友人で仕事のストレスで鬱病になり、10年以上も生活保護を受けている人がいますが、無理に働くと次は病気になったり犯罪を起こしたり、まぁ更に問題が悪化すると思われます。

そんなことよりぶっちゃけ、生活保護を受けるよりも働いたほうが豊で充実できる社会にシフトチェンジしたほうが建設的だと思うわけです。

だから、今回の改憲は自衛隊とかそんなのぶっちゃけどうでもよく、グローバル政権の危ない改憲内容をチェックしてほしいわけですけど、皆生活に負われて無理でしょうね。

私も天気悪くてツーリング行けないから、たった一日の盆休みにブログを更新したわけです(笑)

 

日本人のための憲法原論

日本人のための憲法原論

posted with amazlet at 18.08.14
小室 直樹
集英社インターナショナル
売り上げランキング: 116,633

 

 

一院制の危険性(憲法改正)


【一院制とは】

最近、オカルト談話が連続しましたが、今回は固い話です。

維新や希望の党が一院制を憲法改正に掲げていますが、一院制を採用している国は熱狂的愛国者の大好きな韓国や、フィンランド・ノルウェー・デンマークなどの福祉国家、イスラエル・ニュージーランド・ポルトガルなどであり、そもそも普通選挙のない中国や北朝鮮も一院制みたいなものでしょう。

割と小国であると一院制は機能するようですが、これらの国は全てもう国民の多様性がなく、一つの目標を掲げて国民を誘導しているようです。


【民主主義は熱狂しやすい】

最近、トクヴィルの『アメリカのデモクラシー』を読み返しているのですが、アメリカは連邦政府であり、既に州が一つの国家としての独立しており、その州ごとに二院制を採用していており、今でも二院制を採用している州が多いようです。

民主主義は知識人よりも絶対数で民衆が数の上で優位にあり、どうしても粗雑な考えの総意となりかつ熱狂的となりやすく、著しくその判断に欠け、故に妥当性のない誤った選択をしがちとなります。

イラク戦争なんてその典型例であり、9.11で恐怖と熱狂に踊らされた大衆が、単純なスローガンの元に、不当な戦争を支持する羽目に陥ることになったわけです。


【民主主義のデメリットの穴埋めのための二院制】

トクヴィルは二院制のメリットは、

議会の進行を遅らせ、法律修正の上訴の場を一つ設けること

にあると言及しています。

だから、民主党政権交代前にねじれが生じることは、民主主義として機能しており、あの時点で自民党が小泉政権から間断なく継続している弱肉強食路線から、再分配・福祉の充実と政策の転換の猶予期間として与えられており、機能していたわけです。

しかし、格差是正の政策は宗主国の意向とは逆政策となり、当然自民党政権は放置したわけですがその結果、鳩山政権が誕生するわけですが、宗主国が横槍を刺さないわけがなく再び短命で終わるわけです。


【韓国が一院制のわけ】

最近、『解説 左傾憲法集』なるものを読んで、一応世界の憲法の内容をチェックしたわけですが、韓国が一院制であるのは軍事政権の独裁体制を強いるためという、その流れが強固なのです。

そりゃ、そうでしょう。

熱狂的愛国者なら知っている竹島を奪った李承晩ラインの、韓国の初代大統領の李承晩は一院制を採用しており、しかしその後民主化デモにより二院制となるわけですが、1960年代に自由党が崩壊し無政府状態となり、クーデターにより軍事政権が誕生し、維新憲法といわれた第七次憲法改正によって、一院制と回帰するわけです。

常識的に一院制は独裁制が高いといえよう。

解説 世界憲法集

解説 世界憲法集

posted with amazlet at 18.04.16
三省堂
売り上げランキング: 876,193

【やっちゃった韓国の漢字の廃止】

一院制のメリットは改革が迅速にできることですが、民主主義は数の上では民衆が圧倒数を占めるわけであり、ミサイル飛ばされたり、地下鉄でテロなど起きて、プロパガンダーにより恐怖や怒りを煽るだけで、簡単に理性を欠いた熱狂状態となり、危ない法案を通過し、取り返しのつかない政策が実行される恐れがあります。

韓国の漢字廃止なんて典型例です。

日本でも韓国でも抽象的な概念は漢字を元にしており、漢字を廃止すると音の表記だけとなり、例えば

抽象的 → ちゅうしょうてき

と表記され、「中小」「中傷」「中称」と同音異義というものも同音でややこしくなり、これらのいくつかは割愛され消滅し、外来語を使用せざるを得なくなるわけです。

だから、植民地時代を知っている年配の韓国人が抽象的なことを考える時に、日本語で考えるようです。


【日本語は部族の言語となる】

今の若者であるのなら、英語を使用して、ルー語になることでしょう。

しかし、抽象概念は母国語でしか考えることができず、例えば「粉雪」と powder snowとは異なり、日本人ならレミオロメンの歌を思い出すなり、意味が異なってくるわけです。

正義とjusticeなんて、全く意味が異なり、日本語でいう正義とは唯一の道徳であり、それに対してjusticeはjust「丁度、こんなもんだろう」という意味であり、天秤がjustice の象徴とされるのは、むしろ唯一の道徳でなく中庸の精神によるようなところの意味合いが大きいのです。

法の正義とは唯一の善でもなければ神による裁きでもなく、「こんなもんだろう」という判断 judgement でしかないのです。

これ、漢字が廃止されると英語圏と日本語圏の精神構造に気づかなくなりますね。博士号も修士号ももっていない、一般庶民の私ですら簡単に西洋と日本の正義の違いに気づきます。

一院制になると、もはや三権分立が完全崩壊して、内閣府というブラックボックスにより議会制度が崩壊し、すでに民主主義が崩壊した今、もはや英語化教育が深刻化し学校の授業を英語でするとか愚鈍な法案が成立するなど起こりやすくなり、日本語は今で言う台湾での台湾語となり、単なる部族の言語となり下がることでしょう。

まぁ、これが空気を規範とする伝統的な日本人の選択ですから、少数派として反対は一応はしますが、これが日本の運命なら仕方ないことです。


【精神年齢の幼い民族の一院制は危険】

トクヴィルは

「単一の観念、単一の感情のみに基づく政府は最良でない」

と言及しており、

「人民の精神をとらえて離さないのは単純な観念だけ。誤謬だが明晰、簡明な観念の方が真実で複雑な観念よりも大きい力をもつ。」

とその大衆の思考に警告を発しています。

ここで大衆とはなんぞやとなるのですが、数が多くなると当然概念を統一することとなり、単純化されることになります。なぜなら多くの人に共通する言語を使用しなくてはならなくなり、多くの人に理解できる内容でなけらばならなくなります。

複式簿記の知識のない人に日本の借金問題などないと説明することなど不可能であり、連立方程式を鶴亀算で説明することはできても、九九どころか足し算や引き算もできなく、ようやく数字を覚えた段階の人にも理解できる説明をするようなものであり、疲れて徒労に終わるだけです。

ジョージ・オーウェルの『動物農場』の羊たちのような単純な思考、

「四本足はよい、二本足は悪い!」

ぐらいに二者択一のレベルまで引下げないといけなくなります。色に例えると寒色と暖色の二択に絞るようなもので、池上彰氏の説明みたいなものでしょう。

複雑なことに妥当性があるとは限らないけど、反証可能性を常に有しているということを頭にあるのとないのとそうでないのとでは大きな違いがあり、改革を連呼して20年以上デフレを更新する自民党の偉業は、自らジンギスカンとなりたがる羊たちの洗脳なくしては達成できなかったわけです。

だから、今だに個人の考えも契約の概念もない、空気を規範とする学習しない民族の一院制はかつてないほど危険なのです。(マッカーサーは日本という国家の精神年齢は15歳ぐらいと分析してました)

まぁ、だいたい国家が滅びる前の傾向って、こんな感じゃないかな。

 

アメリカのデモクラシー (第1巻上) (岩波文庫)
トクヴィル
岩波書店
売り上げランキング: 30,638

マッチョ思想の文化系の人たち


【戦争を知らないマッチョな人たち】

美輪明宏さんが長崎出身で原爆の被爆を受けたことは有名ですが、彼(?)はやはり戦前を知っており憲兵や軍人が威張りちらし、女性が首飾りなどしてそれを目撃して気に入らなければ裸にひん剥いたり、学卒者がいれば生意気だと暴力をふるい確か死に至らしめたようなこともあったと発言していたと思います。

その中でも印象的なのが学徒動員で母親が息子を見送り、「生きて帰ってくるんだぞ」みたいな発言をしたところ、憲兵が軍の人間か忘れたけど「お前は何てことをいうんだ!」みたいなことを母親に怒鳴り、母親はそのまま鉄柱に叩きつけて血だらけになり、息子は黙って敬礼して去り、そのまま帰ってこなくなったなどの話にしていたと思います。

奈良の王寺町に戦前生まれの女性がいて、やはり本土空襲を体験し当時小学生の少女であったが、その人が飛行機の中のパイロットの米軍の顔が見えて、それでいて笑っていてそのまま実弾をくらったと、その傷も披露して戦争の悲惨さをボランティアで小学校なども回り訴えている人もいます。

私が小学3年の担任(停年直前)は実際に戦争に行ったことのある男教師で、恐らく東南アジア戦闘のことを語ってくれたのですが、それは少し懐かしそうにであり悲壮感をあまり感じませんでしたが、戦後生れの私たちがいくら本やネットの知識で、勇ましいことを発言したところで、戦争を体験している人にとってはもはやお花畑の脳みその持ち主と見えよう。


【ロゴスありのロゴスの三島由紀夫】

さて、同性愛者でありスピリチュアリストの美輪明宏さんは、オカルトの急先鋒の五島勉さんの友人の三島由紀夫とも親密な仲だったようですが、三島は身体が弱く戦争に行けなかった事にコンプレックスを覚えていたようで、冬のソナタのヨン様のごとくやはり肉体をボディービルなどして鍛えていたようです。

徴兵されなかったという負い目を感じていたようです。

実際、三島は自衛隊に入隊してその厳しい訓練を体験し盾の会を結成し、このまま放置すると自衛隊は米国の二軍となり、いずれ日本は経済だけの骨のないクラゲのようになると警告を発し、あのような結末となるわけです。(だいたい間違っていないと思います。)

まぁ、今は日本が経済力だけの国ですらもうなくなっているわけですが・・。

大衆からはやはり三島の行動は常軌を逸脱しただの狂気ととらえらえているようですが、三島は皮肉にも空気に支配される日本人らしくなく、まさに知行一致した死を遂げたわけです。

矛盾のない彼の行動はその矛先を自分に向けることにより、盾だけが残りその生を終えたのでしょう。


【訓練って文科系が想像しているより苛酷】

私が不思議に思うのは戦前を知らず自衛隊にも入隊するどころか、運動部にも所属したことのない文科系の部活に所属していた人が、実にマッチョな思想を持っている人が非常に多いところです。(それもそのはず本読んで影響受けるのはまず文化系ですから。体育会系は・・・。)

戦前・戦中における空襲などの大量殺戮などの経験がないのは仕方ないとして、改憲派にしても、米国追従派にしても、自主独立核武装派にしても、このようなマッチョな発言をしている多くの政治家やインフルエンサーが、部活で失神寸前のような訓練すら受けていない人ばかりなのです。

昔は今と異なり、部活のランニング中に脱水症状を起こし耐え切れず、トブ水を飲んだことのある武勇伝(?)とか、ランニングをわざと遅れ喫茶店に入り水をもらうという悲惨(?)な経験のない人が、マッチョな発言をしているわけです。

こういう意味では橋下徹氏は高校の頃ラグビー部に所属しており、まぁそれなりに訓練の苦しさを自衛隊や軍隊ほどでないにしても、かする程度かもしれませんが多少なりとも想像できることでしょう。


【これもブルーオーシャンなのか】

かつてウーマン村本さんを無知だとか某インフルエンサーの影響を受けてか私も礼を欠した発言をしたことがあるが、彼の有事の際に「逃げる発言」はまぁ不思議でも何でもないわけです。

これに関しては私はわからないとしか答えら得ません。大体、運動部にも所属していた経験があり、10代後半から20代にかけてマッチョな右翼思想の持ち主だった私ですらそう言ってるわけです。
表向きでは「戦います」(`・ω・´)キリッと一応は公言するでしょう。

しかし戦っても伝説の大阪八連隊のようになると思われます。(この八連隊の話も山本五十六の甥の人から教えてもらいました。熱烈なカープの追っかけでそれが原因で離婚した人ですが。)後ろ向きに戦うということです。

まだウーマン村本氏のほうが、おばあちゃんの戦争体験談や弟が自衛隊に入隊して(した)経験という身内の体験談があるからして、まだ私はましであると感じています。

しかしながら、米国から自主独立して核武装して財政健全化を目指しながら国力増加とかいう論客がいるとするなら、もう北朝鮮みたいな国を目指したいのかと言いたい。

立憲民主党は恐らく別の空中分解したような経済政策に乗り出す可能性が非常に高いと思われます。
保育園を充実させて医療・福祉を充実させて、米国から独立し軍事力を増加してだけど少子化だから経済成長放棄する。
かといって資本主義から次のシステムへの移行すらまったく研究する展望もないし、それどころか代わりになるエネルギーの開発の展望も研究費も削減したまま、原発を廃炉してどうして、自主独立した国になれるのか不思議でなりません。

ヘタすりゃ、立憲民主の改憲内容に財政健全化が明記されているのかもしれないわけです。

これで個別的自衛権による平和憲法による自主独立した日本とか、もうわけがわかりません。
このような政治において珍事が起こるのも、実は安倍政権支持をしている熱狂的愛国者の多くも、立憲民主党を支持している木鐸の多くも、戦争を知っているどころか部活で血反吐はいたことのない脳内マッチョな連中ばかりという影響もあるではなかろうか。本当に体を鍛えた脳筋は案外マッチョな発言をしません。多少なりともその辛さをイメージできるからです。
アキレス腱固めの痛みも、掟やぶりの逆サソリの苦痛も知っています。

まぁ、以下の本の内容は前者のことに関してだけですが、割りと正鵠を得た対談内容だと思います。どうやら内田樹氏は近々ミラーマンにでも変身したいようです。

 

日本戦後史論

日本戦後史論

posted with amazlet at 18.01.21
内田樹 白井聡
徳間書店
売り上げランキング: 122,840