楽しんで受けれていた大学受験


【ゲーム感覚の受験】

引き寄せの法則シリーズで結構取り上げたのですが、私は新設の進学校出身でありますが、引き寄せの法則の原則の一つが楽しむことなのですが、受験勉強らしいことをした記憶がありません。

いわば、基本は楽しんでゲーム感覚でクリアしていと思います。

別にハウンドドックのblack board jungle の歌詞にあるように、「いい大学、いい会社」という団塊jr世代のデフォの競争精神とか、どうでもよく競合精神で(競争ではありません)ゲームクリア感覚でやっていたことです。


【洗脳の興奮状態と自己実現の欲求とは違う】

引き寄せの法則でも楽しむことが基本であり、楽しめなければ絶対に失敗します。無意識に私は興味のないことは手をとことん抜く癖があり、逆に興味があればとことん追求する極端な性格をしています。

私が日本の未来が本来は悲観的になる必要がないと言っているのも根拠があり、あらゆる分野で労働力の必要がなくなると、各自に興味のあることをそれぞれがし、それが経済となりもっとも生産性が高まるといものです。

このブログも数日前に書かれた内容であり、気分が乗ったときにまとめてやっていしまったほうが生産性が高く、その時はマズローの欲求でいう自己実現の欲求のトランス状態にあるのです。ドラクエシリーズを徹夜でやるような状態です。

いわゆるブラック企業の経営者は、無理から洗脳して社員を社蓄にしますが、これは不可能であり、その反動として社内にイジメやパワハラ、うつ病、自殺、過労死、在日叩き、外国叩き、芸能人叩き、等身大以上の属性願望からの熱狂的愛国者と、大体「攻撃の置き換え」となり、それが子供の社会にも投影されるのです。

私たち大人が子供たちを自殺に追い込んでいるのです。


【出題者の意図を読め】

さて、教育格差、少子化、AO入学とかで、受験のゲーム性は失われてきたのですが、結構考えたのが自分の得意な科目の配分の多い志望校を選択するというやつです。私は一応、英語が得意だったわけですが、私の時代は運が悪く世の国語力低下の問題から、国語の配点が高くなりました。

国語でも現代文の配点が高いところがデフォで、現代文でも小説が苦手で、問題作成者の意図を読み取るとか、そんなの知るかと思っていました。実は常識的なグラインダーで個性が削られた人間でないと、問題作成者の意図を読めないのです。

まぁ、それで国語力上げるために読書をしてのですが、夏目漱石の『こころ』ですね、自殺するK君の自殺する意図が何であるかを推測するのですが、それを

「K君が自殺したのは、主人公に罪悪感を感じさせるためにしたのではないのか」

と言ったところ、授業中に先生から非常に面白い発想だけど、デフォじゃないと釘をさされました。TVドラマ『anone』の広瀬すずさん演じるハリカちゃん並みにズレているのです。(案外、ハリカちゃんと同じことしてます)


【当時は自力で評判のテキストを調べる】

同年代で同じようなレベルの他の大学を卒業して友人がいるのですが、楽しいのが受験アルアルで、やっぱり勉強してたテキストとかの話が楽しいのです。

実績のある進学校に行くメリットの一つが、勉強の仕方もそうですが一番効果の高いテキストを、無駄なく選択できることです。情報戦です。

今ならネットでその評判とか勉強法とか共有できるのですが、当時はそんものなく自力で調べるしかなかったのです。


【評判だった田村の現代文】

結構、当時は現代文の偏差値を上げるのが、早慶上智の連中らで話題になったのが、『代々木ゼミナールの田村の現代文』です。

新・田村の現代文講義―代々木ゼミ方式 (1) 評論〔基本問題〕篇
田村 秀行
代々木ライブラリー
売り上げランキング: 34,254

今だに顕在でびっくりしました。これで大抵、最低、偏差値5はアップします。
変な邪心を取り払い、分の構図から、解釈するよな内容だったと思います。


【田中康夫氏オススメしていた700選】

駿台の『基本英文700選』もデフォで、これは田中康夫氏も当時推奨していました。

新・基本英文700選 (駿台受験シリーズ)
鈴木 長十 伊藤 和夫
駿台文庫
売り上げランキング: 2,870
.
.

 【今より学力のある中学生が浪人】

 .
 .
 .
その頃、普通に九九もできるし、小学校の円周率3.14で計算できるけど、偏差値の低い子で高校進学できず、中学浪人したり職人になったりとか、それでじゃんじゃん高校を新設していたのです。
 .
まさか、構造改革のデフレ政策で団塊jr世代の中に氷河期が生まれるとは、誰も予想してませんでしたから。当時は。

【楽しんでやるけど、洗脳はダメ】

朝、4時起きて車乗らされ豆腐の配達を普通にしていたら楽しくなく、コップに水が入っていない状態の下りだと、タイヤ滑らしてガードレールぎりぎりに寄せるとか、そういうのが必要なのです。(あの漫画は違法行為ですので)

.

ブラック会社は洗脳して「感謝!」「考えない!」とジョージ・オーウェルの『1984年』みたいに洗脳させているわけですが、その抑圧された緊張(ストレス)が攻撃の置き換えとなり、ますますグローバリズム・大格差社会や子供のイジメ・カーストスクールと投影され、幼い命が失われていくのです。

.

 

 

 

 

 

 

奇跡は手段


【引き寄せの法則を語る】

引き寄せの法則が好評なので、これを単独にカテゴリーとして取り扱うことにしました。

私がなぜ引き寄せの法則に言及するようになったかという理由はいろいろありますが、まず引き寄せ信者にしても、それで商売している人も根本が間違っているからです。


【引き寄せの法則は宇宙とかそんなんばかり】

まず、引き寄せの法則はスピ系のオカルト分野にだいたいが該当します。ヘンリー・フォードが影響受けたラルフ・ウォルドー・トラインの本がその典型です。

宇宙とか神とか源とか、そんなことばかり書いてあります。

ロバート・オウエンしかり、人道主義者はスピ系ばかりで、マザー・テレサがその典型といえよう。

(文庫)人生の扉をひらく「万能の鍵」 (サンマーク文庫)
ラルフ・ウォルドー・トライン
サンマーク出版
売り上げランキング: 8,967
.
.

.
【自己啓発本】
 .
.
大体、そういう本を読んでいて、「なるほどな」と感じます。
 .
だけど、根っこの部分がしっかりしていないので副作用もありますし、そのうち効果がなくなりトラブル続きで崩壊していきます。
 .
所詮、自己学習であり修行への道が宿命づけられてきます。

 .
【奇跡】
 .
 まず、奇跡というものは手段でしかなく、引き寄せの法則もなんとかの習慣も、金銭的な成功という目的が根本の間違いなのです。
 .
私でも自宅から徒歩1分のところにコンビニがありますが、そこがかつてはサンクスだったのですが、アマゾンで本とか受け取りをコンビニ指定にしたところ、近くのファミリーマートが徒歩3分ぐらいで、信号まちをいれるともっとかかります。
.
贅沢言うなと突っ込まれるでしょうが、
 .
「このサンクスがファミマだったらなぁ。いや、いや、これは贅沢だ。(こんなくだらないこと宇宙にリクエストできない。もっとでかいことを)」
 .
と思っていたら、そこがファミマに変わりました。

.
【奇跡に序列はない】
 .
こんなの偶然だろと言われるでしょうが、これが宇宙とつながりがいいという状態なのです。
 .
で、奇跡に序列がないということが、まず第一です。
 .
雨が突然止むことも、宝くじ3億円当選することも序列がないのです。(ちなみに期待するとダメです。楽しむことです)

 .
【因果の中に身を置かない】
.
 じゃ、奇跡が手段というのも何のための手段かといえば、「成ったこと」は「成ろうとするところ」の結果であるということを、悟るということです。
 .
つまりは量子物理学のいう観測者が、不確定な状態から世界を規定するということを実感するために手段であるということです。
 .
内田樹氏の「修行論」で、
 .
因果の中に身を置くと周囲が皆敵に見える
 .
と共通してるところなんです。
相手が攻撃する一瞬先の状態、成ろうとすることに基づいて勝手に体が動くことがマスター(達人)なのです。

.

【恐れを手放す】
.
因果の中に身を置かないとありますが、これは過去から未来を予測するということも共通しており、こうなると当然安全の欲求が高まるところですが、これは低次の欲求であるからして、恐れが根底にあり、恐れというリクエストが発信されるわけなのです。
.
これを皆、知識としてもっているから、必死に恐れを手放そうと修行するわけです。
.
ポジティブ信者もだいたいそうです。

.
【いずれ気づかされる】
.
奇跡が何回か起こり続けると信じないわけにはいかなくなります。
トラブルが起こった時に、
.
あっ、やっちまったな。仕方ないな。
.
と自覚しておりあまり他人を責めなくなります。
自分でリクエスト(恐れ、攻撃、)をしたのですから、そうなってしまいます。
.
神田正典氏も「マーフィーの法則本当だった!」と実感を抱くわけですから、春夏秋冬論とか占いみたいなのも信じるようになるのです。(占いは傾向、統計ですから)
.
奇跡というものも、スピ系のいう統合するための手段として、使わされているわけで、いずれ修行するか破滅的な状況になって改心するか、どちらかになるのです。
.
大欲ですよ。皆(世界中の人全員)が豊かになる。
.
これ、ハードル高いでしょ。日本人だけじゃダメなんです。

 

引き寄せの法則④


【世界線】

来年受験する子供の親御さんもおり、みんなお金大好きで物欲満載なのか、引き寄せのビジネスをしている人もいるのか、結構、評判がよかったので続編です。

引き寄せの法則で一番わかりやすいが、三橋貴明さんも見ていたアニメ『シュタインズゲイト』、通称シュタゲの世界線で理解して、思い込みのリミッター解除するやりかたです。

復習ですが、この世界線とは量子物理学の多世界解釈によるものであり、観測者の感情やイメージなどにおける周波数において、知覚する世界を各観測者がそれぞれの現実を選択しているといものであります。

これは、過去ログで紹介した内容でありますが、2012年9月の総裁選で安倍さんが勝利した世界線も、石破さんが勝利した世界線も同時に存在しており、観測者(私はよく知覚者と表現します。観測だと盲目の人は例外ととらえられますから)がそれぞれの世界線と選択しているという解釈です。(引き寄せの法則はこれに基づいているのです)

現在安倍政権が誕生したからといって、石破政権が誕生した世界線が存在していないわけでなく、平行して他の世界線も存在しているのです。


【パラレルワールドと輪廻を是とする存在】

もうこれは宇宙人専門のオカ系では一般常識的であり、なぜならほとんど全ての宇宙人は多世界解釈をしており、このシュタゲの世界線の発想はデフォなので、宇宙人系オカルトの常識です。

だからシュタゲのアニメは凄くて、ちなみに輪廻の概念もほとんどの宇宙人がこれを肯定しています。地球外高度知的存在を是とするのなら、セットでこのパラレルワールドと輪廻がセットになってしまうわけです。


【実現した気になる】

ヘンリー・フォードやロバート・オウエンなんて典型的ですが、宇宙の源とか霊とかの発言とか、これらの教えにそって実行しているだけなのです。

で、シュタゲの説明が一番わかりやすい解釈が、世界線ですよ。世界線。

つまりは、通常は、知覚による影響で世界線を惰性で選択しているのを、観測者が好む現実の世界線を意図的に選択するテクニックが引き寄せの法則であり、観測者の周波数を意図的に選択したい世界線の周波数にシンクロさせるわけです。

ラジオやTV番組のチャンネルを意図的に会わせて、周波数をとばしてその放送を受信するのと同じ原理です。感情も思考も行動も周波数であり、だから受験に例えると「合格した!やった!」とか先に発言しその達成した気になったり、志望校に行ってそのキャンパスの波動を楽しんで味わって、合格してその学生になった気に、先になるのです。古典物理学とは逆にプロセスを逆転させるのです。

これは男性原理でなく、女性原理であり、だから、女性に占い好きやスピリチュアル大好きなのが多いのです。

(『格差社会と国家の存亡』)

これで無理だという自我のリミッター解除するわけです。

八代亜紀さんや水泳の北島康介さんも実現した絵を描いたりしてましたし、ジョージ・ルーカスもそうですし、オカルトマニアの須藤元気さんもそうです。無意識であれ意識的であれ、基本楽しんでやっているのです。


【過去が変化する】

ここで引き寄せ信者やポジティブ信者の理解していないのが、過去改変するとか奇跡とかの概念をまったく理解していないところです。

シュタゲの過去改変という表現が誤謬であり、正確にはシュタゲを見ていた人は理解できるでしょうが、世界線の移動なのです。(α世界線とかβ世界線とかアニメでは言ってましたね)

主人公の中二病のオカリンは、未来人が乗ってきたタイムマシーンで過去に行き、過去の自分の思い込みをスリカエ・騙して、確かα線からβ線に移動させるのですが、これも潜在意識にある命令文・負の思考のリミッター解除して、問題解決するわけです。

基本的には引き寄せはこういうことを意図的にテクニックとして使い、実現させているのです。(読んだことないけど、勝間和代さんの知人の経営コンサルタント神田正典さんが実践した、マーフィーの法則も同じでしょう)

末期のガン患者が完治したとかは、患者の意識が変化して先に健康な意識になり波動が変化して、末期ガン患者の世界線から健康な状態の世界線へと移動したわけであり、引き寄せもこれと同じことをしているのです。

だから、引き寄せを実践している人の発言の中で、過去は変えられないが現在と未来は変えれるという発言は、申し訳ありませんが、この法則の原理をほとんどを理解してないのです。(潤沢でなければゼロサムゲーム、経済学の欠乏を元にしてのモデルと同じになります)

感謝する精神も赦す精神も、自分が獲得したいものを得るためのテクニックとして使用し、もっとつきつめるとその行為自体が修行であり、空海のいう大欲(皆を救う。皆が豊かになる。なぜなら自分も皆だから。)と帰趨されるのです。間違いなくそこに至らない限りトラブル続きになります。


【世界線という言葉の影響】

日常会話で、「お前の世界線にはタクシーは存在していないのか!」とかありますが、これは非常にいい傾向であり、言葉はそのものがエネルギー体ですから、言霊とはよく言ったもので、これらの日常会話が流布されると、無意識にリミッター解除となります。

カール・ポパーのいう反証可能性のような概念を無意識に植え付けられます。

マントラと同じでプロセス逆転させることができます。字を読めない人でも反証可能性のようなコマンド(命令文)をインプットされるわけです。大衆煽動・洗脳のテクニックの一つですね。鉄板です。

だから、少子化でダメとか、国の借金とか、一人当たりの借金とか、ましてやこれらの多くはデマでありますが、無駄にどころか日本の破壊行為願望ムキだしの発言でしかなく、愛国者を名乗る人がそれ言ってるのですから、もはや星新一の世界です。


【抽象概念で思考できる母国語が大切なわけ】

故に、言葉は非常に大切であり、ジョージ・オーウェルの『1984年』では、言葉が権力者のいいように改竄され中間層は愚民化され、下層のプロールか教養のない層はドラッグやギャンブルや売春と放置され、党に逆らう可能性のある知識のある層のみを集中的に粛清するのです。この過程に行き着く前に、

「四本足はよい、二本足は悪い!」(グローバル経済はよい、それ以外は鎖国で悪い!)

というような多数派が形成されるのでしょう。


【言葉の威力】

日常会話の自己責任とかも同じで、同じ主体に義務と責任を負わせたり、食物連鎖のピラミッドとか、スクール・カーストとかそんな言葉で出てくるのは、好ましくないのです。(過去ログ:権力構造維持と3年B組の腐ったミカン

だいたい、同じ種族内で食物連鎖って共食いだし、その手の種族のライオンとか虎とか絶滅寸前だし、事実を見て欲しいわけです。ピラミッドの頂点の人間が動物より人口が多いとかも。

みなし残業とかサービス残業とかの言葉も同じで、資本主義は労働力と賃金の契約における交換が基本であり、店入って飯食べて「これは食べたとみなした」「この食事、サービスね」は、ただの食い逃げで犯罪だし、外国人は契約に基づいて行動しているだけで、成熟した国家ではなされません。(店のツケとかは友人関係だからOKなのです)

正確には「労働力の窃盗」という言葉が当てはまるのです。奴隷制度を廃止して近代化を遂げた国ならば。

そういう意味ではスピ系もよくなくて、仕事は我慢料とかの発言は最悪であり、前世の影響とか高級霊という2流の神のお告げとかの愚言は、もうディスりたくなります。

これは、パワハラやウツの原因にもなるし、実際、自殺・過労死や現場の事故にもつながっているし、このスピ系の考えは経団連とかレントシーカーが喜ぶだけなのです。


P・S

バシャールとかの宇宙人系の引き寄せ法則とかを語るなら、まず世界線を理解していないと論外だし、だからシュタゲなんです。シュタゲ。

オカルト元格闘家と実業家の宇宙人と対話本です。

 

バシャール スドウゲンキ
須藤元気 ダリル・アンカ バシャール
ヴォイス
売り上げランキング: 47,655
未来を動かす バシャールが新たに語る、「最高の人生」にシフトする方法。
.
バイト戦士の「私は失敗した、失敗した、失敗した」とか、そういうトラウマがあるともうβ世界線の移動は無理です。
 .
加えて、少子化でこの国はダメとか、もうそんなデマを流布するとか国家破壊行為でしかないのです。
 .
経済学者のシュンペーターも「最近まで、人口増えまくって食料なくなるとか言ってただろ!何言ってるんだ!」というように、今の日本同様西洋諸国につっこみを入れてました。
 .

引き寄せの法則③


【成功法則から始まるルート】

ここ十数年の読書のきっかけが成功法則という物欲から始まり、古典や学術書も読むようになったわけですが、しばらく社会がどうとか糞みたいでどうでもいいと思ってたけど、東日本大震災をきっかけに原発事故と数ヵ月後にはTPP参加交渉と、あまりにも非情な世論に愚かにも反応してしまい、またグロテスクなものにどっぷりつかっちゃったわけです。

もとの原点は成功法則であり、物欲まみれの精神であり、なざかそれを突き詰めると精神修行を余儀なくされ、社会の変動モデルの独立原則の緊張(ストレス)となるものの大切さも自認するようになりました。(貧困者、薬物中毒患者、障害者、被差別部落、働く女性、在日とかの排斥に否となるようになるとは、その頃には夢にも思っていませんでした)

戦前の陸軍のクーデターも、賊軍の子孫として生まれただけでエリート街道が遮断され、それがルサンチマンとなり、既存の国家への破壊衝動となった説も有効であり、しかし、薩長も元を辿れば関が原の負組みの西軍のリベンジでしかないとも考えられるわけです。(恨みを晴らすこの負の連鎖が、犯罪、格差や戦争といった原因となるのでしょう。)


【一度は経験するポジティブ信者】

まず成功法則の近道は、一番自分の好きなことであり、自己実現の欲求に基づいた道でないと、困難極まりないのです。(ワクワクという言葉がそうです)
そうなると頭で計算して、公務員は安定しているからとか、介護士はこれらかだからとか、そいういう動機はまず法則からはずれてボツる傾向にあり。

そうするとみんな結構失敗するのが、ポジティブ信者になってしまい、思い切って脱サラして独立とかして失敗とかがそうです。与えたものが与えられるから、不安や恐れがあってもなかったことにして、その負の波動が作動します。

まず引き寄せの法則で鉄板なのが、「もう既に成功した状態。気持ちになること。」なので、成功して暗い気分とかNGなので、みな成功した気分を味わうのです。

これがポジティブ信者のからくりです。


【修行】

だけど、それは東北のクーデター起こしたエリートの陸軍たちと同じく、抑圧されたルサンチマン・感情を放置することと似ていて、それで結構失敗するわけです。

故に、公務員やりながら他の一番やりたいことあるけど、不安なら辞めることは得策でなく、それなら副業が認められる範囲内であるのならそれをやりながらするほうがいいわけです。本当は不安なのにそれをなかったことにして、行動起こすと失敗しますし、仮に成功しても副作用の災厄を味わうのです。

だから瞑想して自分の状態を隠さずスキャンする能力を身につける必要があり、これはある種、修行なのです。


【運とは】

私は一応、大阪の私立の進学校の高校の一期生の卒業生なのですが、その高校はもともと工業科とかある附属高校の分校で、私が入学した時には分校としては4期生でした。
最初は附属高校を併願で受験しようとしたわけですが、3つの科まで併願で選択でき、それで分校を専願で第一希望として、残りの二つは本校の普通科と自動車科と、併願として受験したわけです。

まぁ、不良の少ない高校を卒業できりゃいいと当時思っており、それで気軽に受験し、えぐいスパルタぶりの高校の実情を知っている担任の先生が私の身を案じ、私が風呂に入っている時に、やはり考え直すように話を進めきたらしいのですが、勝手に親がそれをすっかり隠蔽しやがって、うっかり専願で合格してしまうわけです。


【なぜか合格して一番上のクラスに入れられる】

当時の教頭(校長)とか教師が変わり者ばっかりで(右翼の先生とか)、スポーツクラスの野球部も元PL学園の監督がスポーツ推薦の選考をしており、それでこの選手はダメだろうという受験生を、「いや、残す」と直感で採用したりして、それが後に化けて中日で、山本昌と左の二枚刃の両エースとなるわけです。

私も専願で基本バカでしたから、本来なら一番下のクラスに配置されるはずが、私の中学3年間の成績を教頭(校長)が見て、急に成績が上がったのに目をつけて、化けるかもしれないから一番上のクラスに入れてもみようとし、入れられるわけです。(高校進学したくて中二の時に急に勉強したから上がるの当たり前なんですけど)

高校卒業すればアニメの専門学校にでも行けるかと思い、偏差値に関してはその程度の低いハードルだったのがわけわからず、毎日8時間授業とか勉強づめにされ、入学前から高校に呼び出され、山のような宿題を出されていました


【確信】

まぁ、あまり長くなるとあれですから、当然上位クラスだとやはりレベル高くてついていけず、毎日放課後に職員室前に正座して処理できない宿題をさせられ、4時間ぐらい正座したこともありました。

まぁ、毎日徹夜状態、能率も悪く、当然スランプになったりしたけど、クラスの連中になぜかシンクロし、ようやく闇から逃れ成績もましになりました。

で、本題です。

その時、英語勉強したらいきなり何の根拠もなく、出来る(出来た)という確信を得るようになったのです。クラスでも成績下位の私がです。

だけど、半年たたないうちに模擬テストの構内順位が英語で1位になり、当時担任の先生が驚いていたわけですが、別に私としては当たり前の状態だったのです。それも既に出来たという確信を得たからです。(まぁ、3年間で2回しか1位(英語)とれなかったけど)


【既に目標達成された状態になる】

この確信は理屈じゃなくて周囲が無理だと言っても、できるとおもったらできるのです。
引き寄せの法則もうこれが必要で、だから皆、成功した状態に先になろうとするわけです。

当時の担任が関西の私立で一番偏差値の高い大学の卒業生なのですが、その担任が高校生の時にした行動が、実際に希望の大学に行きそのキャンパスに身を置きその感覚を味わい、大学生活を想像し楽しみにし、そして現役で合格したと体験談をしてました。

私が卒業した大学もそうで、高校二年の時に模擬試験の会場として受けたわけですが、秋の文化祭季節の落ち葉が落ちてるキャンパスはどこもお洒落で、なんとなく「ここの大学いいなぁ」と感じ、その志望校とその決意を書かされた紙が、教室の壁に貼られるわけですが、毎日それを眺めていたら、やはりその大学に合格しちゃったわけです。(愚かにもあのスパルタ高校のパンフレット見て、学園生活を何度もイメージしてたな。もう中学3年で無意識にやっていました)

もう引き寄せの法則でやってることは、多くの人が昔からやっていたわけですが、前回のブログで言ったように、信仰心のない日本人には引き寄せの法則を意図的に使うのは難しいわけです。(ちなみに、そうなりたいなぁと願ってると、そうなりたい状態を永遠に引き寄せることになり、願望実現しませんので注意)

これも迷信とか思い込みとかどこか心の片隅で思っており、できたという確信を得にくく、これも疑っている状態の波動が作用していので、疑っている世界を構築して、しかしそれはそれで成功しているのです。(不平・不満とか搾取とかも禁則事項で、だんだんこれらを取り除くことになり、気がつけば平等精神になるわけです。潜在意識で負い目を感じているのとか最悪です)


【引き寄せの法則は世界線の選択を意図的にする法則】

世界線ですよ。世界線の選択です。
三橋さんも見てたアニメのシュタインズゲイトの世界線ですよ。

A大学に合格している世界線
A大学に不合格している世界線

シュレティンガーの猫の状態です)

どちらのバージョンも同時に存在しており、それを選択するのは知覚者の波動(感情や思念)であり、量子力学の波の状態がいわば世界線であり、知覚した時にその世界線を選択することとなり(光であれば粒子)、その選択する要因となるのが観測者の状態なのです。

これはプラトンのいう「揺らいだ状態」でもあり、般若心経の空にも相当し、あるけどないというような状態だと説明する人もいます。ハイゼンベルグ定理も同様の解釈できます。

引き寄せの法則はテクニックにして意図的に願望実現を試みるのですが、繰り返しになるけど、前回説明したようにそれだけだと副作用が生じます。(私も何度も墓穴掘ってます)

ちなみにシュタゲの主人公は中二病ですが、以下の動画が非常に参考になりますのでどうぞ。

 

引き寄せの法則②


【神田正典さんの本から】

続編です。

もともと私はお金が欲しくて勝間和代さんの知人の神田正典さんの本を読むようになり、その流れで手段が目的、つまりは読書すること自体が目的となってしまい、政治・経済・歴史・哲学・オカルトなど何でも読むように至り、今ようやくそれを思い出しました。

で、神田正典さんなのですが、元外務省の官僚でありその後経営コンサル会社などに就職し独立して成功したわけですが、「マーフィーの法則」など引き寄せ系の法則を実践していたようです。

実は、私もこの引き寄せの法則をやってみて、賃貸ワンルームに住んでいた状態から、ローンを組んでますがこの方法で一軒家に住むようになったわけですが、その時に本当だったなと実感しました。

偶然に偶然が重なるような、所謂奇跡的なことが起こったわけです。

神田さんも「マーフィーの法則は本当だ!」と実感したわけですが、これらの実践にはリスクゼロですから誰もがやれるし、実際ヘンリー・フォードもトラインの本の内容を実践して成功しました。


【宇宙意識のエイブラハム】

この引き寄せの法則なのですが、むちゃむちゃオカルトでスピ系で、霊とか宇宙意識とかトラインの本を読んだらわかるようにそんな怪しい内容です。

昔買った本なのですが、普通にビジネスコーナーに置いてあり、エスター・ヒックスやジェリー・ヒックスのこの本なんて、エイブラハムという元地球人の魂が転生し、その後宇宙意識となったエイブラハムという宇宙存在と交信した内容です。
その頃、シークレットとかが流行していてそれで読んでみたら、「何だよ、この本は。」と驚きました。(こんなのビジネスコーナーに置くなって。間違って買ったぞ)

引き寄せの法則 エイブラハムとの対話 (引き寄せの法則シリーズ)
エスター・ヒックス ジェリー・ヒックス Esther Hicks Jerry Hicks
SBクリエイティブ
売り上げランキング: 1,968
 .
.
本当の意味で宇宙を貫いていました。
.

 .
安倍総理のお盆に水を入れて占うとか、まぁそれだけを指標すると問題ですが、なしではないわけです。
 .
楽しめば楽しむほどお金は引き寄せられる
秋山 眞人 布施 泰和
コスモトゥーワン
売り上げランキング: 386,726
.
 .

.
 【与えたものが与えられる】
 .
須藤元気さんもオカルトマニアで非常にスピリチュアルですが、元々成功法則の本がきっかけでそれを実践して、成功したと言及してます。
 .
で、みんな大体ぶち当たる壁があり、テクニック使って成功するけど、何かを得ることばかりになり与えることを忘れて、だんだん卑小になったりして計算ばかりして、自滅するわけです。
 .
テクニック中心になり逆のことをしだし例えばこうです。
「与えたものが与えられる」というのが原則だったのが、頭の中で結果追求のために手段としてテクニックに走り、特定の手法に拘ったりとか無理から状況をコントロールしたりとか。
「うちのスタッフは働きが悪い!」「朝早くきて仕事の準備しろ!」「そんな資料、家で徹夜してでもやれ!」て具合に搾取して、与えないとヘンリー・フォードと逆のことをしだすのです。
 .
これが過去ログで発言した所謂、魔術的になるわけで、大体一度は痛い目に合います。手段が目的になるってやつです。
 .
だけどこれも理にかなっており、本人は必死で法則を忘れて気づかないけど、魔術的なものを与えたから魔術的なものを受け取るだけなのです。

.
【引き寄せの法則を究極的追求すると解脱を要求される】
 .
 引き寄せの法則ですから、恐れをもっているとそれも当然引き寄せられるわけで、恐れを手放さないといけないわけですが、まぁこれが困難極まります。
 .
赦す(ゆるす)というのも同様であり誰かに何か危害を加えられて、なかなかそれを許せなくなくなり、赦すのは成功の法則にもあるのですが、これがなかなかできないわけです。(赦すと許すは異なります)
 .
それで皆、それを体得しようとして、それが結果として修行することとなり、ブッタやキリストらの手法と同じことをし、引き寄せの法則を副作用なしに究極的に実践すると、スピ系やオカ系になっていくわけで、最初は私的物欲からテクニックとして使っていたのに、物欲とは反対の解脱の精神に到達してしまうわけです。
 .
幸福論

幸福論

posted with amazlet at 18.03.06
須藤 元気
ネコパブリッシング
売り上げランキング: 160,064
 .
【因果の中に身を置くと周囲が敵に見える】
 .
もともと物欲からテクニックとしての手段を追求すると、「赦す」「恐れを手放す」とか「自我(エゴ)を緩める」とか「皆が幸せになる。豊かになる。」とかだんだん空海やヘンリー・フォードが言ってたことや、ブッタやキリストがしてたようなこと、つまりは小欲に生きるのでなく大欲、みんな豊かに幸せにとか、逆の発想に至るようになるのです。
 .
副作用としての災厄を避けるにはこうするしかないのです。(神田正典さんはこれを知っていたし、副作用でひどい目に合った人も知っており、自身痛い目にあい施設とかに寄付していました。与えることにより災禍を回避するのです。)
 .
で、武田哲矢さんがラジオで薦めていた本なのが、これが内田樹氏の「修行論」であり、例えば自我というものの消滅を試みるわけですが、これがまた修行なのですよね。
『テニスの王子様』じゃないけど無我の境地ってやつです。
 .
内田氏は
 .
「因果の中に身を置くと、周囲のものは皆敵に見えて、それを排除しようとする。」
 .
とこのようなことを言っているわけですが、自転車に乗っていると進行方向の一直線上に人が目に入ると、それを因果の中に身を置くと敵に見えて、邪魔だなと思いイライラして排除するようなことがその典型例です。
スーパーのレジで並んでイライラするのもそうですし、これも因果の中に身をおくからです。財布から取り出すのが遅いとか、レジの処理が遅いとかも因果の中に身を置くからです。
 .
内田氏は合気道の師範でもあり、格闘技アルアルだけど、考えたらつまりは因果の中に身を置いて反応してから行動すると遅いわけで、思考を超えた状態でもう既に自分の攻撃が終わってる状態でないといけなく、それが達人の域なのです。DB超の悟空の身勝手の極意みたいなものでしょう。
 .
成ったことを因果を想定してからの行動でなく、もうすでになっている状態の領域です。
これは科学とは逆の性質、因果でなく成ろうとすることにより成った状態であり、進化論を肯定している日本人より、信仰心のある外国人のほうが、神とか見えないものに対して畏怖の念があるから、上達が早いわけです。内田氏も同じようなこと(信仰心のある外国人のほうが上達早い)を言及してました。
 .
修業論 (光文社新書)

修業論 (光文社新書)

posted with amazlet at 18.03.06
内田 樹
光文社 (2013-07-17)
売り上げランキング: 56,635

P・S

これには瞑想がオススメであり、瞑想して思考を停止させるのって無茶無茶困難であり、何度も考え事をしてしまい、それを少しでも長く思考停止(もしくはその思考の一部を停止)させて、完全に無我の境地に到達することができれば、引き寄せの法則が魔術としてのでなく、副作用のない本来の力を発揮できるわけですが、その境地に至ると本来の引き寄せる物体が必要なくなるという、物欲が少なくなるというよくできた話なのです。(引き寄せの法則でコンサルしている人の多くが瞑想しています)

.

恐れを手放すってのもそうだし因果の中に身を置くと、安全の欲求なんて恐れそのもので、これを手放すのはなかなか難しいと思います。
.
複式簿記なんてエネルギー保存の法則そのもので、制限された空間内で形而上の数字の移動をするわですから、必ず自分の帳簿外からゼロサムゲームで数字を確保して、そうなると労働賃金引下げと余儀なくされるわけで、そこで物価とか金利とか権利がからんで、まぁ引き寄せの法則と逆のシステム、資本主義のシステムとバッティングするのです。
 .
お金を手段として使えるか、目的として蓄積するかなんですが、恐れがあると蓄積して法則自体が機能しなくなるのです。
引き寄せの法則と修行はセットです。
 .
.

引き寄せの法則とは


【引き寄せの法則】

まぁ、あまり政治・社会ネタは打っても響かない鐘のごとく、疲れるので緩いオカルト的な話題も入れたいと思います。

最近、流行しています引き寄せの法則ですが、今ではyoutubeなどのチャンネル開設やツイッター、ブログと個人でも資金をかけなくとも活動を行えるようになり、実際それで生計を成り立てるかどうかは別として、いい時代になったと思います。

今では引き寄せの法則はビジネスコーナーでもその本が置かれ、実際実業家の多くもそれらを使っているわけです。
実にその内容はオカルティックで実にスピリチュアルなものを多く含んでいるわけです。


【スピ系のヘンリー・フォード】

まぁ、そのスピ系の実業家の典型例が協同組合の祖であるロバート・オウエンであり、既存のキリスト教は異なるスピリチュアルな活動をし、マイケル・ジェファーソンらと交霊会で会話しておりました。

かの有名なヘンリー・フォードも「従業員の給料を増やせばその分、自動車を購入する」という、キリスト教の「与えたものが、与えられる」と同じ精神により、搾取と逆の方向の方針を打ち出していました。

このヘンリー・フォードもオウエンと同様、非常にスピリチュアル的であり晩年に、「自分の成功はトラインの本による」と語っています。

(人生の扉をひらく「万全の鍵」ー刊行のよせて・謝世輝)

この本、フォードが影響受けたとアマゾンレビューで知って何年か前に読んでみたら、むちゃくちゃスピ系の内容でしたw

フォードに「ゼロから莫大な富を築いた成功の理由は何かと」尋ねると、「私は初めから『宇宙の無限の富』とつながっていると知っていた。だからゼロからではなかったのだ」と答えたそうです。

(人生の扉をひらく「万全の鍵」ー刊行のよせて・謝世輝)

まぁ、そりゃそうでしょう。
マルクスのいうように資本家の精神は搾取するために、限りなく賃金引下げの圧を余儀なくされ、その逆方向は頭のネジがぶっとんだ精神でないと、普通は不可能なわけです。

人生の扉をひらく「万能の鍵」
サンマーク出版 (2012-09-01)
売り上げランキング: 2,907
.
 .
.

【潤沢か欠乏か】
.

私が昔から疑問に思っていたのが、生産力過剰で本来なら豊かになるのに、失業・貧困と結びつき、しかも供給先を求めて世界中で貨幣獲得のために奪い合いをするという不思議な行動です。

これについて案外保育園児ぐらいの子供のほうが、中高年よりも正鵠を得た回答をだします。
超能力者の秋山眞人さんが宇宙人と会話し、宇宙人には平和のために戦争をする精神を理解できないらしいです。(TVでUFO呼んでた人です)
まぁ、ぶっちゃけ、この戦争という従属変数に対して、いくつかの独立変数を出すことはできますけど、わかりやすいのが不確実性による恐れ・欠乏が非常に大きいわけです。(もっとつきつめれば罪悪感ですが)
グローバリストの多く、世界中の年収100億円の富裕層が、なぜ何百年と遊んで暮らせる富を更に拡大したがるのか。

森永卓郎さんは、大金持ちで多くの不幸な人を知っていると言ってましたけど、これも根本は欠乏の精神であり、常に攻撃して搾取していないと不安だし、自分がそれを止めた瞬間、ゼロサムゲームに負け、転落すると思っているからなのです。

転落による恐れによる攻撃と搾取
    ↑ ↓
撃退して勝利した安堵感・優越感
まぁ、薬物依存、タバコ依存、パチンコ中毒と同じメカニズムです。終りなきマズローの低次の欲求の無限ループなのでしょう。
潤沢の精神からは、マザーテレサや、オウエン、フォードらの行動と繋がるけど、欠乏の精神からは搾取や抑圧、紛争という結果に収斂するわけです。
しかしグローバリストにとっては奇行としか目に映らないことでしょう。
.

 【経営コンサルタントの占いみたいな本】
.
まぁ、これだといつもと同じネタになるのでオカルトに軌道修正します。
勝間和代さんの知人・ビジネスパートナー(?)である経営コンサルタントの神田正典さんも、スピともオカレベルにまで至らないけど、占いみたいな本を出版してます。
 .
なぜ春はこない?

なぜ春はこない?

posted with amazlet at 18.03.03
神田 昌典 來 夢
実業之日本社
売り上げランキング: 142,318
(1円って安w)
まぁ、簡単に説明すれば、人間の運気は12年周期で3年ごとに春夏秋冬というバイオリズムにより成り立っているという内容です。(まぁ、個人的には支持しませんが)
10年に1回、世界規模の経済危機が起こる周期とまぁ、似たようなものです。
.
マーフィーの法則とかやってて、それが実現して本当だと思ったこともあるらしいです。(注意・他の本です)
 .
神田さんは儲けた金額を独り占めにすると、いずれ負の資産として受け取るということを、多くの知りあいからの体験談で知っていたので、思い切って1千万円を寄付したと言ってます。それほど儲けていない時にです。(勝間さんもChaboとかの途上国の援助してますね)
 .
これは引き寄せの法則でも当たり前で、「与えたものが与えられる」という内容で、搾取して他に配らないで富を蓄積させるとその分、負の資産を受け取るというものです。(スピ系的には低層のあの世とか惨めな来世でしょう)
.

【原始社会の所有権は神や精霊】
 .
これはポランニーがよくいう原始社会の贈与経済にも共通して、貨幣(貝ガラとか飾り)には霊が宿っており、それを永続して持ち続けると災いがくるので、それを破壊するか他の部族へ贈り物をするというのとう慣習です。
 .
他にも面白いのがあり、ケインズの「一般理論」の23章に出てくるゲゼルの貨幣と内容が似ていて、その貨幣を使わないと価値が落ちるようになるというようなシステムです。
金は天下の回り者であり、蓄積すると災いがもたらせる(ゲゼルなら貨幣価値が落ちる)ので流動性が高まるようなものです。
(まぁ、私はこの負の精神こそが問題を引き起こし、スタート時点から間違っていると自認しています)
 .
原始社会ではもともと所有権は神や精霊にあり、それで共同体が維持できたわけです。
まぁ、マルクスはこの所有権を目に付け、それを撃退すればいいと思ったわけですが、やってることは同じようでも機械的な唯物論・無神論とは結果がかなり違ってくるわけです。
.

【反証可能性のない科学】
.
もう学者なんて立場上オカルトなんて禁則事項だし、ビックバーン理論を否定すると研究費が出なくなるのと同様に、オカルト・スピリチュアルな発言をすると、名誉が傷つけられ出世できないことでしょう。
まぁ、宗教裁判みたいになものに架けられるわけです。科学の世界でw
 .
そもそも反証可能性のない理論自体が、狭義の意味での科学にも反しており、科学なんてどこまでいっても仮説止まりです。
 .
科学的発見の論理 上

科学的発見の論理 上

posted with amazlet at 18.03.04
カール・ライムント・ポパー
恒星社厚生閣
売り上げランキング: 404,019
 【信仰心のない日本人は】
 .
これは内田樹氏も「修行論」で同じようなことを言及していました。内田氏は合気道の師範でもあり、日本人よりも信仰心のもっている外国人のほうが上達が早いのは、目に見えないものへの信仰心があるからであり、反証可能性を残さない日本人だとやはり習得が遅いようです。
修業論 (光文社新書)

修業論 (光文社新書)

posted with amazlet at 18.03.04
内田 樹
光文社 (2013-07-17)
売り上げランキング: 10,465
まぁ、武道で相手の行動を因果に結びつくような後手後手、つまり「なったこと」を予想してでは素人で、「なろうとするもの」を感覚でとらえないといけないわけです。これっ、シュペングラーの「西洋の没落」でも同じことを言ってますね。
.

 【全てはつながっている】
.
寄り道した内容にしてしまったわけですが、引き寄せの法則ってぶっちゃけスピ系でありオカ系であり、テクニックだけを利用するとこれは魔術となり、要注意が必要なわけです。
 .
メジャーな引き寄せの法則は、「感謝が大切」とか「赦す」とかまっとうなことを言ってるのですが、どうしても金儲けが目的となると手段が目的となり、本来の皆が豊かになるという目的から乖離し、自分だけがゼロサムゲームにより豊かになると、まったく逆のことになる可能性があるわけです。
.
空海が「小欲はよくないが、大欲はいい」と言い、それは皆は豊かになる分にはいいけど、自分(ら)だけが豊かになるというものは行けないと、もう千年以上も前に発言しているし、ナザレのイエスも「与えたものが与えられる」とその法則が残ってるわけです。
.
宗教的にもスピリチュアル的にもオカルト的にも成功法則にしても、みんなが豊かになるというのが根底で、実は誰かを犠牲にする社会は必ず崩壊するというのは、必然的な現象なのです。
 .
これに説明を加えると、シュペングラーのいう「成ったこと」に因果的であり男性的であり、そもそも「成ったこと」は「成ろうとするところ」による結果であり、「成ったこと」の因果は、過去のブロの責任が社会の虚構というのと同様であり、もともとない虚像を元により行動を起こしているから、その行動が狂気なのです。
 .
特に、自己責任とか勝手に自分らで開発した概念ですから。

【神殺しと反証可能性】
 .
「成ろうとする」ものは女性のほうが感覚的にするどく、占いとかスピ系が女性に多いわけですが、男性原理と女性原理のバランスのとれた社会が望ましく、だから女性が社会進出したほうが敵意の少ない格差の少ない社会になるわけです。(男性の地位が追われるとか失業するとかのゼロサムゲームは誤謬です。むしろ逆です)
リャード・ウィルキンソンの本に記述されデーターとして出ていますし、マズローも完成した人間はB認識とD認識が調和されていると述べています。有機体社会も同様でしょう。
 .
オカルトとかふざけて楽しんで本読んだり動画とか見てたら、案外三島由紀夫とか著名人が続々とオカルトであり、心理学とか量子物理学とか共通点が多く、非常に面白いと思います。
 .
大体、三島は2作目の「仮面の告白」で、生まれてすぐ看護士の顔見たとか記述しているわけで、多くの人がそういう体験してても、現代の宗教裁判に架けられるから発言しないだけなのです。
前田日明さんは、過去生で美輪明宏さんと江原浩之さんと知り合いだったような気がすると発言したりしてます。ちなみに三島にとりついた陸軍の将校らの不成仏霊が、前田さんに「日本を変えてくれ」と懇願していたらしいです。
ここは、関が原の合戦で酷い目にあった西軍の連中らと、話あうということで。もともと、薩摩・長州は負組みの藩でしたので。
負組の西軍の子孫の薩長の連中と、賊軍の子孫である東北出身の陸軍将校との負の連鎖。
 .
これはある意味、カルマ(業)
カルマは急に止まらない。
.
格差社会の衝撃―不健康な格差社会を健康にする法 (社会科学の冒険2)
リチャード・G. ウィルキンソン
書籍工房早山
売り上げランキング: 176,962