1万1千回転まできっちり回せ!の意味ー思考の交通渋滞


【97年とは左右対称】

昨日、7/6はちょっくら大阪より西のほうまで、直行直帰の極秘のミッションを遂行しに行きました。

時間軸を97年に戻すと、昨日7/6は青森から新幹線で福島まで行き宿泊し、今日、7/7もまた福島だったということで、それに比べて2024年とは左(西)右(東)対称の状況でした。

ネックとなる95年と97年の二つの年はいつでも調べられるように、カレンダーをデスクトップにアイコン散乱した状態で貼り付けています。


【” 1万1千まできっちり回せ!! ”(文太1回目)】

約一週間ぶりのブログ更新となるのですが、の指示いわく以下となります。

” 1万1千回転まできっちり回せ!!”(文太1回目)


【修行の成果】

これは極秘地下ルートの情報の補足としての説明となりまが、正直、また同じパターン(カルマ)の連続で、私事のミクロレベルになると頭の中が交通渋滞してしまい、別にここは分からなくても結構なので。

マクロレベルの思考では最強だけど、今こそ修行の成果を見せるということで。


【5】

独り言はここまでということで、この1万1千です。

大体、14万4千と同じような意味で、前回のブログの内容の『1.2の三四五』と関係してきますが、4の次は5。

オカルトyoutuberの角由紀子さん曰く、聖書は世界最大のフェイクということで、我々のスター☆バイブルは数字でいうところの五。

この五は◇四角の十字にまぁるい縁(えん・円)縁(ふち)とも呼びますが、これを足すと、もう一つの2次元。

裏側があるという概念ができあがり当然、星を逆さにした五でもありますね。


【” 十時かぁ・十字架 ”(文太2回目)】

裏表のそれぞれの五を合わし、

五+五=十。(じゅう)。

“ 十時かぁ・十字架 ”(文太2回目)


【2/10=5】

だけでなくにも通じるということで、それで5と言う意味が出来上がります。


【以上】

毎回復習で尺をとるのは避けたいのですが、大体、以下となります。勝手に考察してください。頭の中渋滞して余裕ないです。


【✘ユニクロのヒートショック】

上の画像の左下の図形はウイングマンのヒートショックという技で、たぶん89年でもこれがほぼ完成形だったと思うのですがetc。ユニクロのヒートショックじゃありません。


【13はまだ早すぎる】

11って10に1をプラスした数字となりますが、カバラでは2となり、これは11も1万1千も同じで、いずれも運命数は2となります。

解釈を変えると、

13(12星座・十二支+1)までは早すぎる

という意味ともとれます。


【11と言えば】

11は簡単にいえばフィールドのアーティストの背番号でもありますが、一般的には番犬。

11とは番犬が2匹いる形となります。


【復習】

法隆寺の南側の入り口に仁王像があるのですが、あれも同じ。

右にあるのが阿形(あぎょう)で左の吽形(うぎょう)で、これが阿吽(あうん)の呼吸の阿吽。

本来、日本は中東のごとく横文字を文字を右から左へ読んでいたので、こうして⇒の呼吸。RGB。つまり.0となり、これまた復習ですね。

う~ん。全然先に進みません。今日は特に頭の中が渋滞してます。


【中心点】

1と0の仁王・番犬が何を守ってるかといえばズバリ、中心点。


【真理】

と繋がっているのが中心点。

厚みがあるということは何層もあるわけで、それで中心軸となり、2次元が無量大数×無量大数ぐらいできます。

この中心点が①光の三原色の一つでもあり、②神の子同志の関係でもあり、③上下左右裏表をつなぎ合わせる、縁(①みどり②えん③ふち)

縁(ふち)は見た目が全く同じも回転すると方向が二方向に分かれ、上向きの螺旋下向きの螺旋があるのですが、これが意外と盲点となります。下から上へと上昇螺旋▼を描く美のコノハナサクヤヒメの麗子のごとく縁その①と、上から下へと下降螺旋▲を描く醜のイワナガヒメの両津勘吉のごとく縁その②。

この二つは全く違うものに思えて、実はこの二つが全く同じだという衝撃の真理。


【中心点を守るのが二つの縁】

この丸十⊕の中心点を守るのが二つの両極性を含有する縁。


【門=鍵二つ】

仁王像は門番ということでいわば番犬と同じなのですが、門いう漢字。

とりあえず以下の図。

反転の反転は本(もと)となるわけではありません。

北半球と南半球のごとく、台風が反時計回りが時計回りになるがごとくの関係。


【子(根)地獄から始まるのが世界】

話それないようにしたいのですが、統合って中心点に集まることでそれで上も下も左も右も裏も表も麗子も両さんも美も醜もなくなります。

最終的には全て無理数

となるのですが、これで世界が生まれる前は全て平等。

子(根)地獄から始まるビックバーン(分離・膨張)。


【やってられっか!】

こんなこと

やってくる!

でなく、昨日他の缶バッチ🦌⊂(^ω^)⊃も買ったっつーに。

でなく、やってられっか!


【門の鍵は開くことも閉じることもできる】

さて。

頭の中が渋滞した力抜けた状態で説明するのは、ここまでが限界で締めに入りますが、鍵。

この鍵は、門つまりはゲートを、閉じることも開くこともできるのですが、ポータルポイントは入口でもあり出口でもあり、始まりであり終わりでもあり、この両極を綱🧬ぐ中間領域です。

つまり、創造・維持・破壊、RGBの維持・Gに相当するの間の緑の点「・」。


【567後の369とは二つの鍵】

ギリシャ神話のパンドラの箱を開けるのも女性。
聖書にも蛇(シリウス)の誘惑(遺伝子操作)で、恥を知るきっかけになるのも女性。スペンディングファーストで創造するのも女性。

ならばそれら全てを不可逆的プロセスにて破壊で終わらせるのは男性。DBの破壊神ビルス様にアスカの仙人のいう破壊神ダルガ。五島勉。三島由紀夫。

―(過去ログ)新元号「令和」とアスカと五島勉と三島由紀夫 投稿日時: 2019年4月25日

要するに567後の収束には、ウイルスに対して

免疫をつける方法と耐性をつける方法

の二通りあるように、この二つの鍵(団子の中宮寺の369)が必要ということ。


【実は】

この二つの鍵の意味。

これ以上は地下活動の範疇ということで、『ONE PIECE』の劇場版 FILM REDで、

麦わら👒だけではどうにもできなかった

ように、二つの鍵のうちのもう一つ鍵が必要ということで、いやどうしましょう。

ブログではここまでということで、以上。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA