薬害を超えたmRNA・新型コロナワクチンー彼らの親元は「足元」。


【どないすんねん】

結構、ブログ記事書くのですが内容がきつくて結局アップすることなくお蔵入りなることが多く、これでもかなり配慮しているつもりなんです。

今月の堤未果の『月刊アンダーワルド』を視聴してのですが、もうこの内容はキツクてどうすればいいのか迷うところが多く、いや、どないすんねん。

ーMika Tsutsumi Official Web site|堤未果オフィシャルウェブサイト


【日本だけが副反応】

そのアンダーワルドですが、先月につづいてワクチン関連で「医療とカネ~薬害はこうして繰り返される」という内容で、だけどこのブログは中二病ブログということで、アプローチを変えたく、もうファイザー社がコロナワクチンによる健康被害を

副作用

と認めていて、

副反応

と言って誤魔化しているの、日本だけのようです。




【私の記憶が正しければ】

上の動画で国や製薬会社を訴えるとありますが、確か岸田内閣とファイザー社との約束で、製薬会社にいっさい賠償金を払わないと密約をしていたと思います。

私の記憶が正しければですけど。


【復習その①】

このまま最初にシビアな話ではじまり崩していくパターンは、『あかね噺』の最近のまいける兄さんの逆パターンとなってしまいますね。

感動でなく反感を買って終わるパターンです。


【復習その②】

このブログで自分の感情の動きを学ぼうということで、ここで復習。

社会心理学の祖ともいえるルボンの言葉。

「理性」とは即ち、恒等式にあるような「量」に思考そのもので、科学がその典型となります。

ちなみに、ゴチャゴチャ言わんと凸(-_-メ)とかもまた「量」によりものですが、この場合は「感覚」からくるものとなり、いずれにせよ「量」は空気を読まないところがあり、これに対しての「質」♀

空気読みまくりで「情」というものは「質」から得られるということですが。

面倒くさい。


【大衆は質で動くもの】

高校時代、筆記の模擬テストで偏差値27を叩きだし、ベクトル進行にしたがい文脈を読む技を体得し、偏差値55まで回復した私から言わせてもらえば、今月号の月刊アンダーワールドの話でもありましたが、「大衆」はにより感情で動くものです。

AがあってBがあってこことここがこうなってとか、そういう頭の中で図形化した関係性からとか、そんな分析はしません。


【質、即ち物語】

故に権力者は抽象化された「量」でなく、「質」である「物語」性の高い、スポーツ選手を起用したCMの影響を与えたり、ドラマの中で役者さんの台詞の中に、いわばサブリミナル効果的なもので、大衆を煽動するものと考えられます。


【待ってました】

故に、欲しいのは事実。特に数値化されたデータ。

以下のデータ「量」)は確かイギリス国家統計局のデータでナツイのですが、堤未果さんの台詞をパクれば

待ってました

って感じでした。


【出るわ、出るわ】

最近だと以下で、出るわ、出るわ。


【mRNAワクチンとは】

福島雅典先生曰く、

mRNAワクチンを打つとありとあらゆる病気になる

らしく、日本以外の外国ではこんなワクチンを打つ国なんて、どこにもないと考えられます。

間違っていたら謝りますが。


【大体、こんな感じ】

インフルエンサーでなくとも、この中二病ブログでも、人の健康・命・人生に関わることは、やはりこれぐらい慎重に発言するわけですが、mRNAをとりこんだ細胞はスパイクたんぱく質をつくり続けるらしいです。

それで抗体ができるらしいのですが、それが悪影響を及ぼすこともあり全臓器に分布され、当然、卵巣にも行きそれで不妊になったり癌になる可能性があるらしいです。

これをデマだとか言わていたのですが、あながちそうでもないことが分かりつつあるようで、そのためにはワクチンを接種した人としてない人との疫学調査が恐らく必要となるでしょう。

福島先生は、もうすでに厚労省は莫大なデータもっているらしく、つまりこの事態の深刻なことを

全員分かってて

これ、どうしようものか考えている最中らしいですね。


【彼らの親元は足元】

いや、どないすんねん。

そして、去年末の松本人志騒動やらの影で進められた、馳浩や岸田も火事場泥棒的な手法で、その必要性を訴えた「改正地方自治法」

と、マイナカード、マイナ保険証、次に銀行口座と紐づけ、デジタル管理。

ワクチンパスポートとか全部、つながっているのです。

勿論、彼らの親元の「足元」と。


【不運】

来るよ!不運が!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA