そういう存在(仮)ー私の戦略・戦術は絶対に読めない説


【そういう存在(仮)・1回目】

自分が何者かと尋ねられると、こう答えることしかありません。

そういう存在(仮)

だと。

私という肉としての存在は形骸でしかなく、無量大数×無量大数のうちのたった一つのヴァージョンとしての役を演じているだけのこと。

たまに、他のヴァージョンが干渉することもありますけど。


【苦手もの】

私は苦手なものを3つあげろと言われれば、まずは以下の3つをあげます。

・女👩
・猫🐱
・子供👦


【勘違い】

よく勘違いされるのが

苦手=嫌い

という等関係であり、この3つはそれほど嫌いでもないのですが、しかしながらいずれも得体の知れないもの👿であり、

何されるか分からない不安

が付きまとってきます。


【そうとは限らない】

これらの苦手は、私が魔神にならないための止揚効果としての役割を果たしている所があるのでしょうが、それでこれらに対峙的な関係の

男、犬、老人

のことを無条件に好きになるかといえば、そうでもありません。


【老害さん】

むしろ、この3つは脅威💀ともいえ、犬だとドーベルマンや土佐犬。首根っこ咬まれて殺される可能性があり、猫だとその心配がないし、老人。

老人と海というように、あえて高齢者と呼びませんが、子供だと段々成長して自立していきますが、老人はその逆で認知症やら日常生活動作すれ危ぶまれ要介護となる可能性があります。

すると、どんどん家族の負担が増えていき、介護疲れから一家心中とかもあるでしょう。

老人が元気であればそれはそれで『ONE PIECE』の五老星のごとく、高揚の時期に生まれた予言者世代・団塊世代に多い、ウヨクに目覚めた老害さんとして、後の世代の足枷⛓となります。


【ヤヤコシイ】

それで最後の

男。

勿論、私もまた男なのですが、現在(原罪)人類が直面している問題は、前回・前々回のテーマと繋がってきますが、

分離、つまりは男性原理

に他ならず、これまたヤヤコシイです。


【バランス⊂(^ω^)⊃とれない】

何がヤヤコシイかといえば、分離の男性原理には統合の女性原理となりすが、それはそれで正しいと思います。

が、これらは右車輪と左車輪のごとくの関係にあり、単にバランス⊂(^ω^)⊃をとればいいかとなれば、そう簡単にはいかないからです。


【均衡モデル】

理由は簡単。

このバランスとは、あくま(`∀´)Ψでも、RGBのf(x)=y均衡モデルの、3、男性原理の天秤に他ないからです。因果の関数ですよ。


【男性原理は最後は破壊神で終わるように設定されている】

分離に基づく男性原理ですから、

R・創造・あ
G・維持・う
B・破壊・ん

の関係であり、最後は破壊神で終わるように設定されています。


【やる気のない新人バイト状態】

何度も同じ話をしてばかりで、全然、話が進みませんね。


【666と嫉妬】

問題は、嫉妬。

これは元々、女性原理の平等思考からもたらせるものと思われがちですが、これはそう単純なものでなく、男性原理の支配的な内角の和が180°のの心。

明日は平成6年6月6日、666の日。

とうとうきたね。

これが関わってくるわけで、そうなるのも元々、

神の子として平等であるのですが霊的格の違いというもの

があるからその差が生まれるのですが、DBの戦闘力みたいなものです。

それに対して男性原理がもたらす分離がもたらす劣等感(優越感)。

それが加わると、嫉妬の完成で漢字に「姑(しゅうとめ)」とあるように、嫁姑の血みどろの争いの世界となり、それが人類の問題として浮上しているよう。


【面倒くさい】

こんなもの本来の母系に戻せばいいだけのことですが、父系のレビ族の天皇家の真似をするからオカシナことになるわけで、嫉妬ですね。

モテる人間って別にそれに関しては劣等感をもってなく、自分の本命以外はどうなろうが基本無関心。

だけど、モテたいという人間はそうでなく、自分の本命以外のことにも関心がありありとなり、それが実に面倒くさいことになると分析できます。


【グループソウル】

例えば、自分に関心のない女性がいるとします。

これはいわば関根勤さんにとってのキュウリ🥒に相当するのですが、普通、自分が嫌いな食べ物って自ら口にしませんね。

関根さんがキュウリ🥒を自ら毎度毎度口にして、「うわ。マズイ。」とするとします。

そのゲンドウがまさに興味のない女性をdisるゲンドウであり、これは、女性週刊誌の抱かれたくない男性芸能人のランキングに答えている女性とまったく同じレベルとなります。

女性男市場で売買できる自動車に例えて、高価な新車とか大衆車の中古車とか、事故車とか、言っている男連中と同じレベルとなります。

魂って性別人種ありませんから、これらは皆おなじ幽界下層部に位置する、グループソウルのメモリーであり、ただそれを大切に抱え持っているだけのことですけど。


【モテる男と人気者の違い】

モテる人間といて楽なのが、これはカネ持ちや東大・京大卒の人間と同じなのですが、別に自分が裕福だった頃や、学歴コンプレックスとかで、妬まれることがないからで、そりぁそうですね。

ただ、モテる男と人気者とは少し異なり、後者の具体例を上げると

柳沢慎吾

さん。

あばよでモテませんが人気者です。


【こんなやつ】

私も似た処があり、それで私の噂話から、あることないことが物語となり一人歩きして、大体、その物語をあてにして、私と邂逅した人間の最初のひと言が、

こんなやつ

っていうやつ。


【そういう存在・2回目】

こんなやつで悪かったな。もういいぞそのパターン。

十代の頃からずっとこれの繰り返しで、だけど私が何者かと尋ねれると

そういう存在(仮)⊂(^ω^)⊃

としか🦌、答えられず。

結論からいえば、

ミッション遂行するためにだけに生まれて、そのためにだけに生き、そのためだけに死ぬ🌸

それ以上でも以下の存在でもなく、分かりやすく言えば『スターウォーズ』のジェダイの戦士。本質は戦い。


【INRI】

ということで、2025年のための準備としての2024年。

一昨日、税務署に申告行ってきたのですが、いや、ミッション遂行、全部、自腹でやらせていただいています。

要は、勝てばいいだけで、実家にあったのですが、元カトリックの母親が飽きてころがしていた十字架もってかえりました。

現在(原罪)1階本棚2軍のフィギアコーナーにおいてありますが、INRI。救世主ですよ。


【救世主は擦り付け合うもの】

救世主というものは基本、

「お前やれ!」
「アホか、お前がやれ!」
「いや、俺にふるなって。」

となすりつけ合うもので、これはまさに「贈与」の関係。

クラ貿易からヒントを得て開発した、こういった責任不在の、江戸時代の百姓一揆の知恵。

某編集長が言っていた男性原理の知識だけでダメで、女性原理の知恵のなんとかってやつです。

3は破壊で終わる(♂・180°)ので、プラス1足して4となる循環(♀・360°)。女性原理のサークルK。


【何回やるねん】

いや、何回やるねん。これ。


【戦略・戦術・絶対に読めない】

まとめに入ります。

戦いということで当然、戦略といういうものが必要となるのですが、雲のジュウザのごとく、これまでの1.0の枠を超えたもので無形であるが故に、絶対に私の戦術を読むことはできません。

>体液まで迷彩模様の肉体さ
心なんて読ませない
無謀が生き抜くルール


P.S.

週刊少年ジャンプ連載の『超巡! 超条先輩』の単行本。昨日発売購入しました。

主人公はこち亀の両さんをイケメンにしたようなものですが、なぜかモテません。

大体、私が好きな作品って人気なくて短命にありますが、こち亀のごとくキャラを増やし頑張ってください。ネタに困ったら新キャラ追加です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA