これからは『1・2の三四五』ーまる。まる。まる。まる。まる。


【前回の補足】

前回の補足になるのですが、mRNAのワクチンを打って簡単に言えば免疫が破壊され、あらゆる病気になり得ます。

しかしながらある程度それを防ぐ方法があり、それはビタミンDを接種することです。

原爆を投下された後に味噌汁を飲んでいた人が、比較手的にその健康被害を防がれたように、免疫力を高めることらしいのですが、これまた過去ログと関連してくるのですが、小林製薬の紅こうじ回収問題。

私はジャーナリストでないし、中二病ブロガーとしてズバリ言わせてもらえれば、

免疫つくられると困る(薬・ワクチンによる儲けがなくなくなる・多産になる)

連中がいて、そうさせない勢力がいるということに気づくことだと思います。


【マクロ経済学の復習】

例えば、この世から病気がなくなれば医者はいらなくなるし、犯罪がなくなれば警察もいらなくなり、ケインズ経済学の発想(公共事業で需要を故意につくる)と基本は同じ。

上の恒等式から世界的不況になると、

C:消費が減る
EX:輸出が増えなくなる
③企業が投資(I)しなくなる

残るはGの政府支出となり、日本は自国通貨建て貨幣を発行できデフォルト(破産)しないので、後はそれを足せばいいだけとなります。

震災大国で首都直下型地震に富士山噴火に南海トラフという世界線もあり、インフラネットワーク整備なり公共事業(Gの政府支出)すれば一石二鳥。

しなかったのが自民党。


【たったこれだけのこと】

左辺と右辺と合わせる中学1年ぐらいで習ったことをしなかったのが日本。

たったこれだけのことだったのです。


【3⇒4⇒5】

たったこれだけのことをしなかった余りに日本は失われた30年となり、コロナ禍もそうでしたが、緊縮財政(サタンによるグローバリゼーション)から倒産ラッシュに、余計な自殺者を多数出したわけです。

が、地球は3の男性原理から4の女性原理のサイクルに移行し、人類の意識も不可逆的に退化することなく、すばやく4に移行し次の5に移行する準備が必要となっている段階にいます。


【同じ穴の狢】

要するに

男性原理(資本主義・エリート主義)社会▲

だと、人類は破局を迎えるということです。

その男性原理の象徴とするのが、海水派のマッチョ思想の保守派であり、淡水派のグローバリストで、だから「同じ穴の狢」なのです。


【日本の総理は馬鹿にしかやらせない~from親元】

2020年。

WEF(世界経済フォーラム)の連中ら、男性原理主義者のエリート▲らの口から出た、グレートリセット。


【666】

内角の和が180°の男性原理主義の3に、人類が666の獣(ケダモノ)に退化しようとしているということで、

財政出動派といえども

同じ男性原理主義ということで、2020年に保守派▲とは完全に決別しました。


【チェックメイト】

次の次を見越してあらゆることを想定して。

準備を進めてきたわけです。


【完璧】

そして、さす俺。さすオニ。

オニ👹の守仁。

我ながら完璧でした。


【左上不足】

但し私にはある問題があります。

それはミクロの質ということで、その中の「感覚」文化的要素は一番強いから、まったく問題ないと思っています。

が、問題は昔からだったのですが、93年の大事故で左脳🧠やられているし、左上のリテラシーが著しく欠けるところです。


【後は】

06.13。

自分の誕生日は大体、上にピークの「夏至」あたりで、その夏至に対峙するのは下にピークの「冬至」あたり。

私の誕生日は6.13。大体1年の折り返し中間地点くらい。

2倍にすると12.26になりますが、丁度反転術式転回されると、最近気づいた今日この頃。

プラトンが言っていたように、問題があるということは既にその問題は解決されているということで、時間と空間は幻想であり、全ての問題は解決済みです。

後はそれが起こることを、救われるべき認識共同体のメンバーがそれを許すだけで、観測者(プレイヤー)が古い考えを断捨離できるかどうかだけのことだと思います。


【カミの攻防戦】

4から3に戻りつつある今、4に戻りそこに留まることなく、次の5に進めということです。

その3の男性原理主義の問題を扱っていると思われるドラマが、NHKの朝の連続テレビ小説の『虎に翼』。

昨日、土スタを最初の10分は逃したのですが視聴しました。

滝藤賢一さんが出演していたのですが、私とは76年生まれの同世代で、身長が176cmって西村と同じくらいかと思いつつ、やっぱり気になるのがカミの攻防線。


【自称神は神にあらず】

つまり、宇宙という1.0の監獄の中の、石井館長らのいうホテル神様に宿泊中の、似非「自称神」との攻防戦です。


【カレー🍛の縁】

注目すべきは主演の伊藤沙莉さんなのですが、やはり思い浮かべるのが天海祐希さん主演のドラマの『女王の教室』。

それで志田未来ちゃんと同じくカレー🍛をこぼしたのが、松川尚瑠輝くん。

生きていたのかって思ってしまいました。


【三四五】

この3の「均衡モデル」って図形にすればムチャクチャ分かりやすいと思います。

まず1は「・」「点」となるのですが、これだと1(いち)だけに「位置(いち)」だけとなり、下の図のようには視認できません。

だけど、2。私の好きな数字の2となると、点と点との関係ができ「線」となりますが、その最短距離が「直線」となり、当然「曲線」も多数できます。

滝藤賢一さんの台本の画像も混じっているのですが色も3色使われているようで、この関係ができると、その関係は中間領域のGreen縁(ふち・みどり・えん)となり、これでオムスビ🍙の完成となります。

結果その3点が結ばれ🍙、図形を描くことができるようになり、それが造化三神、男性原理の3のデルタΔ。

その呪い💀の術式をインターセプト。

RGBの光の三原色となります。

これがバイブルにある最初にアダムが造られた意味となるのですが、次はイブで4のクォーターで四天王寺。

その次は五角形のペンタゴンで、この悪魔の計画は軽くインターセプトして、四天〇寺の白石蔵ノ介のスター☆バイブルとします。

4の四天〇寺。

3の三島に、5の五島。

勿論、関わってくるのが「足元」。


【これからは『1・2の三四五』】

故に、この世界は連想連鎖駄洒落により成り立っているということで、『1・2の三四郎』って漫画ありましたが、これからは

『1・2の三四五』

ということに成るのでした。終わり。まる。


P.S.

まる。まる。まる。まる。まる。

という、ハロプロの歌がありましたね。

薬害を超えたmRNA・新型コロナワクチンー彼らの親元は「足元」。


【どないすんねん】

結構、ブログ記事書くのですが内容がきつくて結局アップすることなくお蔵入りなることが多く、これでもかなり配慮しているつもりなんです。

今月の堤未果の『月刊アンダーワルド』を視聴してのですが、もうこの内容はキツクてどうすればいいのか迷うところが多く、いや、どないすんねん。

ーMika Tsutsumi Official Web site|堤未果オフィシャルウェブサイト


【日本だけが副反応】

そのアンダーワルドですが、先月につづいてワクチン関連で「医療とカネ~薬害はこうして繰り返される」という内容で、だけどこのブログは中二病ブログということで、アプローチを変えたく、もうファイザー社がコロナワクチンによる健康被害を

副作用

と認めていて、

副反応

と言って誤魔化しているの、日本だけのようです。




【私の記憶が正しければ】

上の動画で国や製薬会社を訴えるとありますが、確か岸田内閣とファイザー社との約束で、製薬会社にいっさい賠償金を払わないと密約をしていたと思います。

私の記憶が正しければですけど。


【復習その①】

このまま最初にシビアな話ではじまり崩していくパターンは、『あかね噺』の最近のまいける兄さんの逆パターンとなってしまいますね。

感動でなく反感を買って終わるパターンです。


【復習その②】

このブログで自分の感情の動きを学ぼうということで、ここで復習。

社会心理学の祖ともいえるルボンの言葉。

「理性」とは即ち、恒等式にあるような「量」に思考そのもので、科学がその典型となります。

ちなみに、ゴチャゴチャ言わんと凸(-_-メ)とかもまた「量」によりものですが、この場合は「感覚」からくるものとなり、いずれにせよ「量」は空気を読まないところがあり、これに対しての「質」♀

空気読みまくりで「情」というものは「質」から得られるということですが。

面倒くさい。


【大衆は質で動くもの】

高校時代、筆記の模擬テストで偏差値27を叩きだし、ベクトル進行にしたがい文脈を読む技を体得し、偏差値55まで回復した私から言わせてもらえば、今月号の月刊アンダーワールドの話でもありましたが、「大衆」はにより感情で動くものです。

AがあってBがあってこことここがこうなってとか、そういう頭の中で図形化した関係性からとか、そんな分析はしません。


【質、即ち物語】

故に権力者は抽象化された「量」でなく、「質」である「物語」性の高い、スポーツ選手を起用したCMの影響を与えたり、ドラマの中で役者さんの台詞の中に、いわばサブリミナル効果的なもので、大衆を煽動するものと考えられます。


【待ってました】

故に、欲しいのは事実。特に数値化されたデータ。

以下のデータ「量」)は確かイギリス国家統計局のデータでナツイのですが、堤未果さんの台詞をパクれば

待ってました

って感じでした。


【出るわ、出るわ】

最近だと以下で、出るわ、出るわ。


【mRNAワクチンとは】

福島雅典先生曰く、

mRNAワクチンを打つとありとあらゆる病気になる

らしく、日本以外の外国ではこんなワクチンを打つ国なんて、どこにもないと考えられます。

間違っていたら謝りますが。


【大体、こんな感じ】

インフルエンサーでなくとも、この中二病ブログでも、人の健康・命・人生に関わることは、やはりこれぐらい慎重に発言するわけですが、mRNAをとりこんだ細胞はスパイクたんぱく質をつくり続けるらしいです。

それで抗体ができるらしいのですが、それが悪影響を及ぼすこともあり全臓器に分布され、当然、卵巣にも行きそれで不妊になったり癌になる可能性があるらしいです。

これをデマだとか言わていたのですが、あながちそうでもないことが分かりつつあるようで、そのためにはワクチンを接種した人としてない人との疫学調査が恐らく必要となるでしょう。

福島先生は、もうすでに厚労省は莫大なデータもっているらしく、つまりこの事態の深刻なことを

全員分かってて

これ、どうしようものか考えている最中らしいですね。


【彼らの親元は足元】

いや、どないすんねん。

そして、去年末の松本人志騒動やらの影で進められた、馳浩や岸田も火事場泥棒的な手法で、その必要性を訴えた「改正地方自治法」

と、マイナカード、マイナ保険証、次に銀行口座と紐づけ、デジタル管理。

ワクチンパスポートとか全部、つながっているのです。

勿論、彼らの親元の「足元」と。


【不運】

来るよ!不運が!

教材は常に『週刊少年ジャンプ』ーお題は#ケンカの仲裁に入る時のひと言


【ONE PIECE】

教材は常に『週刊少年ジャンプ』ということで、やはり現在ジャンプの代表作といえば発行部数が5億突破している『ONE PIECE』となることでしょう。

ワンピといえばやはり、五老星やらフリーエネルギーやら。


【竹馬の友】

「潤沢」の対義語となるのは「欠乏」となりますが、NHKの朝の連続テレビ小説の『虎に翼』。

主人公の寅子の旧友の梅子と再会するのですが、遺産相続でもめていたようですが、問題は「所有権」そのものにあると考えられます。


【分離がもたらす均衡モデル】

所有権。

「権利」といえば分離故に「義務」というものが自動発生し、つまりは1.0の男性原理の「均衡モデル」となってしまいます。

民間の資産(黒字)政府の負債(赤字)という、3人麻雀の発想と同じです。

1.0 = 1.0

1.0ー1.0  = 1.0ー1.0

0  = 1.0ー1.0

0= 民間 ー政府

勝ち負けなし= 勝ち 


【罪務諸表】

簡単にいえば「財務諸表」がそれを表していると考えられます。


【マルクスの家系】

これらのことを述べると、海水派であれ淡水派であれ保守派▲の発する言霊が、

所有権を否定するとはお前は赤だ!マルクス主義者だ!

と言ってきそうなのですが、そもそも。

マルクスはイギリスのRの家系であり、ロシアで革命を起こすために派遣されたと言われています。


【お茶しやがって】

分かりやすく例えると戊辰戦争です。

幕府サイド薩長サイドと対立していて、前者はフランス後者はイギリスがそれぞれがバックについており、実は代理戦争に過ぎなかったのですが、そのバックの大元(おおもと)がこれまた同じで、それがロスチャ🍵というオチでした。


【当たり前田太尊】

つまり、どちらが勝利しても大元ロスチャ🍵の計らいでしかなく、まずはこういう「二元論の罠」の構造を知ることでしょう。

そもそも、コインは一体で成り立っていますが、それを可能とするのが第三の領域の縁(ふち)という側面の存在です。

この当たり前田太尊を認識できるどうかで、今後、人類がどの道を選択するかが決定されると、考えられます。

たぶん、私にとってのは「煽り言葉」なので、破いたのだと考えられます。


【男性原理社会】

ドラマ『虎に翼』では梅子が、の面倒を息子たちが看るという条件により結局遺産相続権を放棄しました。

それで梅子さん本人は自由に生きることになりましたが、この根本の問題は男性原理社会にあると考えられます。


【恐れるが故に所有】

単なる分離の特性からなのですが、これは主に「恐れ」に基づいてたものです。

この恐れの派生物がナポレン・ヒルの書籍の悪魔が言っているように「欠乏」であり、「所有権」はその欠乏を象徴する形で抽象化されたものと考えられます。


【カルマの正体】

単に、パイが1.0で制限されているが故に、だれかに我慢を押しつける形が義務となっただけことですけど。

これが罪の概念(罪悪感)であり、押し付ける側が罰を与えことができるが故に、この因果の成せる業(わざ)が、

カルマ

として、1.0の宇宙の監獄の中の神の子を監禁状態にするのでした。


【贖罪または、1.0の枠内の「自称神」への反逆行為】

その解決法がコースによると愛の原理と言われている「贖罪」。


【神の子同志の関係】

その贖罪の方法が、罰を受けることでなく、単に自分ができることをするだけのこと。

こうして、こんな1.0の監獄の宇宙の中ですら歪みが、神の子同志の関係により訂正され、簡単に解決してしまうのでした。

自称神やサタンやミカエルのパシリの反論は受けつけていませんので。


【ただそれだけのこと】

最近の『WIND BREAKER』でも言ってましたが、自分ができることをする。ただそれだけのことです。


【新型コロナワクチン接種問題と全く同じ】

そうさせないのが勿論、ダークサイド(分離サイド)の足元さんであり、最近、騒がれていた小林製薬の紅こうじ製品の自主回収とかありましたね。

私はジャーナリストじゃないので100%裏とれてなくとも、スバリ言わせてもらいますが、あれは結論から言えば、新型コロナワクチンの問題と全く同じ。

ビッグファーム・製薬会社と医療関係者とのズブズブの関係からきたものでしかありません。


【同じ発想】

ビル・ゲ〇ツとアン〇ニー・ファウチが、アフリカや南米などの衛生状態がよくなると、免疫が高まり病気が減り、そうなるとワクチンを打たせられなくなるので、あえて衛生改善しない、その発想と同じ。

mRNAという得体の知らいないワクチンを打たせることに免疫を下げ、それで更にワクチンを打たせることができるという発想と同じ。

ファイザー社の次のターゲットが「がん市場」ということで、これで

抗がん剤以外の治療法

をつぶしにかかるために、「味噌」などの

発がん抑制効果

のある健康食品を、イチャモンつけて潰しにかかってくるのと同じ発想。

ー「八丁味噌」めぐる訴訟、二審も愛知・岡崎の老舗が敗訴 知財高裁 田中恭太2023年3月8日 18時36分

農薬を使わない健康促進する作物ばかりになると病気が減り、医療関係者や製薬会社の所得にひびき、それは困るとなり、某木村さん🍎の家族の命に脅しをかけたりするのと同じ発想。


【マッチポンプ】

要するに、マッチポンプ。


【欠乏と都市文明】

マッチポンのその精神の根底にあるのはやはり「欠乏」。

今から1万3000年~1万5000年は地球は温暖な気候故に、狩猟生活の即時リターンシステムを適用でき、縄文文化を象徴するように「潤沢」だったという考えが、一応あったそうです。

この事象を採用するならば、その後地球は寒冷化していき、BC3000年~BC2000年頃のエジプト文明ぐらいから砂漠化がすすみ、それで大河の近くで灌漑農業が盛んになったと考えられます。

気候がもたらす「不確実性」からくる不測の事態に備えて

食料を備蓄する必要が

生じると、

その倉庫を効率よく管理する人

の必要性が高まり、それが権力▲となり政治力▲が必要となり、都市文明が築かれていくことになったのではなかろうか。


【謙虚】

本当の豊かさとは

その時にしたいことができること

であり、それが「即時リターンシステム」として反映されている間は、余計なものを所有する必要がなくなります。面倒でウザイだけです。

『WIND BREAKER』の2年生の学級長も言っていましたが、自分が飴を食べてなくなってもそれを自分はつくることができないし、そういう当たり前に気づくと、自分は周囲から活かされているだけと気づき、それで「謙虚」なることもあるでしょう。

3年のボスの梅ちゃんというキャラも、同じようなことを言っていましたね。


【交換される人間】

それが、「土地」なんてその典型例ですが、ポラニーのいうように元々、自然の一部だったものを、国家の領土や不動産にしてしまい所有すると、それを元で生産することができます。

そうして生産物なりで他者を支配できる▲ようになると、芽生えてくるのは「傲慢」な精神。

やはり端緒となるのが、不確実性故に支配しなければならなくなる「恐れ」、そして「欠乏」。

だから戦前日本で男の所有物としての女性がいて、男性原理社会のゲゼルシャフトの「市場」で、別に赤線でなくとも妾なり商品として、男たちの間で「交換」されていたのでしょう。

今でもその名残が残っており、労働市場に身売りしている労働者自体が全て同じなのですが、あまり尺が拡大しないようにまとめに入ります。


【新時代となる中性原理の第三の領域】

結論からいえば女性原理の文化でもない、男性原理の文明でもない、中性原理の第三の領域の社会といったもので、例えるところの「ヤマザキのわらびもち」です。

これはSNSで話題になっている串のやつと違うのですが、沖縄の黒砂糖の黒蜜ときなこの調和が絶妙で、高級和菓子でもなければチープでもない、この中間領域。

こういう微妙な領域が社会の役目・役割となり、新時代の突破口となることでしょう。


【トーラスフィールド】

この中間領域って縁(ふち)であり、今回説明しませんが中心点でもあり。

この中心点の集まりが「線」となり。

円(縁)となり、ドーナツのごとく輪となり。

トーラスフィールドとなり。


【無意識(アカシックレコード)レベル】

フリーエネルギーの元となるのですが、

分離の男性原理主義者の保守派▲

の連中らが、このフリーエネルギーの存在を否定することでしょう。

なぜなら、彼らの思想の根底にあるのは「欠乏」であり、「潤沢」であると支配する▲ことはできないからです。

それが無意識(アカシックレコード)レベルで、魂(メモリー)に強固にプログラムされていると、考えられからです。


【教材は常に『週刊少年ジャンプ』】

教材は常に『週刊少年ジャンプ』ということでしたが、特に注目すべきは『ONE PIECE』。

お題は

#ケンカの仲裁に入る時のひと言

” この戦争を終わらせに来た !!!”

一度、言いたいですね。

自分にできることをするだけのこと。ただし犠牲を伴わない範囲で。ー最後の縁の追加


【自分にできることをやるだけ』

アニメ『WIND BREAKER』を観ていて、面白い台詞がありました。

2年生の学級長の言葉なのですが、自分が学級長をしているのは、周囲がやれ!と言ったからという理由でした。

単に

自分のできることをしただけ

とういことらしいです。


【本人に自由を与える】

それからNHKの朝の連続テレビ小説『虎に翼』なのですが、伊藤沙莉演じる寅子の旦那で、優三というキャラがいたのですが、いつものパターンで戦争で殺されました。

彼のスタンスなのですが、配偶者いわばとなるパートナーの寅子に対して、

選択肢を自由に与えていた

ように思えます。


【自由に活かすか束縛して殺すか】

この優三というキャラは寅子のことが明らかに好きなのが丸わかりなのですが、通常はをすると相手を束縛して「自分の所有物」にしたがる傾向にありますが、優三の場合は逆だった思います。

これを草食男子とか、マスコミに洗脳されている人は言うかもしれませんが、単に優三が好きな寅子というのが、

自由奔放な(⌒∇⌒)ところ

だからなのでしょう。

それが寅子にとっての幸せなのですが、これを恋に狂乱し自分の自我(エゴ)により、相手を束縛⛓すると、逆に

その自分の好きな寅子を殺してしまう

ことになります。

好きな人を恋に狂乱し逆に自由を奪い、好きでない人になるというこのパラドックス。

この簡単に図形にもできる、当たり前の構図を知っているから、一歩身を引いたと分析できます。


【男はゴチャゴチャ言わんと】

これが真の男であり、相手の幸せを奪って餌くれてやるわとか、こんなのただの傲慢な獣がすることであり、というもの下の象限図を見ても分かるように、

「量」のA=Bというような「均衡モデル」

で捉える傾向にあります。

ゴチャゴチャ言わんとすぐなってしまい、実に単純で分かりやすいと思います。


【フタ】

最近は「男性の女性化」が深刻化し、なんかネチネチしていてこうなるとも限らないのですが、本来は他人のプライベートには常に無関心で、感情を抑制することが割と得意だったと思います。


【家畜かペットにしたい願望】

粋(いき)な男が死滅した現在(原罪)、もう完全に過去形となってしまいましたけど。

しかしながらここが地球の難しいところで、男性原理▲って分離・上から下へと支配的であるが故に、常に女性

家畜の如く管理するか、ペットのごとく保護したがる

傾向にもあります。


【369】

愛人なんての対の関係でないからして、男もとっとのただの愛玩動物であり、私はペット枠の一つに過ぎないと思っているのですが、これに対しての優三というキャラの特性です。

男性原理(3)でもなければ女性原理(4)でもない、これはいわば中性原理(5)のクラスの段階にいるように思われますが、これが所謂「菩薩」。

菩薩って男性的でも女性的でもなく、かビット思考でなく上もまた下であることを知覚っていて中性的で、これが声聞・縁覚・菩薩の如来の一歩手前の段階の領域と、なるのでした。


【上(外)もまた下(内)なり】

優三のスタンスとは、外・下(足元の縁)であり上・内(中心点)である、第三の領域


【マスター】

これが『スターウォーズ』でいう、ジェダイの戦士でいうマスターの領域となります。


【禁則事項その①】

この「足元」なのですが、こいつは反証可能領域であり、1.0に対しての0.1で、コインの表に対しての裏世界みたいなもの。

地動説という宇宙があれば、天動説という「あべこべ」の宇宙があるのと同じようなもの。

で、そういう領域なのですが、これ以上は機関の監視も厳しくなりつつあり、禁則事項となるので、割愛したいと思います。


【4+1=5】

この宇宙は2次元なのですが、縦と横の組み合わせで上下左右となり、このままだと方向で終わってしまいます。

そこで1を足せば5となるのですが、それがカタカムナ文字にある丸十⊕。


【6月6日UFOが】

もしくは、岡本天明の日月神示の〇かいて「・」(ちょん)。


【4はサークル】

こうして、この中心点のポータルができるのですが、これがコインの表側の対角線が交差する中心点。

4方向は四角形となり、つまりこれはサークル。内角の和が360°と円とまったく同じになります。


【禁則事項その②】

きたね。

4のサークル。ミステリーサークル。キャトル。🐄====🛸

6月6日にUFOがあっち行ってこっち行って、落っこちて。ロズウェル事件。

某編集長曰く、古代イスラエル人。足元。全て繋がってきました。


【倍率ドン!さらに倍!】

この中心点はいわばブラックホールの入り口となり、こうして出口がホワイトホールに通じるのですが、それが裏側の世界となります。たぶん。

この世界が1.0と0.1のごとく、下の口から出たものを上の口に運ぶがごとく「あべこべ」の世界に繋がり、こうして4のブロックが表と裏とで

倍率ドン!さらに倍!

は度胸で、1問目から井森みゆきに全部の一択。


【要するに10】

つまり、2倍の8ブロックとなり、もまた同様2つとなり、表の4ブロックにまるぁるい縁1つ。裏の4ブロックにまぁるい縁1つ。

これで合計10となるのでした。


【神だけに紙のごとく】

これまた、神の領域だけに紙ののごとく、2次元の2通りの組み合わせができただけのことですけど。


【16】

反証可能な「あべこべ」の宇宙が世界があるからそう成り立つわけで、こうして8ブロックが更に倍に増えて、16通りと転回されるのでした。

菊花紋章の16。


岡田監督の現役世代の背番号の16。


【反転術式は基本中の基本】

因果に基づくこの関数の呪い。

しかし、呪いの反転術式は施しましたのこと。


【供養】

簡単でしょ。

サタンに対しての供養の効果もあり、こうして阪神は日本一になりましたとさ。

めでたし。めでたし。


【地球もまた2次元】

次にこのコインのごとく状態から、地球儀のごとく球体にしてみます。

の二元論となるコインのを結ぶ中心軸から、中心点の一点になると、球体の表面全てが2次元となります。

2次元ですから速読のごとくそのページはタイムラグなく、全て同時にアクセスできるようになり、これは「時空」の基礎概念と全く同じとなります。


【解脱】

要するに宇宙という名の1.0の監獄から、抜け出せばいい(解脱)だけのことでした。

終わり。

めでたし。めでたし。


【「労働」と真逆のアプローチ】

明日に回してもいいのですが、せっかくだからもう少し続けたいを思います。

それで具体的ミクロで個人的にどうすればいいかとなりますが、冒頭の『Wind Breaker』の2年生が言ったように、

自分ができることをすればいだけ

のこと。

ただし、

自己犠牲を伴うことはしないことで、自分ができることって大抵得意だし、好きなことがおおく、

これは

「労働」

とまったく真逆のアプローチとなります。


【ゲゼルシャフトでは不可能】

つまりはゲゼルシャフトのにおける数字で言う3の男性原理の「市場」社会では、これを実現させることは不可能となります。


【ゲマインシャフトに引きこもる】

日本では女性が活躍することは困難と言われていますが、それも3の男性原理社会▲の坩堝であり、おっさんがそれを手放したくないだけで、ただそれだけのこと。

こうして女性はゲマインシャフトにおける、数字で言う4の女性原理の共同体の中に、家族の中に引きこもるわけです。

が、やりたいことがあるのにやらしてもらいなんて、その人個人レベルでも社会全体いおいても不幸だと思います。


【社会】

だったら、そのモチベーションを活かせばいいだけのことですが、ここで数字でいうところの5の社会の縁となる第三領域縁のプラス1の登場となります。


【サポート】

ただし、慣習化とか地位とかこんなものは全て、捨ててしまってヨシ!

やはり大切なのは役割(役目)です。

その人ができること、得意なこと、興味のあること、好きなこと。

それがモチベーションとなるのですが、後はその人がやりたいと言っているのだから、障害者であれ誰であれ、

サポートしてやらせてやるよう

に、社会がコーディネートすればいいだけのこと。


【これだけのこと】

この個人のミクロの幸福が環境にも優しくなるし、無駄もなく結果生産性も高く、それでシンクロにシンクロが重なり、これが「調和」といものであり、ただこれだけのこと。


【完全予定調和の世界】

当然、これに猛烈反対してくるのが男性原理主義者であり、その典型例が保守派。

だから4年前にこのブログの内容を反転するにあたり、京都の海水派の連中らとはいずれ対峙的関係凸(-_-メ)になるから、早めにサヨナラを言ったわけです。

全てこれらの事は、完全予定調和の理の中での出来事であり、そもそもその1年前の2019年。

既に

アスカ

伏線はっていたわけです。何回でもこのネタは擦ります。

ー(過去ログ)新元号「令和」とアスカと五島勉と三島由紀夫 投稿日時: 2019年4月25日


【最後の「一厘」】

最後の厘」でそれが恐らく縁。


【前提(テーゼ)】

それで冒頭に話に戻るのですが、『WIND BREAKERの2年生の言葉。

自分のできることをやるだけ

のこと。

ただし注意しないといけないのが「自己犠牲」を伴わない形で。

ここが一番のネックとなるのですが、

本来、

犠牲を伴う時点で前提(テーゼ)からして間違っている

ということになるのですが、これは参考になると思います。

陰陽自由自在の極意ー教材は常に週刊少年ジャンプ


【悲報・地上自治法改正】

先日、豪雨の中国会で「改正地方自治法」が可決されました。

これで、非常時に閣僚決定でも国家▲に法的拘束力を持たすことができ、市町村自治体の全ての権限を奪うことが可能となりました。

例えば、2020年のような新型コロナの感染者が一人出てきた時点で、

得体の知れないmRNAワクチン💉を打て!

と国が命令すれば、自治会がいくら反対しても、個人の権限が制限されることとなります。

非常時おいての公共の福祉内であるなら、多目的トイレの使用なり何でも、国家が支持をすれば個人の自由を奪い、命令できるようになりました。


【医療植民地日本】

公共の福祉の名の下に、国民は得体の知れないワクチンを打たなくてはならなくなるということもありますが、そもそも新型コロナウイルスワクチン。今後子供たちにも予防接種されるであろうインフルエンザのワクチン。

mRNAという世界中で薬害訴訟の起っているこのワクチンを、喜んで打ち💉💉💉💉💉💉まくっているのは、世界でも日本ぐらいということ。


【被害者続出】

この「改正自治法」令和の「治安維持法」と言ったところでしょうが、新型コロナのワクチン投与の副作用💀。

公式に認められている範囲で2千人以上死亡し、とうとう日本でも訴訟問題に発展していますが、勿論、救済申請しても否認されているとか多数あるよう。


【緊縮財政】

注射打って即身体に異常をきたしても保証されない。

こうなる理由は簡単で「健康被害救済制度」の取り扱いの変更。

つまりは保証範囲を縮小して、例えば死亡一時金。

4600万円⇒778万3200円

と縮小した他、財務省主導の「緊縮財政」で救われない人が自然と増えだけのこと。


【カネで買収されたyoutuber9人】

尺拡大しないようコンパクトにまとめたいと思います。

ジャーナリズムの見地に立ち事実を述べると、自民・公明の政権与党は3200万円の「公費」を使いyoutuber9人に対して、得体の知れないこのmRNAワクチン接種に対して、製薬会社の利益になる内容にするよう、「広報」活動を促しました。


【ワクチン訴訟問題】

4月23日の国会内の定例会見ということでしたが、同月、17日。

日本でも、新型コロナワクチンの接種後に死亡した人の遺族など、合わせて13人が国に対し「副反応などのマイナス情報を広報せずに被害を広げた」として、合わせて9100万円余りの賠償を求める訴えを起こしたそう。

ー新型コロナワクチン接種後死亡 遺族らが国に賠償求め提訴 2024年4月17日 17時57分


【帰納的視聴法】

今月6月号の堤未果の『月刊アンダーワールド~薬害はこうして繰り返される』。

いつものごとく私は帰納的結論から、つまり「本日のまとめ」だけを先に視聴しました。

ーMika Tsutsumi Official Web site|堤未果オフィシャルウェブサイト


【温故知新】

堤未果さんといえば元野村證券に勤めていたエリートで、9.11を生で体験した人で有名です。

が、旦那が立憲民主党の川田龍平議員であることでも有名で、川田議員といえば90年代の薬害エイズ訴訟ということで、ここは「温故知新」。


【慎重論者が叩かれる異常さ】

アンダーワールダーの三原則の「歴史」で、我々そういう存在(仮)からすると一度も存在したことはないと言いたいところですが、あえてこれを使うということで、上の切り抜き記事。

私がコロナ禍で社会に不安・不満・恐怖が蔓延していた中に登場してきた治験段階のmRNAワクチン。

この接種に対して、私が

慎重論を唱えた

時に作成してものです。(サリドマイド事件)

やはり、その当時はボロクソに叩かれました。


【Caution】

大体、以下のような感じで。

お前みたいに自分勝手でワクチンを接種しない奴がいるから、コロナの感染が爆発して、多くの人が後遺症を残し死亡するのだ!

だけど、素朴な疑問がありました。

インフルエンザと致死率が変わらないコロナのウイルスに対して、高齢者や基礎疾患者だけならまだしも、影響の少ない一般の人、ましてや若者や子供や妊婦にまで。

この治験段階のワクチンを打たすのは、絶対にヤバイ警告させていただいた次第であります。


【犯罪者扱いされました】

当然、犯罪者扱いされましたが、さすがに敵さん(※実は自我・エゴが発っした分離の波動が投影した世界)。

相手はグローバリストつまりサタニストで、世界の金融を支配しており、ロイター通信やら何から何まで「足元」の情報操作やりたい放題、思うがまま。


【一杯のかけそば効果と強いリーダーシップ】

志村けんさんや岡江久美子さんが新型コロナに感染し亡くられてたとか、ワイドショーで扱われればもう最後。

『一杯のかけそば』効果と、マスメディアを通じた強いリーダーシップにより、マス・大衆が煽動されるのは歴史の必然。


【泥舟】

だけど、そのリーダシップのシップ。船。

その船はノアの箱船でなく、カチカチ山の泥舟ですから。


【理知的に】

我々そういう存在(仮)理知的に。

当たり前のことを、当たり前にするだけのこと。

 


【Dの意志】

これがDの意志というもの。

これこそマクロに捉える、仲の人テラ子安の完全予定調和の世界。

確かにその反動で、ミクロなことに関しては脆弱になるという欠点もありました。

これまた新技を編み出すために、鍛錬あるのみ。


【青雲】

青雲です。

青雲に始まり青雲で終わる。


【聖書はシナリオ】

これ即ち、伏線となり足元のシナリオの聖書とまったく同じ。


【9.11】

9.11と同じ。


【昭和生まれにはこれ】

昭和生まれの石頭にはこの術式なのです。


【長い前置き効果】

さて。

ここから本題に入りたいと思います。長いですね。だけどこの長いプロローグは必要だったのです。


【術中】

今、この記事を読んで不謹慎だと思われた方、イラ💢とした方がいるとしたら、その人は既に

私の術中にハマっている

と言えます。


【教材は週刊少年ジャンプ】

教材は常に週刊少年ジャンプ。

89年以降からずっとということで、今週号の『あかね噺』のまいける兄さんの

自在」。


【陽⇒陰】

これです。

まいける兄さんの場合は、最初に表向きの明るく陽気なモードの個人主義の技から入りそのまま結果は関数でいう+yで終わるようにみせかけ、途中路線を中心軸にて180°反転。

最後は世話焼きの心陰の-√yの感動で終わる本格派。


【ギャップの効果】

非常に高度ですが、一方の今回私がブログで使ったのはその真逆の効果。

グローバリスト・サタニストによる、ファシズム化の重い話のから入り、途中、足元ネタでオカルトに、そして『燃えるお兄さん』の一杯のかけそばネタに入ると、完全に軽い話の陽。

この時点で色が完全に変わります。

後は、カチカチ山、ムーのオカルト動画に『WITCH WATCH』の守仁ネタに、最後は線香の青雲のCM🎵。

地下活動ファイルを知らない人なら尚更ですが、これが逆に不謹慎と感じるよう作用し、イラ💢ついた人が殆どのはず。

こうなるのも180°内容を反転したからで、これが術式のマジックなのです。


【ジョセフ推しの常套手段】

目的は雲のジュウザの如く、相手から冷静さを失わし判断力を奪うこと。

冷静さが欠けた人間が次に起こす行動は実に単純で、これはジョセフ・ジョースターの常套手段ですね。


【復習】

だけど、の違いを理解していれば、まずはこの術式にハマることはありません。

量とは「理論」であり均衡モデルであり、質とは「物語」であり機能モデル。

削除した過去ログで散々説明したように、例えば

①彼は暴力的だと優しい。
②彼は優しいけど暴力的。

この二つはとしては同じですが、としてはまるで印象が異なってきます。


【いったんCM】

これを使っただけのこと。

多くの人が時空の捉え方を、単一の世界線を過去・現在・未来へと直線的に進行していくと考えているから、こんなチープな技が使えるわけで。

この時空の捉え方なのですが、んなわけない😎


【メモリー(魂)】

メモリー(魂)には「短期記憶」というものがあり、昨日の晩飯は憶えていても、1か月前の晩飯のメニューは憶えていないもの。


【ワイドショーと3S政策】

つまり、最も近いもののほうが印象に残り、ただそれだけのこと。

大東亜戦争のことも、治安維持法のことも、言論弾圧されてきたことも、ワイドショーで執拗に報道される大谷翔平の野球ネタに比べて、どれだけ重要な事と言えども、遥か昔の出来事。

そもそもGHQの3S政策。sports sex screen。


【それぞれの物語】

これが形を変えたのが

J=Y=I。

去年末のY・吉本興業の松本人志への文春砲。

年始の能登半島の地震で、I・グローバリスト政党の自民党の馳浩と岸田文雄が遅れて到着し、地方自治法改正の必要性を国民に印象付けて、「改正地方自治法」を閣議決定しました。

それから半年後の国会でこの事前に用意されていた法律が可決し、これも彼らサタニストのシナリオ通りでの展開で、これが「物語」。

後は木村さんの登場となり、天敵のスーパーナースが、♫~もっこり▲瓢箪山~🎵🎤🍺で店を経営。

でなくて、「カレンダー残り枚数ないのよ」のほうの木村さん🍎の未来が到来。


【モブ男でも】

だけど、この手の陰陽自在のテクニックはそこらのモブ男でも頭で理解すれば、サイバイマンに倒されるレベルでも、その影響をかなり軽減することができます。


【縁であり中心点でもあり】

それより上の18万以上の戦闘力が必要となる領域があり、それが中間領域の90°の縁の領域。

足元のであり、頭上の中心点でもあるこの領域。

我々、そういう存在(仮)からすると、この当たり前の領域ですが。


【デジャヴ】

例えばデジャヴ。

デジャヴなんて、時間の序列がないことの感覚に過ぎません。


【ここから】

まずは、ここからですね。


【来るよ!不運が!】

時間のマジック。

「任意」でまずは釣って、短期記憶が消えた頃いつのまにか「義務化」。

こんなことばかりしていると。

来るよ!不運が!

故に、我々そういう存在(仮)とりあえず。

1.0のループの中の神を否定するのでした凸(-_-メ)