来週の『虎に翼』は日本国憲法公布ー保守派に抑圧されてきた女性たちの反動運動


【ゲスト回だけ視聴】

NHKの朝の連ドラの『虎に翼』の後の『あさイチ』なのですが、私がこれもセットで録画している理由は、ゲストが出演している場合があるから。

基本、ゲストが出演していない時はまったく視聴していません(;^_^A

ということで昨日は草彅剛が出演していたのですが、殆ど、早送りせずに視聴しました。


【先輩を敬え】

『虎に翼』ですが、未来人の私たちにとっては想定通りの展開となり、たぶん徴兵されたキャストは全員戦死するような来週の予告に思えました。

ここでとで戦争についての意見が大きく分かれると思うのですが、俺の方が先輩ですから。

何がって。

ウヨク思想。

30年以上前から右翼のザビエル先生から洗脳教育済みであり、

ABCD包囲陣で経済封鎖のハルノートの最後通牒で戦争突入

この公式が80年代には既にプログラムされており、私のほうが先輩だということ。


【右翼の英才教育】

これがもっと高度になると、ソ連のスパイがアメリカと日本を戦争させようとしていた、

ヴェノナ・プロジェクト

とか、もっと長いスパンになるとアメリカが日露戦争以降、日本との戦争をシュミレーションしていて

オレンジ🍊計画

とか。こんなの常識でしたね。ざーさん。

後は、元米国財務次官補のハリー・デスクター・ホワイトが、

ハルノート作成に関与していて、日本に焦らすように時間を短く設定していた

こととか。

2012年に九州大学三輪弘戦争が言っていたのですが、

日本の外務省にもアメリカのスパイがいて、

それで真珠湾攻撃の報告が遅れるように設定し、それで卑怯者扱いされように設定されたこととか。

確か、下の画像の載った当時の新聞のコピーを配られ、授業を受けたのを憶えていますが、これが英才教育といもの。


【物置砲】

情報戦。スパイ工作。これです。

『とある花園の施設の物語ーWEST編』というクソ私小説があるのですが、そこの登場人物の文春砲ならず、物置砲。

私もこれ、やられました。


【ライトだけじゃない】

ライトの名言の駄目だこいつ。私はこれ以外にもやられていたのです。


【憲法改正】

分からない人は分からなくて結構なのですが、来週、『虎に翼』で日本国憲法が公布されるのですが、ここで右と左で賛否両論分かれます。

前者はマッカーサー憲法だとか、後者は憲法9条を守れとか。

それで憲法改正の議論となり、堤未果さんだと緊急事態条項が明記されると、カナダのイケメンのトルドー首相により悪用されたとなり阻止せねばならぬとか、保守派だと逆に国民を統制するのに必要とか。

私だとやはり「財政健全化」、プライマリーバランス黒字化目標、つまりは格差拡大の「緊縮財政」の憲法明記。


【ざっくり説明】

これは現在の日本がかつてのアフリカのごとく医療植民地となっている現実とも関連してきますが、誰でも分かりやすく説明すれば、グローバリズム。

我々、そういう存在(仮)の言葉ではサタニズム💀。

強者が弱者を食らう、不可逆的行為。

割と簡単だと思いますけど。

もっと分かりやすく説明すれば、放蕩息子が家に帰ると怒られるという、「罪悪感」。

これが攻撃、略奪の分離を生み、そのことすら憶えていないことを忘却と呼び、後は想起(remember)する作業があり、それが統合。

統合政府の統合。これまた簡単です。


【「彼ら」との違い】

自分の発言に責任をとらない。

ソフィストや自民や維新関係者のような嘘つきに比べて、私の説明は結論から述べるから、割と分かりやすいと思うのですけど。


【権利】

若者が得体の分からないワクチン接種拒否したという、人間としての尊厳。そして人間としての当然の権利。


【犬🐶】

私もそっち側なのですが、その我々から権利を奪い、得体の知れないワクチンを打たそうとしたしている連中。

法律で権力者に都合の悪いXとかのポスト、SNSは削除できるようなりました。

コロナワクチンの訴訟始まっていますが、当然、官邸の犬🐶のNHKやあれ✡が率いる多国籍企業の犬🐶のキー局。

あまり報道しません。

ー新型コロナワクチンで国を集団提訴 総額9152万円の損害賠償求める 接種後死亡も危険性「広報せず」2024年4月18日 木曜 午前11:00


【ラストチャンスを逃した日本人】

2012年9月に日本人はラストチャンスを逃したということ。


【「日本国憲法」の否定と「日本的経営」のマンセー】

終わりの始まりということで、話を戻すと来週の『虎に翼』で取り上げられる「日本国憲法」の交付。

私はエズラ・ヴォーゲルの「日本的経営」と関連付けてしまうわけですが、保守派って

「日本国憲法」の否定と「日本的経営」のマンセー

をする傾向にあります。


【同じことを繰り返すだけのこと】

これまた結論からいえば、日本の京都大学のケインズ派にしても元大蔵官僚の高橋なんとからのリフレ派にしても、維新の連中にしても、統べて同じ穴の狢。

つまりは分離に基づく男性原理主義▲不可逆的行為💀であり、過去をベースとする、関数。因果に基づく1.0の均衡モデルであり、その結果、女性原理▼を抑えつける傾向にあります。

保守派は日本国憲法を頑なに否定し、先の戦争でやられたたように、まんまと罠にはまります。


【責任】

当然、日本が核の炎の包まれるプランも用意されており、某編集長の予想ではイスラエルがイランに核を落とした時。

エササニ星人もプレアデス星人も、一部で核が使用されかもと、サラッと言ってますが、もっとエグイことを知っているからで、日本に核を落とされた世界線をリーディングして、それを霊視する能力者もいることでしょう。

これも皆、消費税導入、増税を選択した、昭和生まれを中心とする世代の責任。


【市場での交換行為】

だから、私は産業社会学の泰斗である尾高邦夫先生の著書。

「日本的経営」で終身雇用制度なんて戦時体制で職業を固定化しただけのことで、伝統とかそんなものは真っ赤なウソ。

これを主張していたのです。

雇用なんて労働市場における、である有機体である自分を100%殺し、の労働力というモノに変換して売却し、ユダヤ人の発想であるたかがおカネの抽象化されたデータと交換するだけの虚しい関係。

分かりやすく言えば、『F 』の赤木軍馬の母静江が10歳の少女の頃、ロリコンの野郎どもに売春して雑炊と交換した行為とまったく同じ。


【カツマーじゃないし】

んものアカシックレコードという前例という名の監獄の1.0。

この「欠乏」を前提とするからそうなるわけで、グローバリズムって終身雇用制度や父系社会の反動からくるものであり、勝間和代さんがその典型例。

敵であることと嫌いであることは別。

ということで、結構、勝間さんの本、結構もっています。


【ヤムチャしやがって】

私の持論にあるのが学生じゃあるまいし、働きが悪ければクビにすればいいというやつなのですが、転職していくと所得が減るからやめられないこの地獄。

勝間さんも森永卓郎さんとの雇用形態の討論の番組で、同じようなことを言っていました。

これで私の多くの友人も50代で機能不全に陥ったわけですが、最近、あったヤムチャの中の人。


【終身雇用がもたらす機能不全】

色々、言われていますが、私は70歳にして元気で若いなぁと素直に感じました。

純粋にエロい(女性の嫌がることは絶対にしない。立場を利用し圧を加えない純粋なエロ侍。)空手部のメンバーは所得が減るから転職できず、それで慢性抑うつ状態となりました。

その機能不全となったのとは実に対称的。

私たちより5つ上の香川照之氏も同様で、自分を押し殺し労働している連中とのこの大きな差。


【保守派が革命を引き起こす】

これは何か自分の内にあるものを表現するクリエイターと、単に自分を偽り労働力に変換し交換するだけの労働者との差が大きく影響を及ぼし、前者は感興をそそる情熱に従い、後者は自分を偽りそれで慢性鬱である抑うつ状態。

やはりここに緊張(ストレス)が大きく関わっており、これを増大させるのが保守派の前例という名の上から下への支配的抑圧。

とにかく「彼ら」は自由を嫌います。

これらのことは散々、述べてきたことですけど、保守派こそが革命を引き起こす原動力を生む現実。


【やめ】

基本同じことを繰り返し述べているだけですが、私はそれに辟易としてきて、それで今年の初めにもう無駄。やめた。こうなったわけです。


【神への反逆】

そもそも私の基本姿勢は、所謂似非神に対する反逆。


【軽く捻ってこい】

上司源の神とはまったくの別物で

ふかした餓鬼を軽く捻ってこい!


【それだけのこと】

そして、我々そういう存在(仮)は、それするためだけに生まれて、そのために鍛錬して生き。

それを実行して死んでいく。それだけのこと。


【呪いと女2人組】

ミッション遂行という呪いにかかりつつ。

何度も私の人生で登場してくる、女2人組にイジられて。


【基本同じことを述べているだけ】

何度も言ってるように、中心点にフォーカスする「いま」。

このブログは基本同じことを述べてるだけなのですけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA