クロスロード・たぶん前編ートナリアウ世界でないが故に


【予定変更】

本来は「ウイングマンの技で説明してみたその2」の噺をするべきなのですが、忘れる前に伝えたいことがあり、予定変更します。

まず何の先入観もなしで以下の図をご覧ください。


【鏡うつしにした象限図を上下逆さまにしても同じ】

左にある側は上下左右と鏡うつしの関係。

そして、それを上下回転させてみましたが、図としては何の変化もありませんでした。


【マイナスかけるマイナスはプラス的な】

それから、上下左右対称(対象)にしても、上下逆さまにしても、対角線上のX(クロス)しているブロックは、まったくじ⏲ものであることが判明。

反転して反転して、X(クロス)しても結果は同じ。

これは数学でいう、マイナス×マイナスはプラスみたいな印象を抱いてしまいます。


【シン・生命の樹】

では、次は私が以前適当につくった「シン・生命の樹」をご覧ください。


【ゼロ・ポイント】

先ほどの例と、まったく同じ関係となってしまいます。

たぶん「量子もつれ」やら量子の「対生成」と「対消滅」も、これらのことが関係していると思いますが、ネックとなるのは〇ゼロとなるX(クロス)中心点

これです。


【カミの領域】

象限図の関係は全て時⏲に起こっており、タイムラグがありません。

速読とか新聞を斜め読みとかできるのもそうで、いわば地球の北半球と南半球を俯瞰した状態にあります。

しかしながら、クロス(X)している志(will)に、観測することはできず、これはいわばカミの領域といえよう。


【Believe】

アニメ『サクラダリセット』のOPですが、私とじ奈良🦌出身の、偉大なるTHE ORAL CIGARETTESの名曲で有名ですね。

🎵永遠に~🎵

から始まる異世界転生でなく、『トナリアウ』。

そうです。

このX(クロス)する関係は他のブロック2つのブロックと異なり、トナリアウ世界でないが故に、「知覚」(here・過去・自我)することは決してできないのです。

忠し、俯瞰視したカミの領域では、これらは時⏲に起こっている出来事です。

もし、知覚・知識を遥かに超越した、志(will)志(will)であるのなら。

Where there is a will , there is a way. Passion.


【裏世界】

一番先に紹介した図を思い出して欲しいのですがこれを表とすると、時⏲に裏の図があることになります。

なぜなら、世界は反証可能性があるからで、裏世界だけに左右が逆になりますが、それ以外はまったくじ⏲となります。

これまた時⏲に起こっている出来事です。


【4+4+2=10】

表(B)裏(R)があるという事は当然、縁(G)のない状態は、この世でもあの世でもありえず、そこで10円玉です。

円にも当然中心点がありますが、それを軸とすると側面から観測する軌道は2通りできます。(あみんの『待つわ』の左右の動きです、これも時⏲に起こっています。)

前回、ブログで紹介した内容と全く同じですね。

これで表の4ブロック+裏の4ブロック+縁の2通りの軌道と、各プレイヤーが観測する世界が合計10通できたことになり、全て同時(もう色つけとか面倒くさいわ)に起っていることになりました。

しかし、これは皆、同時に起こっていることですが、知覚(主体)を通じては絶対に「いま」を生(活)きることは、体験することは不可能です。

主体もまた脳🧠に情報が伝達するまで、そのタイムラグがあり、つまり既に起こってしまった、過去しか体験できないことになりますから。


【いつものこと】

ちなみにクロスしたもの同志を対称として、くっつけると以下のごとくなりました。

頭こんがらがってきて、どっちが表でどっちが裏か分からなりましたけど。


【個人的には青の方がカッコいい】

それでもやはり「」のほうがカッコいいと、個人的には思ってしまいます。


【ネガティブを抑える効果説】

そこでエササニ人とプレアデス人。

我々からは彼らはあまりにもポジティブに偏り過ぎのように感じてなりません。

例えば、地球でのネガティブな作品に対して、それを作品にすることで

ネガティブな要素を減少(現象)させる

そのような効果があると解釈しているようです。


【「わびさび」を知らないポジティブサイドの他星人】

彼らは、地球独特の中間領域「わびさび」を知らないのではないかと。


(たぶん次回へつづく)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA