白黒でなく青赤で第三の選択は緑ー(注意)全体主義の緑のたぬき以外


【2面生】

こういうことを述べるのもどうかと思いますが、私ってかなり性格が極端でそれがある種のコンプレックスな時期があったのですが、それは生まれつきそうなのだからなかなか変えられません。

結構周囲から楽観的だと思われがちなのですが、実はそれと同じくらいに悲観的であり、過去ログで述べたようにミスチルの歌の『Over』の歌詞にあるように

>いつも考えすぎて失敗したから

と自滅するパターンが多く、どちらか一方ではないのです。


【男の強がり】

ジタバタしてると男としてみっともないから、そうでないように見せてるところが多いのです。


【中途半端が苦手】

心理学の基本って自己分析らしくまず被験者とするのは自分であり、私も自己分析が基本としているところが多いと思います。

自己分析してみると、私の一番好きな色ってで2番目がで、後はと続いていくのですけど、苦手な色がグレー、黄、茶、昔のリーゼントヤンキーの好きな紫と、最近は田口監督の影響もあり川崎バイクでよく使う地味なが好きになってきたりしましが、基本両極端な趣向が強いと思われます。


【大人のおもちゃ箱】

田口監督は高橋ヒロムのゴールデンでのプロレス実況放送の夢を砕く、それを不可能とするギルガメッシュナイトや、大人のおもちゃ箱といった深夜放送枠の内容のことばかりやらかしています。

(実況)
>こけし落とし!

(解説)
>電動じゃなくていいんだよ!
(0:16くらい)

いや、こんなのただの下ネタだし無理でしょw
地上派のゴールデンタイムは。


★いますぐ入会しよう!!
 「新日本プロレスワールド」はコチラ!!

【中庸の難しさ】

さて何だったのかそう、両極端な性格って非常に厄介であり、ドラマ『ビーチボーイズ』で反町演じる広海と、竹ノ内演じる海都と、ちゃらんぽらんな遊び人と頭ガチガチの商社マンと両極端なタイプってよくあるのですが、

お前はどちらかのタイプなんだ?

と2択を迫れれても困ることが多いのです。


【中庸の難しさ】

TPPか鎖国かの二択なんてそうだし、その中間のヴレトンウッズ体制もあるし、実は、仏教でいう中庸の精神があり、厳しすぎる修行もよくないし、だからといって堕落しきった生活もよくなく、車のアクセルとブレーキの間の遊びが必要なのですけれども、このグレーゾーンを維持することって、相当胆力がいり難しいと思われます。


【諦めることは明らめること】

これが国家レベルなら普通に規制をかければいいのですが、個人となるとなかなか難しく、もうこんな

グレーゾーンいらね( ゚д゚)、ペッ

となり、諦めたところで第三の選択肢が生まれるわけです。


【マスターとは】

ぶっちゃけ、この両極端な二つの極って、量子の右スピンと左スピンとの相補性の関係と同じく、マスター(菩薩)というのはこのバランスを維持をできたものであり、感覚と思考とのバランスをとれることであり、そういうことなのです。

0か1かのどちらかではないのです。(映画『スターウォーズ』のジェダイの戦士のヨーダの言葉が参考になると思います)


【好きな数字は2】

結構、このブログで中二病の好きな数字の0(ゼロ)という数字を頻繁に出してますが、実は2という数字が私は一番好きなのです。

1より2、エースのピッチャーよりむしろ参謀のキャッチャー、派手な金よりもいぶし銀、ひまわりよりも省エネの朝顔、長州藩よりも会津藩、赤レンジャーよりも青レンジャー宮内洋快傑ズバット

こういうの感覚理屈(思考)じゃありません。なんというか感性です。


快傑ズバット シーズン1 (83) 1977



【原初の光とは】

これまたこういうこと話すと段階的に早すぎると躊躇してしまうのですが、物事を白と黒で分けて捉えると第三の色ってグレーとなっていしまいますがこれはモノクロとなります。

まさにこれは0と1の組み合わせでしかなく、皆ここで迷宮入りして抜け出せなくなっているのだと思います。

考え方を変えれば私の場合はまず好きな色がで、その次にで極端なのですが、そこに第三の色を(カレー好きな食いしん坊のキレンジャー)とするでなく(地味なステルス的存在の”お前いたのかよ!”というミドレンジャー)とするのなら割と正解が出てくると思われます。


【第三の色は緑】

光の三原色ってこの組み合わせであり、中心となるのが「白」でありおそらくこれが原初の光と関係しており、『鬼滅の刃』の呼吸で日の呼吸が始まりの呼吸とされているのは、これを意味するのだと思います。(他の呼吸はその発生に過ぎないのです)

 


【始まりもなければ終わりもない】

火や水などは光の派生物でしかないということです。


【組み合わせを誤ると原初の光から乖離する】

ちなみに第三の色を黄色とするのなら、その中心の色は変わってきて「灰」や「黒」となりまず原初の光でなく闇が先行することとなり、まず闇というのは最も光が少ない状態であり、まったく光のない状態などブラックホールでも存在せず、光があるから影がありその逆は絶対にありえず、それは不正解となります。たぶん。


【虹と壁】

観察して捉えれられる現象で説明するのはこれが限界でしょうが、虹というものもここで関係していくるように思われます。たぶん。

虹の少年 渡辺満里奈 形式: CD


【分かる人にしか分からないこと】

本来なら感覚は思考との対の関係であり、なりなりで表現したらいいと思われるかもしれませんが、これってミスチルの歌によくあるheartのココであり、心のコンパスであり緑でないといけないのです。

もちろん、最近聴いている渡辺美里の曲でも結構そこに触れており、大体歌詞を読んでいると分かる人には分かることで、

ああ、この人知っているんだな

と思っています。


【瞑想のススメ】

私は過去ログで音楽なり体育会系の部活などしてないと、感覚を身につけられないというようなことを発言したかもしれませんが、実はそんなことなく誰にでもできることがあり、これは須藤元気が朝晩2回していることで、瞑想です。

やり方はいろいろありますが、身体の正中線を保ちコツは呼吸で、肺でなく複式ですることで、ゆっくり息を鼻で吸い、呼吸を止めて、ゆっくり口から吐く。

これが一番楽で近道だと思いますが、なかなか毎日するのが面倒で私は結構さぼってます。

心の中に「静」をもつ (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2018/1/29 片岡鶴太郎 (著)


【青が好き】

元々、私はが一番好きなのでむしろ属性は水であり、後天的にある昔の悪友の影響でが好きになったところがあり、

水の呼吸 壱ノ型  水面斬り(いちのかた みなもぎり)

の方が合っているかもしれません。


【BLUE】

モッズで初めて買ったレコードも『BLUE』だったし。

BLUE-MIDNIGHT HIGHWAY THE MODS 形式: CD


【全てに対してです】

こうなるとブルージャスティス永田裕志が一番好きということになってしまいます。

全てに対してです!

と全体責任にして・・・するとうざい神が。

キングオブプロレスリング/第1弾BT01-053/C/永田裕志/ゼアッ!!/レスラー [おもちゃ&ホビー] [おもちゃ&ホビー] ブシロード(BUSHIROAD)


【一人二役やめたげて】

結局、昔『ヤヌスの鏡』ってドラマがありましたが、この両極端な側面をいずれかでなく、これらを統合する何らかの側面が必要であり、白か黒かの0か1のビット思考でなく、青か赤でなく第三の側面の緑を選択できたのならこれが正解となるでしょう。

ヒントとなるのがheartのココであり、しかしながら変なの加えるとモヒカンヒャッハ~どころか、全体主義のように中心が黒とか灰色になってしまうことでしょう。

だからといって『ヤヌスの鏡』のごとく、『愛をとりもでせ』の一人二役はやめたげて。


緑でもあのタヌキを加えると瞬く間に日本は闇落ちすると思われる方は ↓のリンクをクリックお願いします。


政治ランキング;

↑クリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA