反緊縮との戦いーダークサイドに堕ちないための小萌の補習授業(あればいいけど)


【25%が7割の議席を占める】

小選挙区制では投票率が50%程度で半分の有権者が投票に行かないことで、わずか25%の票で7割の議席を獲得し、残り25%の票が3割の議席しか獲得しないようになり、欠陥だらけと言われています。

25%の人が政治を私物化する国 (詩想社新書)
植草 一秀
詩想社 (2019-07-10)
売り上げランキング: 33,746

【政権交代も起こりやすい】

こうなると組織票の強い自公政権は投票率を低下させることで議席確保でき多くの民が政治に無関心で参加しない反民主的であればあるほど選挙に勝利するという、妙な構造となっておりますが、考え方改めると投票率が高ければ政権交代することもありえます。


【反民主的構造のスパイラル】

要は投票率が常に7割程度あれば問題ないのですが、グローバル化により自己責任が跋扈し労働組合を中心とする中間団体が叩かれ、バブルがはじけて規制をかけないどころか逆のことをするとなどして、ますます格差が拡大して国民が貧困化し、投票率が50%程度まで下がるわけでしてた。


【全体責任】

しかしながら民主制って優れたところがあり、投票率が50%程度になり25%の票が政策を決め、残りの25%が敗北するわけですが、その無関心層の50%の関心を取り戻せなかった側に責任があり

勝者25%
敗者25%
無関心50%

という構成が理不尽であるように思えますが、、まさにブルージャスティス永田裕志

全てに対してです

となり、「全体責任」となり誰も責められなくなるのです。(” 全てってどれだい!?”はなしです)


【政治って面倒なこと】

『約束のネバーランド』19巻でも、政治を「めんどうごと」と当て字をあてて表現していたのですが、政治って本来面倒なことであり、消費税導入一つで日本は凋落することになったし、その時よかれと思った政策が最悪のこととなったり、たかが人間どんなに知力や温故知新と駆使してもダメなことがあり

人間万事塞翁が馬

とうことで、普通はやりたくない仕事なはずです。


【前提が間違う恐ろしさ】

自分の判断による決定事項が、自分や家族だけならいいのですけど、国会議員なんて1億2000万人の国民という家族の運命を背負い、思い付きでの政策なんて御法度ですが、いくら深慮したところで主流派経済学の緊縮の呪いにかかることで、守るべき家族のほとんどを不幸に陥れたりします。

前提が間違っているとシュタゲでまゆりがいくらタイムリープしても救えないのと同じで、日本の緊縮リベラルってこれをずっと繰り返そうとしているのです。


【自然実験】

今回の水害で川辺川ダムの建設が間に合わなかったことと、八ッ場ダムの建設が間に合ったこととで地域住民の命・生活・人生を大きく左右するという結果を誰もが観察できることになりました。

もし、八ッ場ダムの建設するかどうかの選択肢だけであったのなら豪雨がなければ

無駄だった

と世論は間違いなくなっていたことでしょう。

しかしながら、疫学調査のごとく同じように水害が予想された地区で「自然実験」となり、ダム建設に間に合った地域とそうでない地域で、明らかに違いが誰の目でもわかったことだと思います。

メディアでは決して取り扱えないことですが。


【失敗を繰り返す日本の病】

未来という不確実性の中でも、灯油の入ったポリ缶に火のついたマッチ棒を入れると引火することは誰にでも予想できることで、治水事業もインフレネットワーク・国防の必要性もまた同様であり、こうなればこうなると蓋然性の高いことを予想できる人間はやはり政治が変わらないことに苦渋を味わいつづけます。

ケネディじゃないけど国民に博打させるわけにはいかなく、消費税を5%から10%にした愚行なんて論外です。


【ラストチャンス】

しかしながら今回のコロナ禍でさすがに今まで安全地帯で胡坐をかいでいた人たちも沈黙を破り始め、ようやくセカンドチルドレンがセカンドインパクトで動き始めたようで、このチャンスを逃す手はないでしょう。


【緊縮グローバリズム国民家畜化に戻そうとする動き】

熊本の水害だけでなくこれらか食糧危機も訪れかもしれませんし、最悪南海トラフと首都直下型地震と同時に起こることもありえます。

何も起こらなければそれはそれで幸いなことですが、コロナ増税とか言い出してそれに踊ろされる民が多くなり、インフルエンサーでありながら保身のために声を上げないことも考えられます。

政治的な発言をしている芸能人って貴重な存在だと思います。


【世代交代するしかない理由】

尾崎豊のオリジナルの『街の風景』の歌詞で

>人間喜劇さその通りだろうよ
だけど何がこうさせるのか わからないよ

とあります。

ユニセフなどの国連機関は素晴らしいと思いますが(たぶん)、他のIMFや世界銀行や今回のコロナでのWHOとかこれまでしてきたことを考えると、やっぱりただのアメリカや中国のような帝国主義・権威主義の連合国の機関じゃんと思ったりもします。

保守思想に「遠くのものより近くのもの」とありますが、実にこれはシュールでもう世代交代だと思います。


【前提の違いが悲劇を繰り返しつづける】

私は過去ログで女性がネックと言いましたが、正確には「女性原理」のことであり、シュペングラーのいう「成ったこと」って「成ろうとすること」の結果でしかなく、これは宇宙の誕生の誤謬の訂正でもあり、なぜ女性が活躍する社会に格差が少なくなるのか、謎はここにあると思ってます。


【そのビット思考やめてほしい】

そこで

女性原理が良くて男性原理が悪い!

という考えは、まさにジョージ・オーウェルの『動物農場』の

四本足は良くて二本足は悪い!

と同じであり、イラクの自衛隊派遣や原発問題と同じく、その是非そのものが重要であるわけでなく、その中身本質的なことなのです。

動物農場〔新訳版〕 (ハヤカワepi文庫) (日本語) 文庫 – 2017/1/7 ジョージ・オーウェル (著), 水戸部功 (イラスト), 山形浩生 (翻訳)


【緊縮老害は引退してください】

政治も相当変わってきており、須藤元気だけでなく山尾しおりもまた、緊縮老害枝野率いる立憲民主党が新憲法にPB・財政健全化を明記したがる、バカげた泥船に乗ることに愛想がつきたのかもしれません。


【諦めることは明らめること】

こんなの時間との戦いでこの機を逃すと日本の老害たちが、日本にトドメをさすことになります。

選択する世界線として一番ありえるのが中国の自治区となりディストピア社会になりますが、いまだにグローバリゼーションが国家解体と理解できない頭の弱いネトウヨや、自分がリストラになり被害者となっても、水害にあって生活を奪われても、それでも政治に無関心な人たちを含む日本人全員の総意であり、DB超の17号のごとく

>消滅するのはどうでもいい。みんなそろって消えちまうのなら。それはそれでしょうがないだろ。じぁな。検討を祈る。

と受け入れるしかありません。


【こういう時こそトランキーロ】

とはいうものの、2年前に比べて世論も変わり、何やらMMTについて話が暴走しているようで、それでもこれは当時では予想できなかったことでしょうし、ここまできたのなら何が起きても、内藤哲也がEVILに裏切られたのと同じように

トランキーロ、焦んなよ凸(-_-メ)

てところです。


この試合内容は内容は999円の月額会員で。
★いますぐ入会しよう!!
 「新日本プロレスワールド」はコチラ!!

【人生って喜怒哀楽を味わうもの】

これは勘違いしてほしくないことですけど、マスターって負の感情を抑制できたものでなく、感情は選択できるものであり、それこそ映画『スターウォーズ』のジェダイの戦士と同じであり、むしろ感情というものは喜怒哀楽を味わことにより、バラバラになった自分が統合されるのです。

無理に感情を抑制すると逆にそれが蓄積されてしまいます。


【初心者ちゃんでも大丈夫な補習授業はない】

私の苦手な言葉でワクワクというものがあり、この言葉を使う連中にろくなのがいないというのもあるのですが、ワクワクという言葉の裏には、負の感情をなかったことにして押し殺すことが非常に多いからです。

光がありそれによってできる影の存在と同じであり、パラドックスで影の存在を認めることによりそれを味わうことにより、逆にその元となる負の信念を手放せることになるです。

スピ系の連中って負の感情に対する耐性がゼロの人が多く、ウイルスに抗体がないような状態であり、ヘビースモーカーで大酒飲みの小萌先生のいう初心者ちゃん(1:40ぐらい)ということで、そこは修行するしかありません。

小萌の補習授業って何でもかんでも「ちゃん」づけして、何のプレイかよと。


電脳戦機バーチャロン×とある魔術の禁書目録 とある魔術の電脳戦機 -PS4セガ プラットフォーム : PlayStation 4


なんかEVILってどう考えても内藤哲也やオカダカズチカより格下で、長州力みたいになれると思われない方も ↓のリンクをクリックお願いします。(そのための反逆でこれはこれで面白くなりましたが)


政治ランキング;

↑クリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA