starting overー賭博麻雀・黒川検事の勝ちは新聞記者(マスコミ)の負け


【緊縮派 VS 反緊縮派】

何か政界が色々えらいことになっており、須藤元気が緊縮老害緊縮幹部が支配している立憲民主党を離党し党は辞職をしろとかえらいことになっているようです。

人間万事塞翁が馬で気を落とさず、トランキーロ、しっかりしてほしいと思います。


【カイロ大学主席卒業? VS 中卒】

一方では東京都知事選が小池知事と山本太郎の対決で

カイロ大学主席卒業? VS 中卒

のような動画を見かけて、れいわの喧嘩腰がクソワロタw内容となっています。

太郎が出馬するとレベラル票が割れてむしろ小池当選するとかも言われており、これもどうなるのか予想つきません。


【無という概念の誤謬】

さて、私はゼロ(0)とういう数字に対して非常に興味深く、なんか一般的には - ⇒ +の追加点とか思われているようんですけど、本当にそうなのかなかと思えてきてます。

ましてや、「無」という「有」のアンチテーゼのごとく思われたりするのですが、その概念自体が「有」だとうと思うわけで、つまりは、皆が抱く印象である無というのはこの宇宙には存在しないし、宇宙誕生前がその状態なわけないのです。


【お前wウソだろw】

後藤洋央紀が滝に打たれた修行故に到達した「無の境地」とは何ぞやとなるわけで、愛を知らない聖帝タイチ様の言葉を借りれば、

お前wウソだろw

という印象を抱くのです。

しかし一応、殿は成功法則を実践しているようですが、

#イメージは大事

ってw


【人類が逃れられない恒等式】

ゼロといえば人類が逃れられない恒等式がありますが、以下です。

一般政府 + 民間非金融法人 + 家計 + 海外 =0


【やっちゃダメだけど、注意で終わり】

こんなの賭博麻雀している黒川弘務や新聞社の方もよくご存じで、違法である賭け麻雀を新聞記者などのマスコミ関係者や内閣総理大臣やその監視対象の検察の間でならそれほど問題ないようであり、元プロ野球選手の東尾修も書類送検されたらしく、それは高いレートだったからであり、

やっちぇだめよ!メッ!

ぐらいのお咎めで、自動車の一時停止が不十分で罰金とられるよりも軽い罪らしいですね。

官邸が懲戒免職に反対しているようでこんなの恐らくズブズブの関係であり、だけどこれ少ないカネで博打してもOKサインが出たと思ったもいいんじゃないのですかね。


【黒川の黒字はマスコミの赤字】

もし、黒川とマスコミ(新聞記者)とが二つのブループに分かれていたとするのなら、

黒川  マスコミ = 0

となり、マスコミを左辺に移行すると、

黒川 = ーマスコミ

となり、黒川が博打で勝ったカネはマスコミにとって負けとなり、

黒川の黒字はマスコミの赤字

であり、

民間の黒字は政府の赤字

の関係とまったく同じで、こんなの中学生でも勉強不足でない限り誰でも理解できることです。

(過去ログ参照)コロナ戦争が意味すること・中編ーヘゲモニー再編成が必要な理由 


【ゼロとはなんぞや】

また余計な話をしてしまいましたが、ゼロとはなんぞやとなりこれを宇宙誕生と関連づけるのなら、どう説明したいいのか悩むところです。


【黒川なのに白って可笑しいだろw】

本当ならゼロ(0)というぐらいですから、ワンネスの状態の〇と同じにしたいわけですけど、そもそもワンナスonenessとは

いちなる状態

であり、しかし上の図はあくまでも本来なら外枠のない状態であり、別の言い方をすればuniversalとなるのですが、もし

黒川  マスコミ = 0

とするのなら、むしろ三番目の宇宙の誕生(分離)に近く、

黒川 = ーマスコミ

となり、左辺のプラスの黒川右辺のマイナスのマスコミとの博打の金額総額完全合致して、初めてゼロ(0)の関係となるわけです。

黒川なのに白というなんとも理不尽なところに、国民が怒りまくっているのです。たぶん。


【ゼロポイントフィールド】

あんまりアホなことをダラダラ記述していると、本題にいつまでもたっても入れなくなるわけですが、ワンネスの状態ってもともと「いちなる状態」なわけで何にもない状態でなく、ということは陰陽の太極図って本当は50:50の状態でなく、わずかだけポジティブのほうが優勢であり、ということはゼロの状態に思えても

何もない状態でなくあるけどないような状態であり

そこからあらゆるものが引き出せる特殊な状態であり、それこそゼロポイントフィールドの状態であり、これは私なんかよりも須藤元気議員のほうがよっぽど詳しいと思われます。


【なぜ愚者のアルカナはカッコイイのか】

『ロクでなし魔術講師と禁忌教典』のロクでなし元引きこもりニートのグレンの魔術を込めた「愚者のアルカナ」ってナンバーゼロであり、タロットを知らない人はこのカードを毛嫌いするのですけど、実はこのカードってタロットカードの頂点に位置するといえます。

始まりもなければ終わりのない状態から始まりと終わりという時間の概念をつくる直前もしくはその始まりがこのゼロの状態であり、この次にナンバー1の「賢者」が初めて登場していくるわけです。


【strating over】

一般的に

いちからやり直す

という言葉があり、『Starting Over』 とも言いますが、SPEEDのアルバムのファーストアルバムのタイトルにも曲にもこの言葉は使われています。

starting over  終わりは始まり そういってたよね
starting over あなたも何処かで見つめているなら
月の光に 祈りをこめて ここから歩き出そう

終わりが始まりとするのが1から始まるという自然数であるのら、0を含む整数の概念に人類全体が今は移行していけるかどうかというところであり、

終わりがなければ始まりもない
αでありΩである

という、ブッタやキリストが到達できる域に既存の宗教を通じてでなく、他のもので到達できるかということなのでしょう。

Starting Over SPEED 形式: CD


【イメージは大事】

そのためには創造のプロセスである2極の激しいぶつかりにより第3のものが生まれるというアルケミー効果が必要であり、これこそ後藤洋央紀の想像(イメージ)って効果的であり、まずそれをイメージ・計画(ゆめ)みていないことにはネクロノミコンのような暗い陰湿な全体主義に飲み込まれていくことでしょう。

H.R.ギーガー ネクロノミコン〈1〉 (日本語) 大型本 – 1986/5/1 H.R. ギーガー (著)


【ミスチルのいうモンスター】

ちなみにミスチルにも『Starting Over』という曲がありますが、恐らく自己の中にある自我(エゴ)が手放そうとしない虚栄心とかいったものをどうにかしようとするものであり、ある種これは仏教でいう菩薩行であり、本当の戦いって何やら特定の団体やイデオロギーとでなく、その客体を通しての自己との戦いなのだと思います。

尾崎豊が代々木のコンサートで言った言葉で、客体を自分の鏡として受け止めみることと同じです。


P・S

もうズブズブの黒川弘務(ヒロム)なんかよりも、おなじヒロムでも高橋ヒロムのほうが皆を幸せにするでしょう。

いちいちオカルトに激怒している少しの差異も認められない石頭の老害には、次の時代を切り開くことは絶対にできません。

老害さん、まぁまぁトランキーロw


★いますぐ入会しよう!!
 「新日本プロレスワールド」はコチラ!!

初めての高橋ヒロムだと思われる方は ↓のリンクをクリックお願いします。


政治ランキング;

↑クリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA