積み上げてきた時間


【ソーシャルディスタンスの有害さが露呈される】

先日、職場のTVで京都大学准教授の宮沢先生が出演しておられ、大阪府の新型コロナウイルス対策本部会議にも出ておられ、「あの自粛がまったく無駄だった」という事実が周知されつつあり、えらいことになっているようです。

大東亜戦争とコロナ戦争とで日本人はまったく進歩しておらず、中央政府の専門家会議はうやむやにして逃げようとしているところを、警戒すべき地方勢力の維新がこいつをつつくりだしたことは大変興味深いことです。


【報道お笑いワイドショーの功罪】

宮沢先生が出演しておられない他のTV番組でもこのことを扱っていたのですが、この大阪の専門会議での宮沢先生の「あの自粛がまったくの無駄だった」という発言に対して、アナウンサーやコメンテーターは目が泳いで焦ってるようで、

” 専門家が言うようにコロナは未知なので答えが出ていない! ”
” 社会的距離を置くことで効果がなかったと証明されたわけでない! ”

というような発言をして逃げていましたけど、間違いなくコロナを経由して肺炎で亡くなる人のことだけを考え感傷的になり経済的な影響を軽視し倒産・廃業・失業・自殺・鬱と、自粛で犠牲者が出るは仕方ないと切り捨てて、日本人得意の空気という同調の圧力により自粛を強要させるようなことばかり発言していたんだろうなと思います。(それ要請じゃないだろ)

「財政破綻論者」と同じく認知性不協和とセンメルヴェイス反射のコラボで、今回の自粛で焼身自殺者が出てしまいましたがこんなの氷山の一角であり、今更ですが自粛を連呼しまくってた有名人は気が動転していることでしょう。


【積み上げてきた時間】

私はよく『食戟のソーマ』の幸平創真の

俺にだってあるすよ積み上げてきた時間が

と使いますが、これは当然誰にもでも積み上げてきた時間があるのですが、他人にその経験をインプットすることなんて絶対にできないし、そんなものアセスメントシートや履歴書・経歴書とかそんなとこからも読み取れるものではありません。

女尾崎豊と言われていた橘いずみの『永遠のパズル』

他人の気持など 簡単に理解できない
自分に置き換えて 考えるなんて意味がない
そうさ いつか君が 出会う真実
君だけのために輝くはずさ

と歌詞にもあるように、他人のことを観察して分析したところで、それこそ仮説にすぎないしカール・ポパーのいうように反証可能性を必ず秘めています

自分に置き換えて他人を理解することなんて、人間の頭に牛の頭を付け変えるようなものだと思います。


【生贄型社会】

私はこれまで色々な人と関わってきましたが、社会一般に蔑視されている人たちは

鑑別所・少年院上がり・刑務所帰り

であり、刑務所の中にいる無期懲役・終身刑の人なんてまさに、

ああなりたく無かったら、頑張りなさい!

と見世物になってしまい、お前はマーガレット・サッチャーかよとツッコミたくなります。


【環境がその人の人生を決める】

尾崎豊が著書で述べていたことなのですが、

環境がその人の人生を決める

と、留置場の中で会社の命令に従って捕まったサラリーマンのこととか、北朝鮮のテロリストの金賢姫なんてまさに見世物となっていることに胸を痛めていたようで、それで『銃声の証明』という曲が出来たようです。


【処刑台で処刑されていく人々】

私にとって一番最初に影響を受けたバンドがTHE MODS(モッズ)なのですが、作品にやたらpizon(監獄)とか、一度レールから外れると一生それがつきまとう、とかそういう歌詞がやたら多く、福山雅治はモッズの長崎のコンサートに行ったことあるらしく、そのコンサートで象徴されていたのが、

処刑台で首を吊っている

あれです。

THE MODS BEST“Records” THE MODS 形式: CD


【恐れに支配される人々】

これって私は差別問題と非常に関連していると思われ、単純にこういったアウトローの人たちを排斥していく人間の心理って、

恐れ

そのものがあるからであり、王道・レールから外れた者ってそうでない者からすると、何やらかすかわからないと思い、その可能性だけで村八分にしてしまう傾向にあると思われます。

鑑別所や少年院ですらこうなのですから、ましてや刑務所帰りとなるとそういうアウトローに対しての「恐れ」って半端ではありません。


【女性からポジュションが奪われる男の恐れ】

差別意識というものの根底の中には、主流派の経済学と同じく「恐れ」が前提にあり、日本の社会で女性が社会進出が阻止されていることなんてまさに男性の女性に対する恐れがあり、まず出世するためには競争相手を振り落とす必要があり、そういう心理が働いていると思います。

女性なんて人口の約半分を占めており、「女のくせに」というセリフでもう競争相手を半分削減できるし、女性には家事があるから活動にも制限がかかるし、勝間和代みたいな女性と競争したらまず多くの男性陣は敗北することを周知しているから、最初に競争相手を振り分けていくのだと思います。

今は石斧かついで働きに行くわけでなくこれって因習であり、これがまた厄介なことに発展してきたと思えます。


【不満やストレスで国家は滅びる】

当然、こういった女性の緊張(ストレス)いずれ国家を転覆させるテコとなり、女性が自立しようとするのなら大体フェミニズムと結びつくかグローバリズムと結びつくか迫られ、フェミニズム⇒グローバリズム(サッチャリズム)と鞍替えする女性もいるだろうし、高市早苗も恐らくこの種の女性だと思えます。wikipedia

ユングのいうように80年代の黄金期に悪の萌芽が植え付けられ、これが今国家を転覆させようとしていると私は分析しています。

戦前クーデターを起こしたエリートに東北出身者が多かったのと同じです。


【自分の正義というホロコースト】

公人だから容赦なくこういうことは突っ込めるのですが、あくまでもwikipediaなんてアセスメントシートみたいなもので、表面上の情報が記述されているだけで、実際会って時間を共に過ごさないと何もわからないし、会ってもそれでもその人の積み上げてきた時間なんてわかるはずもないし、分かる必要もないでしょう。

尾崎豊が85年の代々木のコンサートで言ってたように、他人なんて所詮自分の鏡であり勝手に自分がラベル付けているだけに過ぎないし、UNIFORMなんてまさにその象徴であり、モッズの曲で『She is The C』の歌詞で

>奴等着てる服見て 決めつける
オイラ 日に日に 気持ちが荒くなる

とありますが、表面的なことしか見えない連中って、プラトンのいう洞窟の中の影を見てる連中と同じであり、そいつからがグローバリズムと戦っている自分は愛国者と思い込み、しかし一方では財政破綻論を支持したりとかして、過去何十年もケインズ派寄りの人間をけちょんけちょんに叩き、結果経済ジェノサイドに加担してきたわけです。

経済ジェノサイド: フリードマンと世界経済の半世紀 (平凡社新書)
中山 智香子
平凡社 (2013-01-15)
売り上げランキング: 141,552

【まず信念から】

どんな文化人も学者も評論家も確かな真実に辿り着けない、ならどうすればいいのかとなりますが、西部進の残した言葉で

てめぇの頭で考えろ!

となりますが(神・猪木なら” 俺に言うな!”)、私は多くの人が好きなミュージシャンがいて好きな音楽の作品があり、ロック・ポップス・演歌でも何でも、思春期・青春期にこれを聴いて生きていく糧としていたのならそれは信仰そのものとなり、「こういうどうでもいいと思えるようなもの」がネックになるのだと思います。

日本でグローバリズムを終わらせるための。(世界はナショナリズムに移行してます

私ならそういうのはモッズが起点となるのですが、自分では気がついていなくとも無意識レベルで、そういった「信念」が植え付けられており、それが「感情」を煽り立て、そして「思考・行為」と結びついているといえます。


【長渕狂の上田】

これってかなり強烈であり、くりぃむしちゅーの上田ってかなりの長渕狂であり、彼がもっていた番組『上田晋也のサタデージャーナル』の最後回で、

>世界がいい方向に向かっているとは思えない。よりよい世の中にするために、今まで以上に一人一人が問題意識を持ち、考え、そして行動に移す。これが非常に重要な時代ではないか。

>私はいつも当たり前のことを言ってきたつもりだが、当たり前のことを言いづらい世の中になりつつあるのではないかと危惧する部分もある。

>今後生まれてくる子どもたちに『いい時代に生まれてきたね』と言える世の中をつくる使命があると思っています。

と発言したようです。

上田がこういう発言をしだすのも思春期に長渕の作品の影響を受けているところが恐らく多く、長渕の『Black Train』

>目隠しされた死刑囚のようだ

とか、モッズの曲にも共通しているところがあり、人の考えを支配しているのはケインズのいうように思想なんですけど、上田が長渕の影響を受けていなかったらああいう発言をしていなかったと思います。


【上田と古舘のプロレス繋がりはデェスティーノ】

他の報道番組のキャスターなのですが、古舘伊知郎が『報道ステーション』を降板したことは記録に新しいのですが、古舘は新日本プロレスの実況をしていたことは有名で、上田がプロレスファンであることも、同じような降板の仕方をしたことって偶然でなくそれこそデェスティーノだと思います。


【積み上げてきた時間とその中で死んでいった仲間】

もうこういう戦いって意識してなくともほとんどの男なら子供の頃からずっと続けてきたことだし、モッズを聴いている連中らって福山雅治が言ってたようにあっち寄りで、鑑別所・少年院上がりもいるだろうし、刑務所帰りの者もいるでしょう。

そういう連中の中で現在ガテン系の仕事したりして自営業したりしている人もいるし、飲食店を営んでいる人もいると思います。

中には97年以降のデフレで自殺した人もいるだろうし、国民皆保険制度から漏れて死んでいた人もいるかもしれません。

私のことを誹謗中傷にならない限り蔑んで見てもらってもそれは本人の自由ですけど、俺にだって積み上げてきた時間があり、その時間の中には自殺したり死んでいった連中もいるし、そういうことなんです。

社会のはみ出し者として死んでいった彼らもまた、アーテイスト視点から見ると「同じ人間」だし、保守派がよくする言葉を使用すると「同じ国民」なんです。


【LOOSE GAME】

モッズの『LOOSE GAME』という曲が以下の動画にあるんですけど、ファンの姿を見たらわかるように、モッズ好きな連中は感覚的に向かうべき方向を知っているし、モッズファンを蔑んでいる連中って間違いなくナショナリズム(ヒューマニズム)が足りないと私は断言します。

>一握りのコイン 悪魔にくれてやれ
夢にかかった 汚れをむぐいさろう
勝ち目のない 長いゲームだけど
飼いならされるより ずっと自由さ (18:30ぐらい)


共有する時間がそもそも違うのだから他人なんて本当に理解できるわけないなと思われる方は ↓のリンクをクリックお願いします。


政治ランキング;

↑クリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA