グローバリズム・全体主義の天敵③中編ー青の正義に学ぶ、学ぶだけに上からドン!


(前回からつづく)

【まず身近なことにしか関心を寄せらない】

投票率が下がりその無関心層がアイヒマン実験のごとくホロコーストを支持しているというのも事実ですが、その無関心層に怒りをぶつけて責任を負わすとかありますけど、それもまた私は違うと思うのです。

なぜなら、誰もが全てのことに関心をもつ、注意を促すことなんて不可能であり、例えば3月11日になれば東北の震災を思い出したりするものの、丁度その日に自分の家族が大変なことになっていることもあるし、熊本の地震もそうだしこれに働き方改革で国民が家畜化していくとますますマクロなことに関心が薄れていき、それも仕方のないことだと思っています。

今日食べるパンの心配をしている人間に日本の国防とか、遠くの人の心配とかしろとか無理だし、それこそ岡江久美子さんの死を悲しんでいる身近な芸能人と同じで、岡江さんの死を悲しんでいるその日に、スラム街で親の命令に従って売春させられている少女も同時に存在するし、そのことを考えるのかとなると、それもまた無理なことです。


【貨幣そのものに価値がるという誤認】

そもそも逆進性の高い税制によりその恩恵を受けている層にとって、日本の貧困化問題を直視することは自分に対して断罪することになり、自分が箕面や世田谷に住んで安楽してられるのも、貧困化している人たちがいるからだと思いかねず、恐らくそう思っているでしょう。

そこが税というものの機能に対する認識の誤りであり、貨幣が貴金属のようにそのものに価値があるという認識がそうさせるわけで、実は私はこの貨幣観って人間の意識の象徴であり、根本はもって根が深くもともとradicalという言葉も根っこという意味があり、そこなんだと確信しています。

しかし、これはuniversalな領域であり今言っても

コイツ何言ってやがるんだ!

となるから、その時期でもないので説明は控えておきます。


【正義といえばジャスティス】

さて、マザーテレサは「愛の反対は無関心」と言葉を残しましたが、貧すれば鈍するわけでそれまた無理な注文であり、「愛の反対は罪悪感」という考えもあり、財政破綻論が終わり財務省に全ての責任を押し付けようとさせようとする流れに対しては、グリザイアのごとく贖罪でいいのですが(過去ログ)、ここは故智に習えということで別の方法もあります。

ネトウヨなり自粛警察なり差異を認めれれない正義感が引き起こしたのなら、正義といえば

ジャスティス

そう、青のジャスティスの永田裕志の言葉が参考になります。

電動プロレス vol.20 (カドカワ・ミニッツブック) Kindle版 電動プロレス編集部 (編集) 形式: Kindle版


【猪木問答】

ここは新日本プロレスの仏教でいう「法華経」に匹敵する「猪木問答」から学ぶといいでしょう。


【お前はそれでいいや】

財政破綻論を支持していたことを騙されたとするのなら騙した生贄が必要であり、この手法は上からドンの中西

(中西)
” 全日に行った武藤です! ”

と同じで、これが

(財政破綻論を支持していた連中)
” 財務省の責任です! ”

に該当し、しかし神(アントニオ猪木)からは、

” お前はそれでいいや ”

と言われ終わってしまいます。

つまりこれだとまた別のことで同じことを繰り返すだろうし、自分らがそれに加担して世論形成してきたことに気づかないといけません


【てめぇで気かせろ!】

ここはジャスティスだけに永田裕志の手法を借りて、

(永田)
” 全てに対して! ”

と自分たちは財政破綻論の言うことを信じて、それを否定する連中を国賊扱いしてきたけど選挙によりそれが多数派を形成したわけで全体の責任ともっていき、そうすると、おのれ神(アントニオ猪木)は意地悪をしてきます。

(神)
” 全てってどれだい? ”

(永田)
” ・・・・・。 ”

ここで考えているうちに、神(アントニオ猪木)は間髪入れずに、

(神)
” 言ってみろ!俺か!幹部か!長州か!? ”
” 言ってみろ!中曽根か!小泉か!安倍か!? ”

と言ってきて、別に若い子はこいつらを支持していないから問題ないのですが、年配の人やネトウヨはこいつらをさんざん支持してきて、それこそこいつらに責任を押し付けるとそれはブーメランとして跳ね返ってきてしまい、しかしそこでこう言えばいいでしょう。

(永田)
” 上にいる全てです! ”

となると、神(アントニオ猪木)は

(神)
” そうか!てめぇで気づかせろ! ”

となり、自分でもこれまで一貫性なく二転三転して論説を変えてきたことに反省し、財務省や池上彰らに責任をふっかけることをしなくなることもありえるのです。たぶん。


【上からドン!】

失敗しない人間なんていないし、つまりは失敗して自分で考えて、永田裕志なのに(中西学)可能性があるということです。

これこそ、

上(神)からドン!

です。

ーついに出た!中西の新兵器「上からドン」東スポweb2013年04月08日15時55分


【相互独立的価値観の欠如】

さて、要は財政破綻論の問題って構造上によるものであり、少数派って常に排斥されていく傾向にあり、西洋であると個人主義で自分の考えをもっていないことこそ恥ととらえ、これは社会心理学者の北山忍のいう「相互独立的自我観」に相当し、例えば

あなたは何者か?

を訪ねると、

自分は誇りを重んじる

とか、自分の内面の本質的なことを述べるのに対して、多くの日本人は

○○電気で働いて主任しています

とか、社会的地位を答える人が多いのですが、じゃ会社が倒産したりリストラになったらそれでその人の価値がそっくりそのまま変わってしまうわけで、それだと自分が何者かを決めるのは「ユニフォーム」次第となり、外の服そのものに価値を置くとその中身の人物そのものが軽視されることになります。


【ユニフォーム】

モッズの曲で『UNIFORM』というのがありますが、

>UNIFORM  コイツを着てると とても安心
UNIFORM コイツがなければ
とても、とても、心配だ

と、結局社会に位置するために何らかの役割の象徴となるものがないと、社会から排斥されて孤立した感じになり、しかしそれが逆に列車に乗ることができなかった人への苦痛となります。


【ユニフォームって役割が具現化しただけ】

別に役割を担うのにUNIFORMそのものが必要なわけでなくそこに価値があるわけでないのですが、それに価値を置きすぎるとまず職業差別となり、次に学歴差別やら犯罪歴投獄歴があるとか専業主婦して20年間種労していない空白期間があるとか、障がい者だとかなって、民を分断化して対立構図ができあがってしまいます。

そもそも社会というものは、例えばネジとつくるものがいたとして、それを保管するもの、運搬するもの、その運搬するにあたって道路が必要でそれらをつくることに携わるもの、また運搬されたそのネジを使いさらに工具なりマシーンなり制作するもの、それぞれの役割により成り立っているわけで、どれひとつ欠けると私たちは豊な暮らしもできないし、文化的な営みすらできません。

これは事実です。ユニフォームそのものに価値があるって

手段と目的が逆になっているからそうなるのです。


【裸の王様】

モッズの曲で『TEENAGE BLUE』

>はだかの王様 明日は誰を着る
ワーキング ミドル ハイクラス
服ぬぎゃ JUST A  CLASS

て箇所ありますが(8:20ぐらい)、服(ユニフォーム)ってそのものに価値をおくことって、供給能力でなく

貨幣そのものに価値を置くことに相当

して、ミュージシャンなんか典型ですが、アーティストってそれこそ武道の達人と似ててで、先に感覚的にそこに到達しており、これはDB超の「身勝手の極意」と同じで、こんなのごちゃごちゃ考えてどうにかなることでなく、石頭の日本の学者・評論家・文化人に絶対的に欠けているのはここなんだと思います。


【文武両道】

昔から言うでしょう。

文武両道

って。意図的に邪なるものを排除し、なろうとすることにシンクロできるあの「感覚」です。


【自分とまったく同じ考えの人間なんていない事実】

そもそも、自分と同じクローンの人間なんていないわけで自粛警察じゃあるまいし、カッカして少しの差異も認めらえない状態って、そもそも修行が足りないと言えます。皮肉抜きで。

山本太郎原発反対している!ウッキーだから国賊だ!

まぁ、これは激情猿の典型だと私は飯伏幸太並みに性格悪いから保守派の一部の連中を冷ややかにそう見てました。

修業論 (光文社新書) Kindle版 内田 樹 (著)


【後藤様、読書お勧めします】

殿はもう少し文にテコ入れしたほうがよさそうですが。植物に名前つけるかwエスカレートしてるじゃんw

また俺が一番好きな植物は「あさがお」だしorz

(次回へつづく)


★いますぐ入会しよう!!
 「新日本プロレスワールド」はコチラ!!

植物に名前をつけている方も ↓のリンクをクリックお願いします。


政治ランキング;

↑クリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA