安倍政権は勇退できないー敵は本能寺にあるがその後の後の敵が


【消費増税で去年末から大不況になりましたけど】

皆さま、ご機嫌いかがでしょうか。

まず去年の消費増税でリーマンショック級の経済不況となりました。


【GDP年率換算で▲7・1%で、緩やかに回復してるらしい】

リーマンショック級の経済不況を安倍総理は

” 景気は緩やかに回復してます ”

と妄言を吐いたわけです。


【戦前・戦中と酷似している政治】

>3月26日の月例経済報告で安倍内閣がようやく景気回復の文言を削除した。太平洋戦争の分岐点は1942年6月のミッドウェー海戦。

空母4隻を失う大敗だった。敵方の損失は空母1隻の喪失だった。大本営はこの海戦結果を

日本軍の損失=空母1隻喪失、1隻大破、巡洋艦1隻大破

敵方の損失=空母2隻の喪失

改竄して発表した

太平洋戦争は開戦から半年しか経過していないこの時点で形成が完全に逆転していた。

『大本営発表 改竄・隠蔽・捏造の太平洋戦争』
https://amzn.to/3dEl4ay

41wiqm6ijl_sx313_bo1204203200_
の著者・辻田真佐憲著氏の集計によると、

>大本営発表では太平洋戦争中に敵の空母84隻、戦艦43隻が撃沈されているが、実際は空母11隻、戦艦4隻しか沈んでいなかったという。

でたらめな戦果は昭和天皇にも奏上され、天皇は戦争末期に「(米空母)サラトガが沈んだのは、今度で確か4回目だったと思うが」と苦言を呈したといわれている。

1942年から43年にかけてのガダルカナル島での戦闘。

日本軍は2万名もの隊員を死亡させて大敗北した。

大本営はこれを「転進」と発表した。

 植草一秀の『知られざる真実』よりhttp://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2020/03/post-bcc47e.html


【安倍総理大臣様が招き入れたコロナウイルス】

ミッドウェー海戦で敗北したことを補填するがごとく、消費増税で自滅した安倍政権はなんとか落ち込む消費(C)を補填するために、貧困化したジャップに代わり、インバンド猿の大好きな中国人観光客様を招き入れようとして、1月23日武漢が封鎖されて約2週間もたっておきながら、2月4日に安倍晋三総理大臣様が、ニコニコしながら中国語で挨拶をして、見事なまでにコロナウイルスを自ら招き入れてくれたわけです。(クソワロタw吉本新喜劇か)


【まず消費税廃止することが最低条件】

「種子法廃止」とか農協解体の発想と同じく、朝三暮四の猿となったわけです。

そもそも、日本人の消費を喚起したいのなら消費税廃止すればいいだけなのです。これで中小零細企業も助かるしいいことだらけなのにしないのです。

これから日本は今度はアメリカ軍でなく、中央政府が国民に対して爆弾を落とすことになる秒読み段階というところでしょう。


【おぞましい殺人補助】

まぁ、武漢が封鎖された日にコロナを招き入れたこの時点で、国のトップとしての資格はないわけですが、それでもTVでは御用学者や知識人が

” 今は総理の責任を問う問題じゃない! ”

とか言ってて、その後国内で一日あたりに9000件検査できるのに、その十分の一しか検査させず、その理由もオリンピックが中止や延期になると7兆円とか経済打撃を受けてしまい、ただでさえ消費増税でリーマン級の経済不況に追い打ちをかけられるからであり、要はコロナの影響を過少に見せて後は自治体に要請という形で丸投げして、各個人の自己責任により感染が縮小されて収束するということに、ギャンブルにでたことでしょう。

五輪ファーストが招いたコロナ感染拡大ー植草一秀の『知られざる真実』http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2020/03/post-56b704.html


【博打外れました】

安倍晋三の運・デェスティーノは完全に尽き果ててしまい、検査を渋ったツケがこれから襲い掛かってくるようですね。


【後手後手の安倍政権】

本来ならリーマンショック級の経済危機+コロナ恐慌となり、GDPが500兆円から300兆円と下がろうとする中、消費税廃止するべきところを緊縮猿にはそんなことはウッキーで理解しようとせず、

✖インバウンド消費(C)
✖輸出(EX)

となる中、それでも政府支出(G)を15兆円とか程度で渋っているわけです。ショックとかそんなレベルでなく、恐慌になろうと言うときにです。


【これでも新規国債発行を渋る猿】

今の現状って、戦争で国債発行を渋ることに匹敵しており、日本で敗戦後高いインフレになったのは、あくまでも空襲で工場やサービス業なり破壊され、つまりは供給能力が毀損したからであり、政府通貨発行残高とは何ら関係ありません。


【貨幣に裏付けされるのは供給能力・知ってました?お猿さん】

私自身は失業率が上昇しようとその後生活が保障さら、職業訓練を受けて再就業できれば個人のメンタル面を度外視するのならそれほど問題なく、それよりも倒産して工場封鎖したりしてノウハウを失うブルーの供給能力が低下することそのものが問題であり、貨幣に裏付けされるのはゴールド(金)でなく、下の図の供給能力に他ならないからです。


【グローバリズムから方向転換できなければ侵略されるだけ】

農業にしても水道にしても、全てにおいて自国で供給できるようにしなければならないのは、こういう当たり前のことからなのです。

TVでは組織に順応なアイヒマンであるアナウンサーが

” インバウンド効果により~ ”

とか浮かれている中、一部このパヨク扱いされているブログでもずっとこの危険性を警告してきわけで、今は非常事態であり大東亜戦争時と同じく、空襲受けて人が多く死にだしたり多くの人が苦しみだそうという段階に達してきて、去年であると関東が台風や洪水の被害を受けて八ッ場ダムの恩恵を受けたりして、痛い目にあってようやく気づきはじめたところです。

日本人が変わらないのは絶望が足りないわけでなく、今でも3・11でセンチな気分となっても所詮他人事で対岸の火事気分で、実際痛い目に合ってる人が少ないからで、方向変えないともっと痛い目に合うことでしょう。

南海トラフに首都直下型地震に外資・移民・外国の侵略と、これでもかというくらいに襲いかかってくることでしょう。「なろうとするところ」の流れってのはこういうものなのです。


【潜在供給能力を死んでも守れ】

おカネに裏付けされているものはゴールドでなく供給能力にあるわけで、潜在供給能力が低下することはそれだけおカネの価値が下がるわけで、分かりやすく言えばこのままでは途上国通貨みたいになるわけで、猿でなければ普通は政治家が命を落としても、それだけは防がなければならないことなのです。


【長尾たかしですら】

しかしながら、こういう頭うちするインパクトがないと人間は変わらないわけで、政治には多少ですが、新しい動きが見られるようになってきました。

うちの選挙区のギター侍こと長尾たかしですら、こっそり反緊縮に寝返るのかと見みられるツィートが見られます。

カメレオンでも何でも安倍の泥舟から移ってくれればよく、長尾たかしの本能が安倍政権にもはや先ないことを感じとっていることなのだと思います。


【敵は本能寺にあり・緊縮だった人は明智光秀になろう】

長尾たかしはギター侍だけに、バッサリ安倍晋三を切り裂いて裏切ってくれればいいですね。

ちなみに、私は明智光秀が大好きです。
だけど、本能寺の後の後の敵が問題なのですよね。

信長、秀吉、家康( ゚д゚)、ペッ

 


【諦めなければ光がさす】

内藤哲也は

諦めなければ夢は叶う

という言葉があまり好きでないのようですが、

諦めなければ光がさす

ということを述べていました。


【意志あるところに道がある】

最近読んでいた本・バーナード・ショーの『人と超人』で、革新的な考えをもつドン・ファンという人物(イギリスの左翼的思想)が、

” 君は知らないのかね。志あるところに途(道)がありということを。”

とことを述べていたのですが、それは恐らく

Where there is a will ,there is a way.

のことであり、

” 意志あるところに道がある ”

わけで、勝機なんてダイバージェンス1.48596%あればお釣りがくるわけで、それこそレベルゼロの上条当麻様は、最強のアクセルレーターにでも勝利できたわけです。

人と超人 (岩波文庫) (日本語) 文庫 – 1958/1/1 バーナド・ショー (著), 市川 又彦 (翻訳)


【穢れた英語の諺】

しかしながら、この諺を日本語訳にして座右の銘にしている人物がいるのですが、こいつです。おい💦


【薄っぺらいソフィストたち】

正直、こいつにこの英語の諺が穢されてしまったわけですが、別に私はこの言葉を座右の銘にしているわけでなく、これは23歳の時にインスピレーションからつい、実家の襖に書いてしまっただけであり、しかしながらインバウンドIR水道民営化と外資を呼び込み、大阪都で道州制と日本を中央政府と切り離し、日本をグローバル化により解体する維新のやつらに、この諺を使われるのだけは正直、気持ち悪い次第です。


【意志云々以前に誠実を学べ】

まず、維新の皆さま意志どうのこうの以前に新撰(選)組のごとく誠意・誠実の

を学ぶべきでしょう。


【前進とか改革とか偽者の常套句】

安倍政権と同じく維新もまた大本営発表を得意としており、正直、民の判断にゆだねるよりも

自分らは正しい間違いない。だからお前ら愚民どもを騙す形でも導いてやる!お笑いと政治と結びつけて、面白おかしく、時にはムチでもって上手く導いてやる!

と傲慢でエリート意識が高くなるのだと思います。

自分の不誠実さに大義名分を与えると、毛沢東のごとく大躍進大革命というスローガンをかかげ、自分を信じて疑わないバカとなり、安倍総理と同じようにグローバリズムの基づき、この国を木っ端微塵にこれでもかと破壊することになるでしょう。

無意識レベルに国家に対して破壊衝動を持っている連中かどうかって、映画『スターウォーズ』のマスターヨーダが、後のダースベイダーとなるアナキン・ウォーカーを注意深く警戒していたのごとく、感じ取れるはずです。なんかやばいなこいつらって感じで。

表面上のまやかしに騙されることなく。


【本音言えば維新が日本を亡ぼす】

私は恐らく安倍政権は消費増税でリーマンショック級の経済不況+コロナ恐慌の影響により、製造業・小売・卸売り・観光・サービス業・飲食・エンターティメントと倒産ラッシュが終わらず、全て後手後手となりこの政権は勇退できなくなるでしょう。

安倍政権の後に石破茂が反緊縮に転じて自民党の若手の議員を従えれば、いいのですがそうでないと恐らく自民党は支持を失い、そこに

グローバリズムのトリニティ(自由貿易・緊縮財政・規制緩和)を武器とするはずの維新が、今回だけ

消費税5%減税

をかかげて、ここでカリスマ性のある人気のあるソフィストが国政に出れば、恐慌になればなるほど、支持をうけて大きく議席を伸ばすこととなることでしょう。


【変化することが真理・故に流れを変える】

野球の試合にも流れがあるわけで、安倍政権は最長で来年9月ぐらいまでで、今倒れても勇退できなくなる安倍晋三いち個人の問題だけであり、要はどれだけ日本人がカネカネカネの意識を変えることができるかどうかでしょう。

変化することが真理であるからして、流れは必ず変えられるものです。(正確には別の流れをつかむというところです)

運命って一本の線でなくいくつもの線があり選択可能であり、そもそも線には幅がないわけで距離だけということを再認識することでしょう。


【維新にデェスティーノ】

となると直線というよりも螺旋を描いているイメージのほうが適切であり、この流れを読むのが予言であり、流れを変えるのが堤防やダムのごとく、力(フォース)であり男性原理そのものなのです。

つまりは偶然などなく全ては必然デェスティーノなので、政府が粗利保障しなくなると新日が潰れると困るので、グッズ買えということです。

恐慌を再び引き起こし戦争を引き起こす、平和の仮面をかぶった緊縮(金本位制からの縛り)・グローバリズム(帝国主義)を終わらせろということです。


敵は本能寺にあるけどその後の後の敵がと思う方は ↓のリンクをクリックお願いします。


政治ランキング;

↑クリック


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA