菩薩とはー六道の修羅と違う魂の戦士


【過去の清算】

このブログは反グローリズムの奮闘記ということになっているのですが、反グローバリズムであることは反帝国主義であることであり、今日の西ヨーロッパの移民問題の宿痾となっているのは、帝国主義時代で西ヨーロッパ諸国が植民地支配していたからであり、そのしっぺ返しを今くらっているだけです。

仏教思想でいうところの因果応報・縁起・業(カルマ)ともとれるし、それは日本もまた同様といえます。

西洋の自死: 移民・アイデンティティ・イスラム
ダグラス・マレー
東洋経済新報社
売り上げランキング: 4,649

【因果応報】

東南アジアからの植民地解放したとかはいいのですが敗戦後圧政国家が誕生したり、先進国になる前に何の準備もできていない間にグローバル化の影響を受け、いつまでたっても外資の侵略を受けて国民が貧しいままとなり、その外国人労働者が今安倍晋三政権が低賃金労働者輸入という形で、移民という形で日本に招き入れる結果となっているだけなのです。


【消費税問題から説明していく】

反グローリズムであることはそのトリニティ(自由貿易・緊縮財政・規制緩和)に対して” No ”と言うことを意味し、その中でも緊縮財政がネックとなり、誰にでも分かりやすく身近な話題として消費税が取り上げられ、何も知らない人が尋ねてくる質問に答えていけばいずれ、

クニのしゃっきんが~

を経由し、最終的には

はいぱ~いんふれ~しょん

にたどり着き、理想はこのはいぱ~いんふれ~しょんの56件の例を全て把握するこが望ましいところですが、一般人にそんなこと調べている暇はありません。

要するに、ウソつきか単なるバカかセンメルヴェイス反射やら認知性不協和に陥っている連中に、もう言論界から静かに去ってもらい、後はアドルフ・アイヒマンくんの局アナたちに手のひらかえさせて、

私も騙されていた~

と言わせればいいと思います。

安倍晋三を支持しているTVタレントやらは経済ジェノサイドを今でもやっているわけですが、モサドみたいに彼らを罰することはできませんから。

経済ジェノサイド: フリードマンと世界経済の半世紀 (平凡社新書)
中山 智香子
平凡社 (2013-01-15)
売り上げランキング: 141,552

【人の心の悪意の華】

モッズの森山達也が

” 誰も誰かを罰することはできない ”

とライブで言ったり、尾崎豊が

” 誰のせいでもない ”

とBIRTH ツアーのキャッチフレーズにしたように、生きてりゃ失敗するのも当然だし、

>人の心の悪意の華 抱きしめておくれー『Fire』コンサート版

ということなのでしょう。


【安倍晋三政権という最悪の中の善の萌芽】

心理学者ユングのいうがごとく、

最善の中に悪萌芽ある

ように、安倍晋三政権という最悪の中にも善の萌芽があり、もし悪夢の安倍晋三政権がなければ今でも

右と左

で物事を考え、一方でグローバリズムが侵食してしまい、きっちり緊縮財政で日本人は危機感を与えられないままに静かに滅んでいたことでしょう。


【今日食べるパンの心配をする人間が後のことなど考えるわけない】

山本太郎が小沢一郎の元を離れて党を立ち上げたのも、今でも吉川晃司が安倍政権をでぇ嫌いと言っているのも、ウーマンラッシュアワーの村本が安倍政権を批判しているのも、この7年間で安倍晋三総理大臣様が日本を破壊し尽くしてくれたからなのです。

これを今でもやっているわけですけど、もし石破政権が誕生していたのなら、徐々に緊縮財政で日本はまたわで首をしめつけれれて、今でも

政権交代の過ち!民主党誕生という過ちを!

とか、庶民がどれだけ自公政権で苦しめられ、自己責任つきつけられて藁をもすがる思いで鳩山政権に望みと託したのか庶民の心中を知ることもないまま、愚民扱いしていたことでしょう。(今でもしているか)

今日食べるパンに苦しむ庶民が、明日のことなど考える余力があるわけがない

わけで、『踊る大捜査線』の室井さんのような丘の上のエリート側に、第一話の犯罪者の気持ちなんて死ぬまでわかるわけないでしょう。

一般庶民がスーパーでどれだけ現金使っているか、食品の値段がいくらになってとか、主婦が何考えているのか、シングルマザーが何考えているのか、アウトローがどう生きてきたか、外国人労働者が何をどう思い生きているのか、肌で感じることは死ぬまで無理です。エリートには。


【人間でいたかったから】

さてその『踊る大捜査線』の第一話では、青島(織田裕二)が鍵をいっぱいもっている保険会社の営業に事情聴衆をするのですが、その人は実はこっそり他人の家に忍び込むのが趣味となってしまい、うっかり人を殺してしまうわけですが、それを青島を知らないまま署で会話するわけです。

事情聴衆してきているうちに青島もまた丸の内でパソコンを売っていて、しかも2年間成績トップの営業マンであり、同じ営業同士の会話で盛り上がるわけですが、

(青島)
>営業やってて嫌になっちゃった。毎日同じところに行ってて。ある日こう言われた。君は内の会社の寄生虫かって。その日に会社辞めた。人間でいたかったから。

と、その盗難保険の営業マンに愚痴をこぼすわけです。

そもそも2年間成績トップがいきなり寄生虫扱いされてその日に辞めるかって(過去の裁判の判例からして2週間前に告知しておかないといけません)、突っ込みどころ満載なのですが、それでも警察官になっても同じで仕事やらしてくらないとか、また愚痴るわけです。


【上もまた下なり】

スピ系の間では愚痴ることはいけないというのが常設となっていますが、それこそこの愚痴という最悪の中にも善の萌芽があり、必ずしもそうとは言えないわけです。

善と悪とは表裏一体であり、野球でいう右バッターはあくまでもピッチャー側からの視点であり、バックネット側からは左バッターなのです。これは真実通り越して真理の域に達していますが、というか単なる事実です。貨幣のオペレーションシステムと同じです。

この簡単なことを皆見過ごしているのです。


【人や状況に応じて処方箋を変える・法華経の教えと同じ】

介護あるあるなのですが、愚痴ることで利用者にとっては相談ととらえられ、逆にスタッフに必要とされていると感じられとかよくあります。

ずっとベットで臥床してつまり寝たきり状態の人がいて、生きる希望を無くした人がいたのですが、生きる気力を取り戻して歩行するまで回復した例があります。単にその利用者が、

” もう死にたいわ~ ”

と言ってきて、素直に私も

” 僕も同じです。2回事故で死ぬチャンスがあったのに、あの高級霊という名の神を名乗っているクソ野郎がこっちの世界にもどしやがって。「助からない。助かっても元の状態に戻らない。右半身不随になる」とか言われてていて、医者も余計なことして助けやがって、なぜか短期間で回復してしまいました。”

とか

” A君(他のスタッフ)も「死にたい」と言ってます。僕ら3人仲間ですね ”

とか言ったりしてるうちに、相手も元気になってきたして、他にも施設がブラックすぎてやめるスタッフがいるのですが、

” もうここしんどい ”

とか愚痴ってたらしく逆にそれが年長者としての自尊心を取り戻すきっかけとなったのだと思います。

これをアホな専門家どもの「寄り添い」とかの精神で、

” そんなこと言わないで、頑張ってください!! ”

とか綺麗ごというからその胡散臭さが暑苦しくて人の心を閉ざす場合があるのです。少なくともその利用者はそうです。ですから。

だから母国語でのコミュニケーションが必至なのです。


【アドラー心理学w】

同調の原理により愚痴言われて相談されていると感じることによる自尊心の回復とかもあり劣等感ってそもそも自分で自分を卑下するわけですから、こんなものテコにするアドラー心理学なんて私からするとクソで、それでもこのクソでも肥やしぐらいにはなることはあるでしょう。

出世欲とかの優越感も同じく劣等感が形を変えたものでしかなく権力欲もそうで、子供の頃生まれが悪くてとか、勉強しなくてできなくてバカにされてたとか、その時のルサンチマンが形を変えただけなのでしょう。くだらんことですけど。

私は今日本人を苦しめているのはアドラー心理学みたいな考え方だと私は自認しています。劣等感をバネにしてとかないわ。前述した利用者と同じく自尊心の回復の方が手っ取り早いでしょ。こっちのほうが楽です。

自分の努力が足りなかったからとか自信喪失している日本人に、インフルエンザで高熱でうなされている人間に、寒中水泳させてどうするのかってこと。


【俺にだったあるすよ。積み上げてきた時間というものが】

まぁ、私は子供の頃から人の話は聞かないというか、耳に入っても関心のないつまらないことはすぐ抜けてしまうし、古くは5歳上の兄貴にプロレスの技かけられたりして、常に自分よりも強い男を相手してきて、基本権力とか権威とか名誉とかクソです。

最初は理知的なものにしようと思ったけど、このブログはもはや中二病的になってしまったわけですが、『北斗の拳』の雲のジュウザのごとく、

俺の拳法は自らあみだした我流自らの拳に賭けるのみ。恐怖なぞ感じている暇はない。そして我が拳は誰にも読めぬーアニメ版

ということで、『食戟のソーマ』の創真のごとく俺にだって積み重ねてきた時間があるすよ。

何考えているのかわからないと思われがちですけど、個性ってそもそもこういうものなのです。

何考えてるのかわかるって、それだけ個性が希釈して完全信者一億マニュア化量産型ザク化されているからそうなるのです。

ザクとは違うんのだよザクとはーランバラル

ガンプラ MG 1/100 MS-07B グフ Ver2.0 (機動戦士ガンダム) BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)


【天上天下唯我独尊】

だから、このブログのタイトルは『脱思想の下請け』であり、俗称釈迦ことゴータマ・シッダールタのごとく、

天上天下唯我独尊

であり、これって実は自分が一番偉いとかそういうのでなく、当たり前だけど自我(エゴ)というものは究極に分離された状態のことを示唆しているだけで、それ以上のことは

てめぇの頭で考えろ

ってことです。

どんな左翼にもいささかも同意できない18の理由 (日本語) 単行本 – 2012/12/26 西部 邁 (著)


【西部邁が消費税導入の後押しした事実】

竹下登元総理に消費税導入をプッシュしまくったお方のありがたいお言葉です。⇒wikipedia

消費税導入前夜、竹下は、親交のあった西部邁に会い、「竹下さんは地獄を見た方だから、消費税導入はできる。むしろ彼でなければできないでしょう」「腹をくくれ」と迫られ、「くくった」と呼応していた[20]。

保守派で煽られて頭に血がぼっている人もいるかもしれませんが、wikiの記事が間違っていないのならこれ事実ですから

投票で選ばれていない知識人が国のトップに意見することって、とてつもなく恐ろしいことなのです。


【手のひらの上の猿になる瞬間】

そもそも人間が憤慨するときって攻撃されたと感じ自身の世界を汚されたと思う時であり、皆この負の感情(分離)で対立関係となり、それを巧みに利用する連中が必ずいて、その手のひらの上を、グルグル回るようになるのです。

釈迦の手のひらの上の孫悟空のごとく。『食戟のソーマ』のタクミ・アルディーニの手のひらの上をグルグル回っていた叡山のごとく。


【ムキにならないこと】

まぁ、

” そう、ムキになるって ”

とことですけど、これも煽りの言葉なわけです。

ジュウザがラオウの額に卵投げつけた時の言葉です。(2ch用語の「煽り耐性」ゼロタイプがもっともよく利用されるわけです)

北斗の拳 世紀末激闘録コレクションNo.14 ジュウザ 海洋堂(KAIYODO)


【尾崎の鏡】

尾崎豊の代々木コンサートで『17歳の地図』を歌う前のイントロのMCで

>この街で一番愛を求めていく上で必要なことは
自分に関わる全ての人やモノを自分の鏡として見つめてみること
その中にある物事の真実を、自分と照らし合わし自分が求める愛の姿を
もう一度俺はよく考えてみた
そして、愛するものというものは
自分の命をかけて立ち向かわなければいけないということに気づいたんだ

と語っていますが、客体を自分が観察する対象を自己の投影としてとられているからであり、量子力学でいう観測者が世界を規定するということと同じといえます。

 


【WE ARE ALL ONE】

須藤元気の

WE ARE ALL ONE.

という言葉の意味もまた同じでしょう。彼もまた空海の思想に共感していますから。


【同志とは】

結局、対生成と対消滅、右スピンと左スピン、上向きの螺旋と下向きの螺旋、統合と分離、と対の関係となっており、『食戟のソーマ』でそれぞれが別の道を歩んでいるようでも、激情に任せて闇落ちしなければ、各自がそれぞれ自立した意志willをもって別々の道wayを歩んでいても、つまりは「統合」の運動に従っていれば、

再び僕らは出会うだろう 長い旅路のどこかでーMr.Children『Tomorrow never knows』

となるでしょう。たぶん。


【自分との戦い】

そもそも「三人集まれば文殊の知恵」文殊も文殊菩薩のことであり、菩薩って訓練中の身であり、『スターウォーズ』がフォースを使うがごとく、六道の枠から抜け出ただけの戦士fighterなのです。

激情に任せている時点でそれは修羅道にいる修羅にすぎず、修羅である限り悪の手のひらの上をグルグル回り続けて、気が付けば悪に加担したことになるわけです。消費税導入プッシュしたりとかして。

だから武道なり茶道なり瞑想したりとか訓練が必要なのです。一生かけての。

心の中に「静」をもつ (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2018/1/29 片岡鶴太郎 (著)


【菩薩と戦士】

これが仏教でいうところの三乗の内の一つの菩薩乗であり、菩薩って修羅道の修羅との主体と客体を分離させて闘っているのと真逆で、元々いちなるものとして客体を自身の投影として自分と戦うfight、ファイターと解釈できます。

尾崎が10代で代々木のコンサートの言葉って、本当はこういう意味なのだと思います。尾崎作品から尾崎のプライベート、超人バロムワンが好きだったこととか(友情バロメーターネタ)、いろんなエピソードをさぐっていけば、ここに辿り着くと思います。

 


菩薩の別の意味を知った方も ↓のリンクをクリックお願いします。


政治ランキング;

↑クリック


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA