漫画『ヘルプマン』前編-室井さん、現場は会議して起こっているんじゃないですよ


【ヘルプマン】

施設に『ヘルプマン』という漫画が置いてあって読んだのですけど、簡単にいえば介護の現場の漫画であり、2003年から2014年まで雑誌『イブニング』で連載されており、介護保険制度が2000年からであり、介護保険制度の黎明期のことが描かれており、かなり重度の利用者のケースが描かれているのですが、まぁあるあるネタです。

【クニのしゃっきんが~】

私はこの介護保険制度が国民皆保険度とまったく異なる経由でつくられており、簡単にいえば

” クニのしゃっきんが~ ”

という発想が起点です。


【深刻な民間黒字問題】

過去ログでも紹介したのですが、介護保険制度導入の戦後生まれの立役者の中村秀一は以下のように発言してます。

>今では日本の社会保障、特に国民皆保険制度は世界的にも評価されていますが、私が厚生省に入省した頃、すなわちこの制度が成立して10年ちょっとの頃は、深刻な財政赤字に陥っていました「国鉄」「米」「健康保険」の3つの頭文字をとって「大赤字の3K」という言葉があったほどです。

なんか奇妙な言葉って使いようで、要するに

深刻な民間の黒字

のことでね。ごちゃごちゃ言うのなら家計と企業の民間のうちの企業側に法人税引き上げして徴収すればいいじゃんとなります。そういえばいつもの・・etc。

いやぁ~明治時代から膨れ上がった”クニのしゃっきんが~”、大変ですね。


【いつもの卑劣なやり方】

もうこの発想の前提からして間違っており導入の仕方がしかも卑劣で制度の半分を介護保険料で半分賄うわけですけど、この反対の世論を抑えるために、半年間は保険料の徴収を無料にしたのです。

デフレで可処分所得を減らして消費を縮小させる、保険料徴収という愚行に走ったわけでが、これって、どこかで見覚えがありますね?

消費税のポイント還元保育所無償化も同じで、最初だけ中央政府?が全部負担して、後は自治体丸投げ。

もう、何十年もこのワンパターンでやられているのです。


【実際やってみるとわかる】

あまり制度のことを述べると、いつものグローバリズムのトリニティやら、財政破綻論やらの説明になってしまうのですけど、この漫画読むとわかるけど、1巻では

拘束が悪

で、主人公の高校生百太郎が正義感から

” そんなのやめろ ”

となるわけですけど、実際夜勤やってみろと言われて百太郎がやはり音を上げるわけです。


【共助】

介護も医療も保育も軍事も警察も農業も株式という利益団体が介入していい分野でなく、これやると短期で利益を回収しようという連中が必ず現れてきて、現場が荒れてしまうのですけど、介護の現場が荒れる大きな原因の一つがこれなのです。

最初の” くにのしゃっきんが~ ”という恐怖の煽りを盛り上げて、消費税と社会保障の一体とかウソついて、実際やってみたけど効率化もすすまず(当たり前・短期利益回収で投資するわけないから)こんなの全然採算とれずに、しまいにな「地域システム」で、

幼保一体+介護+看護

と自治体に、人件費削減のためにボランティアを介入させようとしているのです。

これを

共助

という、助け合いの精神とかスローガンをかかげて。


【中央政府がやる気なし】

だけど、これでは国家の中心性の運動がおざなりになり、ビスマルクがドイツを統一させてことと逆のことを日本はしていると思われます。


【アメリカの介護の現状】

単に、株式参入させたけど格差が拡大して中間層が崩壊してこの制度をフルに利用できる世帯が少なく、ったよりも儲からなかったから、保育士兼介護士できれば看護師とマックス一人に3役させて、しかも低賃金労働で酷使しつつ、この人たちに素人のボランティアを使えってことなのです。

そもそもゲマインシャフトの分野に市場を介入させて、中間層が破壊されてやはり儲からない市場となってしまい、「共助」にしてしまえということなのでしょう。

アメリカで

” 介護は家族の責任・義務です ”

とプロパガンダーを流布させているのと同じです。

要するに社会のニーズはあっても、市場としての旨味がない分野だった

ということが判明して、自助・共助にしてしまえと日米のもはや中央政府でない連邦政府はしているのです。


【現場の実体】

介護なんて医療や農業・保育・教育・治安・軍事と同じく、儲けるとかそういう発想自体間違いであり、もう最初からして何もかも間違っているのです。

株式会社の夜勤って医療法人でもないから、施設に医者どころか看護師も不在で、それで夜勤を乗り越えろとなるわけですけど、例えば1F(16名)2F(16名)3F(8名)と各フロアを一人づつ夜勤につくという形をとるのですが、条件悪くなるとすぐに他の施設に移るわけで、非常処置として人手不足なので2人で担当することになります。

2Fと3Fとそれぞれ担当させて、1Fは二人で共同で回るという形をとって、

” やればできるじゃん ”

となり、会社はそのままでやらすことになります。


【余力のない状態】

だけど、そんなことやったら法律上では2時間休憩とらないといけないわけですが、できなくなる場合もあり、しかも利用者の様態が急変するとバイタルやサーチを計測して、専属のナースの携帯に連絡してそれから支持をうけ、その指示に従うことになるます。

これでそのまま様子観察でも、それらに費やした時間が負担となるし、それで救急搬送するとなると必ずだれかが救急車に乗らなくいけなくなり、そうなると一人で1Fから3Fまで一人で見ることとなり、現実不可能な状況になります。

施設長の携帯に電話してもすぐ来ないし、夜中なんて救急車はすぐに来るけどそれまで救急車は出発できないし、そうして対応している間に、利用者を放置することになり、仕事もストップします。

利用者が血を吐いて死にそうでも、2人しかいないスタッフの1人が救急車に乗ってしまうと、1人で40人の利用者の面倒を見ることになり、現場をまわすことが不可能となり、利用者が勝手に徘徊して転倒すれば、それでまたバイタル測りサーチ測り専属のナースにTELして、その間にコールはセンサーは鳴るわ。野戦病院で1人で対応するような状態になります。

これが今の介護の現場の事実であり、介護保険制度が招いた結果なのです。


【夜勤をやりたがらない理由】

その話を他のヘルパーに話したら、

” そんなの絶対、無理。夜勤は嫌。休憩できないとかないし。”

と当然答えが返ってきました。


【株式でなくとも現場は地獄】

で株式が参入して悲惨でなら社会福祉法人や医療法人であるのならいいのかとなりますが、そうじゃないのですよね。

ある特養にいた人がいて、やはり特養って安いけど利用者の人数が多く有料施設の倍以上の利用者がいて、給料がいいところはあるのですけど、1時間前出勤とかが空気でできてしまうとか、完全に労奴化しているところがあります。(全てそうじゃないと思いますが)

そうなると現場がイライラしてストレスだらけになりイジメが横行して、

” イジメないでください ”

とか、壁に書かれたりとか耳にしました。女が多いと大奥になります。


【いい職場は離職率が低く、入居者が自然と埋まる】

その特養にいた人の話ではどんどん効率化して、ベルトコンベヤーに流れる商品のごとく多くの利用者を扱っていくうちに、

モノ扱っている

みたいな気持ちになり辞めたと言ってました。

そもそも評判のいい特養であると入居者まちの状態であったり、スタッフの離職率も低いわけですけど、評判の悪い施設は人間関係も最悪でイジメが酷くなり、当然利用者に対する虐待とかも減りません。(今はネットですぐ噂は流れるのでしょう)


【行為の恐ろしさ】

行為って本当に怖くて、暴れる利用者を二人がかりで押さえつけているうちに、感情を抑制していくようになり、香港でも日本の警察でもデモ行進とかを取り押さえる警察官の顔つきって無表情でしょ?

もう感情的になり人間扱いすると人格が崩壊するから、モノとして扱ってそれで精神崩壊をふさいでいるのです。

アウシュビッツの収容所でユダヤ人を連行していた連中も、そうだったのだと思います。

行為により感情を抑制してうちに段々その元となる信念に影響を及ぼす。

須藤元気が先に「ありがとう」という言葉を発することにより、段々「ありがたい」気持ちになり、実際感謝の気持ちが強化されていくのと同じで、悪行により逆のプロセスを歩み、人間性が崩壊していくのです。


【介護すると人間性を失う現実】

施設の見学にくる学生がいてやってみたいという人が多いのですが、実際やってみるとそうはいかなくてイライラしてきます。

人助けしたくて介護やったけど、段々人間性を失っていく。

このパラドックスって介護保険制度の起点自体が間違っているし、ヘルプマンの2巻を読むと私も訪問介護の実際の現場は知らないのですけど、以下のような会話がそれを象徴しています。

>こちらがサービス一覧。お宅は身体・家事の複合型ですから。
えー、料金は30分以上1時間未満で2780円。1時間半までが4030円
それ以降は30分ごとに1510円の加算に・・・。

>・・・と言っても暫定プランは限度額が一番低い” 要支援 ”が基準だから
一日2時間のご利用で5540円。4時間だとプラス6040円で・・・
限度額の6580円をそれで割ると一日4時間で1週間。2時間で12日程度

デリヘリのオプションかよと思われますが、これが福祉の分野に営利目的とする株式参入の結果なのです。

ヘルプマン!(2) (イブニングコミックス) Kindle版 くさか里樹 (著)


【異論あるなら正々堂々と所属団体と実名で】

別に私の考えに反対していただいても結構ですけど、こっちは記名記事を書いていることだし、正々堂々と所属している団体と実名を明かしていただきたい。

そのためにfacebookも放置しているけどaccountを残しているし、そっちで議論しても結構ですので。

誰もが見れる状態で完全透明化して議論しても結構ですので。異論があり主張に間違っていないのならできるはずです。どうぞ。

(次回へつづく)


介護保険制度自体が間違っていると思われる方は ↓のリンクをクリックお願いします。


政治ランキング;

↑クリック


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA