人事考課制度の正体ー利益を吸い取るため


【小学6年生の日本人】

私は日本は西洋と異なり権利の概念が希薄であり、日本人一個人としては未熟であり、かつてマッカーサーは

日本人とドイツ人とは異なり、国民としての精神年齢が12歳

といったことも否定しがたい事実だと自認してます。

⇒マッカーサーの「日本人12歳説」の周辺 掲載日時:2015/07/08 国土政策研究所長 大石 久和


【学習能力ゼロ】

まぁ、西ヨーロッパが移民受け入れやEUというグローバル化の失敗を目にして、そこから学べないのでむしろ保育園児並みじゃないかなと思ってます。

西洋の自死: 移民・アイデンティティ・イスラム
ダグラス・マレー
東洋経済新報社
売り上げランキング: 4,649

【皆がんばってるつーに】

さて、トヨタ自動車の労働組合は

頑張った人が報われる

というあの進次郎の父親の小泉純一郎とかが散々使っていたグローバリストの詭弁に対して、なんとか攻勢しているようです。

>トヨタ自動車労働組合は26日、2020年春闘で、ベースアップ(ベア)の額が各組合員の人事評価に応じて従来より差が付く制度の提案を検討していることを明らかにした。自動車業界は100年に1度と言われる変革期を迎え、電動化や自動運転など次世代技術の競争が激しく、賃金にメリハリを付けることで競争力向上につなげる狙いがある。

>トヨタ労組によると、これまでも5段階の人事評価に基づいてベアに差が出る仕組みではあったが、頑張った人に報いるべく、さらにメリハリを付けるような制度の検討をしている」(幹部)。中堅クラスで人事評価が低い社員だと、ベアがゼロになる可能性もあるという。別の幹部は「ベアゼロを作りたいわけではなく、メリハリを付けた結果、そうなるかもしれない」と話した。


【一応は経営戦略が専門という設定になっています】

メリハリとか頑張った人とか、あちら側はソフィストだけに不誠実で言葉遊びが得意なのですが、私は大学は社会学部で産業社会学が専門分野であり、産業社会学は企業を取り扱うわけで、専門は経営でした。一応は

以下の本たった一冊でゼミ発表と卒論という横着ぶりでしたけど。

戦略型経営―戦略選択の実践シナリオ (日本語) 単行本 – 1983/2/1 チャールズ・カーティス・スノー (著), レイモンド・E・マイルズ (著)


【一応は学士です】

さて、私は企業が儲けるとかそんなのまったく興味なく、本当は労働関係とかそっちのゼミを選択するつもりが、何やら適当に経営のほうに首をつっこむ結果になったわけです。

とはいいものの、ヴェブレンやヒルバークやウェッブ夫婦のような文献には目を通さず、ニコラス・ルーマンなんて

何それ美味しいの?

レベルであり、本当に学士なんかと言われても仕方ありません。

ガンダムが好きなだけにガクト(学士)の真似してただけだろって。(「博士・ヒロシ」ネタに比べていまいちです)

GACKTの勝ち方 (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2019/8/9 GACKT (著)


【組織を一緒くたに扱う】

上条当麻のごとく無能力者にはレベルゼロにはゼロのやり方があり、カール・ポラニーの友人の『マネジメント』で有名なピーター・ドラッカーの考えには私は反対しており、これレイモンドとスノーの本でまったく同じ過ちを犯しているのですが、営利団体の組織も病院や市役所などの組織もまったく同じ組織とみなしているのです。

そもそも株式会社は株主のための営利団体であり、これに対して病院・教育機関・自治体・介護・保育・警察・消防・農業・軍隊などは非営利団体であり、病院の経営も製造業や飲食店の経営もまったく同等に扱うこと自体、イカレチンポの発想なのです。

マネジメント[エッセンシャル版] – 基本と原則 (日本語) 単行本 – 2001/12/14 ピーター・F・ドラッカー (著), 上田 惇生 (翻訳)


【前提からして間違い】

医療・介護・保育なんて完全に福祉の分野であり、ゲマインシャフトの本質意志が強いわけで、言ってみれば家族に相当するわけで、例えば子供を育てるのを将来金持ちにして老後の面倒を見させるとか邪な考えで育てるわけではないのです。

ナショナリズムも国家主義とするとファシズムのごとく左の連中が嫌悪するわけですが、nationって国家・国民であるから、国民主義とするのなら福沢諭吉のごとく国民は時間の共有と内と外を隔てる壁により守られている家族を意味し、印象が変わってきます。

震災の時に、同じ国民が無償に助けに行くのも、同じゲマインシャフトの本質意志があるからなのです。


【前提が間違う恐ろしさ】

一方のゲゼルシャフトの選択意志は株主が投資してそのリターンを求める関係であり、それがゲゼルシャフトの選択意志であり、そもそも最初の前提からしてドラッガーもマイルズもスノーも、退化猿の思考の

貨幣のオペレーションシステムの誤謬

と同じく前提が間違っているのです。これは重罪に値しており、それぐらいのレベルの錯認なのです。

貨幣への認識なんてこのたった一つの誤謬が、何千万人の国民が不幸のどん底に落ち、何十万人と失う必要のない命が失われ、少女売春やら子供の貧困やら、賭博、犯罪、違法ドラッグ、全ての問題へと関係してきていくるのです。


【カネカネカネ】

病院で会計が終わり

” ありがとうございました。またのお越しをお待ちしております ”

というのが、ゲゼルシャフトの選択意志なのです。

だけど、盲腸の手術200万円、救急車一回呼ぶのに30万円の、株式会社化して中央政府の存在しない連邦政府のアメリカはもう既にこうなっており、日本もこのままだとこうなります。確実に。大阪都とか道州制とかで。

退化猿となり貨幣の仕組みについてペテン師どもに騙され続け、緊縮財政に疑いをもたないのならこうなります。

沈みゆく大国 アメリカ 〈逃げ切れ! 日本の医療〉 (集英社新書)
堤 未果
集英社 (2015-05-15)
売り上げランキング: 134,792

【詐欺師は言葉遊びが得意】

一般企業で跳梁跋扈している人事考課制度って、こんなもの株主や役員が会社の利益を吸い取り、少ない原資を奪い合いさせるための制度であり、もし社員一斉にある程度の額を昇給させると株主配当金なり役員報酬なり賞与金なり減るから、

メリハリをつけて、頑張った人が報われる

というもっともらしい、クソみたいなこと言うのです。


【欠乏を煽るのは偽物】

そうでないと、

” 君、全員昇給させていいけど、それだと君の昇給額少なくなるけどいい? ”

と脅しをかけてくるのです。

マルサスと同じです。

” このままだと食料が将来不足することになるのに、貧乏人に子供つくらせていいのですか?あなたの子供の食事量が減りますよ?

というように、欠乏から不安や恐怖を煽り人間の心を捨てさせるのです。


【君たちの給料減るけどいいの?】

まぁ、公務員の非正規に対してカワイソウだという同じ正規の公務員がいれば、

” 正規採用してもいいけど、その分君らの給料も上げられなくなるけどいい?私たち地方公務員は市民の皆様の税金や国からの交付税などで食わしていただいているのです。原資に限りがあるのです。”

と言われれば、もう何も言えません。


【どこも同じ】

こんなの介護でも外国人労働者や技能研修性に対して情をもつのなら、同じような答えがかえってくるでしょう。

一般企業で派遣社員の待遇改善を言うのなら、必ず同じようにあちら側は言ってきます。

中小企業なら財務諸表見せろって言いたいのですが、それは絶対に見せてくれません。ブラックボックスです。


【退化猿でも運用できるシステム】

トヨタ自動車の幹部のいう人事考課制度によってメリハリをつけるという狙いは、要は公務員の非正規や一般企業の派遣労働者や介護の外国人労働者や技能研修者と同じく、前述したとおりに限られた原資でパイを奪い合いさせることと同じ構図なのです。

大体、人事考課制度ってどんな経営者でもコストカットにより利益をあげらえるそのためのシステムなのです。


【法人税引き下げで皆が貧乏になった】

中小企業であると役員と株主が同一人物になっていますが、株式公開していると経営と所有の分離がなされて上の図のようになります。

法人税引き下げの弊害は株主配当金が税引き後当期利益に対してかかるわけで、法人税が高いと従業員の給与や賞与・退職金積立・保養所・設備投資と90年代初めのような形となり、24時間働けますかと過労死問題があるものの、まだ貧乏暇なしの状態ではなかったということです。

86年に発売された浜田省吾の『J・BOY』は中間層が厚い所得だけを考えるのなら黄金期の曲であり、97年の消費増税前まではまだ

頼りなく豊な国

だったのです。今とは異なり。

J.BOY 浜田省吾 形式: CD


【金儲けにしてはいけない分野】

レイモンドとスノーの本で組織について、

市場という不確実性のある環境に対応する

ためと述べており、病院や保険会社を例に上げたりしているのですが、そもそもこれらって市場が介入してもいい分野じゃないのです。本来保険会社なんていらなくて、国家が保障すればいいだけで、せいぜい共済だけで十分なわけです。

ポラニーの共同体の行動原理が適用されるべき分野なのです。


【猿に退化するか人間に戻るか】

医療・介護・保育・教育・消防・警察・軍隊・行政などは不確実性に対して組織に丸投げさせていい分野でなく効率化よりも効果を最大限にしなければならなく、大学の研究成果にしても近視眼的なことのとらわれれず、99人の学者が特に目立った成果がなくとも1人いればそれで稔りがあるわけで、錬金術(アルケミー)の研究と全く同じなのです。

日本全体が、ベンチャー企業のように5年から7年で利益回収して後はいりませんの、朝三暮四の猿状態になっており、しかしながらこれを指摘している論客ですら、貨幣のオペレーションシステムついて誤認しており、分かりやすくいえば『スターウォーズ』でいうところの、ジェダイの戦士だったはずが気が付くとライフセイバーを振り回して、女子供をバッサバッサと切り付けてシスになっていた、まるでアナキン・スカイウォーカーのごとく暗黒卿となっているケースが非常に多いわけです。

貨幣の錯認 = 緊縮財政

結局、マルサスの人口論と全く同じであり、これが人事考課制度にも社会全般で全てに適用されており、ダークサイドに堕ちるかどうかの要諦となっているのです。


スター・ウォーズ ダース・ベイダー 1/12スケール プラモデル BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)


【戦わず勝つ先方】

アナキン・スカイウォーカーのごとく無欲でまじめな連中を騙して味方につける有効な方法って割と簡単で、99%以上本当のことを信じさせ、要諦となるたった一つのことを錯認させることであり、反グローバル化と声を荒げて向かってくる敵でも、そのエネルギーが全て自分の味方となってくれるのです。

あちら側はもうこれ一つさえ押さえておけば、どんどん日本の経済は縮小して税収が少なくなり更なる増税となり、しかも反グーバリズム陣営内でその力でつぶし合ってくれて楽勝です

これこそ戦わずして勝つ極意です。


【善と悪とは表裏一体】

立憲民主党の枝野なんてその典型例で、恐らく

せっかく消費税10%にできたのだからもったいない。歳入庁でもつくりこの財源を確保して社会保障に充填させよう。

と思っているのでしょう。そもそも小沢一郎と異なり消費増税に反対する気なんてないどころか賛成していたから民主党に留まったと思えます。


【緊縮リベラルの壁】

こんなことされたら、消費税減税できなくなるし廃止なんてもっての他

こんなバカが政治にでも言論界にも跳梁跋扈してるから、財政健全化が憲法に明記されようが無頓着でいられるのです。

挙句の果てにはれいわ新選組に

消費税5%にこだわっている時ではない!今こそ野党共闘を!

と立憲民主党支持者が多いことに、やれやれとなるわけです。

いや、ここ一番大事なことでしょって。それこそ、安倍政権を倒し政権交代を願うだけの感情任せの朝三暮四の猿以外の何物でもありません。


P・S

ちなみに人事考課制度のメリットは、やめてほしい不良社員に自主退職させることができる便利な制度でもあります。兵糧攻めで。これはこれで使えるのも事実です。


賃金引上げさせないための人事考課制度に反対される方は ↓のリンクをクリックお願いします。


政治ランキング;

↑クリック


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA