山本太郎の足をひっぱるもの・前編ー貧困の定義


【反原発で芸能界追放】

山本太郎は皆さまのご存知の通りに大企業の支援を必要とする芸能人でありながら、反原発の発言をして芸能界からその存在をポアされて、地方で講演会の仕事をもらっていくうちに、日本が(特に地方が)地獄のようになっている現実に気づくわけでした。

 


【インドのカースト制度比べれば天国らしい】

山本太郎の日本が地獄になった発言に対して反論するブロガーの記事をいくつか読んだのですが、もうこれは完全にあちら側のテンプレの、

” インドのようなカースト制度が残っている国と比べて地獄なのですか? ”

とかいう妄言ばかりです。


【昔から使われている詭弁】

もう、この使い古されたB級レトリックは半世紀以上前にマーガレット・サッチャーが影響を受けた、新自由主義の星のハイエクの書物に記載されています。

つまりは、

中世の貴族に比べて現在の貧乏人の暮らしは飛躍的に向上している。

ということです。

隷属への道 ハイエク全集 I-別巻 【新装版】
F.A. ハイエク
春秋社
売り上げランキング: 8,213

【貧困の定義】

しかし経済学者のマーシャル・サーリンズが貧困について、

人と人との関係、社会的地位であり、つまりは「階級間の忌まわしい差別」

だとまともなことを言及しています。

格差社会の衝撃―不健康な格差社会を健康にする法 (社会科学の冒険2)
リチャード・G. ウィルキンソン
書籍工房早山
売り上げランキング: 667,148

【ほぼ平等でることの大切さ】

これに加え、トクヴィルは

職業や富や生まれによるランク付けは簡単に変えられず、それぞれの階級はそれぞれの意見を持ち、感情を持ち、権利を持ち、道徳習慣を持ち、バラバラの存在となる。
そうなると共通点を持たず、同じように考えたり感じたりすることもなくなる。故に、人々が互いに同じ人間であるとき、ようやくそうすることができる。

人々のランクがほぼ平等である時、同じような考え方や感じ方をし、互いの感情は瞬時に理解しあうことができる。

と、大体以上のようなことを述べています。

同じ国民、同胞とはうまくいったものです。


【平安時代の貴族は貧乏だったのか】

つまりは貧困の定義とは同じ時代を生き、同じ言語を話し、同じ感覚をもつ、同じ国民との比較によるものということです。

よく団塊世代が

” わしらの子供の頃は白黒テレビもなくて貧しくて、タライで洗濯して、ほうきや雑巾で家事をし、自家用車なんて夢のまた夢だった。今は豊になった。 ”

という発言をしますが、これは平安時代の貴族が

” 追い炊きの風呂もないし、エアコンもないし、TVもない。ラジオもない。レーザディスクは何者だ。おら、こんな貴族は嫌だ。”

に等しいのです。

なわけないだろって。同じ時代の同じ民族の農民らと比較して遥かに裕福なわけです。

俺ら東京さ行ぐだ/俺は絶対プレスリー(小西康陽リミックス)[7′][Analog] 吉幾三 (アーティスト) 形式: LP Record


【人間でなくなる瞬間】

格差が拡大して地位が固定化すると、それぞれの地位がもつ感覚も異なりそれぞれの常識も違ってくるし、そうなると国民意識が断絶されてきます

欧州中世の貴族が一般庶民が馬車にひかれて死んでも、犬猫が死んだごとく冷徹な感覚で話をするのも、同じ人間だと思っていないからで、私の大好きな視聴率が低かった広瀬すず主演のドラマの『anone』でネットカフェで寝泊まりしている少女たちの行動を、ワガママでやってるとかそういう風にとらえるようになるのです。

あんなの助ける必要ないし路上にほうりだしてほっとけば有効求人倍率も高いし、若者だからどこででも雇ってくれるし、勝手に定職につくだろって。こう簡単に切り捨てるのです。(性的虐待を受けて家出したりとか、国民が下層化したモラルが崩壊し、そんなのは別世界のことでまったく知らないのです)

映画『万引き家族』もそうだけど、ドラマ『anone』をレンタルして、漫画『闇金ウシジマくん』を読めってこと。


【無意識の破壊工作】

こういう無情な発言をする人は1960年70年代のインフレ時の貧困と同じようにとらえています。(そもそも今の若者は物心ついたころからデフレしか知らず平安時代と同じで、同じ時代じゃないのです)

本来の愛国者は格差を非常に嫌うものなのですが、人間ってそれほど単純ではなく無意識に支配されており、マーガレット・サッチャーのごとく国家を無意識に破壊したりするのです。

これが愛国叫びならがグローバル化・改革で日本を破壊している連中の精神構造なのでしょう。

 

 

 


【最終的には極論にいきつきます】

もし、格差社会で日本人が貧困化していないと言ってくる連中がいれば、国民一人あたりのGDPの世界ランキングの転落ぶりや、子供の7人に1人が貧困であることや、2世帯に1世帯が貯蓄ゼロであることなど数字を出してやり、尚且つ貧困の定義を明確化してやるといいでしょう。

途上国の多くがIMFなどの鬼畜国際機関を通じて、グローバリズムで苦しめられていることも教えてやるといいことでしょう。

こう指摘していくうちに追い詰められ最終的には、

” 日本に鎖国をしろと言うのか! ”

いつもの極論をもってくるのです。

(次回へつづく)


貧困は他者との比較と思われる方は ↓のリンクをクリックお願いします。


政治ランキング;

↑クリック


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA