子供の読解力低下ーそれで英語教育早期化


【くだらない報道番組】

TVでも触れていたのですが、こういう記事を目にしました。

 


【昔から本離れは深刻化していたのですが】

私は1970年の大阪万博の生まれですが、その時代から長文に触れる機会などほとんどなく、むしろ今はインターネットやラノベから長文に触れる機会が増えており、TVで

インターネットでSNSの短文などの影響により、長文に触れる機会が減りその結果読解力が落ちた

とか、単なるコメンテーター(意見を述べる人)とか、バカな知識人が適当なことを述べていました。


【30年以上前から長文になんて触れてません】

競争の多い団塊jr世代の頃なんてTVの影響が非常に強く、私自身本を読むようになったのは高校時代からであり、それまで本なんてほとんど読むことなく、80年代ごろから子供が長文なんて触れることはなかったと言えます。


【自我を消滅しないといけない】

国語力の低下なんて私の高校時代から深刻化しており、私自身ももともと理系志望だったので、現代文の小説なんて苦労しました。

まず、一般の人の常識的な判断をもって出題者の意図するところの答えを選択しなければならなく、完全に自我を消滅しなければならないからです。

この主人公は一般的にはこういう人物像として常識的にとらえるだろう。そして、この質問をつくっている出題者は、おそらくこういう答えを導きだそうと意図しているだろう。

こんな面倒なことを考えないといけないのです。


【作者の気持ち?そんなのわかるわけない】

例えば芥川龍之介の『羅生門』に出てきる主人公の下人の気持ちなんて、誰にもわからず芥川がどういう意図で描いたかも当然わからず、たとえ本人がこういう意図で描いたと述べていても、それこそ無意識レベルでは本人の意志に反して逆のことを考えていたりして、そんなのわからないのです。

だから、小説に関しては特に苦手だったし、それでも文の構造上のテクニックから点は取るようにはできたわけです。

世間知らずの常識に中指立てる子供が、常識という仮面を形成するのは非常に困難なのです。

新・田村の現代文講義―代々木ゼミ方式 (1) 評論〔基本問題〕篇 単行本 – 1995/6/1
田村 秀行 (著)


【常識と真実とは異なる】

恥ずかしながら正直今でも私は常識の感覚は欠けていますが、

” 自分ではこう感じるけど、一般の人はこう感じているんだろう ”

社会人というペルソナ(仮面)をはめて、周囲に一応は合わせているのです。

だけど、常識って真実でも何でもなく、例えば

日本は資源がない。だから輸出していくしか道がない。そのためにはTPPにヨーロッパ貿易協定、日米FTA、RCEPと参加し、農協解体したりIRで外資を呼び込み、水道民営化して悪質な保護貿易をやめないと行けない。

というのが今の日本の常識なのでけど、こういうのを上司なりが知ったかで発言しても、頭の中で「こいつバカだ」と思いながら流すしかありません。

学校教育でも

ブロック経済で資源のない日独伊がファシズムに走り、植民地をもつ英仏米などの国のせいで世界大戦となり、日本は大空襲を受け広島・長崎に原発落とされた。だから保護貿易は戦争を引き起こす。

と教えられたことでしょうし、今もそうです。


【文武両道】

世界の常識は日本の非常識と言われるように、常識っていうのは真実とはまったく異なり、それでいて物事を判断する不確かな規範なのです。

それでも日本では武士道精神とか文武両道とかが常識として定着し、それが規範となり社会の方向性を決める羅針盤となっていたわけです。

武士道 (PHP文庫) (日本語) 文庫 – 2005/8/2 新渡戸 稲造 (著), 岬 龍一郎 (翻訳)


【日本語の読解力落ちて英語教育】

ぶっちゃけ結論をいえば、なぜ読解力落ちているとか問題視しているのに、小学校からの英語教育なんてしたらもっとひどくなる。そういう意見が出てこないのか?

オカシイでしょってこと。


英語化は愚民化 日本の国力が地に落ちる (集英社新書) (日本語) 新書 – 2015/7/17
施 光恒 (著)


【セクシーバカが外敵をオモテナシする】

それこそ、こうやって物事の本質をずらして、TV番組のスポンサーが英会話教室で忖度しまくり、その結果日本語も英語も中途半端な頭の中すっからかんの連中ばかりになって、農協解体して種子法廃止して遺伝子組みかえやらゲノムやら、そんなもの同胞日本人の食べさせ、食料の安全保障を放棄して外資をオモテナシして、外国にコントロールさせるのような、セクシーバカばかり量産することのなるのではないかと、危惧している次第です。

 


これ以上国会にセクシーバカを増やさないように、今のうちにバカさ加減を世に知らし目駆逐すべきだと思われる方は ↓のリンクをクリックお願いします。


政治ランキング;

↑クリック


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA