エニウェア族によるちゃぶ台返しーピグマリオン効果・自己実現成就


【竹中平蔵とネトウヨ】

竹中平蔵氏は大阪の読売TVのなんとか委員会に出演したわけですけど、とうとうネトウヨ層の支持を獲得しようとする段階まで駒をすすめてきたといえます。

ぶっちゃけ、竹中平蔵は数年前まで唱えていた財政破綻論を、今では簡単に否定しに入っているということは、最後のちゃぶ台返しに入っているということが考えられなくもありません。

 


【歴史を繰り返させるな】

分かりやすく言えば、戦時中敗戦が濃厚になった軍部が、

欲しがりません勝つまでは!
贅沢は敵だ!

と言うスローガンから

一億玉砕!

と急に変えてきたことと同じように感じてなりません。


【グローバル化を拒んだために日本はダメになった説をつくりはじめている】

グローバル化をすすめて国富を売り払い、消費税を倍にして法人税引き下げをして、派遣労働という使い捨て労働者の増産の主犯格であり、今まで国民を貧困化して自分の懐を肥やしてきたことがバレはじめてきたわけで、これが山本太郎が「れいわ新選組」を立ち上げてツアーまでやり、更には立憲民主党の須藤元気のような著名議員にもウソがバレはじめて、反論できなくなってきています。

だから、竹中平蔵は

” MMTは論外! ”

同じ共犯者の番組に出演してなんせTV・新聞の影響力が絶大であり、緊縮保守派という認識共同体の同盟強化を試みていると考えられなくもありません。

最終的な目的は恐らくこうです。

本当に日本をメタボロにして、その原因をグローバル化でなくグローバル化を拒んだ保守派のせいにしようとしていると私はメンタルトレーシングしてます。

今、英語教育の早期化をしないと、規制緩和で怠惰で高給取りの医者の既得権の医師会をつぶさないと、国際競争力を高めないと、日本は資源がないから輸出を増やさないと、日本は途上国になる!

レントシーカーはまず緊縮保守内のネトウヨ層に近づき、ステレオタイプの国民に働きかけていることでしょう。


【近代化した国家の特徴】

これが過去ログで指摘している社会学者ロバート・マートンのいうピグマリオン効果つまりは自己実現成就で、これを意図的にやることで責任の所在があやふやになるわけです。

それを説明する前にまず先進国の特徴として、英米などはこれまでラテン語中心の教育から、英語中心で高等教育を行うようにして国民の知的レベルがボトムアップして強い国家となったわけですけど、これはフランス・ドイツ・日本も同様であり、日本がアジアで唯一の近代化を遂げた理由も日本語で高等教育を受けれるように、先人が翻訳という作業をしたところが大きいからなのです。

英語化は愚民化 日本の国力が地に落ちる (集英社新書)
施 光恒
集英社 (2015-07-17)
売り上げランキング: 12,671

【英語化教育で途上国にする売国奴】

 こんなことわかっているわ!バカにするな!

と突っ込まれるところなんですけど、ほとんどの人がそれを理解しておりません。

ということは英語教育の早期化を許している国民はバカということになります。
そのバカにつけこんで竹中平蔵がこんなことを口にして、日本を破壊しようとしているわけです。

 


【ネトウヨ先生】

英語教育早期化をすると日本人の知的レベルは凋落します。絶対に。

このブログの内容でも私はわかりやすく説明しているつもりですが、これでも難しいとか言う人も結構多いわけで、これって抽象的なことを日本人が考えられなくなっているからなのだと思います。

「ゲーテルの不完全性定理」も3年B組の安倍信者のネトウヨ先生いや、金八先生の腐ったミカンの加藤まさるの嘘つきパラドックスで説明したりして、わかりやすいと思うわけです。そんなことないか。


【バカ量産のマッチポンプ】

竹中平蔵は英語早期教育で日本人が英語も日本語も中途半端な小泉進次郎みたいなバカばっかりになり日本が途上国化した暁には、それの原因を

英語の教育化が遅れたからだ!抵抗勢力のせいだ!

とか言い張ることでしょう。


【いつもの】

これは彼が過去にやらかしたことからわかるように、妄想でも陰謀論でもなく実際そういう奴なんです。


【根性が足りない!】

これ、日本がグローバル化による規制緩和・構造改革をやりまくり、

改革が足りない!

と連呼している売国奴と同じ手法なのです。

消費増税して法人税引き下げしてデフレとなり、

消費増税が足りない!少子高齢化で全員で医療・福祉を支えなくては!

と連呼しているバカと同じ手法なのです。

栄養失調でガリガリにやせて死にそうな子供に更に絶食されて、

絶食が足りない!根性が足りない!

と言ってるDV母親と同じ手法なのです。


【富めるものには法を、つまりは法人税と所得税を戻して】

空海は

” 貧しいものには物を与えよ 富める者には法を与えよ ”

と言ったそうですけど、

竹中平蔵とか緊縮保守の売国奴には徳を与えるために、頭剃って出家してもらえばいいと思います。

剃る必要ない人もいるでしょうけど、自覚なき売国奴ってことになりますけど、それに関しては次回以降のブログで紹介したいと思います。

緊縮リベラル派は

なぜ、竹中平蔵に力を与えていることに自覚がないのか

みたいな感じの内容です。なぜ緊縮リベラル派が結果として国民を虐待していることになっているのか。そのパラドックスについてです。またアクセス数が下がるうっとうしい抽象的な内容となることでしょう。

「日本国紀」の天皇論 (産経セレクト S 16)
百田 尚樹 有本 香
産経新聞出版
売り上げランキング: 275

今更ネトウヨなんか相手したくないと思う方も ↓のリンクをクリックお願いします。


政治ランキング;

↑クリック


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA