緊縮リベラルを引き込むー今井絵理子とベッキーが活躍する国会が日本を救う?


【最も日本を暗くした安倍晋三政権】

もう今年も余すところ2ヶ月を切るわけですが、この1年で日本は大きく変化してきました。

日本経済に止めを刺す消費税10%と、安倍晋三政権の日本国家破壊工作は今も尚続き、しかしながら夜明け前は暗いわけで、貯蓄ゼロ世帯が今の2世帯に1世帯の50%から60%、70%、80%と国民が大貧困になるに従い、その暗さ故にさすがに他人任せの日本人も何かしら考えるのではと思われます。


【MMTという黒船来航】

今年の初めはアメリカでは史上最年少で女性下院議員になったオカシオコルテスがMMTを掲げ大論争を起こし、そのMMTという黒船が日本に来航し、簿記を知らないバカな知識人を混乱させ、反論すればするほど自分を追い詰め、無知でバカで無教養ぶりをこの世にさらしたわけです。


【トップダウンによる変化に対してボトムアップによる変化】

そうこうしているうちに日本版オカシオコルテスの山本太郎が新党を立ち上げ、メディアを支配しているグローバリストらの無国籍根無し草の連中ら相手に、かつてサッチャーが大企業や主流派経済学者らによるサポートつまりは、プロパガンダーやら買収やらによりトップダウンによる社会の変化を促した卑劣な戦略に対して、あちこち地方の講演会などを通じて募金による活動などによりボトムアップの変化により、民主的な手法により対抗しているわけです。


【日本国民の元気玉作戦】

DBでいうところの元気玉作戦といったところでしょう。

元気玉も皆の元気を集めるのに時間がかかるのと同様に、民主的な手続きも時間がかかるのです。

卑劣なグローバリスト売国奴に対抗するには、やはり国民意識の結晶の元気玉しかないのです。

しかし、中国は民主的でないから議論する必要なくMMTをじゃんじゃん実践でき、しかも安倍晋三政権や日本維新の会の連中らが日本を破壊する速度は尋常でなく、内からの崩壊外からの侵略と時間との戦いです。

ドラゴンボール超 オラに元気を分けてくれ 元気玉SPECIAL フィギュア 孫悟空
Bandai America Incorporated
売り上げランキング: 116,223

【もうすでにシングルマザーのホームレスが出現しだしている】

私はここ10年以上アウトローとは関わっておらず、私が知らないだけでこの期間に相当酷い状況になっていると思われます。

憲法に財政健全化が明記されれば、間違いなくシングルマザーのホームレスを道で目にするようになるとさんざん警告していたのですが、もうすでに出現していたようです。

 


【文武両道こそ日本の保守のど真ん中】

保守もリベラルも経済オンチの功罪は予想以上に深刻であり、経済学者クラスになるとこれまでの論説は本人の名誉もあり論説を変えづらいのは確かなのですが、そうでないのならとっとと路線変更してほしいわけです。

天皇制男系カルトとか批判している傲慢な連中は今更思考の配線をつなぎ代えるとかの期待は徒労に終わり、これは山本太郎やオカシオコルテスらの次世代に任せるしかないと思われます。

山本太郎は相当身体を鍛え上げており現在もサーフィンもしていることだし、ずっと文化系で身体が弱な頭でっかちな連中とは異なり典型的な日本男児であり、文武両道とまさに心と体の両輪により期待できることでしょう。

 


【緊縮リベラルを取り込む】

とは言うものの、反緊縮リベラル派の池戸万作先生の指摘するがごとく、緊縮リベラルをなんとか反緊縮リベラルにこっそりでも改心させることが喫緊の課題となります。


【しかし高齢緊縮リベラルはダメダメ】

緊縮保守は貨幣に裏づけされているものは金属とかのカルト思想からの脱却は絶対的に不可能であり、高齢の老害男性に多くほっといてもそのうち寿命がつきることだし放置するのが得策です。

それよりも緊縮リベラルの中には若い女性が多くそちらをターゲットにして、高齢緊縮リベラルはもはや絶望的なのでこのあたりも放置するほうが得策でしょう。

上野先生、勝手に死なれちゃ困ります~僕らの介護不安に答えてください~ (光文社新書)

【緊縮リベラルのストライクゾーン】

となると、以下のあたりがど真ん中の緊縮リベラル派であり取り込みたいところです。

 


【女性が活躍する社会】

これはあくまでもジャーナリズムの分野であり、アカデミックな分野に関しては日本ではある程度成熟しており、後はカップヌードルの値段を熟知している主婦層やら一般の女性を取り込みたいところです。

しかしながら、この層はもっともベッキーとかのゴシップネタが大好きであり、ワイドショー政治とか俗悪な感覚をもち、男性が忌避したくなる層であるのは確かです。

ゴシップ好きでバカばかりだという男性側からの蔑視からか、女性の議員の少ない日本となってしまったわけですけど、それでもこの女性の生活に根付いた感覚が大切であり、女性って男性と異なり公正よりも平等を重視するため、女性が活躍する社会は格差が小さいという傾向があります。

格差社会の衝撃―不健康な格差社会を健康にする法 (社会科学の冒険2)
リチャード・G. ウィルキンソン
書籍工房早山
売り上げランキング: 667,148

【外国人メイドの大量輸入】

安倍総理は単に安直に少子化で労働不足だから女性の労働力を利用し、それらをふまえ「一億層活躍」と言葉だけで飾りたてているわけですが、本当に女性が管理職となり育児や家事と両立できる社会が構築されるのなら本当に世の中は変わります。

ある程度、国家がサポートしないと不可能であり、人間を使い捨ての部品のごとく生産性で計らなくなるようになる可能性があるからです。

しかし安倍晋三にはグローバリストはパソナを通じての外国人メイドの大量輸入ぐらいしか思いつかないことでしょう。


【リベラル女子】

ワイドショー好きの主婦とかを取り込むには室井佑月あたりのリベラルが適切であり、この人と山本太郎が協力することにより、反緊縮リベラルに煽動されている女性を改心させることとかありと思います。

もうすでに接近しているかも。

 


【結局、山本太郎任せ】

残念ながら自民党内部からの変化など期待できるはずもなく、れいわ新選組を端緒とした野党側が反緊縮同盟を結び選挙で自民党が大敗した時にようやく自民党内で反緊縮派が力をもつといったプロセスが妥当でしょう。

自民党内で変わるには野党が先に変わり危機感を煽らない限り、絶対に内部からは変化しません。

しばらくは「れいわ新選組」つまりは山本太郎任せになるということです。

自民党内で変わればようやく今は安倍晋三の手の平の上をぐるぐる回っている今井絵理子も反緊縮派に加わり、ようやく障害者が活躍できる政策に手がつけられることになるでしょう。

地名度は山本太郎並にもってますから強みはあります。ただし中身があるかどうか知りませんが。

 


P・S

ここはベッキーを「れいわ新選組」から出馬させて、今井絵理子に刺激を与えたいところですが、ベッキーは日本で生まれ日本で育ち日本人としてのアイデンティティをもちながら、見た目がハーフということから、結構つらい目にあってたようですし。ここはリベラルが好きなところでしょう。

ついでに人間性とか清廉潔白で聖人君主とか、そんなくだらん判断材料で国会議員を選ぶことなく、政策とか公約とか中身で選ぶような目を養えるということです。不倫ごときで何が問題なんか、田中角栄も愛人がいたようだし普通考えればわかるはずです。

ベッキーが国家議員になる強みはここにあるのです。

 


今井絵理子なんかどうでもいいけどベッキーカモンと思われる方は ↓のリンクをクリックお願いします。


政治ランキング;

↑クリック


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA