三菱UFJリサーチ&コンサルティングってwーハイパーインフレは不発


【三菱UFJリサーチ&コンサルティング】

なかなか興味深い記事を目にしました。

 


【緊縮⇒貧困故の身売り斡旋】

>そもそも過去を振り返ってみても、日本の国債は返済されたことがない。満期を迎えた国債は確かに償還されるのだが、その償還原資は借換債の発行だ。満期債が借換債で置き換えられるだけで、国債の発行残高は減らない。借り換えるのに資金は不要だが、借換債では資金調達ができないので、新規債が発行される。結局その分だけ発行残高が増えることになる。これまで国債の発行残高は、一度も減少することなく増加し続けてきた。つまり実質的には返済されたことがないのだ。

ふむふむ。

確かに、明治時代から3740倍に膨れ上がった政府国債発行残高という名の貨幣発行残高は増加しつつあります。

イギリスもイングランド銀行を通じて国債発行して大英帝国となり、ネトウヨ大好きな大日本帝国もそうです。一方でネトウヨの嫌いな浜口雄幸は緊縮脳です。

まじめな緊縮リベラルの大好きなPB達成とか緊縮財政は連続ドラマ『おしん』のごとく、東北地方の少女を身売り斡旋する鬼畜な政策であり、それと同時に軍事力を低下させる平和主義にもとづいております。

数字に基づいた正しい意見ですね。

 


【途中から怪文書に急変】

>しかし、だから問題だとまでは言えない。将来にわたって、ひたすら借り換えし続ければ、今後も返済しなくて済むから、誰の負担にもならない。国債の発行が必ずしも次の世代への負担つけ回しにはならないということだ。

なるほど。

>もっとも、何の不都合もないかと言えば、そうはいかない。国債が償還されないまま増え続ければ、見合って利払い費も増加する。この利払い費は毎年の歳入で賄う必要がある。さらに言えば、利払い費を賄うために新たに国債を発行する必要がある。金利が急騰したりすれば、利払い費のための国債発行額が急増することにもなる。しかも市場が年間に消化できる国債の額には自ずから限度があるとすれば、膨らみ続ける利払い費のせいで、いずれ一般歳出が浸食されるという事態に陥る。必要な歳出が強制的に削減されてしまうわけだ。借金の利払いのために生活費が毎月毎月減り続けていくようなものであり、このことが問題なのだ。

ここ笑うところですw

できれば「!マーク」つけると高校時代ユダヤ陰謀論の本読んで影響受けて、ユダヤ人と戦うと右翼教師に訴えた中二病全快の同級生みたいでいい感じになりますw


【買いオペを知らない三菱なんたら】

三菱UFJリサーチ&コンサルティングは買いオペを知らないようですね。(もしくはウソついて隠しているかただのBKかのいずれか。)

買いオペで利払いは相殺されます。


【買いオペを知ってる山本代表】

買いオペという言葉は前回でも紹介した山本太郎の動画にあるように、政府の借金は激減します。(2:55)


【貸し手と借り手の関係ぐらいチェックしましょう】

こんなの当たり前で借金というくらいですから、貸し手と借り手の関係が必ず存在します。

池上彰のTV番組の特版(2018年冬)で、銀行預金と国債との関連から国民に対して借金しているといってましたが、ウソをついているか○○か竹中平蔵の友達のいずれかでしょう。


【頭の中を整理整頓しましょう】

これも以下の統合政府の図を見れば中学生でも簡単に理解できるし、日銀はジャスダックに上場している株式会社で、日本政府が筆頭株主で連結決算で相殺されるという事実を説明するだけでいいと思います。


【経済学詳しいトンデモ論連発】

連結決算は日商簿記2級の本支店会計の知識があれば理解でき、そのレベルに達していない人間が経済学の特別とか客員とかの教授であること自体、日本のアカデミックの凋落ぶりを語ると思われます。

いやそれ以前に視聴率1%で100万の視聴者がいるわけで、視聴率1%という数字は1000人いる集会を1000回行ったぐらいの影響力があるわけで、わかりやすく言えば私のブログの影響力なんてまさに竹やりで『エリア88』のグレッグが乗っていたA10を打ち落とすようなもので、しかしそれでも私のほうが正解なのです。

というか、池上彰のほうがとんでも論連発のただの○○なのです。

 


【実は進学校の中学生が書いたよくできた作文なのでは】

もう怪文書すぎて何言ってるのかわからないのですが、金利の暴騰ってのも適当すぎて意味がわかりません。

例えば6%程度の海外が所有している国債を売りに出されても100兆円にもならず、大体去年で300兆円か400兆円か忘れたけどそれだけ買いオペしたわけで、何がどうなって国債金利が暴騰するのか私には理解できません。

債務赤字と金利とは逆相関関係にあります。需要がないから銀行が投資先なくて国債買いにはしるだけです。


【はやくいつもの最終奥儀を出してください】

まぁ、どさくさまぎれに、日米のような先進国で変動為替制度を採用し主権自国通貨建てで国債を発行している国家と、一般家庭の家計と同じにしてます。

>必要な歳出が強制的に削減されてしまうわけだ。借金の利払いのために生活費が毎月毎月減り続けていくようなものであり、このことが問題なのだ。

生活費ってw

次に必ずくるのが最終奥儀の

ハイパ~インフレ~ション

ですが、これは使ってきませんね。

ジンバブエがー
ロシアのルーブル危機がー
アルゼンチンがー
敗戦直後の日本がー

どうぞ、言っていただければありがたいです。


【権威ある連中に注意】

三菱UFJなんたらとか、日本経済新聞とか、東大名誉教授とか、池上彰とか、吉川洋とか、コンプレックスの強い人間ほど、アイデンティティの形成に失敗した人ほどこういった権威に弱くグローバリズム中間団体が破壊されるとその規範を失い、日本人は成す術がありません。


【貨幣に裏づけされているのは供給能力】

個人主義つまりは考える力が不足しており、考えることって疲れるから他人任せにしたくなります。

USJなんたらの怪文書は淀屋橋あたりを歩いている意識高い系のビジネスマンが知ったかで語るような作文のような印象を受けました。

日銀を子会社とする政府の生活費が減り続けるプロセスを教えていただければありがたい次第です。むしろ供給能力が減り続けるプロセスのほうが深刻だと思いますけど。

なぜなら、貨幣に裏づけされているのは供給能力だからです。


UFJグループって中二病全快で人を笑わしてばかりなんだから、むしろ新喜劇やUSJみたいにテーマパークとして方向性変えたほうがと思われる方は ↓のリンクをクリックお願いします。


政治ランキング;

↑クリック


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA