台風19号に対する不誠実な報道ーTV・新聞のアドルフ・アイヒマンたちと戦う


【TVや新聞や与野党に物申す】

本当は別の記事をかこうと思ったのですが、予想通りTVや新聞や野党が今回の台風15号、19号の被害において歪曲した論説を流布させており、そこに物申したいと思います。


【石ころのプライド】

私は基本的にブログは大体、保守系の三橋貴明ブログの『新世紀のビックブラザーへ』とリベラル派の植草一秀ブログの『知られざる真実』の、チープな例えですが右と左の両方側の考えをチャックしています。

そんなことする両方の情報・考え方を吸収してしまう故に、右からも左からも叩かれると指摘されそうなんですけど確かにそうで、しかしそもそもクローンの人間などおらず、皆例外なく「俺は俺」に過ぎず、それぞれ生まれた環境から時代から歩んだ道も異なり、それゆえ形成されるアイデンティティが各自違い、まず自分の考えを大切にするべきだと思っています。

だからこのブログのタイトルは『脱思想の下請け』であり、それ以上でもそれ以下でもありません。

明らかに嘘やデタラメな記事は載せたくないし、それでも間違った内容を載せることはありますが、それで去年の秋頃まで記事のせるの躊躇してたこともありました。

石ころみたいな影響力のブロガーでさえ、大本営発表なんて不誠実なだけでなく恥さらしで、そんなことやりたくないのです。

石塊のプライド

石塊のプライド

posted with amazlet at 19.10.17
Recollect (2013-07-10)

【新聞の功罪】

とにかく、新聞・TVデマは酷いありさまであり、今回の日本経済新聞もまた同様です。

日経新聞の久保田啓介編集委員への公開「疑義表明と要望」ー三橋貴明ブログ『新世紀のビックブラザーへ』

 

1)久保田氏の今回の記事を読んだ読者の(全員とは言わずとも)「多く」が、
『今後「堤防の増強が議論になる」だろうが、これからは行政頼みのハード対策を増やすのではなく、いわゆる自助や共助、ソフト対策を拡充していくべきだ』
と解釈し、かつ、
2)国民の多くが、日本経済新聞という大量の国民に影響を及ぼす記事を通してそのように認識すれば、そうでない場合に比べて相対的に防災ハード対策が軽んじられ、縮減される可能性が拡大し、その結果、この記事が配信されなかったケースに比して、今後の大型台風等の襲来の際に失われる国民の生命や財産が(場合によっては飛躍的に)拡大する、という可能性がある、
と真剣に危惧される、からであります。

【崩壊するメディア】

TVや新聞って影響力があり2chじゃないけど、

” 嘘を嘘と見抜ける人でないと新聞を読むのはTVを視聴するのは難しい ”

て具合では困るわけで、池上彰の去年末の番組で

国の借金は国民に対してしている

のような明らかな嘘や間違った情報を流したのなら、番組が

” 前回の放送で誤った情報を流してしまったことにお詫び申し上げます。”

と訂正を入れないといけないわけです。

間違った情報に訂正を入れなければ国民を騙したことになり、こうして財政破綻論が国民に浸透して、今回の台風15号や19号の被害をもたらしたのです。

本当に政権忖度TV番組は酷いありさまで、貸し手と借り手の関係を完全に無視して、国の借金の定義を国債発行残高にしておき、尚且つ間違っているのですから、もはやTVなんて公共の電波でなく財務省や経団連やアメリカの忠犬政府のためのただの大本営発表装置でしかなく、何度でもいいます。

恥を知れと。

 


【TVや新聞のアドルフ・アイヒマンたち】

>言うまでもなく、防災に関する言説は、将来の自然災害の際に命をなくす国民の数に直結するものであり、したがって、公器である「新聞」には、国益を損ねるような明白な誤解が生ずるような記事掲載を回避する責務があります。その責任を鑑みたとき、このままこの記事の「誤解」の可能性について、貴新聞社が何の対応も図らないのは、その責務を放棄し、蹂躙していると言われかねぬ深刻な事態を招きうるのではないかと一人の防災専門家として、真剣に憂慮している次第です。

TVや新聞が責任を放棄している体質は戦前・戦中からまったく同じであり、今回の消費税10%のことでもTV局のアナウンサーが原稿某読みで、

” 今回は前回の反省もあり対策が講じられ、駆け込み需要がなく後から需要 ”

とかTVで適当なこと述べてましたけど、後から需要がなければお前責任とれよと言いたい。

そのデタラメでいいかげんな大本営発表が今回の台風15号・19号の被害者をつくってきたのですから。何が後から需要なんだよ。「欲しがりません勝つまでは」「米百俵!感動した!セクシー!」と同じじゃないか。

言ったら言いぱなし。これも原稿読んだだけ、上の命令に従って記事を書いただけ、スポンサーの意向にしたがっただけ、広告主に忖度しただけ。

いや、いや、あなたたちは自分の頭で考えることを放棄した完全家畜化したサイレント・マジリティを利用した立派なアドルフ・アイヒマンですよ。


【防災対策は言及しない野党】

>参院予算委員会で15日、共同会派を代表して国民民主党の森ゆうこ議員が質問に立ち、甚大な被害をもたらした台風19号の災害対応に関して、台風予報やハザードマップの正確性が実証されてきたことから「災害対策基本法を改正し、甚大な被害が予想される災害では非常災害対策本部を事前に設置し、総理自らが記者会見を行って具体的な避難準備を促すようにすべきだ」と提案した。

>今回の災害に関連して東京都台東区の設置した自主避難所がホームレス(路上生活者)の受け入れを拒否したことについて、「重大な問題だ。災害救助法の平等、必要即応、現物給付、現在地救助、職権救助の基本原則を踏まえていない。これは明らかにおかしい。全くなっていない」と厳しく指摘、政府側の認識をただした。安倍総理は「避難した全ての被災者を適切に受け入れることが望ましい」と述べた。武田防災担当大臣も「台東区に事実関係を確認し、適切に対処したい」と答えた。

森ゆうこの発言は間違ってはないのですが、こうなる前の防災に対しては何の言及もしていないんですね。

つまりは治水事業のハードの問題です。


【党立ち上げて正解の太郎】

山本太郎は

” 党の縛りをうけていたら発言したいこともできない ”と思い、れいわ新選組を立ちあげたわけですが正解でした。


【いつもの】

ここでいつものザイゲンガーと言ってくれればしめたもので、ここからいつものデーターと貨幣についての事実を述べるだけでいいのです。

クニノシャッキンガーの消費税35%の嘘つきには、真実を述べる必要もなく事実に基づいたデーター提示するだけでいいのです。


今回の台風の災害で日本国民がまた試されていると思われる方は ↓のリンクをクリックお願いします。


政治ランキング;

↑クリック


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA