錬金術は無駄だったのかー財政破綻論者の凡庸なる悪との攻防


【もんじゅは無駄という批判】

もんじゅんに対して色々批判があったわけですが、もんじゅは錬金術みたいに1Wも発電していないから無駄だといういうようなことを、述べている論客がいました。

しかしながらオルテガは錬金術の研究が化学の発展につながったと言及しており、日本を恐らく大嫌いなグローバリスト落合信彦氏がディスりまくった週刊少年ジャンプの作品のアニメ『Dr.STONE』にも同じようなことを述べていました。


【無駄こそ必要】

アニメの第12話で閃空が

” 8世紀の錬金術の研究で硫酸が見つかった ”

と言及しており、その硫酸が抗生物質の構成要素として役にたったわけです。

つまりはこの世に無駄なことなんて何ひとつなく、自宅警備員とか言われている引きこもりがとおんでもない発明をすることも考えられるので、実際は99%以上そういうことはありえませんが、無駄とも思えることの中に大切なことがたくさん含まれているということです。

大学の研究なんて特にそうであり、ベンチャー企業は資金力も顧客ルートも十分に確立できていない故に短期に利益を確保しようとし、それと同じ行動をとってはいけないのです。

文楽が利益を確保しないから排斥するとかありえないわけで大学の研究でも同様であり、無駄だといって予算削ってはいけないのです。国力を維持し高めるのなら。


【法人税引き下げの弊害】

大企業なんて資金がありあまったのなら投資か従業員に還元すればよく、法人税引き下げの弊害って社会の構造そのものを変化させ、あくまでも国家という枠の中の一部である民間企業が何してるのかということです。

ソニーがCDを開発したのも結果が出るかどうかわからないけど、法人税払うぐらいならというところが大きかったのだと思います。


【誰も自分ひとりで成長していない】

結構、青色LED特許訴訟の問題とかありましたが、特許と呼ばれている権利は債権と債務の関係が複式簿記により存在しているのと同様に、当然それに対する義務が発生するわけです。

日米の慣習の違いがあるのですが、そもそも高度な知識を有するということは自身がその国で教育を受け、暴漢などの外敵の危険から身を守られ、そうして育った経由があります。

そこをはきちがえると自分が靴やパンツもつくれないし、家も建てられないし、料理もできない、ネジ一つつくれないという事実を無視して傲慢になる傾向があると思います。

知性の高さなんてアルツハイマーになればそこで終わりだし、健康で働けるからその技術力も行使できるわけで、結局共同体国家という同じ国民がいるから安心して生きていけるわけで、千葉の台風で土木・建築の業者・電気関係の技術者などの業者がいないと生活が成り立たないことを思い知らされたはずです。知らされてないか。


【小泉・竹中時代に潰された土木・建築業者の痛手の理解】

恐らく国民は忘れるどころかTVや新聞がそこに触れず、リベラル派は

” 東電何してんだよ! ”
” 関電、裏金けしからん!解体しろ!”

と言い、ネトウヨさんは、

” パヨクめ!自衛隊に感謝するどころか、軍靴の音が聞こえるとか言って!反日日本人め! ”

とか言う始末です。
反日日本人でもユダヤ系ドイツ人と同じく同じ国民でしょってこと。


【ナチスの連中も上からの命令に従っただけ】

謙虚であるということは事実を事実として受け取ることで、前述したとおりにマスコミは今でも小泉・竹中時代に土木・建築業者をぶっつぶしたことへの報道は一切せず、知識人や芸能人を使いというか彼らは善意から、

” 国のシャッキンガ~Zにより、保育士の確保ができない ”

とかTVで、公共投資だけでなくあらゆる面からデマを流しているわけです。

知らないから許されるとかでなく、ナチスがユダヤ系の同胞ドイツ人や身体障害者を殺戮したのと同様で、TVでのこの発言は同胞日本人をホロコーストに導く立派な共犯になります。

ナチスの連中も財務官僚や経団連の連中と同じく、家族のために忠実に業務を全うしただけです。

アナウンサーが原稿某読みしているのもTV局の社員であり、

” 上からの命令に下がっただけ ”

、家族を養うためと発言するかもしれませんが、それと同じ発言をしたのが社会心理学のアイヒマン実験で有名な、ユダヤ人のホロコーストの首謀者のアドルフ・アイヒマンです。

アイヒマンはTV局の原稿某読みのアナウンサーと同じく、裁判で

” 上から言われたことをしただけ ”

と発言しました。

ハンナ・アーレントの言葉が印象的に残りますが以下です。

世界最大の悪は、ごく平凡な人間が行う悪です。
そんな人には動機もなく、信念も邪心も悪魔的な意図もない。
人間であることを拒絶した者なのです。
そして、この現象を、私は”悪の凡庸さ”と名付けました。”


【影響力の怖さ】

TVで芸能人やら知識人が

” 国のシャッキンガ~ ”

という発言って、アドルフ・アイヒマンに匹敵するぐらいどころかそれ以上に同じ日本人へのホロコーストに大きく加担しているわけです。

自殺や変死者だけでなく洪水・台風・津波などの防災を怠り多くの人命を失ったりすることも同様であり、インフラネットワークの遅れも同様であり、財政破綻論というたった一つのウソが、上司の命令に従って発言したとう理由だけで、人殺しや貧困故の少女売春や犯罪に大きく加担していることになるのです。

TVなどを通じて発信する影響力のある人の発言ってそれだけで世の中へ大きなインパクトを与えるわけでTVの影響力は、ナイフで人を一人刺すのと原爆一つを民家に投下するぐらい影響力の違いがあり、重大な責任がどうしても問われるのです。

TVの視聴率1%につき130万人とか100万人に相当するとか言われており、これを連日連夜繰り返し言われるわけで、潰す必要の無いどころか必要とする土木・建築業者を潰し、中には自殺した人も多くいたわけで、今も尚それに触れていないどころか、まだ続けているわけで非常に恐ろしいですね。


【グローバリズムが虐殺した人は計り知れない】

アメリカによるグローバリズムが南米諸国(特にチリ)に対して行った経済ジェノサイドを今一度再検討するべきでしょう。実際、チリでは4万人が虐殺されて数十万人が亡命しました。グローバリズムにより。

チリでは民主主義により誕生したアジェンデ政権の政策により外資から国営企業へと取り戻したのを、世界に災いをもたらすグローバリストが軍人ピノチェトにクーデターを起こさせ軍事政権を誕生させ、それに従い何でもかんでも国富を売り渡したという経由があるのです。

本家マルクスと西のマルクスの思想の両陣営が世界人類を虐殺していたわけで、アメリカと西ヨーロッパ、日本は時代の僥倖によりそれを知らなかっただけで、そのグローバリズムの災禍が訪れているだけです。

経済ジェノサイド: フリードマンと世界経済の半世紀 (平凡社新書)
中山 智香子
平凡社 (2013-01-15)
売り上げランキング: 290,014

【今は知らん振りしている財政破綻論に加担した知識人】

最近、MMT批判の語気が弱まっているように思えるのですが、そのうちMMTを完全否定して財政破綻論を是とする新しい解釈が出てくることを期待しているのでしょうが、残念ながらマクロでは支出が先というスペンディングファーストを否定する事は事実を歪曲することであり非常に難しいことです。

こうなると、センメルヴェイス反射の

②これまで主張していたことをし続ける

ことを続けるしかなく、後の①ホロコーストに大きく加担した事実を認められないはそのまま罪悪として保持しつつも、認識共同体により互いにかばいあっている状態でしょう。

③の正しいことを述べる人物を糾弾し排斥するということはセンメルヴェイスと異なり国内外と複数が証言しており、やればやるほど自分らのウソやバカさ加減を暴露することになり、できないわけで知らん振りするしかないのでしょう。

ある意味、緊縮派が自身がウソをついていると自覚しながらこれを隠しているということになり、精神面でのチェックメイト済みだといえます。故に恐ろしき死なばもろとも一億玉砕体制に入っているのです。


【結論】

結局、一見無駄に思える研究、エネルギー開発でもなんでもするべきだし、それを止めた瞬間国は衰退し、イタリアとかギリシャみたいに観光客目当ての国家もどきのグローバル植民地となり、インバウンドとかIRとか水道民営化とかその典型例であり、本来なら郵政も株を回収して国営に戻すべきなのですが、TVや新聞の影響が強いわけで、明日以降のインパクトにより国民がどれだけ痛い目にあって自覚するかというところでしょう。

それを回避できなければ、首都直下型地震やら南海トラフ地震により供給能力が大きく失われ、人が育たない技術や知識や文化を継承できない、新しいものを発見・開発できない、非創造的な元日本人系と移民系との国民で構成され、本当に財政破綻することになるかもしれなく、それに大きく加担しているのがTVや新聞なわけです。

TVの向こう側にいる何百万人に与える影響ってとてつもなく恐ろしいわけで、人殺しに加担しているとか自覚した日には発狂レベルで、しかしそれやめると収入なくなるからズルズル一億玉砕精神となるのでしょう。

痛みに耐えてもっとがんばれ!身を切る改革!米百俵!一億玉砕!

こんなところでしょう。

 


P・Sリベラル派の理解にかかっている

これから安倍政権の一億玉砕精神により、貯蓄ゼロ世帯が50%から、60%、70%と増えていき日本を奈落の底へと落ちていくわけですが、ここで橋本政権から安倍政権に至るまでの構造改革やらグローバル緊縮路線が間違いだったと認識できるかどうかが、今後の日本の将来を決めることとなるでしょう。

反緊縮派でいかにリベラルと保守が連携をとって世論誘導できるかに今はかかっており、いくら保守派がMMT入門書を金科玉条にかかげ内輪レベル向上したところで、これまでの負けパターンの繰り返しだと思います。

(保守派)民主党支持したやつは責任とれよ!
(リベラル派)安倍政権誕生させたやつ責任とれよ!

いいかげん、このパターンに気づくべきです。


もういいかげん保守派とリベラル派の対立は同じ国民だしやめようと思われる方は ↓のリンクをクリックお願いします。


政治ランキング;

↑クリック


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA