おカネの考えが変わると日本が変わるかも・後編ーグローバリストの一億玉砕精神


(前回からつづく)


【投資を捨て文化を語る】

マルサスの『人口論』は現在の生産高の能力により貧困者を切り捨て、物理の均衡システムによりまず貧困者から自然淘汰させるという考えです。

そこには誰かを切り捨てるしかないとう間違った思考によるものであり、後に「農業革命」が起こりこれらの問題のほとんどが解消されます。

しかし、こんなのほっといても何も起こらないわけです。

不確実性の高い99%以上がリターンを見込めない、無駄かもしれないことに時間をさき投資することにより、引きこもりとかの存在に対して社会が寛容であったり(その家族は知らんが)とか、そういうことにより技術革新と京アニのようの高い文化の作品とかが生まれるのです。

もんじゅが批判されることもある程度は理解できますが、幼女誘拐殺人犯の自宅からアニメのビデオテープが大量にあったためにアニオタが反社会勢力のごとく叩かれまくったわけですけど、そのアニオタが世界中に拡散され今なんか

クールジャパン

とかふざけるなと言いたいわけです。

そういうこともありもんじゅの研究も何か別のものを生み出すことがあるわけで、文楽が変態趣味でないのと同様に、アニメも犯罪者を生み出す作品でもないし、しかしながら20年前なんてそういう風潮があったのです。


【竹やりで一億玉砕精神】

だいたい、安倍政権というかこれまでの日本の政権は投資というものを完全に否定しています。

これで技術革新なんて起こるわけなく、だいたい安倍晋三総理大臣様が竹やりでB29を落とせというような一億玉砕精神をホシュだけに保持しているわけです。

 


【店員によるレジのはや打ちの発想は衰退途上国の発想です】

生産性向上ってこういうことをいうのです。

だいたい、ソロバンどころか電卓叩くようなレジ打ちも今ではやっておらず、今は店員によるバーコードが主流で、更に次の段階に移行しようとしています

少子化で深刻な人出不足なんて口にする連中は白痴者でしかなく、いつまでもソロバンはじいている江戸時代の発想であり、問題は以下の図のブルーの部分なのです。


【歴史の必然というシュペングラー】

私は結構、マクロでみる未来に対して結構楽観的でしたし、しかしながら世界中の人々がグローバル化により、各元国家枠のプラントごとに家畜のごとく扱われるディストピアの世界線を歩んでいる可能性があるんじゃないかと疑っていました。

それを覚悟していた時期があったわけですけど、それが回避できる可能性が非常に高まっていると最近感じています。

それでも以前は、世界中に反グローバリズムの勢力が勃興し、それに追従し移民で問題で日本が耐え切れず、ようやく日本も方向性を変えるのではと諦め半分の状態でした。

シュペングラーの『西洋の没落』のごとく貨幣が万能になってくるに従い、カエサル型(独裁者)の人間が出てきて、古い世界都市、消滅した魂の入れ物、歴史のない人間がゆっくりと巣を構えて、人間は再び植物となり土に固着し、時間のない村、「永久の」農民・・・etc貨幣はその最後の勝利を祝い、その後継者たる皇帝主義が近づいてる。

とか、まぁシュペングラーはいってるのですが、私としては” だから何だよ ”と今は思うわけです。

 

西洋の没落

西洋の没落

posted with amazlet at 19.08.11
オスヴァルト シュペングラー
五月書房
売り上げランキング: 747,147

【ゴミすぎるだろその本』

『Dr.STONE』の千空の台詞を借りれば、

” ゴミすぎるだろ。その本。”

てとこでしょう。

STONE WORLD THE BEGINNING

STONE WORLD THE BEGINNING

posted with amazlet at 19.08.13
(2019-08-03)
売り上げランキング: 7,303

【手始めにおカネについて考え直してみましょうか】

だいたい、人間って常に限界を越えてここまできたわけで、環境破壊なり全面核戦争なりでたまに人類絶滅とかそれに近い状態になることはあっても、必ずそうなるとも限らないわけです。

『STEINS;GATE』(シュタインズ・ゲート)のごとくディストピアになることも可能性としてはあるのはあるのですが、その世界線は十分回避できるのです。

手始めに、このイカレタ思想のグローバル化を終わらせるために、おカネについての改めた考えかたを国民意識として共有することだと思います。

厳密には元に戻すといったほうが正しいかもしれません。

 


【断末魔の攻撃に備えておく】

これからグローバリストが断末魔のごとく発狂して、山本太郎に覆いかかるでしょうから、そのフォローに回り援護射撃をするだけで、やつらの間違いが一般階層全体に周知させることになります

なぜなら、グローバリストは事実を知られることがこの上なく恐ろしく、「論外!」と言って内容によりプレゼン・議論することなどきるわけなく、ソフィストのごとく「デタラメ!」だとかレッテリ貼りをすることでしか対抗できないのです。

後は国民全体に与える「インパクト」が必要なわけで、できれば南海トラフとか首都直下型とか、東日本大震災のごとくのようなインパクトでないほうが望ましいわけですけど、それこそ未来に対して不確実性で何がどうなるか予想不可能なので、なんとも言えません。


【それといいかげん婚外DVパパさんから自立することも考えよう】

もう既に多くの国民を貧困化させて自殺も増やして、本来なら東南アジアの人々が豊かになりその国で生活できるようにしてやるように、日本はリーダーシップをとってやるところが逆にアメリカの子分となりひどい仕打ちに加担したわけで、その責任ってとても引き受けられるものではありません。

そもそも日本はアメリカの属国ですし(同盟とかトモダチとかで逃避するのは止めましょう)、その属国魂をホシュ派が継承しているのですからどうしようもないわけです。(ホシュ派は頭の中でソ連とアメリカの世界を二分した新しい構図、中国とアメリカの新しい対立構図だと考えているようなんですけど。)

グローバリストの救済は過去ログを参考に。


一億玉砕の半狂乱のグローバリストと戦おうと思われる方は ↓のリンクをクリックお願いします。


政治ランキング;

↑クリック


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA