TV『正義のミカタ』で財政破綻を危惧するホンコンさんに宮崎哲弥さんが訂正ー他方で論外連呼絶叫する某アナ


【騒げば騒ぐほどウソが露呈する】

いい具合になっていました。

私は普段TVを見ないわけですが、生放送で例のごとくパトロンを多国籍企業側とする側の影響を受けている、つまりは財政破綻黙示録を流布している連中の影響を受けているタレントのホンコンさんが、結構ほとんどの国民が勘違いしている内容のことを言ってくれました。

⇒https://www.youtube.com/watch?v=EqZe4XZinJU


【国防を述べながら、財政を考え、しかし破綻する論】

ホンコンさんは「れいわ新選組」の政策に対して、

” 国防のことを何もいうてない。財政のことばっかりであれやっていったら、これから若い子がこれから私ら子供とか孫に、どれだけの借金を背おわせるのかというのが末恐ろしいなというのを、それを考えているのかなと思うてね。みんな。”

とまぁ、国防に言及しつつ財政破綻論を論じているわけで、山本太郎はそれを考えているけど、TVや新聞などのマスコミが隠蔽しているだけなのですが、それについて同じ共演者の宮崎哲弥さんがあとでフォローいれてくれてます。


【リフレ派が不安を煽る】

次に、れいわ新選組の政策に対して元財務官僚の高橋洋一先生が、

財源どうする?
最低時給1500円だと雇う側が大変。

みたいなことを発言するのですが、それについてもすでに「れいわ」の政策で言及しており、ああこれがリフレ派でシカゴ大学で、共産主義者を水爆で一人残らず抹殺してしまえばいいと言及した、ミルトン・フリードマンと同じくアルツハイマー型のごとく

財政緊縮脳

をお持ちでらっしゃるわけで、別冊クライテリオン『消費増税を凍結せよ』で消費増税の反対には共闘してもそれまでの間柄なんだと実感しました。


【宮崎哲弥さんがTV局が世に隠蔽していることを明かす】

前述しましたが、ここで宮崎哲弥さんが上のリンクの34:30秒あたりのところで、ずばりマスコミがひたすら国民に隠蔽しているあのことについて少し述べるのです。

ぶっちゃけMMT理論のことですが、アメリカの女性議員のオカシオ・コルシス(29歳)やサンダースの顧問の最近来日していたステファニー・ケルトン教授のことについて述べ、大阪のTVで生放送だからカットできなくて一応流れました。

パトロン多国籍企業のTVの報道は百害あって一利(一理)なし。TV報道番組を見るくらいなら以下の動画を見たほうが100倍ためになりますが、国民の99%以上が財務省も否定している財政破綻カルト思想を信じているのです。

 


【まず事実を認めよう】

まず財源と言うこと自体間違いで税金で予算を組むわけで無く、日本はギリシャや夕張市と異なり中央銀行を子会社とする統合政府であるから、その発想自体が間違いで、スペンディングファーストの概念が大切となります。

 

(日本銀行券を「日銀当座預金」にしても同じです。たぶん。)

これは仮設でもなんでもなく事実であり、銀行預金により国債や財務省証券を賄うのかどうか、国債や財務省証券を発行して初めて銀行預金が生まれるか、創造のプロセスのどちらかが先かを財務省に問い合わせればいいと思います。

もし銀行預金が先であるのならそれって、民間の銀行が勝手に通貨を発行することになりそんな権限あるわけなく、マネタリーベースを民間の銀行は勝手につくれないわけです。


【手探りのブログって結構しんどいわけです】

万年筆マネーで信用を創造すること・マネーサプライはつくれても、勝手に通貨を発行できるわけないのです。私の解釈が正しければですけど。私は社会学部卒でしかもあまり興味もないわけでこういうのまじでしんどいです。

だけど、無視してたらTVで明らかなデマが流れていて、これはあくまでも個人ブログだし手探りって感じでやればと思いやってるわけです。

だいたい、私はマクロ経済学やミクロ経済学のテキストでしょっちゅう復習している程度の経済学の知識しかないので、間違ってることは頻繁にありますのでご了承ください。(しかも保守でなくウヨクでもなく、米軍おっぱらい自国で国防力を強化させるサヨクですから)


【議論しないで論外連呼】

貨幣論について右も左も関係なく、それを自民党で参議院の西田昌司議員が、なにやら辛坊治郎の番組でMMT理論につてい述べたらしいけですけど、辛坊アナが

「MMTは黒田日銀総裁も論外だとおっしゃっているので、論外なのですが、仮に論外じゃないとして、なぜ、自民党の中でMMTの理解が広がらないのでしょう」

ていう質問に対して
西田昌司が

「あなたも含めて勉強が足らないからです」

と当たり前のことを伝えました。

それで辛抱アナは

「MMTは論外です!

と論外連呼しまくり絶叫したわけです。

まず、何がどう論外なのかを論じないと論客としては失格で、剣客が毒をもったりピストルを使い他の剣客に攻撃するようなもので、これこそ不誠実で論外です。

父親をアメリカとする愛人現地妻精神旺盛で、股ひらいて年次改革要望書を受け取り、特亜叩きながら股ひらいて米軍を駐留させつづけ日本人の少女が強姦にあってもあまり怒らず、そういうのなら仕方ないかもしれませんが。


【今更、経済ジェノサイドに加担したことを認められない心理】

それでもさんざんグローバルリズムの三点セットである、

自由貿易・緊縮財政・規制緩和(構造改革)

のど真ん中の路線をつっぱしっているグローバル政権の影響を受けていれば、これまでの論説を変えられるわけありません。

改竄データーでごまかせた頃はよくても今はそれが通用せず、このグローリズムを支持しこのセットの緊縮財政により多くの日本人を貧困や死に追いやったわけで、MMT理論を俎上にあげると当然自分らの論説の瑕疵や功罪が全て露呈することになります。

 

こうしてセンメルヴェイス反射が働くわけです。


【排他性と不透明性】

センメルヴェイス反射以外にも、インサイダーとアウトサイダーとの立場の違いがあり、一度インサイドに組み込まれるとその政策、この例でいうと国民貧困化・ホロコーストに加担した

「共犯者としての心理」

が働き、そこから抜け出すとうことはそのファミリーから抜け出すこととなり、それまで自分が守られてきた仲間から裏切り者の扱いを受け普通はできません。

インサイドでは排他性、アウトサイドに対しては不透明性

が同時に働きこれに「共犯者としての桎梏」が加わり、これが政治の世界やマスコミなどの世界でも同様なのだと思います。


【アウトサイダーとしての代償】

ギリシャの経済学者のヤニス・バルファキスがギリシャの財務大臣になることに関して、アメリカの71代財務長官だったハーバード大学27代総長のラリー・サマーズから以下の言葉で忠告を受けました。

これは政治の世界だけではないと私は思いますが、

” アウトサイダーは自分にとっての真実を発言する自由を優先し、その自由の代償は重要な決定を行うインサイダーから無視されることです。”

所謂社会学でいう「沈黙の螺旋」ついて言及しており、しかしながら今はセンメルヴェイスの時代と違いネットにより情報が拡散される時代です。


【それでも、風穴は開けられた】

地上波の『正義のミカタ』で、ステファニー・ケルトン教授の名前やオカシオ・コルシスの名前があがり、それに対していくら多国籍企業をパトロンとするアナウンサーや政治・経済評論家がいくら日銀総裁とか東大名誉教授とかの名前をあげて、権威プロパガンダで攻めたところで無駄です。

なぜなら、明らかに向こうの論理が間違っていることだけは100%確かだからです。

しかも、タレントと異なり最高税率引き下げによる恩恵どころかその負担を強いられていると思う一般庶民が、好き好んで自ら貧困になりたがりジャパンプラントの家畜になりたい稀有な人間なんてほとんどいません。

貧困化した今の現状から、夫婦で2000万円必要とかのデマで屠殺されるがごとく不安を抱く家畜の現状から、自分だけでなくそろって逃れたいと思う人間がこれから増えていくことでしょう。

『約束のネバーランド』の主人公のエマのような人間がです。


インサイダーから抜けるのは困難で多少の同情を持つ人も持たない人も ↓のリンクをクリックお願いします。


政治ランキング;

↑クリック


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA