ピグマリオン効果で予言が成就されるーそれでも田沢の九九はいつ聴いてもさすがだから大丈夫


【中野剛志さんって】

三橋TVに中野剛志さんが出演されているようで、中野さんは社会学にもかなり精通しており私とアプローチが結構似ている傾向にあります。

ただ中野さんは内と外で考えるウヨクの傾向が強く、私は上と下で考えるサヨクの傾向が強いところが大きな違いだと思います。


【自己実現的予言】

さて、中野さんのいう社会学者のロバート・マートンのいう「自己実現的予言」というものは、一般的によく言われるピグマリオン効果のことであり、

” 最初の先入観によりそれに応じて別の行動を相手がとりそういう人としての現実ができあがる ”

というものです。

社会心理学講義:〈閉ざされた社会〉と〈開かれた社会〉 (筑摩選書)
小坂井 敏晶
筑摩書房
売り上げランキング: 16,613

【ピグマリオン効果】

ピグマリオン効果の言葉はギリシャ神話に由来し、ピグマリオン王が女性ガラテアに恋こがれて彼女の彫刻をつくったわけですが、愛の女神のアフロディーテにより生命を吹き込まれ、現実の女性となったということから、

” 最初は虚構でもそれが現実化する ”

ということを意味します。

過去ログで少し触れましたが成功法則でもよくこの手法が使われており、例えば合格したい大学のキャンパスに実際に足を運び、その環境に慣れ親しみ実際合格したような気になりそれで受験勉強すると効果的であり、良い例でこのピグマリオン効果はよく使われるわけですけど、中野さんは悲観的なのか 悪い例で使われました。

偏差値的に余裕で合格できる大学でも、「ダメだ。ダメだ。」と不合格のことばかり考えて口にしているとそれが実現するようなことですかね。


【権威に裏づけられた虚構の強さ】

MMT理論なんて10年以上前から三橋さんらが言っている内容であり、だけど東大名誉教授やらノーベル経済学賞を受賞した権威のある人のいう内容のほうが一般の人は信じやすく、ニクソンショックによりドルが不換紙幣になっても、金属主義的な考えをみなそれを信じ続けて行動してしまうわけです。

制度経済学でいうところの経路依存性というものらしいです。


【変わり者ほど気づきやすい】

私はお金なんてそのものに価値がないと、何十年まえからそれこそ10代の頃から直観的にですが思っておりやはりそれは正しかったわけですが、そんなの先入観捨てれば普通わかるわけです。

希少価値のある金と交換できるって言っても、金って腐食しにくい電気を通しやすい見た目が綺麗その程度の価値であり、砂漠の中で脱水状態の時には水のほうが価値あるし、ましてや札束なんて『北斗の拳』の第一話みたいに、それそのものに何の価値もないわけです。

勝間和代さんも

” テーブルの上に札束置いても何も起こらない。これに基づいて人間が行動を起こすから初めて価値がある。 ”

だいたいそういうことを発言していたわけですが、勝間さんは自身が軽度の発達障害と診断されたそうで(https://toyokeizai.net/articles/-/230006 )、変わり者ほどシンプルなことに直観的に気づきやすいのだと思います。


【モノやサービスを提供する人への感謝が薄れた日本】

テーブルの上の札束を置いているだけでは何も起こりません。これは事実であり昔は食べ物を残すと

” 農家の人が一生懸命につくったものだから食べなさい。 ”(適当につくってるかもしれませんが)

とか農家の人に感謝するように常套句のように言われたもので、貨幣と交換して所有権はこっちにあるからどうしようと自分の勝手とか、そういうのはなかったと思います。(今もそこまで考えていないでしょうけど)

だいたい東北支援しながらTPP参加に反対しないとか農協改革を黙認するとかそっちのほうがジェノサイド思想で本来は問題なのですが、プロパガンダーの煽りを受けて多数派になって農協や農家を叩いたほうが生きやすいのが現実です。

.

中野さんがセンメルヴェイス反射の説明をしてますが、例え社会全体が間違っていて死人が続出していても、多数派に迎合したほうが身の安全は保障されるわけです。


【ジェノサイドに対抗するには時にはアホが必要かも】

先日お金の話を職場でしたら結構うけがよくて、てか皆金属主義にどっぷりつかってしまい、同僚の要望によりまた余計な資料をつくって印刷して配布しました。

PDF⇒お金っていったい何でしょうかねー実は私にもわかりません

硬貨は政府により発行できるから1兆円硬貨を発行する裏技とかありとか、私はそんなアホ話もしていて、

” そんなん。お釣りどするの? ”

とかマジレスが返ってきました。

私は例えば都道府県に1兆円硬貨を合計47枚配布して経済対策に使うとかするとか可能であり、そもそも1兆円硬貨なんて盗んでも使用することなど不可能であり、窃盗犯が所有しても何の価値もないわけで、グローバリゼーションにより日銀が完全に独立してしまった時にはこれもありなんじゃないかなとアホなことを考えていました。

三位一体の小泉・安倍の地方締め付けとか、日銀の独立とかのほうがジェノサイド過激思想だと私は考えております。

経済ジェノサイド: フリードマンと世界経済の半世紀 (平凡社新書)
中山 智香子
平凡社 (2013-01-15)
売り上げランキング: 312,692

【嘘が実現する怖さ】

中野さんの動画の内容が怖くて、私は

” 日本が財政破綻する!中国の属国になる! ”

とネトウヨが嘘や不安を煽り続けると、それが以前の動画にある中野さんのいう「合成の誤謬」というものが重なり合い、実現してしまうことになりかねないと解釈しました。(さすがに中野剛志さん。悲観論者の発想ですね)

現在の状況なら日本の財政破綻なんてないし、中国の属国になることを回避する方法なんていくらでもあるわけですが、

実際自国通貨を捨てるとか、憲法改正してプライマリーバランス財政健全化明記、緊縮財政で公共投資を削減したりしてとか、政府が所有している郵政株を売却するとか、「種子法廃止」して農業を外国に依存するとか、PFIにより公共事業を外国に入札させるとか、「水道民営化」するとか、農協や共済をつぶすとか,入管法改正するとか、・・・etc

こんなことばかりしていたら実際に日本は財政破綻するだろうし、中国の属国にも簡単になるわけです。


【藤巻先生の予言が実現されるかも】

南海トラフと首都直下型地震がきたら日本の供給能力は激減し、以下の三橋さんの図のブルーの潜在GDPも一気に下がり、その時に円安になったところで生産する工場もそれを流通するルートもなくなって輸出して外貨を稼ぐこともできなくなります。

自国でモノやサービスを提供できないということは、グローバル化で競争激化させて次から次へと企業を淘汰させればいいとネトウヨが考えているようですが、相当深刻な状況となります。

まず生産して外国に供給して外貨獲得して自国でまかなえないと、どんどん債権国から債務国へて転じることになるだろうし、自国で国防もできない船もつくれない道路も水道官も自国でインフレ整備できない、教育格差が拡大して庶民の知性は低下するわ、こんな将来不安だらけで供給能力の上昇の見込めない貧国の通貨建ての国債なんて、個人・企業・国家が低金利で購入するわけありません。

ここで日本の国債金利の上昇が起こることも考えられるかもしれません。

これもピグマリオン効果です。おお!藤巻先生の勝利になることもあります。


【ネトウヨの予言が実現されるかも】

元建てで国債発行したりするようなことが起こると、財政破綻して中国の属国になる可能性もあるわけです。

今の国連はアメリカ主導の団体ですがアメリカが西ヨーロッパだけに専念すると舵を移すと、中国主導のアジアを支配する国連に変わる組織が生まれれば、十分ありえるわけです。

これもピグマリオン効果です。おお!ネトウヨの恐れていた予言が成就されます。

 


【予言の成就を避けようとして逆に予言を成就させる】

ここでネトウヨを含めたグローバリストが

” だから、グローバル化を進めて国内産業の競争力を高めて国内企業や個人を強化して、アメリカと日米同盟を強化して中国の脅威に対して対抗しろと言ってたのだ! そこからこぼれるゾンビ企業や努力しない怠け者の売国奴なんて淘汰されればよかったんだ!”

と言い張ることでしょう。

おいおい、違うだろって。
東西冷戦後にも変更しない米国追従路線とグローバル化で貧困化した結果でしょってこと。
その頃には小泉元総理も安倍総理もこの世にいないだろうし、ひょっとしたら竹中平蔵さんはアメリカかカナダでのんびり暮らしているのかもしれません。

サッチャーが亡くなった後の今のイギリスよりも遥かに酷い国になっていることでしょう。


【それでも田沢の九九はいつ聴いても痺れる】

アニメ・漫画『魁!!男塾』の男塾は日本のエリートを育てる学校なのですが、ほとんどの塾生が算数の九九を言えません。

あの自称男塾一のインテリの田沢ですら最後に間違えるくらいのレベルです。(剣桃太郎はのちに東大・ハーバード大卒と経由して内閣総理大臣になります)

このままだと日本の教育格差も拡大するだろうしそうなると優秀な人材も枯渇し、男塾の数学の偏差値だけを踏襲する日本人が増えることになるでしょう。

グローバル政党が支配する自治体の教育格差は深刻のようです。


P・S

ちなみに原作では授業中に田沢は最後に” 九九、八十八 ”と間違えるのですが、アニメでは子供の教育上配慮してか ” 九九、八十一 ”と普通に答えます。

九九を間違ってても桃以外誰も教官すら気づきません
ここで富樫が

” いつ聴いてもさすがじゃのぉ~田沢の九九は。 ”と言い、

続いて、松雄が

” 今度は分数の掛け算にも挑戦するって話だぞ。 ”と言います。

また別のやつが

” あいつならやれるかもしれない! ”とアホな会話が永遠と続くわけです。(まず九九をマスターしてから分数の計算に挑戦しろよってw)

” 雷電!知っているのか! ”説明乙を上回る名言です。

 

「魁‼男塾」 BD-BOX [Blu-ray]
フロンティアワークス (2018-12-21)
売り上げランキング: 80,971

田沢の九九はいつ聴いても痺れる方は ↓のリンクをクリックお願ます。


政治ランキング;

↑クリック


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA