日本教ー移民反対だけど安倍支持という矛盾

【妙なアンケート結果】

私も最近、ブログランキングにエントリーしてるのですが、変なアンケート結果を発見しました。(https://blog.with2.net/

>外国人労働者受け入れ拡大(移民受け入れ拡大)をどう思いますか?

反対 88%
賛成 2%
その他 10%

受付期間 : 2018年11月11日~2018年12月11日

>安倍内閣を支持しますか?

支持する 75.5%
支持しない 21.5%

受付期間 : 2018年12月01日~無期限


【移民受け入れ反対だが安倍さん支持しますって】

このアンケートは必ずしも同一人物が同じアンケートに答えているわけではありませんが、そうしていると仮定するのなら、

移民受け入れに反対するが、安部内閣を支持するという珍現象

がアンケート結果に出ているわけです。

戦争に反対するけど東条内閣に賛成するとか、人権主義者であるがナチスを支持するとか、そんな珍現象が起こっているのです。


【猿の子孫だけど神である天皇】

こんなこと日本では昔からのことであり、山本七平さんは著書『日本教の社会学』で述べており、端的にいうと

日本人は支離滅裂

であると。(山本氏は天秤の例により説明されているのですが)

これなんて典型例でしょう。

天照大神の子孫であるという正統性により天皇制を支持するが、ダーウィンの進化論も支持するとか。

日本教の社会学

日本教の社会学

posted with amazlet at 18.12.02
小室 直樹 山本 七平
ビジネス社
売り上げランキング: 21,277

さすがにこんなことは西洋ではありえず、故に敬虔なクリスチャンはダーウィンの進化論なんて支持するわけがないのです。

 


【ダーウィン進化論(笑)】

なんか、他のブログで

アメリカ人の半数が進化論を支持している

とかわかったようなことを掲載しているのを発見しましたが、進化論を肯定する思想でもいろいろあるわけで、特にダーウィンの進化論は特殊の異形の進化論であり、進化論を肯定したからといって、聖書の内容を否定するわけではないのです。

 


【空気を規範とする日本教】

天皇制を支持するのならその機能として支持するという、いわば戦前の天皇機関説のごとく扱うのなら、『古事記』『日本書紀』はあくまでも神話のつくり話であり、その物語により正統性を認めるわけにはいかないのです。

これ本当に大切であり、西洋ではそれを真剣に議論してきたわけですが、日本人は今だ議論できず、ただ

空気

によりそうなってるだけなのです。
議論することはその場の空気を乱し悪という空気が流れていて、これらは日本人特有のものであり、日本は無宗教でなくむしろこれが

日本教

があると、山本七平氏が唱えたわけです。


【通貨高で破産(笑)】

三橋貴明さんが動画で話してたことなのですが、1985年のプラザ合意で円高になりある大手新聞社が

”円高で日本は破産!”

こんな記事が書かれて、それに怒った住友系のお偉いさんが、

”通貨高で破産って、こんな記事を書いたのは誰なんだ!”

と新聞社に文句を言いに行ったというエピソードを話していました。
その記事を書いた人も上からの支持で書いただけで、その上もまたその上とかいろいろその発信源を追究したところ、

何か社内の会議やらの空気でそうなってたから、円高で破産と記事を書いた

そういうオチになっていたようです。


【ウヨクは日本教の忠実な信者】

まぁ、これが国の借金とか少子高齢化で日本はダメとか、戦前からもずっと継続してきた日本特有の宗教によるものなのです。

移民反対するが安部内閣を支持する

という珍現象も同様であり、戦前・戦中はこの矛盾した考えにより、

自衛のための戦争⇒一億玉砕と逆のスローガンとなり⇒沖縄を捨石にして敗戦⇒頭の中真っ白⇒戦争そのものが悪

となったわけです。

その当時に生きていた日本人は天皇陛下の玉音放送を聴いた後、何やら日本は玉砕せずに済んだとなり、一瞬頭の中が真っ白になって頭の中を整理するにも、もともとカラッポなので整理もへったくれもなくその後は主知のごとくです。

自分らが何のために戦争をして、何のために敗戦を受け入れたのか、ほとんどの人が何も考えていなかったから、未だにサヨクは平和主義だけで経済オンチであり杜撰な政策ばかり支持して国防に関しても冷戦時代の思考のままのだしウヨクも貧国強兵において帝国復活とか格差拡大させて北朝鮮と同じことをしようとしているのです。(私はどうやらパヨクらしいですが)

後者はそれにグローバリズムとくっついているからタチが非常に悪いです。所謂、右の売国です。

右の売国、左の亡国:2020年、日本は世界の中心で消滅する


【パヨクが移民受け入れに反対してますが】

移民反対するけど安倍内閣支持

これって、日本教の教義のそのものの賜物であり、彼らは日本教の忠実な信者であると言えます。(空気が見えないからそれが認知しずらく最強です)

日本もいずれグローバリズムでヨーロッパのようにむちゃくちゃになり、嫌でもグローバリズムの被害をわが身に感じるようになると、ようやく

グローバリズム VS ナショナリズム

とようやく日本人の思考が追いつくわけですが、本当は

グローバリズム VS 反グローバリズム・反緊縮財政・反規制緩和・反構造改革

であり、そこに今到達しておかなければ、日本は人口減少で労働不足となりその労働不足のために移民受け入れしてとかよく調べずデマを信じ、多様性とか共生とか美辞麗句の言葉にだまされて、

今のヨーロッパのようになってしまったのなら、もう手遅れになるのです。

 


【まぁ仕方ないけど】

日本が今のスウェーデンのようになっている頃には、小泉・安倍・麻生・菅らの連中はこの世にいないか、いても認知症か要介護4以上の状態だろうし、

そもそもグローバリズムと財政均衡とがセットであり、ヨーロッパのような状態になっても、おそらく私は多くの日本人がなぜそうなったのかを理解しないまま、ひたすら、移民派に対する嫌悪だけが半数の大和派の日本人が抱き、対立構図となっていると思います。

小泉・竹中の構造改革で痛い目にあって、安倍政権を黙認することになってるのも、TV・新聞や御用評論家などに躍らせれ、自分らが何を選択したのかを理解していないから、何度でも同じ過ちを繰り返すのです。

貧乏暇なしで庶民はグローバル疲れでくたくたになって、小泉時代の何が自分らを苦しめたかを考える暇もなく、そうなるのも仕方ないことであり、池上彰あたりの論説をいわば下請けして、より不幸になるのも仕方ないことなのですが・・。


【農場主は笑っている】

しかし、無知で無教養な世襲の政治家を操り、これらを仕掛けた多国籍企業やグルとなった官僚(とくに財務省)は、家畜同士のこぜりあいを楽しんで眺めていることでしょう。

権力者って共産主義だろうが資本主義であろうが中身は同じです。

ジョージ.オーウェルの『動物農場』のラストシーンですよ。

 

動物農場〔新訳版〕 (ハヤカワepi文庫)
ジョージ・オーウェル
早川書房
売り上げランキング: 4,012

子孫へ禍根となる移民政策に反対する方は、↓のリンクにクリックを

 


人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です