わが家、わが町、わが選挙区の長尾たかし①

【わが選挙区の長尾たかし先生の謎ツィート】

 


【アベノミクス大失敗】

>安部内閣は経済最優先です。

これ、笑うとこですか?
先生。

私の雑な試算でも安倍政権の名目GDPは500兆円前後を横ばい状態であり、ボーナスポイントがなければ、実質GDPだけの上昇つまりはデフレ状態です。

根拠は過去ログにあるますが、

①安倍政権はGDPの試算を変更して約30兆円上乗せした(確実)
②消費税増税により3%分GDPに加算されている(たぶん)

これらを甘味すれば名目GDPは約500兆円前後になるでしょう。
つまり、アベノミクスは時代遅れのレーガノミクスやサッチャーリズムを踏襲して、結果これらの経済政策と同じく

失敗

したのです。


【内閣府自作のデーターでも経済は低迷してますが・・】

世界の中で最も信憑性の薄いわが国の内閣府のGDPの試算ですら、2018年四半期7-9月はマイナス成長でもう末期状態です。

2017年はインチキしても

実質 1.6%
名目 1.7%

でGDPデフレーターはわずかプラス

0.1%

程度であり物価がほとんど上昇しておらず、経済が低迷しているのは100%確実です。


【何してんだよ、長尾先生】

経済財政諮問会議、未来投資会議、まち・ひと・しごと創生会議、規制改革推進会議合同会議に出席しました。

経済財政諮問会議 = 日本在住の多国籍企業の立法会議
規制改革推進会議 = 米国在住の多国籍企業の立法会議

日本が売られるというのは妥当なタイトルでなく、既に半分くらい売られており安倍政権の6年間のバーゲンセール中あと3年続き、最終的には店閉いでもするつもりなのでしょう。

日本が売られる (幻冬舎新書)


【精神錯乱状態の長尾先生】


【歴史に学ばない長尾先生】

>同時に、財政健全化への着実な取組を進める一方

支離滅裂ですね。

経済成長するためにはデフレ脱却が必要であり、デフレ脱却しての毎年2%の経済成長をするというなんとも低い目標であり、こんなの先進国なら普通にやっているわけです。

歴史を紐解けば97年の橋本政権で財政健全化とか目標かかげて構造改革してデフレに突入して、小渕政権でデフレ脱却しかけて不良債権率も5%に低下したところで、なぜか小渕さんがお亡くなりになり森政権→悪夢の小泉政権誕生となり、失われた10年となったわけです。

その小泉政権が終りそのまま失われた20年となり、今回の安倍政権の経済政策の失政により

失われた30年

となることはほぼ予約確定状態なのです。


【デフレは貨幣現象か需要不足か】

>日本銀行の物価安定目標を実現するためには、需要が供給を上回る需要超過の状態を出来るだけ長く持続させることが重要

この発言は実は「デフレが貨幣現象でなく需要不足である」ことを認めたことであり、

フリードマン < ケインズ

とデフレの治療薬の転換を迫られるものなのですが、


(次回につづく)

長尾たかし先生の更生、それが叶わぬのなら次の選挙に落選させるように行動を移します。(周囲に呼びかけて)。これに協力したいと思っている方は思うだけでいいので、 ↓ のリンクをクリックお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です