移民政策と低賃金とデフレと少子高齢化と・・つまりは売国ー補足

【グローバル化と緊縮財政は売国行為】

移民政策により低賃金化して、それが結局デフレを永続化させその結果小子化となる。

これだけのことを3回どころが長々と論じてきたわけです。

つまりはこれらのグローバル化と緊縮財政は売国行為でしかなく、

[ 移民政策と低賃金とデフレと少子高齢化と・・つまりは売国 ]

でしたと締めくくられたのです。


【右の売国】

なぜホシュが売国行為なのかは非常に簡単であり、

中国・北朝鮮・韓国と歴史問題を上げてくる国家が敵であり、それに敵意を抱かない連中やそれに対抗する意識のない者はサヨクの売国奴となるのです。

彼らにとって憲法改正が何よりも悲願であり、まずこれをやってくれる安倍政権なら守るべき日本がなくなっても、支持しようとするようになってしまっているのです。

まぁ、国民の半分が移民になってその時はヨーロッパのように、

ナショナリズム VS グローバリズム

と日本もなっているのでしょうが、その時の国家のナショナリズムは別のものに、いや本来の保守思想に回帰しているわけです。

ウヨク系の論客は小泉政権を持上げた連中と同じく消えてしまい、安倍・麻生・菅らの米国のパシリもこの世にいないか、認知症で事実上現場から消えてしまっているでしょう。

これがホシュ・右がやらかしていることであり、安倍政権ラスト3年で本当にとりかえしのつかないことをやろうとしており、右の売国左の亡国とはうまく言ったものです。

右の売国、左の亡国:2020年、日本は世界の中心で消滅する


【左の亡国】

左の亡国とは民主党が掲げていた、

コンクリートから人へ

というスローガンにもあるように、

社会保障費のために経済政策を軽視して国防費も抑え、こんなんで外国から干渉を受けられずにいられるわけありません。

いずれその社会保障も維持できないで貧困化するだけという意味です。


【リフレ派という害】

インフラ整備と経済発展の相関関係はこの雑な図からして明らかであり、これをリフレ派とかの経済学オタクがアクロバット論理を掲げ続けるわけです。

(白い線が60km走行の道路、つまりは高速道路や自動車専用道路)


【インフラ整備を軽視する悪の風潮】

立憲民主の枝野氏は社会保障を赤字国債で賄うといいますが、そんなことだけしても日本の未来などありえず先細りとなり、いずれ国防できなくなるでしょう。

要は

社会保障を充実させたいのなら、インフラ整備もしろ

ということです。


【クタクタの日本人】

それに加えてILOの批准も多くし先進国並みの労働環境を整えるなど、日本人の幸福度を50位をさまよってる貧困途上国レベルから、上位ベスト10入りすることです。(日本人を奴隷化している自民党では不可能です)

 

『闇金ウシジマくん』(医療機器メーカーに勤めている年収650万円の30代男性の話)で労働環境の悪さをさんざん指摘されているわけですが、大手勤めでも決して幸せな状況でなく精神崩壊寸前をさまよっています。
当然中小零細ブラック企業勤めの正社員なんてもっともう酷いものです。(正社員の奴隷化については⇒実質賃金の上昇と、チンパン以下のリフレ派論客問題・・・NEW !)

そこで移民政策と低賃金化により、長時間・年間休日が120日以下というライフスタイルとなり、不幸な国民だらけとなり、結婚して子供を育てそれで労働者が精神崩壊なしで、充実するとかまぁ不可能であることも当然でしょう。


【競争は外ですること】

結局、富国強兵するためには経済成長が必至であり、経済成長するためには労働賃金上昇が必要であり、それのみならず愛国心を抱かせるには、この国を守りたいという実感のために労働環境や社会保障制度の確立が必要なわけです。

格差是正なんて本来のナショナリストなら当たり前のことであり、実は競争原理って外での原理であり、国内では競合つまりは切磋琢磨の精神と競争と混同してはいけないのです。

これをグローバルウヨク層はまるで理解していません。


【データー改竄、北朝鮮と何ら変わらない日本】

格差拡大し経済成長もせず政府がデーター改竄してしたと言い張り、それでも国防費を増強するなら、こんなの北朝鮮と同じになりただの不幸な国になりますし、今日本がそうなっています。

世界3位のGDPの日本が幸福度で52位って、それだけ経済成長していないし格差がある証拠です。

日本のジニ係数は非常に高く、これもまた政府が改竄まがいのデーターで国民を騙しています。

 

 

 

日本のジニ係数は0.29でなく0.33というのが妥当であり、大本営発表しまくった戦中と何ら変わりなく、もはや外国のデーターで日本を分析するしかない、北朝鮮のような国に凋落していまいました。


【右の売国奴に支配された日本の不幸】

移民政策により低賃金となりデフレ永続化して少子高齢化となり移民国家となり、それで外資を呼び込み、それってただの右の売国でしかないわけです。

そんなことして、国民が不幸で貧乏なまま国防費を増やすと北朝鮮みたいになり、それを避けるのに結局反グローバリズム・反緊縮路線しかなく、

それを回避するためとして災害国日本として一石二鳥の、

インフラ財政出勤というのが普通の選択であるわけです。

それを怠り国防費を増やすなんて論外です。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です