国際シンポジウム 「グローバル資本主義を超えてⅡ」に参加してみた


【初めてのシンポジウム】

先日、京都大学で開催した国際シンポジウム「グローバル資本主義を超えてⅡ」に行ってまいりました。

こういうシンポジウムに参加するのは初めてで、こういう政治的・思想的な話を嫌がらない数少ない人種の友人を誘ってみたのですが、さすがにその友人と前夜11時過ぎまで『闇金ウシジマくん』ネタでもりあがって飲んでしまい、しかもシンポジウムが13時から18時までという長丁場なこともあり丁重に断られました。(笑)

それで一人で行くのもどうかと思い迷ったのですが、コイン占いをしたら何回やっても

”行け”

というスピリチュア・オカルト的な結果となり、怖かったのですが参加してみました。


【交通アクセス】

秋のキャンパスってもの何か悲しくも情緒的であり、文化祭が近いからか吹奏楽の演奏が耳に入り何か懐かしくもあり学生時代を思い出しました。

京大の吉田キャンパス付近はよくツーリングで琵琶湖行くのに通ることもあり、電車で行くのも新鮮でしかも料金も大阪からだと、特急ですぐだし料金も1千円以下で済みました。


【急きょシンポジウムを開催した理由】

こういう御託はいいですね。

シンポジウムの感想は東京文芸大学・特任教授の荻野文隆氏以外の先生方の話は、これっと言ってあらためて新鮮ではなかったということです。

そうなるわけも、進撃の庶民のブログをたまにチェックしたり藤井先生のラジオを聴いたりして、ある程度その知識もあるからなのでしょう。

今回のシンポジウムの開催理由も、

フランスの大統領選挙に立候補した元官僚のフランソワ・アスリノ氏が来日するということで、急遽3週間前に決定したとうことらしいです。

アスリノ氏以外の講演した先生は、藤井聡・中野剛志・柴山桂太・荻野文隆・先生らであり、5年目のシンポジウムの復習とその後世界はどうなったかという講演内容だったと思います。

今回のシンポジウムはひょっとしたらフランスの大統領に将来なるかもしれない、反グローバリズム・反緊縮財政派のビックな人物の話を聴くということが主な主旨だったのでしょう。


【暗い中野剛志さんの話】

シンポジウムに参加した人たちで中野剛志さんの講演内容が非常に暗く、結論から言えば日本の没落を回避することは困難で恐らく無理だという内容に多くの人がショックを受けたようです。

オズヴァルト・シュペングラーの『西洋の没落』と日本を重ね合わせているわけで、安倍政権悪夢の6年間でどうすることもできないし、恐らく後3年もどうすることもできないであろうと思います。

じゃ、私がなぜ反グローバリズム・反緊縮路線を支持するかといえば、

そうすることしかできないし、そうしないわけにはいかない

からという心情的理性的道徳的な理由からなのでしょう。

だいたい、職場の同僚で政治家なんた誰を選んでも同じというある種の無関心層を、うまく選挙に足を運ばすこともできないのですから、まぁそれだけ無力なのです。


【情報戦争らしいです】

藤井先生はTV番組にレギュラー出演してラジオ番組ももち、なぜそんなことをしているかといえば、

”これは情報戦争

だからとおっしゃってました。

グローバル資本の財界がメディアを牛耳り、御用知識人を使い大衆煽動し惑わし、中央政府と結託し富も権力もある連中に普通叶うわけがないのですが、藤井先生は唯一こちら側がもっている武器は

”真実”

だともおっしゃってました。

まぁ、真実が何なのかがまたわかないわけですが、グローバリズム・緊縮財政が人を苦しめ死に追い込んでいることだけは確かで、これらの政策が世界中の人を幸せにしないことだけは真実なのでしょう。


【ボッチには苦行の懇親会に参加する無謀】

なんか友人も連れて来れなくて、こういう懇親会とかの参加って苦手なんですが、一応参加してみました。

80歳の人で政治活動した人と話をしたりでき、アスリノさんの通訳をしていた人とも話しをできました。先生方と話をするにはちょっと引け目を感じ、酔っ払っていたこともありますが遠慮して近づけませんでした。

まぁ、それでも気さくなアスリノさんはツーショット写真をとってくれました。

 

汚いジージャンでシンポジウム参加って(笑)

このジージャンでも20年ほど前に2万5千円で京都で買ったものだし、このデザインのやつは店になくて、わざわざ取り寄せたと思います。
靴もロックポートで一応はブランド品でそこそこの値段なのですが着こなし悪く、見た目はただの汚いおっさんにしか見えません(笑)

もうちょっと、講演の内容を詳細に紹介したかったのですが、また別の機会にしたいと思います。


P・S

シンポジウムには一人で行かないこと、ましてや懇親会に参加とかは営業目的とかそんなのなければ、あまりオススメできません(笑)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA