地方の地下アイドル自殺と労働環境



【私立にしか転校できなかったのかも】

昨今、地方の地下アイドルの自殺が話題になっております。

「農業アイドル」の死、背景にパワハラと遺族が所属事務所を提訴へ
10/11(木) 5:09配信

>愛媛県を拠点に活動する地域アイドルグループのメンバーが2018年3月に自殺した。その遺族らがグループの所属事務所などを相手取り、慰謝料などを求める訴訟を10月12日、松山地裁に起こす。原告弁護団がBuzzFeed Newsの取材に応じた。【BuzzFeed Japan / 播磨谷拓巳】

端的に言えば、裕福でない家庭の娘をアイドルとして活動させたが、環境はブラックでアイドルを辞めさせたかったけど、契約に疎い一般庶民としては

「辞めるなら違約金として1億円払え」

とか恐喝めいたことを言われて、娘は悩み自殺したということらしいです。

>そして3月20日、高校に納付しなければならない残りの12万円を借りるため萌景さんと母親が事務所に出向いたところ、貸し付けを拒否された。

高校にいくら納付しなければならないのかわかりませんが、12万円足りなかったようです。たかだか12万円のために命が奪われたのです。


【インフレなのに(だから)若者の負担は少なかった日本】

私の時代とは今と学費の負担額がまるで異なり、20年以上前では日本は中間層が厚くインフレでありながら、大学の授業料を見てもわかるように、今よりも安かったと思います。

(某私立文型の大学の授業料例)

80代後半~90年代前半 約60万円/年

現在         約80万円/年

当時はほっといても年々給料が上昇し、消費税がなく無税であったり3%であったり、サラリーマンの医療費負担は一割程度で、介護保険料もない時代だったのです。

もちろん、ゴミを捨てるのもリサイクル料もいらなくタダでした。他にも例はあります。

(某会社の大卒初任給例)

93年入社 19万6千円

94年入社 20万5千円

まぁ、某大学とか某会社とか私の実体験なのですが、当時の日本はグローバル化によって金融バブルが形成されそして崩壊し、企業は投資を渋りいよいよ実体経済が悪くなりだす頃なのですが、まだまだ実体経済は堅調だったように思われます。


【金銭問題で自殺する未成年者】

私立高校にかかる学費・授業料・費用

上記のリンクをクリックして閉口しました。

デフレで格差が拡大してしかし学費が高いわけです。いや、学費だけでなく消費税や介護保険料、リサイクル料、軽自動車税から何から、デフレなのに(だから)若者や現役世代に対して負担が増えているわけです。

今の若者が上記の例を知れば憤慨して50代以上の敵意を抱くでしょう。(40代は構造改革・グローバル化の被害者の氷河期とバブルと世代が重なっています

この自殺したアイドルの例だと通信制の高校から公立高校への転校はハードルが高く、私立にしか編入できないことも考えられますし、単純に公立高校へ転校するお金もなかったのかもしれません。

いずれにせよ、貧困による金銭的なトラブルとブラックな労働環境とが、地方の地下アイドルを自殺に追い込んだと分析するのが妥当なところなのでしょう。


【今も変わらぬ日本の労働環境】

アイドルの活動でブラックな労働環境の典型として、3人組のアイドルのキャンディーズを思い出しました。

引退を表明した時にメンバーの一人のミキが

”普通の女の子に戻りたい”

と言う言葉が流行したのを当時小学生だった私も印象ぶかく覚えています。

キャンディーズは日大出身のアイドルで既に当時は成人でしたが、労働環境はブラックそのもので単に契約更新をしなかったという、今では当たり前のことを彼女たちがしただけなのです。

それを当時の年配者は

”現代っ子”

と讒言を浴びせていたようです。

当時はセクハラもパワハラという言葉もなく、大人たちはいいように若者を酷使していたわけで、グローバル化・構造改革・緊縮財政とデフレを加速させ経済が低迷し格差が拡大し賃金は低迷し、当時の経済成長期の悪い側面だけが引き継がれて、今のブラック会社が跋扈することになったわけです。


P・S

要はまず日本はILOの批准数を先進国並みにして労働環境を整備して、国債刷ってインフレ整備して地方を活性化させ、一方で消費税廃止してグローバル化みたいに社会を破壊する極端なことは避けろということです。

外国人労働者受け入れする前にやることなんていくらでもあるし、そもそもグローバル化による被害者が今の途上国の外国人労働者であり、ますますグローバル化によって問題を深刻化させるなんて自家撞着もいいところです。

外国人労働者50万人超必要 25年までに 人手不足深刻化で転換
2018.6.6 06:15 sankeibiz

安倍政権は外国人労働者受け入れを決定しました。これでデフレは加速して外国人の観光客相手に商売する世の中になりますというか、なっちゃいましたね。

別に外国人を排斥するとかそういうことでなく、言葉も文化も何もかも違い、ただ円だけを稼ぎに来ている動機だけだと、日本の下層部に位置づけられヨーロッパで起こっているように取り返しのつかないことにないかねないということです。

 

日本が売られる (幻冬舎新書)
堤 未果
幻冬舎 (2018-10-04)
売り上げランキング: 18

正確的には

”日本が売られている”(進行中)

なんですよね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA