百田尚樹・有本香氏の藤井聡批判


【行け!熱狂的愛国者のオピニオンリーダー】

百田尚樹×有本香 橋下徹と藤井聡の大バトル勃発した真相を暴露!「藤井さん何でこうなっちゃったの?」

まぁ、藤井先生の百田先生への辛辣なコメントを私も拝見しまして、あまりいい印象はもてませんでしたが、ただ百田氏と有本氏は藤井聡氏の政策内容や、言ってる内容について何ら批評できていないと思います。

ただ、品性とか人格とか

ふわっとした何らわからない俗物的・ワイドーショー的・ゴシップ的、端的に言えば、

大衆的

な言葉でしか批判できていないわけです。


【論文のイロハから】

”誰々の発言はオカシイ。なぜならば、こういう理由からであり、事実過去にこういうデーターがあり、そこからおよそ適切でないと判断できる。”

こういう、論文というか議論のイロハすら踏まえていないわけです。

ただ、藤井聡氏を

品性下劣とレッテルを百田尚樹氏が貼ってしまうなら、どの部分がどうなのかが第三者にはわからず(百田信者は別ですが)、ここはきちんと指摘すべきだと思います。


【沖縄の人への苛酷なツイート】

では品性下劣と藤井氏を讒言するならば、この沖縄の人に対するツイートはどうなのか?

 


【弱肉強食でなく地方から再生】

百田尚樹氏の品性端正なツイートでした。

沖縄に対して、品性下劣な藤井聡氏はこんなことを述べています。


【この6年の災害は安倍政権の人災】

まぁ、具体的に沖縄問題を述べていますし、インフラの重要性を何年にも渡ってこの人は述べて言いました。

民主党政権時の

”コンクリートから人へ”

のスローガンの危険性を指摘して、蓮舫議員がスーパー堤防の不要性を主張した直後、津波で福島の原発がぶっ飛び、東北が大きく被害を受けたことは記憶に新しいわけです。

まぁ、安倍政権になってもこの緊縮財政の路線は踏襲(ふしゅう)され、云々(でんでん)言わさぬインフラ軽視により、福知山十津川の大洪水・熊本の大地震・西日本豪雨・大阪の地震・台風21号の風災・北海道の地震と、6年にもわたる安倍政権による人災が次から次へと継続されている次第です。


【とりあえず反論する前に敵の研究を】

これらのことに関して、有本氏や百田氏は学術的に反論してほしいと思います。

品性下劣とか人格否定とかそんなアプローチじゃなく。


P・S

以下の本はわかりやすくまぁ普通のことを述べており、これらの内容は勝間和代さんもだいたい同感しています。(インフラの重要性)

とりあえずこれくらい、読めと言いたい。

救国のレジリエンス 「列島強靱化」でGDP900兆円の日本が生まれる
藤井 聡
講談社
売り上げランキング: 420,415
.
.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA