さくらももさんの死去は早すぎるのか 


さくらももこさん死去 53歳 乳がんで 8/27(月) 19:40 掲載 yahoo news

西城秀樹さんも最近亡くなられ、その死が惜しまれています。

しかしながら、私は必ずしも若くしての死に対してそれほど悲観的に思えず、むしろお疲れ様でした(うらやましい)というのが正直な感想です。


【介護施設の高齢者の要望とは】

私は現在、介護施設で働いていますが、利用者と接しもっとも多かった要望が、

”①家に帰りたい”

であり、次が

”②死にたい・もうどうでもいい・殺してくれ”

などの意見です。

寿司が食べたいとか野球観戦に行きたいとかなんて、そんなのどうでもよく刑務所に服役中の女性の受刑者が

”アルフォード(チョコレート)”を食べたい

と同列の希望であり、何よりもまず

”刑務者から出たい。自由になりたい。”

というのが第一希望なのと同じです。


【金があっても不幸になる】

世間一般の最大の誤謬が、例えば公務員とか安定した職業につき、65歳定年・退職金・共済年金と老後に安定した幸せな人生を送れると思うところです。

恐らくそれは、定年後の数年はそうかもしれませんが、個人差もあり現役時代からの運動不足などの不摂生からくる生活習慣病から始まり、蓄積されたストレスからの神経系の損傷、更に生活不活発病と発展し、

先発・中継ぎ・押さえと野球の投手の系統のごとく

勝利の方程式でなく、要介護3以上の方程式へと繋がる可能性が非常に大きいわけです。

一言でいえば、

金があっても不幸になる可能性が非常に高いわけです。


【施設に入ると自由はなくなる】

グループホーム・高級有料老人ホームでも現実的には自由な外出は不可能な施設がほとんどだと思います。

現役世代で病院でも入院した人はわかると思いますが、患者が近くのコンビニに出かけるのも、正確には外出届けを出して許可を得なければなりません。

これが、認知症や自力で車椅子をロクに使いこなせない、しかもバリアフリー更新国の日本で自由に外出できるわけもありません。

では、職員の同伴で可能だということになりますが、残念ながらどこの施設も人手不足で、利用者の希望に叶うような外出は不可能に近いわけです。

それどころが、施設内での業務を少ない人数で日常業務を回転させるのに、どこも四苦八苦しているわけです。

利用者の健康管理をしなくならなくなり、水分の摂取量から食事制限と何から何まで施設の管理下に置かれ、いわば鳥かごの中の鳥状態というのが現実です。


【利用者の自由か家族の苦痛からの解放か】

正直、高齢者の幸せを思えば、自宅にいることが一番の幸せであり、もちろん車椅子の状態で三大介助(食事・排泄・入浴)を家族がするのが困難なのは理解できますが、

月額25万円の高級老人ホームに入居している利用者と、金はないけどアパート暮らしで自由に外出できる高齢者と

どちらが幸せかと言えば、主観的な意見ですが私は後者だと思います。

行きたい時に自由に散歩の行ける

これが施設ではほとんど不可能であり、実は施設に入居している人の多くの希望が上記のような自由なのだと思います。

だけど、介護する側の家族の幸せも当然あり、介護するために人生のほとんどを捧げるのは非常に酷であり、その結果グループホームなり有料老人ホームなどあるわけですが、現実鳥かごの中に押し込めるような状態であるのは事実です。


【安倍政権 外国人労働者増で『入管庁』設置】

介護の世界は人手不足で離職率が非常に高いわけですが、安倍総理がこれに移民をもって対応してくださるようです。

 

日本は既に世界第四位の移民国家であり、まぁ私の職場でも東南アジア系の人が数名働いています。
ミクロ(個人的)でいえば非常にありがたいわけで事実顔の知れた同僚であり、しかしマクロで言えば三橋貴明さんのごとく労働賃金抑圧となっていることで現実です。

まぁ、これがグローバル政党の骨太の政策だし、まぁ私なんてグローバル化は貧困化を招き一部の金持ち以外は誰も幸せにならないから辞めろと、7年以上を声を上げてきたわけですが、見事敗北で終わりましたね。


【幸せの定規】

民間勤めや非正規勤めで老後の心配している人がいるけど、心配するなと言いたい。

なぜなら、老後の心配のない財を築いたところで、そんなもの糞ほどの役にもたたない例を見ているからです。

ぶっちゃけ生活保護受けてそのまま施設に入居している例も、高級老人ホームも対して変わりなく、アルミの鳥かごか金の鳥かごかの差ぐらいしかないからです。

京都駅前ビルのような刑務所があってもあくまでも刑務所であり、そんなのなら自由に外に出れる田舎の無人駅のほうがいいに決まってます。

高級老人ホームで焼酎を週に一杯だけ飲めるのと、大阪の京橋で朝から飲んだくれできるアパート暮らしの高齢者とじゃ、まぁ後者のほうがありがたいわけです。


P・S

まぁさくらももこさんの死去から話がはじまったわけですが、要介護3以上の高齢者の実態を何もしらないから悲しめるわけで、個人的な意見ですが尾崎豊氏やZARDの坂井泉さんらの若すぎる死もいわば救済に近いと思います。(先越されたな。という感じです)

自由にトイレに行けない状態がどんなことか、それらを介助することがどれほど大変か(特に一般家庭)を知らないから、無邪気にセンチになれるのだと思います。

スピリチュアルなドグマでは自殺を禁止されており、西部邁氏の入水自殺も非難を浴びているようですが、正直ぽっくり逝けないなら戦って死ぬのもありかなと最近思うわけです。

サムライであるなら。

 

SAMURAI ROCK(通常盤)

SAMURAI ROCK(通常盤)

posted with amazlet at 18.08.28
吉川晃司
ワーナーミュージック・ジャパン (2013-04-17)
売り上げランキング: 158,668

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA