議論せずまま改憲


首相「次の国会に改憲案」 9条改憲優先度、争点にー2018年8月14日 朝刊 東京新聞

>安倍晋三首相は十二日、地元の山口県下関市での講演で、憲法九条の一、二項を維持した上で自衛隊を明記する自民党改憲案について「次の国会に提出できるよう取りまとめを加速すべきだ」と語った。

>首相は講演で総裁選について「党員の間で(改憲)議論を深め、一致団結して前に進むきっかけとなることを期待する」と指摘。自衛隊明記に向けた「決意」を表明し「いつまでも議論だけを続けるわけにはいかない」と、改憲原案の国会提出に向け、まずは党内で早期に結論を出す姿勢を強調した。


【議論してた?】

いつまでも議論だけを続けるわけにはいかない

??

まず本当に議論しているのかどうか疑わしい限りです。


【自己責任憲法】

まぁ、私は従来から警告しているように、今回の改憲内容の目玉は

弱者切捨ての改正自己責任憲法

であり、権力者を抑制する機能を廃した憲法になると思われます。

第三章(国民の権利と義務)家族の尊重と家族は互いに助け合い

第七章(財政)財政の健全性を規定


【憲法は権力を抑制させるため】

もともと近代化を遂げた憲法に基底されている精神はマグナカルタ憲章であり、つまりは権力者は力が増大であり、その立法機関であるが故に、例えば消費税増税すれば国民は払わなくならなくなるし、特に内閣は実に権力が集中しやすいために、その権力の抑制のために英国のジョン王により設定されたものです。(当時は貴族と王との対立の構図でしたが)

しかも、内閣はインナーキャビットといわるようにマーガレット.サッチャーの存在などから理解できるように、独裁者が現れると権力が集中してしまいやすいわけで、ここで憲法を国民が権力者に守らせなければならないわけです。

これがマグナカルタの精神なのです。

小室尚樹氏が著書『日本人のための憲法原論』で述べているように、憲法ってあるだけでは何ら機能しなくなり、事実戦前のドイツ国民がワイマール憲法を無視を許したためにあんなことになったわけです。


【憲法違反の社会福祉制度】

実はもう既に安倍政権で憲法違反を堂々として、ほとんどの国民がそれに無関心なわけです。

例を上げるときりがないわけですが、憲法25条の健康で文化的な生活というものは国家の責務を放棄していると思われます。

もうこんなものは論外であり、生活保護にしても医療にしてもその財源のやりくりをしているのは自治体であり、しかしその財源は限られているわけであり、自治体によりそのGDPは格差があると、中央政府が福祉・教育・医療・インフラに投与する交付金を渋れば当然そのしわ寄せが市民にくるわけです。


【安倍政権・消費税増税して生活保護受給者カット】
安倍政権、生活保護費160億円カット…約8百万世帯が生活保護水準以下の生活かー片田直久/フリーライター018.06.27

>「1億総活躍社会」を掲げる安倍晋三政権は、一方で生活保護基準の引き下げに執心してきた。2013年から、生活保護基準の最大10%にも及ぶ引き下げを断行。全国29都道府県で1000人近くが違憲訴訟を起こす事態になっている。さらには、今年10月から3年間かけて、平均1.8%、最大5%、年額160億円の引き下げが予定されている。

生活保護費を引き下げると当然、生活保護を受けれらない世帯も増えるだろうし、ただでさえ貧しい生活をしているはどうなるでしょうか?


【兵糧攻め】

私の住んでいる地区は今日は空き缶を捨てる日なのですが、今、外で空き缶の音が非常にやかましいです。これは想像ですが

ひょっとしたら引き下げられた生活保護費を保管するために、空き缶を拾って収入にしている可能性があるのではないかと。

恐らくこれが(空き缶拾い)ばれると不正受給となり、支給が切られてしかも不正に受け取った額を返済しないといけなくなります。

グローバル政権というものは実に手口が巧妙であり、まず生活保護受給者を怠け者で乱暴でどうしようもない印象操作して、次に兵糧攻めをします。

生活保護費削減⇒生活に困り不正受給⇒不正受給打ち切り⇒不健康で最低な生活という憲法違反

愛国者が国民を切り捨てるとかありえないでしょう。


P・S

こう言うと

”働けるなら働け!”

と言う論客もいるでしょうが、私の友人で仕事のストレスで鬱病になり、10年以上も生活保護を受けている人がいますが、無理に働くと次は病気になったり犯罪を起こしたり、まぁ更に問題が悪化すると思われます。

そんなことよりぶっちゃけ、生活保護を受けるよりも働いたほうが豊で充実できる社会にシフトチェンジしたほうが建設的だと思うわけです。

だから、今回の改憲は自衛隊とかそんなのぶっちゃけどうでもよく、グローバル政権の危ない改憲内容をチェックしてほしいわけですけど、皆生活に負われて無理でしょうね。

私も天気悪くてツーリング行けないから、たった一日の盆休みにブログを更新したわけです(笑)

 

日本人のための憲法原論

日本人のための憲法原論

posted with amazlet at 18.08.14
小室 直樹
集英社インターナショナル
売り上げランキング: 116,633

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA