中国包囲網しかしRCEP


【既存の国家を破壊する!ぶっこわす!リセット!】

熱狂的愛国者とグローバリストの相性のよさは、マルサスの人口論・カールメンガーの経済学の残基にあるその残忍さにあるのですが、熱狂的愛国者はあくまでも日本国を熱烈に愛しており、一方でのグローバリストは日本国を紛糾したい一心です。

何度も申しておりますが、既存の国家に破壊衝動をもっている者にはグローバリストが多く、これは熱狂的愛国者も同等であり、戦後の日本国は日本であらず、日本国憲法はマッカーサー憲法で情けない憲法らしいそうです。(確か、日本人も加わって作成したような)

日本ルネッサンスというくらいですから、戦前戦中に回帰することが熱狂的愛国者の彼岸であり涅槃であり、最後の審判的な教義なのです。(サッチャーはビクトリア朝に帰れがスローガンでした。今がないから同胞に対して冷酷になるのです)


【中国包囲網でRCEP】

私が知っている範囲でも、戦前戦中は酷い有様で、格差もとんでもなく拡大しており、格差が拡大すると手段である貨幣が、異常な状態となりバーチャル空間の金融が不安定化し、当然、世界規模の経済危機に陥るわけです。

あの格差世界の主犯格とも言えるビル・ゲイツすら認めておることですが、そのうちリーマンショック級の経済危機が訪れると、まぁ当たり前の発言をしているのです。

で、三文学者やレントシーカー・経済界にそそのかされて、あっちこっちで自由貿易協定を結んでいるブルジョワ政府は、何やらRCEPとかいう資本主義にトドメを指す政策に翻弄しているここ5年間の出来事です。

(外務省より)


【民主党の東アジア共同体は悪く、自民党のRCEPはよい!】

鳩山政権で東アジア共同体構想に、熱狂的愛国者は猛烈に反対してたような気がします。

安倍総理はグローバリストですから、必ず無差別級に貿易協定を結びますし、日本を無色透明のシンガポールのような言論の自由のない、民主主義を破壊する国家にします。

なぜなら、民主主義と資本主義は大変相性が悪く、米国で政権に反対すると抑圧されていますし、シンガポールでもそうです。日本でも共謀罪や最近、ツイッターのリツィートで名誉毀損で訴えるかもしらないという、金のある連中だけがヘイト発言できる世の中になりつつあります。

ジョージ・オーウェルの『1984年』の少年が結成するスパイ団のごとく、自民党ネットサポートクラブが愛国無罪と、あっちこっちで自民党の政策に異を唱える者は全て、売国奴、日本から出て行けと過激行動をとっています。

TPPは中国包囲網でRCEPと二重思考に陥っているようです。(まぁ、自衛のために戦争を起こし、次に一億玉砕となったのですから日本のお家芸ですね)


【共通点は排斥主義】

じつは、熱狂的愛国者もスターリン主義も毛沢東もサッチャーも、ナチスドイツも、全部共通してるのが排斥主義で、障害者やユダヤ人、在日、外国人など少数派を排斥する傾向にあります。

自分と異なる意見をだすと、「嫌なら日本から出て行け!」となるわけです。

いやぁ、自分らで変えていく選択肢もあるでしょ。これこそ、

「隷従するか、日本から出て行け」かの二択で、

オーウェルの『動物農場』の

「四本足はよい、二本足は悪い!」

の極論と同じなのです。


【抵抗勢力がなくなると独裁体制になる】

バーク読んでて気づいたんだけど、

抵抗勢力が存在しないばかりか、抵抗ができないようになっている時、権力はいくらでも独善的で傲慢になりえる」

と記述されており、排斥主義って実は国家や共同体のことをまったく考えていないあけです。実は。

これは民主党叩きに全力を注いだ連中も同じく、止揚勢力のない今の安倍政権の暴走はなるべくしてなったわけです。

別に、ある深刻なブロガーみたいに自決しようと思い悩む必要なんて必要ないわけですが、もう本土爆撃受けて、沖縄を捨石にして、原爆2発くらって、いいかげん学習して、なるべく同じ徹を踏まないことでしょう。

大体、愛国者が同じ日本人・同胞である医師会や農協、生活保護受給者、貧困者、地方(沖縄・東北)と敵に見立てて、叩いている時点で正気の沙汰でないと捉えるのが普通でしょう。

真の愛国者なら同胞を懐柔するはずです。


P・S

さて、次の経済危機が来たときに、どういう連中がどういう発言をし、言い逃れしたり責任なすりつけたりするか、観察したほうが勉強になると思います。

この時はみんなでウォール街のエリートが「ミンスキーモーメント」と連呼したように、

「宮崎の瞬間!(残虐事件でもネトウヨの敵の映画監督作品じゃありません)」

とエリートのふりして連呼しましょう。

注意することは、この混乱の乗じて恐怖を煽る連中が、まぁ定説のごとく出現するので、特にカエザル型が出現する可能性が高いので、まぁどうしましょうか。
あの人の顔が真っ先に出てくるのですが。坂の上の雲でなく、橋の下のなんとか。

リツィートも名誉毀損になるかもしれないので、注意してください。

 

複合不況―ポスト・バブルの処方箋を求めて (中公新書)
宮崎 義一
中央公論社
売り上げランキング: 141,760

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA