楽しんで受けれていた大学受験


【ゲーム感覚の受験】

引き寄せの法則シリーズで結構取り上げたのですが、私は新設の進学校出身でありますが、引き寄せの法則の原則の一つが楽しむことなのですが、受験勉強らしいことをした記憶がありません。

いわば、基本は楽しんでゲーム感覚でクリアしていと思います。

別にハウンドドックのblack board jungle の歌詞にあるように、「いい大学、いい会社」という団塊jr世代のデフォの競争精神とか、どうでもよく競合精神で(競争ではありません)ゲームクリア感覚でやっていたことです。


【洗脳の興奮状態と自己実現の欲求とは違う】

引き寄せの法則でも楽しむことが基本であり、楽しめなければ絶対に失敗します。無意識に私は興味のないことは手をとことん抜く癖があり、逆に興味があればとことん追求する極端な性格をしています。

私が日本の未来が本来は悲観的になる必要がないと言っているのも根拠があり、あらゆる分野で労働力の必要がなくなると、各自に興味のあることをそれぞれがし、それが経済となりもっとも生産性が高まるといものです。

このブログも数日前に書かれた内容であり、気分が乗ったときにまとめてやっていしまったほうが生産性が高く、その時はマズローの欲求でいう自己実現の欲求のトランス状態にあるのです。ドラクエシリーズを徹夜でやるような状態です。

いわゆるブラック企業の経営者は、無理から洗脳して社員を社蓄にしますが、これは不可能であり、その反動として社内にイジメやパワハラ、うつ病、自殺、過労死、在日叩き、外国叩き、芸能人叩き、等身大以上の属性願望からの熱狂的愛国者と、大体「攻撃の置き換え」となり、それが子供の社会にも投影されるのです。

私たち大人が子供たちを自殺に追い込んでいるのです。


【出題者の意図を読め】

さて、教育格差、少子化、AO入学とかで、受験のゲーム性は失われてきたのですが、結構考えたのが自分の得意な科目の配分の多い志望校を選択するというやつです。私は一応、英語が得意だったわけですが、私の時代は運が悪く世の国語力低下の問題から、国語の配点が高くなりました。

国語でも現代文の配点が高いところがデフォで、現代文でも小説が苦手で、問題作成者の意図を読み取るとか、そんなの知るかと思っていました。実は常識的なグラインダーで個性が削られた人間でないと、問題作成者の意図を読めないのです。

まぁ、それで国語力上げるために読書をしてのですが、夏目漱石の『こころ』ですね、自殺するK君の自殺する意図が何であるかを推測するのですが、それを

「K君が自殺したのは、主人公に罪悪感を感じさせるためにしたのではないのか」

と言ったところ、授業中に先生から非常に面白い発想だけど、デフォじゃないと釘をさされました。TVドラマ『anone』の広瀬すずさん演じるハリカちゃん並みにズレているのです。(案外、ハリカちゃんと同じことしてます)


【当時は自力で評判のテキストを調べる】

同年代で同じようなレベルの他の大学を卒業して友人がいるのですが、楽しいのが受験アルアルで、やっぱり勉強してたテキストとかの話が楽しいのです。

実績のある進学校に行くメリットの一つが、勉強の仕方もそうですが一番効果の高いテキストを、無駄なく選択できることです。情報戦です。

今ならネットでその評判とか勉強法とか共有できるのですが、当時はそんものなく自力で調べるしかなかったのです。


【評判だった田村の現代文】

結構、当時は現代文の偏差値を上げるのが、早慶上智の連中らで話題になったのが、『代々木ゼミナールの田村の現代文』です。

新・田村の現代文講義―代々木ゼミ方式 (1) 評論〔基本問題〕篇
田村 秀行
代々木ライブラリー
売り上げランキング: 34,254

今だに顕在でびっくりしました。これで大抵、最低、偏差値5はアップします。
変な邪心を取り払い、分の構図から、解釈するよな内容だったと思います。


【田中康夫氏オススメしていた700選】

駿台の『基本英文700選』もデフォで、これは田中康夫氏も当時推奨していました。

新・基本英文700選 (駿台受験シリーズ)
鈴木 長十 伊藤 和夫
駿台文庫
売り上げランキング: 2,870
.
.

 【今より学力のある中学生が浪人】

 .
 .
 .
その頃、普通に九九もできるし、小学校の円周率3.14で計算できるけど、偏差値の低い子で高校進学できず、中学浪人したり職人になったりとか、それでじゃんじゃん高校を新設していたのです。
 .
まさか、構造改革のデフレ政策で団塊jr世代の中に氷河期が生まれるとは、誰も予想してませんでしたから。当時は。

【楽しんでやるけど、洗脳はダメ】

朝、4時起きて車乗らされ豆腐の配達を普通にしていたら楽しくなく、コップに水が入っていない状態の下りだと、タイヤ滑らしてガードレールぎりぎりに寄せるとか、そういうのが必要なのです。(あの漫画は違法行為ですので)

.

ブラック会社は洗脳して「感謝!」「考えない!」とジョージ・オーウェルの『1984年』みたいに洗脳させているわけですが、その抑圧された緊張(ストレス)が攻撃の置き換えとなり、ますますグローバリズム・大格差社会や子供のイジメ・カーストスクールと投影され、幼い命が失われていくのです。

.

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA