諦めの境地とは


【四諦】

四諦・・・・苦諦・集諦(じったい)・滅諦・道諦の四つの諦め(この世は一切の 苦、苦には原因がある、苦を滅することができる、苦を滅する道がある)をいう。(仏語)

もともと諦めるとは「明らめる」を意味し、事実をさらけだすことを意味します。2012年9月に野党時代の自民党総裁選に安倍さんが勝利し、その時点でこうなることは決定されておりました。

つまりはもう諦めることです。


【やるだけのことはした(過去形)】

今後、別に何もするなとは言ってません。
これらの流れは突然発生したわけでなく、つまりは民主党叩きに専念していた時期に胚胎していた危険因子として安倍・麻生・菅氏らが根本の原因でなく、戦前からのまったく学習能力のない大和民族の精神によるものなのです。

西洋と異なり日本には契約の概念も理性による思考の訓練もなく、ただ空気による規範による集団行動を優先しているわけで、まぁ言ってみれば西洋、大陸のように暗黒の時代の苛酷な経験が少なすぎるからです。

西洋は大陸の戦争に続く戦争、絶望による宗教の新解釈、つまりは理性の誕生、30年戦争から二度の大戦にホロコーストと経由し、思考の訓練を必要を余儀なくされてきたわけであり、それを怠ると民族なんて国家なんて簡単に滅びるわけです。

カタルーニャなんて運が悪いだけで国家として独立できず、それでも今だに諦めていないわけです。カタルーニャ語の祖といわれたリュイの影響を受けたのがデカルトであり、デカルトが母国語で「方法序説」を記述し、その結果母国語で高等教育を受けれるようになり近代化を遂げることになるのです。

もうそんな史実は西洋どころか、中国・インドでもわかりきっており、いずれ中国もインドも母国語で高等教育をするように準備しているのに、これに対して日本は英語化教育って・・・。

 

英語化は愚民化 日本の国力が地に落ちる (集英社新書)
施 光恒
集英社 (2015-07-17)
売り上げランキング: 10,395

カタルーニャを例にしたけど、国家として独立したくとも運悪く母国語教育できず、今だにバロセルナ(カタルーニャ)はマドリード(スペイン・カスティーリャ)の属州となっているわけです。

(故)西部邁氏がかつて怒りに任せて「自らこんなこと(グローバリズム政策など)していて、この国は滅んでも仕方ない」と言っていましたが、まぁそうでしょうね。
カタルーニャ・台湾・チベットなどの独立したくてもできなかった民族がいるのに、自ら滅びを選択していて戦前からまったく何も学んでいません。

今だにこの国は敗戦処理(失敗の分析・学び)ができずゴニョゴニョ誤魔化しているのです。


【敗戦処理のできない国】

繰り返しになるけど、西洋、大陸はたった一つの失政で民族が滅びるか土地を追われるのを周知の事実としているわけで、だからイタリア、フランス、ドイツは第二次大戦末期に民族、国家の継続のために、必至に敗戦処理のために正統な政権を樹立しそこに民族と国家の存続に関連づけ、その責任をムッソリーニなりナチスなりに負わせて敗戦処理をしたわけです。

これらに対して日本なんてハルノート突きつけられて民族の自衛のための戦争だと言いながら、1億玉砕と逆目的の民族消滅の選択をしようとしていたわけです。
最初から目的も何もないわけで、これが今だに変わっていないから、自ら滅びを選択し続けているわけです。


【海洋国家の精神の脆弱性】

自ら滅びたがっている民族に対して、民族の継続のモチベーションを高めろとか無理でしょう。
だって、大陸なんてたった一つの失政や運の悪さで民族なんて簡単に滅びるわけで、それに耐え抜いた結果としての民族と土地が融合した国家であり、正直韓国のほうがその存続に対しては真剣さのレベルは上でしょう。

英国がマーガレット・サッチャーにより簡単にボロボロになったのも、大陸と異なり海洋国としてその危機感が少ないから、怪しいブレーン(ミルトン・フリードマン)やたった一人の独裁者により一瞬にして国家が凋落するわけです。

米国の衛生国の日英と共に海洋国家故に、安全であるが故にその精神が脆弱であり、きわどい駆け引きに耐えられないのでしょう。
だから簡単に新興人工国家の株式会社米国にのっとられるわけです。


P・S

諦めることです。諸行無常。この変化の事実を受け入れることです。

何もしないことではないが、まず自ら滅びたがっている民族にその継続を促しても無理なわけです。
ユダヤ人が土地を追われてどれだけ国家再建設のために、辛苦を体験し今もその危機感の中で生きているのか想像すれば、まぁこの滅びは仕方ないでしょう。

2012年9月の時点で私は警告を促しましたが、今だに何ら世論は変化していないわけで、もうどうしようもないわけです。(その頃は分析が足りなくて、今の危機を予測していた連中が、安倍政権がするであろうことを予測して、的中すれば世論は変わると思っていました。)

三島由紀夫の言った経済だけの無色透明な国家に、更に経済を差し引いた国になるわけです。しかし考え方を変えれば言葉失ったら民族も消滅しますから、もう民族の葛藤はなくなりますね。それはそれで解決なのではなかろうか。

ついにグローバリストの夢見ていたシンガポール化した日本が誕生するわけです。
韓国や中国を叩いていた熱狂的愛国者もその頃は別の形態と変貌を遂げていますので、恐らく何ら問題ないでしょう。

まぁ、今まで母国語で高等教育を受けれてほとんどの外国の著書も読めて、それは幸運だったと思い感謝することでしょう。
森有礼みたいなのが総理になってたら無色透明な国になってただろうし、その悪夢が遅れて現実となっているだけです。

マツコ・デラックス ”ネットカフェ難民にもっと公的サポートを”


松本人志とは真逆! マツコ・デラックスがネットカフェ難民問題に「もっと公的サポートを」と真摯な提案

>これを受けたスタジオではコメンテーターの古市憲寿氏らによりフリーターの高齢化問題や福祉による支援の必要性が話し合われていたのだが、それを不機嫌な表情で聞いていた松本は話を振られるとこのように吐き捨てたのだ。

>わからんようにちょっとずつ狭くしてやったらどうですか?」
「みんな優しいなぁ、話を聞いてると。俺、若干イライラしてきてんねん。ちゃんと働いてほしいから」

>路上でまずは始まるんやろうね。でも、路上で始まるほうが俺はなんか、チャレンジしてる感じがするけどね。路上なら頑張るんじゃないかな? なまじっか、これ(ネットカフェ)があるからさぁ! こんなもん蟻塚みたいなもんやから。みんなちょっと甘いなぁ」

>そのなかでマツコは、東京都調査の「インターネットカフェなどに泊まる理由」というアンケートの答えとして、「住居がない」が25.8%、「住居喪失の恐れがある」が2.1%という数字が出されていることから、ネットカフェユーザーの3割もの人が住居に関する障害を抱えていることを問題視。そして、彼らはその状況からなかなか抜け出すことのできない「負のスパイラル」にあることを同時に指摘していた

>3割以上もの人がなんらかの形で家に困っている人たちなのよ。これだからさ、もはやネットカフェの業者のほうにとっても立派なお客さんなわけじゃん、これ。3割以上を占めているわけだから。なかにはさ、もちろん、こういう生き方が好きでやっている人もいると思うけど、なかには、家の更新とかできなくなっちゃって、敷金礼金とかもなくて、で、そのスパイラルに入っちゃって、なかなかそこから出られずにいるって人も多いと思うのね」


【国家主義者と国民主義者】

まぁ、熱狂的愛国者である松本人志さんらしい発言ですね。
なぜ愛国者とグローバリズムと相性がいいのかというと、ファシズムもグローバリズムも経済と政治が直接結びついて、国民を排除するからです。

民主主義ってデモクラシー、デモス、つまりは民衆が中心となるから、なかなか資本家やブルジョワのような市場原理が働きにくく、国民間の議論を重ねるから変化の漸次性が強く、つまりはドリルとかリセットとか急進的な政策になりにくいわけです。

愛国者と言っても、国民に重点を置くか抽象的な国家に重点置くか、どちらを優先にするかでまったく違い、抽象的な国家に陶酔している連中はその変化(大日本帝国復活みたいな)の遅さにイライラして、ファシズム化つまりは、国民を排除して経済と政治を直接結びつけてたがるわけです。

グローバリズムもファシズムも皆、国家(国民国家)を中位と見なして、排除して原子化された世帯や私人に分解して直接支配するわけです。


【マルサスの人口論と熱狂的愛国者との相性は抜群】

路上でまずは始まるんやろうね。でも、路上で始まるほうが俺はなんか、チャレンジしてる感じがするけどね。路上なら頑張るんじゃないかな? なまじっか、これ(ネットカフェ)があるからさぁ! こんなもん蟻塚みたいなもんやから。みんなちょっと甘いなぁ」

これって、経済学理論と同じく共同体を破壊して、原子化された私人が労働力を商品化することを余儀なくし、資本家と賃金を強制的に飢えを動機にして交換させるわけです。
これでも飢えて死ぬならそれで均衡が保てるわけです。使いない国民が死んでくれてラッキーみたいな感覚です。こういう考えの人はなかなか口にはしないけど、障害者を国のお荷物として思い、本音は恐らくこうです。

”この世にいなければいいのに・・。”

これぐらいにしか思っていないのでしょう。事実、ナチスは障害者をそのように扱いました。

国民を同胞というよう有機的なゲマインシャフト的な対象でなく、単なる歯車・部品・消費者・顧客つまりはゲゼルシャフト的なものとして扱っているわけです。
なぜなら、万世一系で東洋で最初に近代化を遂げ、日露戦争に勝利し、かつてのGDP世界2位という実績、ジャパンアズナンバーワンという伝説に甘美し、それをいつまでも大切にして、その復興、ルネッサンスつまりは逆進的なことを考えているわけですから。

熱狂的愛国者の多くは、経済学的な均衡モデルで弱い国民が淘汰され消えてくれれば、抽象的な強い国家が誕生すると思っているわけです。
だから彼らは非常にグローバリズムと相性がいいわけなのでしょう。


【自分がされて嫌なことはやらない】

マツコさんはオネエ系ですから、世の中から異端扱いされ排除されてきたから、人としての痛みを知っているのでしょう。
自分と係わりのない価値観や境遇の違う赤の他人でも、知人と同じように平等に扱うわけです。なぜなら、

自分と違う人を排除すると、自分がされてきて苦しんできたことを、同じように他人に負わせることになるからです。

ここで、自分がされたことを他人にしたくないか、自分がされたから他人に負わせるか、二手に分かれるわけです。


【知らないからこそ配慮する】

それこそ、こういうのは世代間格差にみられて、浜省の歌に影響されて高校や大学を中退して、それでもどうにかなっていた世代と、バブル期における理系と同等の学費と奨学金を背負い、新卒一括で失敗したら残りの人生家畜決定となる世代とでは、まるで意識が違うわけです。

それこそ、消費税もなければ介護保険も医療費も軽負担(サラリーマンなんて1割負担でした。バブル期でも)、毎年給料は窓際族として在職するだけで上昇する、こんな経済成長期だったからこそ、自己責任とか言えていたわけです。
私立の大学の学費が年間60万円で、週三日の土建屋バイトで月16万円稼げ、時給2千円の家庭教師とか向こうから頼んでくる、こういうのが90年代の初めまでは普通だったわけです。(京大生とかの家庭教師なんてもっと金額よかったと耳にしてます。)

ましてや、グローバリズムにより都市部と地方の格差が拡大し、都市部に若者が強制的に仕事を求め移動したものの、経済成長期と時代は異なるわけで、結果難民となった例もあるでしょう。例えば高知東生さんの時代は路上暮らししだけど、どうにでもなりました。日雇い日払いで日給1万円以上で連続的に仕事あれば、どうにでもなるでしょうに。それが97年以前の状態だったのです。

自分の知ってる世界だけが世界の全てじゃなく、文化、言語、価値観の違いがあるのは確かで、まさにソクラテスのいう「知らないことを知っている」かどうかでしょう。

よく日常会話で「お子さんは?」とか子供カワイイとか無邪気に話する人いるけど、子供ができなくて苦しんでる夫婦もいるわけです。父親から性的DV受けた人もそうですし、初体験が集団による暴力だった人もいるわけです。
知らないことを知っていれば、実はこんな無神経な発言はできないと思います。
結構、私はよく冷たいとか言われますが、単に相手の私的領域に土足で踏み込まないだけです。

言いたきゃ、勝手に相手から言うだろうに。

 

 

 

 

 

三浦瑠麗さんの「ワイドナショー」の発言


【コリアンタウン生まれという】

三浦瑠麗さんの「ワイドナショー」の発言が問題になっていますね。
この問題に関して正鵠を得たツッターの内容を紹介します。

私の実家は奈良ですが出身地は大阪の生野区でいわゆるコリアンタウンです。実は、パスポート発行のために本籍地から戸籍を取り寄せたのですが、出生地は阿倍野区だったわけです。
それもそのはず、元々の家は環状線の寺田町駅近辺で天王寺区・阿倍野区・東住吉区・平野区と隣接しているから近くの病院で生まれたというだけです。

ここで熱狂的愛国者が「これはフェイクで工作のためだ!安倍政権に反対する売国奴だし!スリーパーセルだ!」とかいうものに対しての釣り針として、用意してよかったのですが早々とネタをばらしまいました。
しかもうちの母親の出生地は朝鮮半島でそれも戸籍に記載されており、その理由も朝鮮半島が併合状態にあり祖父が警察管だったからです。
戦争前に祖父が死去し鹿児島に帰ってきて、その後大東亜戦争に突入したわけです。
(これも熱狂的愛国者の釣り針のネタばらしですが)

実は蓮舫の二重国籍問題で戸籍を見せろとかいう熱狂的愛国者の暴言に、反対したのは被差別部落の人で戸籍問題で苦しんでいる人もいるし、私の戸籍ですら複雑な内容で人の心を傷つけるデリケートな問題だからです。

コリアンタウン出身の日本人だから、こういう苦痛を代弁して発言できるわけです。(私は薄情とよく言われますが、非情ではありません)


【インフルエンサーとしての自覚を】

まさに国内秩序に関してですがそんなの専門化に任せればいいだけで、影響力のある人間が数字をもっているTVで発言すると、政権の瑕疵から戦争状態に突入した時に国民は動揺し、関東大震災時のデマやナチスのユダヤ人狩りや魔女狩りのような事態に移りかねないのです。

日本では特に空気が支配しているから、たまたま一人の在日の人が何らかの事件を起こし、それが関係のない人にまで影響を及ぼし、ジェノサイドと結びつく可能性がないと言い切れません。
白人や黒人などの見た目が明らかに異なれば比較的に恐怖を抱きにくいけど、同じような見た目だと恐怖の煽動により、原作のデビルマンの最終話みたいになりかねません。やっている連中は正義感をもって女・子供を守るため秩序維持のつもりでやるのです。

実は三浦瑠麗さんのこの発言で、何百万人の視聴者の無意識下にこの発言内容が起爆装置として植え付けられ、社会がアノミー状態になった時に起爆装置となりうる可能性ができたわけです。あくまでも可能性ですが学者としては軽率な発言だと思います。この発言を知ったところで一般人がすることなんて、もう想像できますね。これは植草一秀さんのごとくメールマガジンなどでコアな層に話す内容です。

社会心理学でも社会学でも異質(微妙な差異)は排除されるというこれらの問題は普通に取り扱われています。(国際政治学でもです)

社会心理学講義:〈閉ざされた社会〉と〈開かれた社会〉 (筑摩選書)
小坂井 敏晶
筑摩書房
売り上げランキング: 25,357

【東京のほうがジェノサイドが起こりやすいかも】

私は去年の夏にハワイに旅行したのですが、日付変更線や時差から帰国日を間違い飛行機に乗り遅れ関空行きのチケットがなく、羽田行きの航空券を旅行会社から手配してもらい、仕方なく東京で一泊し新幹線で大阪に帰るはめになったのですが、その時に気がついたことがあります。

それは、東京の人は大阪と異なり北朝鮮の軍事パレードのごとく、蟻が列をなすがごとく人の列の流れが規則正しすぎることです。
とりあえず安価のホテルを探そうと一度浜松町で降りてみたのですが、帰宅中のサラリーマンやOLの人の流れがえげつないわけです。いわば乱れがまったくないのです。

一方大阪では梅田でも京橋でも人が行き交いする人の流れはやはり多少の乱れがあり、その流れを横断することが比較的に容易く、まぁ自由度が高いわけです。
簡単に向こう岸まで横断できます。

金美齢さんが大阪は中国に似ていると発言しましたが、まぁあながち間違いでなく30年前は電車に乗るときもろくに並ばず、電車から降りてくる人の両脇から各自が別々に乗るのがデフォであり、しかし30年もすればなぜか気がつけば根気強い駅員の調教によってか、東京もどきであるが並ぶようになったわけです。
赤報隊の事件の時は大阪では並ぶ習慣がなかったわけです。(電車の乗車に関してです)

大阪はノリで暴動は起こりやすいかもしれませんが空気の支配や規律などはあまりなくバラバラで、東京のほうがジェノサイドにつながりやすいのではと危惧しています。


P・Sリベラルという意味

女性政治家に「猟犬役」を強いる日本政治 三浦瑠麗氏

三浦瑠麗さんが自身をリベラルと称し、どこがじゃと言う論客もいますが、ある意味リベラルです。

リベラル=リバティ=解放の自由

これがリベレルの精神で彼女は第一線で活躍する女性という立場からするとマイノリティで、男性社会からの解放の意味ではリベラルなのです。
保守からは女性は内で家事にいそしみ子供はお母さんといたいもの保育園なんていらないと、発言する人が非常に多いわけですが、これがグローバリズムに生気を与えたわけです。

勝間和代さんなんて男女雇用機会均等法が30年前に施行された時から、この国は何もしてくれないと予測しまさにその通りで、その頃大前健一氏の本やミルトン・フリードマンの「資本主義と自由」に影響され、まさにその結果として自身の自由を掌握することにつながりました。勝間さんが国家に期待していたら今頃、広告のチラシで子育てしながらパート探していたかもしれません。

三浦瑠麗さんも女性議員を猟犬扱いしていると指摘しているところも、彼女が女性解放という意味ではリベラルの立場にあるからなのでしょう。
それがグローバリズムの米国追従であれ何であれ、まず女性の解放を優先してるからであり、これも戦前の陸軍の東北出身のエリートの抑圧されたような欲求の影響が非常に強いと分析できます。

これも30年問題放置した結果のグローバリズム横行ともいえるわけです。