社会の変動


【世代間格差と少数派】

普通に社会においての嫉妬、不満、敵意、ルサンチマンは望ましくなく、そんなことは半世紀ぐらい前からずっと研究されてきたことです。

経済的合理性のみ重要視しアフリカの貧困層に比べれば幸せとか、まずその意見自体何ら意味を成しません。
現に、南アフリカの富裕層に私たちは嫉妬することはないけど、隣人には嫉妬するわけですから、それも同胞意識をもつからの嫉妬であり、これは権利の欲求とも言えるわけです。(これも100年以上前から言われいることです)

前回のブログのジャネレーションギャップのそうですが、団塊とバブル、氷河期、ゆとりと全く状況が異なり、貧しくても中間層が高くて公立の中学でも努力すれば公立の高校進学でき、普通にパイプラインシステムの流れに乗れれば成功できたのです。
失敗してもそこそこが保障されていました。
山田昌弘氏はこれを希望格差社会と紹介しており、まぁ私はこのシステム自体がフェミニストやグローバリストらの攻撃材料になったのではないかと分析しているわけです。

まずこの少数派が社会を変動させることは、社会学や社会心理学では常識的に扱われています。


【インフラ財政出動派が異端という世の中】

この少数派モデルの典型例が社会心理学者のモスコヴィッシュのモデルだが、彼は「数の上でも劣り、権力・権威・名声が欠落したままでも少数派は影響を及ぼす。」と言及しています。

恐らく、私の偏見だけど藤井聡先生も最初からこれを目的とし、内閣官房参与として政局にかかわりながら一方では、次に到来するであろうグローバル規模の経済危機の際に備え、グローバリズムという規範の代わりとなる新しい(新しくもなんでもないですが)規範を用意していると思えます。
現にグローバリストの杉田水脈議員も強靭化の講演会かなんかに参加しており、これもサブリミナル効果的な何かぐらいはあるでしょう。たぶん。
まぁ、これがエリートの鉄板思想と言える所以です。

モスコヴィッシュは少数派が与える影響を「常識を見直すきっかけを与え、新しい発見や創造が生まれる。」「社会という開放システムは異端者を生み続けるおかげで停滞に陥らず、歴史の運動が可能となる。」と言及しています。

少なくともインフラ財政出動派はブルーオーシャンと言われているように、ある意味異端扱いされるわけです。なぜか。
グローバリストはもちろんのこと、左翼、リベラルまでも「コンクリートから人へ」と具合にカルト思想扱いを受けいるようです。

いや、いや、数字見てください。(これ三橋さんがよく言ってた)
都道府県のGDPとインフラの相関関係は密すぎるぐらいに密です。(過去ログ


【スメルサーの社会変動モデル】

あんまり長くなると主旨に逸れるので、スメルサーの社会変動理論を紹介します。
簡単に説明する以下です。

起動 →  緊張(ストレス)の蓄積 → 緊張の蓄積 → ①停滞と衰退
↓         ↓                  ②革命的運動による
起動力の融合   社会的復旧               停滞と衰退
(それ以上変動                     ③連続的な発展
は起こらない)                     ④非連続的な発展
.                           ⑤革命的な激動歪み

社会における嫉妬、不満、ストレス、敵意などが「緊張」にあたり、例えば格差などが起動力にあたります。たぶん。
実はこの緊張という心理面が非常に需要であり、絶対的な経済状況は生産能力が高い先進国には必需品が行き渡っており、主流派の経済学者やグローバリスト・企業家の多くはこれを非常に軽視するわけです。

2:8の法則で有名なパレートもエリートの周流という社会の変動モデルを示しましたが、彼も残基という人間の心理面が先であると言及しています。

簡単にいうと格差(世襲、性差、民族、経済、地域)というものを放置しておいて、何も問題にならなければいいわけですけど、緊張が蓄積されそこで政府がなんらかの対策をするのなら、社会的復旧が行われればそれ以上もう社会の変動は起こらないわけです。

例を上げると、フェミニストの運動などにより1985年に「男女雇用機会均等法」が施行されその結果として、結婚・出産・育児までが社会・国家が面倒見ることが保障され、性差に関係なく出世できるという社会の構築がなされるようなことできていたのなら、社会的復旧が実現されたといえよう。

しかし、30年以上前の施行されたこの法律は事実上何ら効果がなく、次の局面に移るわけです。
現在、最終局面がどこに当てはまるかが試されているわけで、どうなるかは随時表出する変数から分析しないとわかりません。(ああなればこうなるくらいの予測は立てられますが)
今はフェミニストらに、カツマー(勝間和代さんのファン)というグローバリズム色の強い新しい少数派が加わり、これに山尾しおり議員のような保育園の問題などに配慮するリベラルが加わっているっていうところでしょう。

ちなみにスメルサーの社会変動モデルの①停滞と衰退はシュペングラーの文明の衰退に相当し、⑤革命的運動によって歪められた社会発展はマルクスの革命論に相当します。

③の連続的な発展が恐らく自民党が目指している着地点であり、社会変動の分化ー統合モデルに近く、反対する人々への統制ができるかどうかにかかっているわけです。
(例)共謀罪、特定機密保護法、ヘイトスピーチ規制法、マイナンバーのよる完全管理体制、TVドラマに企業よりの内容を刷り込む、報道メディアへの介入、訴訟による言論統制

端的に言えばディストピア社会です。


P.S

よく経済評論家なりジャーナリストなり予見を見誤ったとか糾弾する人がいるのですが、まぁ天気予報すらはずれることはよくあり、多種多様な感情任せで行動起こす有機体の総体である社会や国家の動きなんて法則で説明できるわけもなく、それこそマルクスの革命論という1本の世界線を預言書を信じるが如く、インフルエンサーの判断に依存しても仕方ないということです。

競馬の予想屋の3連単がはずれて逆切れするようなものです。
最近では東日本大震災によりその復旧の選択が迫られたわけですが、残念ながら今のところは逆方向(国家分裂・崩壊)に世論も政策も移っているように思われます。

社会的存在としての人間なんて不確実性から次の起こることをあらゆる可能性を考慮して、社会科学なり何らかの指標や選択、政策の材料として利用するぐらいしかできないわけです。

 

変動の社会学―社会学的説明に関する論集 (1974年)
N.J.スメルサー
ミネルヴァ書房
売り上げランキング: 1,125,107

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA