三橋更生プログラム


【更生ヒントが記述されているブログ】

まじめで固いブログにしようと一時期は思っていたのですがやはりちょっとしんどくて、強靭化グループの思想を受け継いでいる進撃の庶民の牽引役のみぬさ氏のブログが大変興味深い内容だったので紹介します。

 三橋の謹慎リニア農業 「国家戦略特区」blog

>現在建設中の中央リニアですが長野県飯田市に駅が設置予定です。三橋氏は常々リニアが完成したら飯田に移住して農業(稲作)を行い品川に通うと公言しておりました。何とも贅沢な話ですが、品川のタワーマンションで三十歳年下の三度目の妻への三回目の警察通報でのDV容疑で逮捕される事件が発生しました。

 

>今回の逮捕が深刻なのは、三橋氏が説明する、犬も喰わない夫婦喧嘩ではなく常習性のDVである可能性で、三橋氏の前妻のさかき漣さんへの疑惑も報じられています。DVは依存性が強く再発のリスクが高いので周囲も敬遠しそうです。レギュラーの「おはよう寺ちゃん」でも寺島アナが三橋容疑者と呼んでいました・・

>三橋氏は年200回以上の講演や経済塾によって巨万の富を蓄えておりますので財政破綻の心配は日本政府と同じで皆無です。地味な生活を続ければ後十年は暮らせるのでは?そこで私が提案したいのは、バブリーなタワマンを引き払い将来移住を公言している飯田に直ちに引っ越し、農業を営みながら治療を行うのです!


【秀逸な人材は頭のネジがはずれているもの】

数年前まではむぬさ氏のブログとかもたまにチェックしていたのですが、安倍政権のグローバリズムが止まらず、三橋さんの後ろ向きな批判もとまらず、中韓嫌いも止まらず(熱狂的愛国者傾向)、もう何やっても無駄で関心がなくなりました。

まぁ、三橋さんのようでないおとなしいエッジの効いてないグラインダーで丸め込まれた人には、こういう活動なんかまず不可能であり、東大の名誉教授の伊藤元重氏や女性初の局長の宗像直子氏らを名指しで批判し、竹中平蔵氏をレントシーカーとハイエナのごとく糾弾するのも、まぁ頭のネジがぶっとんでいるからできることなのでしょう。
失礼ながら柴山桂太先生のような気配りをでき、エッジをすぐに納められる人格者には荷が重いと思います。(もう最近、個の強い人でないと秀逸なことを語れず、そうなるとこの人も本当はネジぶっとんでるのを隠蔽してるだけかなと、疑って見てしまいます。中野剛志さんも中指立てた動画があったような気がしますし。切れてるじゃんと。)

氏はTV熱湯コロシアムで竹中氏を批判して怒らせるとか、はちゃめちゃやっていたわけです。(藤井先生ですら終りに竹中氏と握手していました)

マックス・ウェーバー、カール・ポランニー、トクヴィル、マズロー(心理学者)、コントと皆病んだ時期があり、それぐらいエッジが効いてその刃により自ら痛めつけるほど強烈でないと、凄い思想は生み出せないのかもしれません。

ケインズも不倫相手は男性であり私生活むちゃくちゃで、社会学の祖と言われているオーヴュスト・コントなんてふられた幼馴染を忘れられず、その人をマリア様みたいに崇拝し人類教を自分でつくり信仰してました。(嫁がいるにもかかわらずです。その嫁もアカデミックな人なら金あると思い近づき・・ドロドロです)
そこに論敵のハーバード・スペンサーが人格攻撃して「私は人類教など信仰しない」と反撃しました。いや、いや、当たり前でしょうに。スペンサーは幼稚ですね。人格攻撃に逃げて議論を避けたのです。

生協とかを調べると出てくるのがロバート・オウエンという実業家なんですが、彼なんてむちゃくちゃスピリチュアルで、英国ではやはりキリスト教が絶対的でしかし彼は独自で霊媒師を呼んで降霊により、死んだ知人(ケント公)と会話していました。
キリスト教者から殺されるかもしれないのに、演説で堂々と宗教を否定したわけです。リスキーです。
オウエンの自叙伝を翻訳をした人は晩年、痴呆がはいっていたのではと思わせるような解釈をし、歪んだ素描であるとスピ系に対してディスりまくっているわけです。スピ系のオウエンは認めませんて感じです。

三島由紀夫が美輪明宏さんと知り合いだったのは有名ですが、三島なんてノストラダムスの大預言で有名な五島勉さんと結構親しく、かなりオカルトです。
ヒトラーの預言の「1999年以後」も「幻の超古代帝国アスカ」も三島由紀夫がヒントを与えたわけです。藤井先生が批判してた五島と三島は仲がよくかなりオカルトだったわけです。

小室尚樹氏も京都大学の数学科に進んだけど、日本が二度と戦争に負けないようにと新型の原爆開発するために物理に進んで、物理と経済学と共通点があると気づきそっちに進んで社会学を経由し、まぁ学会は変人・異端を煙たがり隅に追いやるわけです。(ロッキード事件の時に、ワイドショーで女性コメンテーターを蹴りつけてそれ以来TV局出入り禁止になったし)

何もなさぬものが賢者であり、何かを成すには歩み続ける愚者でなければならないのでしょう。


【むき出しの好奇心により人が】

こう言うと「三橋を擁護するのか!」と糾弾されるわけですが、まず注目のあの方がそれを望んでいるかどうかなのですが、そうでもないようです。

この人は三橋さんに恨みのある人や論敵に利用されることを、非常に嫌っているわけです。
まぁ、三橋氏を糾弾する前にむき出しの好奇心で、苦しんでいる人を助けようと言っているわけです。

小保方さんなんてあの件で1人関係者の中に自殺者が出ているし、上原多賀子さんも週刊誌に取り上げられむき出しの好奇心によりプライベートに踏み込んで、ヘタすりゃ自殺しかねません。(今までベッキーや斉藤由貴さんや山尾しおりさんを弁明しても、好みだからとか解釈されてきてます)

東条英機の娘なんてアメリカ人と結婚したけど、西洋はそんな属性とその個人とか分離して問題にならないわけです。(だいたい)
幼女誘拐殺人の宮崎事件で親戚の結婚がおじゃんになるとか、もうそんなこと考えられない。

その人と家族との分離もできず、理論も人格も分離できず、中味がないから議論することを避け空気で同意をえて、1人の人間を叩き潰す。まぁ、これが属性本意の日本人の特性で個がない人物は、必ずエッジの効いた個のある人物を潰しに係る傾向にあります。個性のない私は個をつぶしにかかるわけです。

前回のブログのドラマ・anoneの広瀬すずの演じる少女も、個性をグラインダーで削られまくった典型例です。


【土に触れる治療】

でみぬさ氏ブログのコメントで興味深いものがありました。

>アルコールやギャンブル依存症の治療には、楽しみを他に作るのが良いそうですので、三橋さんは趣味を持ったら良いんじゃないでしょうか?

>わたしも三橋さんは謹慎して、治療に専念すべきだと思います。

もう完全に患者扱いですがもともと中韓嫌いの熱狂的愛国者である三橋氏は、グローバリストに懐柔される可能性もあり、それはそれでまずいわけであり、氏の数字に対する解釈とそのなんとういうかそのテクニック的な何かを他(グローバルに)でつくされるのも厄介であり、ここは農業に専念して土に触れ自然霊・精霊の波動を受けロバート・オウエンのような日本初のスピリチュアル経済評論家として、生まれかわるのもありなのではないでしょうか。

そのようなハンドルネームの進撃のメンバーにいることですし、元々三橋貴明という名じたいがハンドルネームみたいなものですから。

農業更生プログラムを1年でもし、涅槃に到達し成長し以前の一割ほどの収入で活躍できたのなら、社会的名誉を喪失したマイノリティでもまたやれると、虐げられた人たちの励みになるかもしれません。
田代まさしさんを違法薬物の常習犯として批判するのでなく、ダルク「支援プログラム」を通し更生を成し遂げた人物となるのなら、社会にとっても裨益するところが大きく、これは三橋さんも同じく、リニア開通と農業治療といういわばインフラと農業の二本立てというものを実践を通し、その偉業の達成を神に命じられているような気がします。たぶん。

しかしながら、「田代砲」でなく次の「文春砲」「新潮砲」などがあるとしたら、それがとてつもなく恐ろしいわけです。現在、強靭化グループの中の一つの原発が事故を起しメルトダウンし、そこに核弾頭の照準が定めれているような危険な状態です。

やっぱ原発やばいのかなぁ。

 

亡国の農協改革

亡国の農協改革

posted with amazlet at 18.01.14
三橋貴明
飛鳥新社
売り上げランキング: 75,178

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA