積極財政の必要と世の中への理解


【日本が破産しない理由】

これは私よりも進撃の庶民グループの方が熟知していることなのですが、まず財政出勤で日本が破産することは理論上はありません。(米国のデフォルトとかの緊急事態は別)

対GDP比が危険杭域に達しているとかの仮説はありますが、自国通貨建てで破産した国がないのが現実です。
そうなると「ハイパーインフレが」となるわけですが、需要が不足している状態ではまずインフレになりません。事実、黒田総裁の異次元緩和をしてもインフレには向いませんでした。
そして、国債の金利が上昇するという説もありますが、日銀が国際を引き受けた場合は国庫納付金により金利が総裁されて上昇することはありません。(日銀は株式会社であり、筆頭株主が政府なので連結決済や日商簿記二級の本支店勘定と同じ扱い。)
第一に国債の金利が上昇するのなら銀行が需要不足で投資先に困っており、銀行の利益にもなります。

 

(出典)日銀の景気循環

上の図から理解できように日本の国債の引き受け先がほとんど国内で償還されるわけで、デフォルトというものが理論上はありえません。

国債は貨幣とは何ぞやという話になると、これはもう何百年と議論を重ねてきたことでブログで収まりきるようなものではありません。ただ、日銀の景気循環にある部門別資金不足の動きを見ると、政府の国債発行の増加は家計と民間の非法人の資金の増加と関係してくるわけです。

企業の内部留保が拡大し皆が消費を抑え貯蓄すると、政府の国債発行高が増加するのは普通であり問題はありません。(政策により是正の必要はありますが)


【私的部分と中味の分離を】

これが一連の流れなのですが私なんかよりも進撃の庶民の連中のほうがもっと詳しいし、進撃の庶民の連中にこういった知識を与えた(私も与えられました)のはあの三橋貴明氏なんですよね。
勿論、友人の中野剛志さんや藤井聡さんらにも影響を与えていますし、三橋氏が消えるとこのチャンネルを失い非常に痛手を受けるわけです。

これは山尾しおり氏を喪失したのなら安倍政権の改憲に対立する憲法がなくなり、欠陥だらけの憲法改正に繋がるのと同じような危惧を感じるわけです。
こういうと、「山尾氏は不倫で、三橋は犯罪だぞ!犯罪者を擁護するのか!」と反論されるでしょうが、まず三橋さんが犯罪者となっても彼の理論に瑕疵が生じるわけでなく、彼の理論の正当性とはまた別問題じゃないでしょうか。

起訴されるとなると恐らく執行猶予になり彼の評論活動に支障はきたすだろうけど、示談で済めばそれは妻や元妻らの私的な問題であり、それこそ山尾氏と倉持氏やその関係者の問題と同じなのではと。(ただしもう二度と同じ問題が起こらないのなら)
執行猶予がつき前科者となったとしても、彼の理論の正当性が変わることでもなく、ホリエモンが活動しているのと同じくむしろ前科者らを排斥する世の中の方がどうなのかと思います。


【三橋ショックからの回復をどうするか】

確かに私は三橋やその配下の進撃の庶民の連中を批判してきたけど(安倍総理にやめろといいながら勧める熱湯風呂芸)、それは政局の局面や民主党時代の農業個別保障制度、年次改革要望書破棄、経済財政諮問会議停止などの功績をなしにしていることや、財政均衡がPBが国家を衰退させると言いながら、改憲内容にそれが明記されている可能性があり改憲に賛成したことなのです。
内容が違うんじゃないのかと指摘していたのです。

これに人格否定のようなものが混じっていたのは反省しておりますが、やはりここで彼を失うと安倍さんが自民党の総裁選で勝利し民主党が惨敗したのと同じながれになりかねません。それより与党の中に組み込まれれば、今度は政権側にとりこまれて御用知識人になる可能性もあります。

藤井先生や中野さんらの学会や官僚などの上位の知識を下位にまで伝達させるのにやはり三橋さん以外の適任者はいなく、彼の存在により彼の知識が読者やブロガーに伝わり、下位までに彼の知識が浸透してきました。
このため世の中にプロパガンダでデフレ下での消費税増税など社会が崩壊することを防ぐことにつながり、インフラとGDPの相関関係があると世に周知されたのなら、地方と都市の格差是正ともなりえていたわけです。

民主党が崩壊し安倍政権の一強となったように、三橋さんを喪失し緊縮財政路線が社会の常識になると喜ぶのは、あの人たちなのです。レントシーカーたちです。更に過激なグローバリズムに突入する可能性が高くなります。

だからといって、過剰に彼を擁護するのならそれは、某サイレント・レイプのもみ消しを容認することと同様になり、できないわけです。

J氏らは三橋氏と人格否定的なこともあるが経済政策の内容で論争しており、あくまでも基本的には中味の吟味によるのだが、これが経済理論の議論抜きの論客が三橋氏を人格否定と経済政策を結びつける可能性が高く、そうなるとやはり社会にとって大きな損失となります。

前科者となりホリエモンのごとく回復するまでのタイムロスを考えるとなると、やはりグローバリストのやりたい放題になるでしょう。三橋さんと藤井先生以外に一般階層にわかりやすく説明できる知識人がいなかったこの脆弱性から、ケインズ派の敗北となったわけですが、非常に痛いわけです。

 

亡国の農協改革

亡国の農協改革

posted with amazlet at 18.01.09
三橋貴明
飛鳥新社
売り上げランキング: 4,968

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA